2020年04月01日

松原照子: イタリア大丈夫かな。。(2019.10)

松原照子: イタリア大丈夫かな。。(2019.10)
世見2019年10月31日 イタリア
2019/10/31 00:00
世見2019年10月
★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報
―――★―――★―――★―――
<世見>
世見2019年10月31日 イタリア
イタリアと言えば、あなたは何を思い浮かべますか?
私は、日本に似ているなぁと思うことがあります。
山も多くあり、長い海岸線と多くの島々。
火山も地震も多く、温泉だって多数あるのです。
ローマ帝国を誕生させたイタリア。
面積は日本よりやや狭いだけなのに、人口はと言いますと日本の半分くらいです。
ラテン系民族ゆえに、イタリア人は特有な明るい気質。
人生を楽しむ達人と言われています。
食卓上にフォークとナイフが置かれるようになったのはイタリアが最初です。ヨーロッパでは中世まで、料理は手で食べていましたからね。このスタイルがフランスやイギリスに伝わったのです。
これからはこのイタリアも自然災害が多くなると思います。冬に豪雨が降るだろうし、地震に噴火も気になります。ワインも大丈夫かなぁ〜と思ったりします。
気候も、日本と同じく多様性に富んでいるイタリア。一度は訪れたくなりますよね。
写真一枚から想像を広げて行きますと、頭の回転が良くなると私は思っています。
透視力というのと想像の世界というのは同じとは思いませんが、ESPの存在を信じている人の方が、信じていない人よりも成績が良いということを、ニューヨーク市立大学の博士が発見しています。
こうして私の文章をお読みくださるのですから、皆様もESPの存在をも信じておられることでしょう。イタリアとESPとは関係ないかもしれませんが、今日ご自分の透視力を信じられて、イタリアの街並みや家の中の内装を透視して見てください。
かなり凝っていると思います。採光にも、人々の住む家での凝り方がうかがえると思います。
想像したことが意外と現実だったと思えたりもしますからね。
記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/







パンデミック最新情報 2020-03-16 ヨーロッパ各地で都市機能が麻痺状態に
2020年03月16日
(中国の統計に信憑性がないため中国を除外しています)
中国以外の感染確認数 88,857人 (前日比 +13,237人)
中国以外の死者数  3,305人 (前日比 +672人)
中国以外での致死率 3.7%
日本の感染者数 839人 (前日比 +35人)
・フランスはすべてのカフェ、レストラン、劇場を閉鎖
・オランダは、すべてのカフェ、レストラン、劇場を閉鎖
・オランダはすべての学校を休校に
・ドイツは国境を閉鎖
・オーストリアは夜間外出禁止令を発令
・イタリアの1日の感染確認者増加数が過去最大に
・ギリシャはすべての学校を休校に
・米ニューヨーク市はすべての学校を1ヵ月休校に
・米ニューヨーク市は、すべての会場、劇場、ナイトクラブ等の閉鎖を命令
・米ロサンゼルスも、すべての娯楽施設、ジム、バー、レストランの閉鎖を命令
・米イリノイ州は、すべてのバーとレストランに閉店命令
・アメリカCDCは全土に50人以上の集会の禁止を勧告
ヨーロッパでの新型コロナウイルスの新たな感染確認者数の 1日の増加が、各国で「過去最大レベル」となっていまして、さまざまな政策・対策が取られる中、感染拡大はむしろ激化しています。
イタリアでは、3月15日の 1日の感染確認者数が 3590人となり過去最大になり、他にも、
・スペイン 1452人増
・ドイツ  1214人増
・スイス  842人増
などとなっていて、指数関数的な増加に歯止めがかかっていません。ヨーロッパの感染確認者数の増加の様子は、どの国もほぼ同じようなグラフを描いていまして、「ある時点からコントロールが効かないような状態で増える」ということになっています。
2020年3月15日までの各国の感染確認者数の推移
・zerohedge.com
このようなグラフを見ていますと、ますます、「中国ではほとんど感染者数が増えていない」という、おとぎ話を信じることは難しい部分があります。少し古い報道ですが、米ニューヨークに拠点を置く反共産主義的な報道機関であるエポック・タイムズは、2月27日に、
「中国の実際の感染者数は公表されている52倍だという政府文書を入手」
という記事を発表しています。
・Epoch Times
これが本当かどうかは今ひとつわからない面はありますが、中国の各省では、ここまでかどうかはともかく、感染者の数値が上昇しないような工夫をしていることは事実だと思われます。そのあたりは In Deep の以下の記事にも書きました。
たとえばですが、実際の数値の 50倍というようなことから考えますと、現在の中国の感染者数は公表値が約 8万人ですので、この 50倍多いとなれば、400万人くらいが感染しているという計算もできなくはないです。
私個人としては、ヨーロッパでの感染拡大の様相を見ていますと、このような数百万というような数値も、それほど違和感はなく感じる部分もあります。
そして、アメリカとヨーロッパの現在の「社会の停止状態」がいつまで続くのかということは気になります。取り返しのつかないことにならなければいいですが。

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー
https://earthreview.net/coronavirus-pandemic-information-0316-2020/








posted by datasea at 16:54| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: