2020年04月05日

シルビア・ブラウン予言: コロナパンデミックは唐突に収束する(2008)








シルビア・ブラウン予言: コロナパンデミックは唐突に収束する(2008)
シルビア・ブラウンの予言(コロナ)
※シルビア・ブラウンという人が新型コロナウイルスの大流行を予言したことが話題になっています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-35151218-cnn-int
2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。
「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」』
10年後の再来はともかく「突如として消え去る」というのは私の考えと一致します。
すなわち、オカルト的にはウイルスのエネルギー源は人の悪想念(怒り,悲しみ,憎しみ,妬み,悪意など)と考えられています。
したがって溜まっていた悪想念(エネルギー)を使い果たしたらウイルスは「おとなしく」なります。
※詳しく知りたい方は下の動画がオススメ
ただ、コロナウイルスの予言は当たりましたが多くの予言は外れているらしい。
2020-03-29  未分類 

Yahoo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-35151218-cnn-int

オカルト通信,ズバリ言うかも
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-1618.html




 

テーマ:アメリカ生活のあれこれ・・・(1740)
カテゴリ:カテゴリ未分類
シルビア・ブラウンというサイキックが2013年に亡くなったそうだが、「彼女が現在進行中の新型コロナウィルスがパンデミックに広がる事をずっと前に予言していた」と、昨日書いたポーランド人のマリーが、本の一部をコピーして送って来た。
私自身は、彼女のテレビ番組を数回見ただけである。「あなたの守護神が・・・」「亡くなったお母さんがよこにいる」とか言って、視聴者を泣かせたりする内容に、興味を感じなかったからである。
ジルビアの「End of Day」(これは、一日の終わりという意味より世界の終わり、つまりアポカリプスみたいな意味がある)この312ページに書いてある所を簡単に意訳すると、
『2020年頃、肺炎のような気管支系をアタックする病気が地球上に広がり、その治療法はないであろう。どちらかというと、病気そのものより、baffling バッフリング(直訳だと妨害とか、扱いようのないもんだい、みたいな意味だが、パニックを与えるような意見を吹聴する、みたいな事にもとれる) が主で、それは急に湧き出たように、急に消え去るであろう。更に10年後に再び現れ、そして全部消え去る。』と書いてある。
私自身、子供時代から結構サイキックな部分があるので、有名無名にかかわらず、誰それの予言が当たったと聞いてもめったに驚かず「ああ、やっぱりこの世とあの世との繋がりを証明してくれる事はあるのだ」という風にとる。
それにしても、シルビアのこれは、新型コロナウィルスと、世界中の国々が緊急事態として国を閉鎖寸前の状態になっている、現状そのものではないか。と、久々に驚いている。そして、急に発生したように急に消え去るという予言も本当である事を祈っている。
最終更新日  2020.03.15 11:17:08
コメント(2) | 

http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-1618.html







シルビア・ブラウンの予言
東川 恭子    
2020年3月14日  |  0
■パンデミックは唐突に収束する
アメリカの霊能者で、日本語訳の書籍やオラクルカードなどをたくさん出しているシルビア・ブラウンが2008年に出した本、End of Daysに、以下のような予言がありました。
――2020年、重篤な肺炎のような症状を持つ疾病が世界中にパンデミックを起こす。この病気は肺や気管支を痛め、既存の治療法で治せない。この病気そのもの以上に不可解なのは、このパンデミックが唐突に収束するということ。10年後に再び流行するが、それ以降は完全に消滅する。――
シルビア・ブラウンは失踪者の捜索や未来予測の予言をたくさんしていて、はずれたことも少なからずあったそうですが、COVID19についてはかなり正確に言い当てています。(ご本人は2013年に亡くなっています)そこで注目したいのは、“このパンデミックは唐突に収束する“という点です。ちなみに占星術的に言えば、3月下旬に一度収束するものの再燃し、4月がピークという見立て。おそらくその後急速に収まり、オリンピックは無事開催できるのではないか?と予測されます。
元々普通の風邪もコロナウイルスによるもので、COVID19で重篤化するのは免疫力の弱っている、一握りのハイリスクの人々だけです。80%の人々は、仮に保菌者になり、発症したとしても治療せずに完治する、とも言われています。つまり普通の風邪とあんまり変わらない、ということです。
■怖いのはウイルスより怖れる心
にもかかわらず、世界はまるでストップモーションをかけられたかのようにすべての活動がストップしています。こんな異常事態は誰も見たことがありません。経験則が通用しない時、人は見えないものに対する強烈な怖れを抱きます。この状態で今最も警戒すべきなのは、パンデミックそのものより最悪のシナリオを描こうとする人々の恐怖心です。意識を向けたところにエネルギーが集まるという物理の法則により、恐れていることに多くのエネルギーが集中するとどうなるか?そこでも思考は現実化します。
これをノーシーボ効果(プラシーボ効果の真逆の現象)と言います。
怖れを抱くと体は緊張し、いわゆるストレス状態となり、交感神経優位の状態になります。この時免疫機能は低下し、体の修復や成長は止まります。つまり怖れを抱く行為そのものが、怖れの対象を引き寄せるのです。このパラドックスが地球学校の最も困難なゆえんです。
■ではどうすればいいか?
“唐突に収束した後の世界”をイメージしよう
やれやれ、と活気を取り戻した明るい世界をみんなでイメージし、イベントやコンサートや、会議や飲み会、お花見パーティーができる毎日に意識を向けましょう。ウイルスを拾わないための注意はもちろん怠らず、必要以上に不安にならないようにしましょう。それには不安をあおるメディアの情報を遮断するのも一考です。同時に、こんな異常事態はめったに訪れないので、周囲を観察するといろんな気づきがあるかもしれません。常識が通用しない時、人は本来の価値観で行動するので、その人の本性が見えやすい時期。密かに人間観察にもピッタリの好機、と言えそうです。
世の中が止まっているこの時期に、自分の内面と向き合うのもお勧めです。ヒプノサイエンスラボに、過去世探訪にいらっしゃいませんか?

ヒプノサイエンスラボ
https://hypnoscience-lab.com/blog/2639/








新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病
2020.03.23 Mon posted at 17:00 JST
(CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。
「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」
この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。
同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。
インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。
人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。
2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。そうした現象は現代に限ったことではなく、17世紀の欧州では多くのキリスト教徒が、世界は1666年に終わると予言していた。






冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。
事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。そのうえで、「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」と結論付けている。

CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35151218.html
 


posted by datasea at 01:53| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: