2020年03月23日

しんしん丸: いよいよ都市部から始まる5G通信,ビルゲイツの"ID2020アライアンス"

しんしん丸: いよいよ都市部から始まる5G通信,ビルゲイツの"ID2020アライアンス"
〜コロナウイルスと5Gの関わりを考える
3/27!いよいよ始まる5Gサービス〜まずは大都市から,2021年中には人口カバー率90%〜5Gと新型コロナウイルスの因果関係,そしてビルゲイツの”ID2020アライアンス”
2020/03/21 12:00 PM
COVID-陰謀(ワクチン), しんしん丸, 中国新型コロナウイルス / *社会, *陰謀, ライター・読者からの情報, 世界全体, 日本国内
5Gサービスがいよいよ3/27から始まるとのことです。(Softbankにて。docomoのミリ波サービスは6月から)
最初は,7都道府県(東京,千葉,石川,愛知,大阪,広島,福岡)の一部地域だけですが,2021年中には人口カバー率90%を目指しているようです。
ニュースでは便利さだけをたんたんと伝えていますが,その危険な実態はとてつもないものです。
昨日の時事ブログにあるように,Eriさん情報によると,5Gは免疫を弱め,血流中の金属(アルミニウム+水銀)を介して突然死を引き起こす可能性があるとのこと。長年散布されたケムトレイル,歯の詰め物,そしてワクチンという兵器によって,私たちは臓器にアルミニウムや水銀を溜め込んでいる,と。こうした金属が5Gによって臓器の電気系統に混乱を引き起こし突然死になるというわけです。
またWalk in the Spiritさんによると,ビルゲイツの"ID2020アライアンス"とは,コロナワクチンで通信機能を持つRFIDチップ(注射針を通るほどの極小)を挿入することで,人々を遠隔操作(5G)でコントロールする計画とのことです。表向きは途上国支援とすることで,多くの人々を騙そうというのでしょうか。さらに,ウイルスは感染するのではない!という説も衝撃的です。ウイルスは,電磁波によって傷ついた細胞から出てくる排泄物のようなものだと。ケムトレイル(特にアルミ),農薬(グリホサート),水道添加物(フッ素)にて,松果体をはじめとした体内に化学反応を引き起こす下地ができた上で,スイッチを押す(発症させる)のがWifi(〜4G)であり,さらに新型コロナウイルスの蔓延は5Gの登場ゆえ!というのです。そして成層圏からの5G用サテライトによって,地球はプリズンプラネットと化すだろうと。
いずれにしても,便利とされる5Gですが,その代償は命です。それがいよいよ日本でも,3/27から始まろうとしているというのですが・・・
(しんしん丸)
注)以下,文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
国内5G,本格スタート ソフトバンク,27日から―追加料金1000円
引用元)
JIJI.COM 
2020/3/5
ソフトバンクは5日,高速大容量の次世代通信規格「5G」のサービスを27日に始めると発表した。(中略)
3月末時点で5Gを利用できるのは,東京,千葉,石川,愛知,大阪,広島,福岡の7都府県の一部地域で,順次拡大していく計画。ソフトバンクは2021年中に人口カバー率90%目指す。
(以下略)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ソフトバンク,5Gサービスエリア公開 当初は極めて限定的
引用元)
engadget 2020/3/5
ソフトバンクは,3月27日に商用サービスを開始する「5G」のエリアマップを公開しました。直近ではエリアは非常に限定的で,(中略) 東京に絞ってみても,4月末時点でカバーしているのは東京駅・有楽町駅・銀座・霞が関など超都心部のみ。渋谷や新宿など副都心の駅周辺は夏以降のカバーとなります。
(以下略)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ドコモ,5Gサービスを3月25日スタート――料金は無制限の「5Gギガホ」と段階制の「5Gギガライト」
引用元)
Impress Watch 2020/3/18 関口 聖
NTTドコモは,5Gサービスを3月25日より提供する。(中略)  サービス開始当初の通信速度はSub-6と呼ばれる低めの周波数帯でのサービスとなり,(中略)6月以降はより高い周波数である「ミリ波」によるサービス(中略)となる。利用できるのは全国150カ所,基地局500カ所で利用できる。2020年6月時点で全都道府県に導入される。オリンピック・パラリンピックの主要施設にも導入される。
(以下略)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
引用元)
Twitter 
"電磁波兵器"と同じレベルの周波数帯域!!
5Gの危険性,電磁波や電磁気が人体にもたらす影響とは…
アメリカでは社会問題として国会で議論されています
動画全編ご覧になる事をお勧めします
『5G』〜人類への最終兵器〜 https://t.co/r8Deky68pj pic.twitter.com/H3QLoWHaXl
− sara (@sprit_of_p) 2020年3月6日
さっぽろ雪まつりで #5G の実証実験,体験コーナーの設置が行われていた!その後 #新型コロナウィルス の感染者急増。
武漢,イラン,クルーズ船。全て5Gのホットスポットである。#5G反対
北海道初!5Gによる映像伝送を活用した地上波放送の実証実験を実施https://t.co/K5P1eL39us
− みーにゃ 偽旗作戦研究家 🙅‍♂️偽❎旗🙅N❌O‼️ (@MieNa1012) 2020年3月7日
念には念で…こちらにも添付してます。
良かったらどうぞ😃
[5G +ワクチン=突然死について] 
https://t.co/E0hCw2wdD1
− 2Hey 🐾QArmy Japan Flynn Yamato Branch🐾 (@two_bottle_) March 14, 2020
(続きはこちらから)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
人間を含めたIoT(モノのネット化)を推進するNWO (3)
転載元)
Walk in the Spirit 
2020/3/14
インフルまがいのコロナ劇場(中略)
全体のシナリオをよく見ておく必要がある,(中略)キーワードはトランスヒューマニズム(人間改造),数年前,アンソニーが頭脳コントロール用体内埋め込みRFIDを紹介,(中略)RFIDチップ(コロナワクチンで挿入)は遠隔操作を可能にする,(中略)電波で人をコントロールしようとするもので​その埋め込み手段はワクチンである,​これを現実化するのが,ゲイツのID2020アライアンス,(中略)ブロックチェーンとリンクされたら一巻の終わり!?
​最新のIDチップが,通信機能を持つIBMマイクロチップ,(中略)
「世界最小のコンピューター」crypto anchor
これぐらい小さいとワクチンの注射針から挿入可(IDカプセルやIDプリントよりも容易,)​​今週,この分野では草分けのフリーランド女史がアドバイス,​(中略)​一つ一つではなく(コロナだけでなく)全体の流れを見て欲しいと,​人間を含めたIoT(全世界のモノのネット化)を推進するNWOは,
人のコントロール策として,体内に様々なものを侵入させている,​口鼻から金属/化学物質を侵入させるべくケムトレイル(車/工場排煙の大気汚染然り,)​(中略)​食物からの侵入でGMO(遺伝子組み換え食品),Fake Foodなど,(中略)​皮膚から直接侵入のワクチン,(中略)​そしてコントロール用(兼免疫破壊)電波の5G,(中略)​NWOは人の人たる所以(意志)を剥奪しようとしている​​(中略)
​​(中略)
​ビタミンCと共に覚えておこう,
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ウイルスは感染する」神話 (6)
転載元)
Walk in the Spirit 
2020/3/17
自分もウィルスは感染するとばかり思っていた(中略)ワクチンの欺瞞を告発している医学ドクター,トマスコワン(中略)ルドルフシュタイナーいわく,​​ウイルスとは,遺伝子(DNA/RNA/プロテイン)の一部で,細胞(セル)が毒化/傷つけられると出てくる排泄物のようなもの,(中略)ウイルス自体は何の(感染の)影響も及ぼさない,(中略)
ボストン感染保険局の実験,何百人のインフル感染者の鼻水を集め,健康な人に注射が一向に風邪にならない(感染しない)これを何回,何人に繰返しても同じ結果(無感染)だった,(中略)
スペイン風邪の世界的パンデミックは何が原因か?当時,世界中で,ラジオ放送が始まっていた,(中略)大気層で電波が乱れ始め,地球の帯電状態が変化し始めた,​(中略)​電磁波が細胞を傷つける環境が出来上がり(様々な病的背景を持つ人に,影響を与え始め,)傷ついた細胞からはウイルス(排泄物)が出てくる(これを風邪のウィルスと間違える,)​症状は風邪に似ていることから,スペイン風邪と呼ばれた,(中略)
​6ヶ月で世界中に拡大,
その後,WW2以降,世界中に軍事レーダー/衛星が蔓延り,
バンアレン帯に変化,太陽風や宇宙線も入り込むようになる,​
アジア風邪/香港風邪などはその環境下で起きている,(中略)
*コーなると,​HAARPとか巨大アンテナも用途が怪しい,​(中略)ここで,もう一人の解説者(下の動画)のコメントを加える,
過去数十年,我々は脳(松果体)に多大の影響を与える4つの因子を受けてきた,
1)ケムトレイル(特にアルミ),
2)農薬(グリサード(除草剤))
3)水道添加物(フッ素)*日本はこれから,
4)Wifi(〜4G),
長期の間(特にこの20年)に,
見事にオーケストレイトされている,
始めの3つが行き渡り,体内で化学反応する状況が出来てスイッチを押す(発症させる)のがWifiである,(中略)ではコロナの原因は何か,少なくとも人からのウイルス感染ではない,​(中略)トマスは2つの理由を加える,
1)Wifiに5G(軍事用途帯域)が登場してきたこと,​
2)地球を覆うネットワーク網が出来上がりつつあること,(中略)
​2万基の5G用サテライトが打ち上げられていることを,(中略)低軌道(成層圏)でのフェイズドアレーアンテナゆえ,レシーバーさえ整えば,安定発信でプリズンプラネットへ!(中略)特に,​中国(武漢)はレシーバーが集中していた,​(中略)​ダイヤモンドプリンセス然り,(中略)世界中にあっと言う間にコロナフルーが広がっているのは​人の感染ではなく,グローバルネットワーク化の成果である,
(以下略)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
引用元)
ケムトレイルほど延々と常態定期的に散布されるものはない。
問題にしない国会,勿論政府は承知でしょう。米国は大分前に敗訴したと聞きますが,体内にアルミや水銀化合物を取り込み電磁波で反応させるとは,何という人類の敵か驚くべき話です。
− 弓月童子 (@Mikuaiuichiro19) March 6, 2020
そして実は東京オリンピック会場も5Gが予定されています。https://t.co/eJNHesi1GP
− AkimiTwo (@akimi_two) March 14, 2020
すでに中止が決まっており,IOCからJOC・安倍首相に通達済みとの情報。https://t.co/0xIxLEPgtW
− 非一般ニュースは2回もアカウント凍結 (@tkFiMNaoKWQeSMi) March 16, 2020
今トランプ大統領が発言した‼️
株式会社市場が暴落した後
誰もが見たことがない市場が現れるだろうと‼️ pic.twitter.com/5k6v68XNJm

− Q Joker (@Qarmyjapan11) March 16, 2020
「JPモルガンチェイス銀行に勤めている女性の話によると,今回のコロナウィルス騒動は金本位制に移行するため」のようですね。破壊して再生。経済構造が大きく変わる。
政府もNHKもなぜ,世界で起きている,こんなに重大なことを教えてくれないの? #QAnon#AskTheQ
− Eri(QmapJapan) (@okabaeri9111) March 16, 2020
 前へ独逸の伯林で見た,聞いた,感じた社会問題,教育問題 〜第58楽章 コロナウィルス騒動で国境封鎖,今何をすればいいのか?次へ [YouTube]大阪弁をしゃべる猫からコロナウィルスに説教

シャンティ・フーラ 時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=232467










コロナウイルスCOVID-19パンデミック:本当の危険は「アジェンダID2020」 By Peter Koenig
20/03/16 17:01
コロナウイルスCOVID-19パンデミック:本当の危険は「アジェンダID2020」
悪名高いID2020とは何か? これは、国連機関や市民社会を含む官民パートナーの同盟である。 これは、一般化されたワクチン接種をデジタルIDのプラットフォームとして使用する電子IDプログラムである。
By Peter Koenig Global Research, March 12, 2020
https://www.globalresearch.ca/coronavirus-causes-effects-real-danger-agenda-id2020/5706153
Theme: Intelligence, Media Disinformation, Science and Medicine
コロナウイルスの原因について書かれていればいるほど、その書かれた分析はプロパガンダと恐怖を誇示する誇大宣伝に覆われてしまうようである。 真実に関する疑問と、その起源がどこであるかを探し求め、そしてそのウイルスがどのように広がったのか、さらにどのようにそれと戦うのかについての議論は、理不尽なカオスのノイズの中で失われている。しかし、この意図されたパンデミックの背後にいる「黒人男性」が望むのは、人間の脆弱性つまり操作の簡単な餌食になる人々へと導くカオス、パニック、絶望、ではないか?
今日(3月11日=33 藁)、WHOはコロナウイルスCOVID-19を「パンデミック」と宣言した−パンデミックのわずかな痕跡もないときに。 パンデミックというのは、感染による死亡率が12%を超えた状態ならそう言えるだろう。 ヨーロッパでは、死亡率は約0.4%あるいはそれ以下である。 死亡率のピークが6%であった特別なケースであるイタリアを除いて(詳細な分析については以下を参照)。
死亡率がわずか数週間前に約3%でピークに達した中国は、0.7%に戻っており、中国がこの病気を完全にコントロールしている間、急速に減少している(訳注:当局の報道管制はあるようなので、完全には信用できませんが)。そして、それはキューバによって39年前に開発された語られていない「インターフェロンアルファ2B(IFNrec)」と呼ばれるウイルスや他の病気と戦うのに非常に効果的な薬の助けを借りている。しかし、それはキューバへの違法な禁輸措置下の米国ではその薬が国際的に販売されることを許可していないため、世界では知られておらず使用もされていない。
WHOは、「上」から命令を受け取った可能性が高い。トランプと欧州連合とその加盟国の「指導者」を管理している人々、力で世界を支配することを目指している人々、つまり「ワンワールドオーダー」から。
これは何年も前から検討されてきた。 今先に進むという最終決定は、2020年1月にダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)で行われた。もちろん、非常に閉ざされたドアの後ろで。 ゲイツ、GAVI(予防接種を促進する医薬品の協会)、ロックフェラー、ロスチャイルドなど、彼らはすべてこの決定(アジェンダID2020の実施)の背後にいる。以下を参照。
Bavarian illuminati Gates
パンデミックが公式に宣言された後、次のステップは、WHOまたは個々の国のいずれかの勧告下、警察および/または軍事監視下での「強制予防接種」であり得る。 拒否した場合、罰金が科せられる可能性がある(罰金および/または刑務所–そしてすべて強制的にワクチン接種される)。
ビッグファーマにとってもう1つのボロ儲けである強制ワクチン接種が実際に行われる場合、人々はワクチンにどのようなカクテルが入れられるのかわからない。それは、ほんの数年後に作用するスローキラー、 あるいは次世代のみに打撃を与える病気–あるいは脳衰弱剤、または女性を不妊にする遺伝子・・・いずれも可能であり、常に完全な人口管理と人口削減を目指している。 数年の内には、もちろん、病気の原因は解らない。 それが、我々のバイオ戦争ラボが到達した技術のレベルである(米国、英国、イスラエル、カナダ、オーストラリア・・・)。
もう1つの仮説は、現時点では仮説にすぎないが、現実的なものは、ワクチン接種と一緒に、もし今回のものでなくても、場合によっては後のもので、ワクチンを打たれた人物には知らされること無くナノチップが注入される可能性がある。 そのチップには、銀行口座(デジタルマネー)を含むすべての個人データが遠隔で装填されるかもしれない。 そう、「彼ら」が目指しているのはデジタルマネーである。そのため、あなたは自分の健康やその他の私的なデータだけでなく、収入や支出もまた、もはやまったくコントロールできない。 あなたのお金は、不正行為、流れに逆らって泳ぐことに対する「制裁」として、ブロックされるか、奪われる可能性がある。 あなたはマスターたちの単なる奴隷になるかもしれない。 比較すると、封建制は公園の散歩のように見えるかもしれない。
これは「避妊」チップらしいが
WHO総裁[DG]のテドロス博士が数日前に、物理的な紙幣と硬貨は病気、特にコロナウイルスのような風土病を万延させる可能性があるため、我々はデジタルマネーに移行しなければならないといったのは、故無きことではない。 物事の前兆? あるいは、すでにここにあるもののために? スカンジナビア諸国の多くでは、現金はほとんど禁止されており、チョコレートのバーでさえ電子的にしか支払えない。(訳注:コールマン博士の警告通りですネ)
我々は世界全体主義国家に向かっている。 これはアジェンダID2020の一部であり、現在実施されているこれらのステップは、WEFおよびビルとメリンダ・ゲイツ財団が後援した2019年10月18日にボルチモアのジョンズ・ホプキンスで開催されたコロナウイルスのコンピューターシミュレーションによるものを含めて、長い間準備されてきた。
ビル・ゲイツは、すべての人々に対する、特にアフリカにおける予防接種の主な擁護者の1人でもあり、人口削減の大きな唱道者でもある。 人口削減は、WEF、ロックフェラー、ロスチャイルド、モルがンその他などのエリートの目標の1つである。 その目的:母なる地球がおしみなく提供している減弱した限られた資源で、より少ない人々(小さなエリート)がより長くより良く生きることができる。
このことは、1960年代および70年代に、ベトナム戦争の共同立案者であり、何百万人もの非武装カンボジア人の虐殺であったカンボジアの半秘密爆撃の主な責任者であるヘンリー・キッシンジャー、ニクソン政権の外務長官によってすでに公然と宣伝されていた。CIAとともに、キッシンジャーは、1973年9月11日にチリで行われたクーデターを立案した。そこでは、民主的に選出されたサルバドール・アジェンデを殺害し、軍事独裁者ピノチェトを権力の座に据え、キッシンジャーは、戦争犯罪を犯した。 今日、彼はロックフェラーと彼らの「Bilderberger Society(ビルダーバーグ会議)」の(いわば)スポークスマンである。
もっと読む:コロナウイルスの大流行、グローバルな公衆衛生上の緊急事態?
6500万人の死者(!)が「発生」(別名シミュレート)したメリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス医療センターでのコンピューターシミュレーションの2週間後、COVID-19ウイルスが武漢で初めて登場した。 今では、ウイルスが外部から武漢に持ち込まれたことはほぼ確実である。おそらく米国のバイオ戦争研究所からである。 こちらとこちらもご覧あれ。
悪名高いID2020とは何であろうか? これは、国連機関や市民社会を含む官民パートナーの同盟である。これは、一般化されたワクチン接種をデジタルIDのプラットフォームとして使用する電子IDプログラムである。 このプログラムは、新生児にポータブルかつ持続的な生体認証デジタルIDを提供するために、既存の出生登録と予防接種の作業を利用する。 ワクチンと予防接種のためのグローバルアライアンスであるGAVIは、そのウェブサイトで、「すべての人へ予防接種」に専念する公共および民間部門組織のグローバルな健康パートナーシップであると自認している。 GAVIはWHOによってサポートされており、言うまでもなく、その主要なパートナーとスポンサーは製薬業界である。
2019年9月にニューヨークで開催された「Rising to the Good ID Challenge」というタイトルの2019サミットでのID2020アライアンスは、2020年1月にダボスでのWEFによって確認された決定である彼らのプログラムを2020年に展開することを決定した。彼らのデジタルIDプログラムは、バングラデシュ政府とともにテストされるだろう。 GAVI、ワクチン同盟、および(彼らがそれを呼ぶように)「学界と人道支援のパートナー」は先駆者の一部である。
WHOがパンデミックと呼んでいるものの始まりにID2020が展開されているのは単なる偶然か?−あるいは、ID2020の複数の破壊的なプログラムを「展開」するためにパンデミックが必要なのか?
バングラデシュ政府プログラムの政策アドバイザーであるAnir Chowdhuryは次のように述べている。
「私たちは、既存のシステムとプログラムを引き続き構築しながら、個人が自分の個人情報を制御できるようにするデジタルアイデンティティへの前向きなアプローチを実行しています。 バングラデシュ政府は、デジタルアイデンティティシステムの設計が、個人のサービスや生活へのアクセスに広範な影響を与えることを認識しており、このアプローチの先駆者であることに熱心です。」
うわー! Anir Chowdhury氏は、彼が何に興味を持っているか知っていますか?
パンデミックとパニックに戻ろう。 WHOの本部を含む国連の欧州座席であるジュネーブは、基本的に撃墜されている。 ヴェネツィアで始まり、その後、数日前までにイタリア北部に拡大したロックダウンとは異なり。現在、ロックダウンはイタリア全土をカバーしている。 同様のロックダウンは、フランスおよびアングロシオニスト帝国への他のヨーロッパの従属国家によっても間もなく採用される可能性がある。
ジュネーブのさまざまな国連機関から同様のパニック中毒の内容を含む多数のメモが流通している。 彼らの重要なメッセージは、すべてのミッション旅行、ジュネーブでのすべてのイベント、国の宮殿、ジュネーブ大聖堂、その他の記念建造物、美術館への訪問をキャンセルすることである。 最新の指令では、多くの機関が、公共交通機関による汚染のリスクを冒さないように、在宅勤務をスタッフに指示している。 (訳注:今では計画された茶番だと見え見えになってきた)
このパニックと恐怖の雰囲気は、真実が問題ではないときに、現実感を上回る。 人々はその原因とその背後にある可能性のあるものについてもはやこれ以上考えることさえできない。 あなたが、イベント201、コロナウイルス・シミュレーション、武漢軍事ゲーム、昨年8月7日、メリーランド州フォートデトリックにある高セキュリティの生物戦争研究室の閉鎖を参照するとき、誰もあなたを(もう)信じていない・・・それらは、かつては多くの人にとって目を開かせるものだったかもしれないが、今日では全くの陰謀論である。
プロパガンダの力。 不安定化する力−それは、国々と人々を不安定にし、経済を破壊し、失業するかもしれない人々、通常はそれへの余裕のない人々に苦労をもたらす。 (訳注:安倍政権が、「彼ら」と共謀して何をやっているか、よくわかりますネ。わざと、パニックに向けて無茶苦茶やっているのですよ。)
また、現時点では、中国での発生が中国人のゲノムを標的としていたことを人々に思い出させることがますます重要になる。 それは、その後、中国人のDNAの「境界線」を超えるために変異したのか? それがいつ起こったのか、もし起こったとすれば? なぜなら、最初期には、世界の他の地域の感染した犠牲者でさえ、99.9%中国人の血統であることが明らかだったからである。
ウイルスがイタリアとイランに拡がった後に起こったことは別の問題であり、多くの推測への道を開く。
(i)次々と順に広まったウイルスの様々な株が存在している−世界中の国々を不安定にし、大衆とメディアを混乱させるために。その結果、主流の特に誰も、最初の株が生物戦争で中国を標的にしているという結論に至らないかもしれない。
(ii)イランでは、このウイルスが、COVID19による死による「政権交代」を目標に、何らかの方法で政府の集団に導入された(エアロゾルスプレーによる?)MERS(アラビア人のゲノムに向けられ、2012年にサウジアラビアで最初に発生した人工のMiddle East Respiratory Syndrome)の強化型であるという強い疑念を私は有している。 それは、少なくとも過去30年間のワシントンの希望的観測である。
(iii)イタリア–なぜイタリアか? –おそらく、ワシントン/ブリュッセルは、公式に中国との一帯一路(The Belt and Road Initiative:BRI)協定に署名した最初の国であったためにイタリアを激しく攻撃したかったからである(実際は、最初はギリシャだったが、中国が、ギリシャの兄弟たち、EUメンバー、主にドイツとフランスによって破壊された、そのギリシャを中国が救済に来たことを誰も知ろうとしないようだ)。
(iv)この記事の執筆時点でのイタリアの死亡/感染率の高さに関する誇大広告:10,149感染対631死亡=死亡率6.2(比較:イラン:8042感染対291死亡= 3.6死亡率)。 イタリアの死亡率はイランのほぼ2倍であり、平均的なヨーロッパのほぼ10倍である。 (これらの不一致は、「感染」に関連する信頼できるデータの確立に失敗した結果であるためか、以下のイタリアに関する以下の観察結果を参照)。
なぜ? –イタリアはウイルスパニックの影響を受けていたか? イタリアに導入されたはるかに強い株があったのか?
2019/2020年シーズンのヨーロッパでの一般的なインフルエンザは、これまでのところ約16,000人を殺したようである(米国では、CDCのWebサイトによって異なるが、CDCによると、死者数は14,000〜32,000人である)。
イタリアのコロナウイルスによる死者の中には、インフルエンザの犠牲者も多いことがあり得るか?。なぜなら、冒された犠牲者のほとんどが呼吸器疾患のある高齢者だからである。 また、症状はコロナウイルスと一般的なインフルエンザの間で非常に似ており、そして、誰も公的な当局の物語に疑問を投げかけたりチェックしたりしない?
たぶん、すべてのコロナウイルス株が同じ研究室から来ているとは限らない。 ウクライナ出身のベルリンのジャーナリストは、今朝、ウクライナが5つの警備厳重な米国のバイオ戦争ラボのホストであると私に語った。 彼らはそこの住民に対して、定期的に新しいウイルスを試験するが、奇妙な病気が実験室の周辺で発生した場合、誰もそれについて話すことを許されない。 似たようなことがグルジアで起こっていると彼女は言う。そこではさらに多くのペンタゴン/ CIAバイオ戦争研究所があり、そしてそこではまた、新しい奇妙な病気が発生している。 (訳注:へたをすると将来、今治住民も実験動物ですか?)
このすべてが、複合的実態をさらに複雑にしている。 すべてを包括するのは、この超誇大広告は利益重視、即時収益の追求、人々の苦しみからの即座利益であること。 このパニック作製は、それが値することの百倍である。 上層世界を運営するふりをする、これらのアンダーワールドの中心人物が、おそらく誤算していたことは、今日のグローバル化されおおいにアウトソーシングされた世界では、西洋は中国のサプライチェーン、消費財、および中間商品−そして、抜きんでて医薬品および医療機器−に大きく依存していることである。医療機器と同様に、医薬品や医薬原料の少なくとも80%は中国から来ている。 中国西部への抗生物質依存度はさらに高く、約90%である。 健康への潜在的な影響は壊滅的なものである。 (訳注:無茶苦茶にするという点では、誤算では無いかも)
COVID-19の流行の最中、中国のすべての生産装置はほぼ閉鎖された。 まだ行われていた配達のために、商品船は世界中の多くの港から定期的かつきっぱりと引き返された。 そのため、西側は中国に事実上の「経済戦争」を仕掛けることで、あらゆるものが不足しているモードに陥いった(訳注:世界中でパニックを作るのには大いに役立ちますネ)。 それはどれくらい続くか? –誰もわからないが、約半分に落ち込んでいた中国の経済は、コロナウイルスがヒットする前の80%以上に急速に回復した。未処理分に追いつくのにどれくらいの時間がかかるか?
そのすべての背後には何があるか? −人々が「助けて、予防接種をして、安全警備のために警察や軍隊を見せて」と叫ぶまで、人為的に引き起こされたパニックによる全面的な取り締まり。あるいは、もし国民の絶望がそれほどまでに行かなくても、EUと米国の当局が「国民の健康保護」のために軍事段階の包囲攻撃を課すことは簡単であろう。実際、CDC(アトランタの疾病管理センター)は、すでに「健康緊急事態」のための厳しく独裁的な指令を設計している。
強制予防接種とともに、「ミニ疾患」のカクテルに何が含まれるか、そしてその長期的な影響がどのようなものかを誰が知ろう。 我々一般人に知らせること無しに、あらゆる種類の細菌を挿入することができるGMOの場合と同様である。
我々は確かに、ID2020の遂行の最初の段階にあるかもしれない。これには、強制ワクチン接種、人口削減、および全般的デジタル制御が含まれる。 完全支配、PNAC(新しいアメリカの世紀の計画)がそれをそう呼ぶのが好きであるように。
中国にとっての果実。 中国は意図的に「経済破壊」の標的にされてきた。急速に発展する経済、現在の覇権国であるアメリカ合衆国の経済をすぐに追い越す経済、そして中国の強い通貨である元が、世界の主要な準備通貨として、また潜在的にドルを追い越す可能性があるために。
両方の出来事は、世界中での米国の支配の終わりを意味するだろう。 現在80か国以上でコロナウイルス病が株式市場を破壊し、過去数週間で少なくとも20%の下落-と上昇-を続けている;景気後退のウイルスから懸念される結果は、不況ではないとしても、ほぼ2週間でほぼ半値にガソリン価格を引き下げた。 しかし、中国の中央銀行の干渉なしに、ドルに対する人民元の価値はかなり安定しており、1ドルは約7元である。 つまり、COVID-19にもかかわらず、中国経済は世界中で依然として多くの信頼を受けている。
中国へのアドバイス– 5分の1以上崩壊した株式市場から、現在のどん底価格で全米および欧州の企業株を購入し、さらに多くの石油先物を購入する。価格が回復すると、西側から数十億、おそらく数兆ドルを稼いだだけでなく、米国およびヨーロッパの大企業の大部分でかなりの量の影響力のある株式を所有または保有している可能性がある。そして、彼らの将来の努力のショットを呼び出すのを助けることができるだろう。(訳注:私には「どん底」がいつになるのかよくわかりません)
しかし、暗い雲に満ちた地平線で振動している小さな銀色の裏地がある。 それは奇跡的に、すべてに終止符を打つことができる臨界量の意識の目覚めである可能性がある。 我々はそのような奇跡からはほど遠いように見えるが、我々の脳の隠れた隅のどこかに、私たち全員が意識の火花を残している。我々は、西洋の新自由主義資本主義の災害の道を捨て、そして、代わりに、お互いと我々の社会に対する連帯、思いやりと愛を支持する精神的な能力を持っている。それが、西洋の自己中心的な貪欲の行き詰まりと破滅を打開する唯一の方法かもしれない。 (訳注:ハンドラーと安倍政権には該当しないかもしれないと考えてしまうのが残念ですネ)

さてはてメモ帳 Imagine & Think
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/758dc8c81cc5e9658800cda9763dd64b





NewsNeuq: 5G通信の最初の実験地は武漢〜コロナウイルスと5Gの関わりを考える
★武漢コロナ急死を招く5G:60GHzとビル・ゲイツの関係
nueqさん
2020/03/1520:55 0 0
武漢コロナ急死を招く5G:60GHzとビル・ゲイツの関係 より転載します。
貼り付け開始,
 櫻井ジャーナル
 COVID-19と5Gを結びつける象徴的な人物としてビル・ゲイツが注目されている
 ---------------------------------------------------------------------------
 https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202003130000/
 2020.03.13
COVID-19(新型コロナウィルス)のキーパーソンとしてビル・ゲイツが注目されている。​
2018年にアメリカで承認された「 弱毒化されたコロナウイルス 」に関する特許​を申請した​ピルブライト研究所​の主要出資者としてビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金が含まれていたが,それだけが理由ではない。
COVID-19と5G( 第5世代移動通信システム )を関連付ける仮説があるのだ。
ゲイツは病気と電子技術を結びつける象徴的な存在である。5Gの導入によって通信のスピードが速くなり,容量が膨大になると持て囃されているが,健康に悪い影響があると懸念されている。また情報処理能力の飛躍的な進歩によって支配層が被支配層を容易に管理できるようになることを意味する。
しかし,その5Gの技術開発で先頭を走っている会社は中国のファーウェイ・テクノロジーズ( 華為 )。アメリカ政府がこの会社を激しく攻撃してきた理由もここにある。
その中国は昨年(2019年)10月に5Gの実験を行っているが,その場所が武漢だったという。
その頃,アメリカのジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターはアメリカのメリーランド州でコロナウィルスの世界的流行のシミュレーションをするための​イベント​を開催している。
WEF( 世界経済フォーラム )やビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金と共同で行ったもので,アメリカ軍の幹部やネオコンが参加したとされている。中国人は招かれなかった。
EVRNT201 A GLOBAL PANDEMIC EXERCISE
  -----------------------------------------------------
http://www.centerforhealthsecurity.org/event201/
会合の翌日,軍事演習に参加するために300名のアメリカ軍将兵が武漢に到着,その2週間後にコロナウィルスの最初の感染が見つかる。新型コロナウィルスの潜伏期間は14日だ。
※ < newsNueq-2550:武漢コロナはDARPA製? 米軍部隊が2週間前に武漢で演習 >
< newsNueq-2556:バノン「 武漢コロナが人工なら中国共産党は崩壊する! 」 >
翌年の1月,​WEFの秘密会合​がダボスで開かれた。パンデミック時におけるワクチンの強制的な接種に向かって進み始めた可能性がある。
Global Reserch
The Coronavirus COVID-19 Pandemic: The Real Danger is “Agenda ID2020”
  --------------------------------------------------------------------------
https://www.globalresearch.ca/coronavirus-causes-effects-real-danger-agenda-id2020/5706153
March 12, 2020
by Peter Koenig
※ 2019年10月18日にボルチモアのジョンズ・ホプキンスで開催されたコロナウイルス・コンピューター・シミュレーションと,予防接種アジェンダ「 ID 2020 」が承認された
2020年1月のダボス会議について。
< 以下 抜粋・抄訳 >
ー WHOによってパンデミックが正式に宣言された後,次のステップは,WHOまたは個々の国のいずれかの勧告で警察または軍事監視下での「 強制ワクチン接種 」の可能性が考えられる。拒否した人は罰金または投獄され,すべて強制的にワクチン接種されます。ー 国境封鎖は,フランスおよび他のヨーロッパの従属国家がアングロシオニスト帝国に採用する可能性があります。このパニックと恐怖の雰囲気は,真実が重要ではないときに,現実感を上回ります。人々はその原因とその背後にある可能性のあるものについてこれ以上考えることさえできません。
ー イベント201,コロナウイルスシミュレーション,武漢軍事ゲーム,メリーランド州フォートデトリックのハイセキュリティ生物戦争ラボの昨年8月7日の閉幕を考慮した場合,誰もがこの( パンデミック )プロパガンダを信じることが出来なくなるでしょう。
ー コロナウイルスは中国人特有のDNAを標的にしており,実際,当初,世界の他の地域での感染者の99.9%が中国人の子孫であることからも明らかです。
ー(1)世界中の国家を不安定にし,人々とメディアを混乱させるために,誰もが中国を標的としていたという結論に至らないようにウイルスのさまざまな株が順番に循環させた。
※ < newsNueq-2547:進化を続ける武漢コロナウィルスの系統樹 >
< newsNueq-2546:武漢コロナウィルス:ゲノムの特徴と細胞侵入機構 >
< newsNueq-2557:人工合成された武漢コロナウィルスのS蛋白4種 >
(2)イランでは,このウイルスがMERSの強化型である可能性が高くワシントンでは,政権交代が目標にされていると思われる。
(3)なぜイタリアか?
ワシントン/ブリュッセルは,イタリアが一帯一路に最初に署名した国であるため,激しく攻撃したかった。
(4)現時点に於けるイタリアの感染率の高さに関する誇大広告:死亡率6.2%は,イランの死亡率3.6%の倍,平均的なヨーロッパのほぼ10倍となっている。イタリアのコロナウイルスによる死者の中にはインフルエンザの犠牲者も多いことが考えられる。死亡者のほとんどが呼吸器疾患のある高齢者だからだ。コロナウイルスとインフルエンザの症状は非常によく似ている。
※ < newsNueq-2562:底なし相場 : ポスト・リーマン相場の終焉!? >で,メルケルの「 ドイツ人( & 世界人口 )の7割が武漢コロナに羅患する 」に関して,書き漏らしたことがある。パリテロの際,先頭を切ってこの「 偽旗作戦 」の旗手を務めたのがメルケル。そして,ヨーロッパを崩壊に導く難民受け入れ( ゲルマンに続く民族大移動 )を先導したのもメルケル。メルケルは,強靭な頭脳と戦闘力を持つゲルマン民族の血液を薄めるために国境を開いた。としか思えない。
ー すべてのコロナウイルス株が同じ研究室から来ているとは限らない。ウクライナ出身ベルリン在住のジャーナリストは,今朝,ウクライナが5つの米国のP4バイオ戦争研究所のホストであると語った。グルジアにもペンタゴン/ CIAバイオ戦争研究所があり,新しい奇妙な病気も発生しているとのこと。
※今朝,ウクライナが国境とすべての国とのフライトを完全遮断したとの報道。
ー この超誇大広告は利益重視であり,即時の利益を追求し人々の苦しみから即座に利益を得ることです。このパニックは百倍の価値を産む。今日のグローバル化され,広範にアウトソーシングされた世界では,西側世界は中国のサプライチェーン,消費財,中間商品に大きく依存している。そして何よりも医薬品や医療機器のパーツの少なくとも80%は中国から。中国西部で産出される抗生物質への依存度はさらに高く,約90%です。健康への潜在的な影響は壊滅的となる。中国のあらゆる生産はほぼ閉鎖され,西側は中国に事実上の「 経済戦争 」を仕掛けることであらゆるものが足りないモードとなった。
ー これらすべてのことの背後には何があるか?人々が「 助けて! 予防接種と警察・軍隊の出動を!」と要請するようなパニックと完全な取締まりまでには行かないとしてもEUおよび米国当局は,すでに「 国民の健康保護 」のために軍事的な作戦計画 …… 例えばCDC( アトランタの疾病管理センター )はすでに「 健康緊急事態 」の為の厳しく独裁的な指令を設計しています。強制予防接種とともに,「 ミニ疾患 」のカクテルに何が含まれるかそしてその長期的な影響がどのようなものになるか?GMO( 遺伝子組換え食物 )の場合と同様に,我々が知らないうちにあらゆる種類の細菌を挿入できることをみなは知ってるだろうか?
ー 今はまだ,ID2020の実装の最初の段階にあるかもしれない。これには,強制ワクチン接種,人口削減,および全世界のデジタル制御が含まれる。 【 連中 】は,「 新アメリカ世紀プラン 」と呼ぶとこを好む。現在の覇権国:アメリカを,経済・通貨・軍事をまもなく追い越す中国は
今回「 標的 」とされた。しかし,中国中央銀行の干渉に依って対ドル7元を維持している。つまり,COVID-19にもかかわらず,中国経済は世界中で依然多くの信頼を得ています。
※ あれ?いきなり論調が中国寄りになってきたぞ!?
中国へのアドバイス。20%以上崩壊した株式市場から,全米および欧州の企業株を購入し,さらに多くの石油先物を購入する。価格が回復するとき,数兆ドルの利益を得るだけでなくアメリカとヨーロッパの大部分の企業の株式を保有が可能になる。
※ 前にも書いたように,すでにワーテルロー&リーマン主が全〜〜〜〜部,カッサライ済みでは?
ー しかし,これらの事件は,すべてに終止符を打つことができる臨界質量の意識の目覚めである可能性があります。脳の隠れた隅のどこかに,私たち全員が意識の火花を残しています。私たちは,西部開拓の新自由資本主義の災害の道を捨てる精神的な能力を持ち,代わりにお互いと私たちの社会に対する連帯,思いやりと愛を支持します。それが新自由資本主義のエゴセントリックな欲望の行き詰まりと破滅を打開する唯一の方法かもしれません。
ワクチンに関する特許を持っていたり製造している会社は大儲けだろうが,それだけでなく,人体にとって好ましくない何らかのものが混ぜられてもわからない。ワクチンに有害な病原体が混じっていたことは実際にあった。将来的にはマイクロチップが混入される可能性も懸念されている。
5Gが確立され,マイクロチップが人びとの体に入れられたなら,人類を個別に管理することも可能だ。「 素晴らしい新世界 」が目前に迫っているのかもしれない。
※ この「  」は,当初,皮肉で書いてるものかと思ったが,Peter Koenig の最後の文章を受けたものなのかな?Global Reserch のドメインが「 .ca 」カナダだ。 カナダには,僕も友人が多いが「 反アメリカ・反【 連中 】」スピリッツの人間が極めて多い。 少なくとも,Peter Koenig( ペター・コーエン ? )は中国系の名前には思われない。
 Walk in the Spirit
 5G( 60GHz )は O2を破壊しコロナ肺炎を誘発する
 ----------------------------------------------------------
 https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202002230000/
 2020年02月25日
< 抜粋 >
一般的に,新型肺炎と5Gなど結びつきようがないのだがDana Ashlie の解説は目からうろこだった。
中国には13万基の5Gステーション,武漢は5Gのパイロットシティーで,1万基が展開,新型肺炎(コロナ)は武漢から始まった。
※ RF Globalnet
Fixed Wireless Communication at 60GHz Unique Oxygen Absorption Properties
60GHzの無線通信のユニークな酸素吸収特性 ------------------------------------------------------------------------------
https://drive.google.com/file/d/1k0opgZwWgKWpJbmnJ81BxEpXFi4HhEyM/view?usp=sharing
2001.04.10
# The BEST NEWS re CΟRΟNΑ VΙrus you've heard all month! Kinda. より。
酸素分子の周波数エネルギー吸収曲線
https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/b522ce59a7c1c9f53fed8368852b400693eb52aa.64.2.9.2.jpeg
This specific frequency is absorbed by oxygen.
60GHz causes the rotation of the electrons around the oxygen molecule to spin thus inhibiting the ability of hemoglobin to properly uptake these oxygen molecules. ​
60GHzのミリ波(5G)はO2を破壊(*)する。
* 英文はO2に吸収されるとなっているが,現象は同じかと。
※ マイクロ波( 電子レンジ波 = 携帯・地デジ・WiFi波 )の周波数ポジションhttps://www.microdenshi.co.jp/images/micro/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E8%AA%AC%E6%98%8E%EF%BC%88%E5%92%8C%E6%96%87%EF%BC%89%20002.jpg
※Coutrywise 60GHz RF-band allocation
国ごとの60GHzラヂオ周波数帯域の割り当て
 https://drive.google.com/file/d/1xAq_FaTIX-XrbwRIVjEqfejndNWURbT3/view?usp=sharing
# The BEST NEWS re CΟRΟNΑ VΙrus you've heard all month! Kinda. より。
< newsNueq-2339:6Gトップランナー:NTT,スパイラルビームとシャノン限界達成で100Gbps送信成功 >
でお伝えした6Gのテラヘルツ帯( 300GHz〜3000GHz )https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/HONSHI/20120329/210427/NE1079kaisetsu2.jpg
5Gの使用周波数帯域( 3.4〜86GHz )https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/mag/15/080100061/080800004/061zu01.jpg
とは,微妙に異なる。が,紹介したの産経新聞の記事の中に「 米連邦通信委員会(FCC)がテラヘルツ帯を開放し,利用規則を発表 」とある。
※ ミクロ電子マイクロ波の基礎知識https://www.microdenshi.co.jp/microwave/
2. マイクロ波加熱装置に使用できる周波数について
   ------------------------------------------------------------
ITU(国際電気通信連合)が,その用途に応じて使用できる周波数を割り当てている。
https://www.microdenshi.co.jp/images/micro/2.gif
3. マイクロ波加熱の原理について
   ------------------------------------------------------------
水がマイクロ波を最も効率よく吸収する周波数は18GHz前後と言われています。
 ※「 全知全能の扉を開く(3)精神世界を物理学する 」で毎回述べてるように周波数には( 僕が命名した )「 オクターブ効果 」と呼ばれるものがある。しかし,参考までに述べておくと,植物は最もエネルギー密度の高い緑の光線を吸収しないようにしている( 反射させるので緑に光る )。 電子レンジの周波数は2.45GHz( 2450MHz )。 図3は永久双極子の代表として取り上げた水分子の構造を示しています。
図3 水分子の構造(左)と永久双極子のイメージ(右)https://www.microdenshi.co.jp/images/micro/4.gif
そして,図4に示すように,外部電界のない状態ではバランスをとって集合していますが,電界中に置くと水の双極子が電界にしたがって向きを変えます。
図4 外部電界の影響を受ける永久双極子
https://www.microdenshi.co.jp/images/micro/5.gif
電子レンジの場合は1秒間に24億5000万回もプラスとマイナスが入れ替わる振動ということになります。低い周波数の電波を水の永久双極子に照射した場合,水は発熱しません。一方,高過ぎる周波数の電波を照射した場合 電界の変化が早過ぎるので双極子は全く追従できず変化しません。( 図5・6 )
これに対し,図7は,電界の変化が程々の電波を水に照射した場合を示しています。
図7 電界の変化が程々の電波(マイクロ波)の場合
https://www.microdenshi.co.jp/images/micro/9.gif
この場合は電波の電界の変化に対し時間遅れで永久双極子が追従しています。このように時間遅れが生じている間で水は電波からエネルギーを吸収し発熱するというものです。
一般的に30-300GHzをミリ波と称し,その帯域の5Gは実は兵器として扱われている。呼吸して取り込んだ人の内部のO2が,突然破壊されたら,肺胞から血液にO2が供給されず,即死する。
周囲は電子が取り巻く。
マイクロ波は,この電子のスピンの回転を変えてしまうのである。コロナの兆候を示さず,突然,倒れる。さもありあなん。肺の異常ゆえ,コロナ肺炎と見分けが付かない。
※ 武漢では,エイズ治療薬が使われた人物が突然死する。とも言われている。そこでは,エイズ治療薬の成分が,肺の酸素吸入を阻害する。と言われているが,一般的なケムトレイルに含まれれるアルミニウム分子がマイクロ波( 携帯・地デジ・WiFi )の吸収効率を高めるのと同様,或いは,鳥フル・豚フル向けのタミフル,イレンザにもアルミやその他の重金属類が正常な体内分子活動を阻害するのと同様,エイズ治療薬に忍ばせたアルミや重金属が,60GHzの吸収効率を高めているのかも知れない。
< newsNueq-2538:突然倒れる人の映像 @中国:武漢コロナ >
ダイアモンドプリンセスには,強力なドーム型ミリ波アンテナが複数設置され通信衛星と結ばれ,船内に快適な(?)通信環境を提供している。あとは,ひたすら,コロナのせいにして,ワクチン,ワクチンと騒ぎ強制接種に持ち込むと,
しかし,マサカ,酸素分子の電子スピンを変えてしまうとは,予想もしなかった。5Gネットワークの完成が世の終わりって,まんざらでもない!?
※ 詳細は
The BEST NEWS re CΟRΟNΑ VΙrus you've heard all month! Kinda.
--------------------------------------------------------------------
https://youtu.be/CtfqUtW_8AA
   57'00"  2020/02/22
   現在 858,999 回視聴
画面右下のアイコンの一番左クリックで,字幕表示。左から2番目クリックで,再生速度の調整可能。
 日経新聞
 ビル・ゲイツ氏,マイクロソフト取締役を退任
 ----------------------------------------------------------------
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56792950U0A310C2000000/
 2020/3/14 6:22
自ら設立した財団で取り組んでいる気候変動や教育,公衆衛生に関わる慈善事業に専念する。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか,ゲイツ財団は2月に新型コロナウイルス対策に最大1億ドルを拠出すると発表した。
 WIRED
 マイクロソフトを退いたビル・ゲイツには,その「 天才の頭脳 」を待っている世界がある
 ------------------------------------------------------------------------------------
 https://wired.jp/2020/03/14/bill-gates-steps-down-microsoft-board/
 2020.03.14 SAT 18:30
 TED
 Bill Gates
 The next outbreak? We're not ready
 ------------------------------------------------------------------------
 https://www.ted.com/talks/bill_gates_the_next_outbreak_we_re_not_ready
 6'52"
 March 2015
 ※ 画面右下:右から3番目のアイコンクリックで,日本語字幕選択可能。
 ※ 白楽比売さんから3月6日にご紹介頂いたもの。ありがとうございます。(^o^)/
nueq
貼り付け終わり,※ニュークさん解説。
★超重要:武漢新型コロナウイルスは5G,ケムトレイル,ワクチンがセットになった超生物兵器!
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-19926.html

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-19991.html







チャイナコロナウイルスの真相
2020/03/14 09:18
チャイナコロナウイルスに関する興味深い記事(ヘンリー・マコウ氏のサイト)を2つご紹介します。
法輪功の関係者は,チャイナコロナウイルスは悪いインフルエンザと同じようなものであると言っていますがこのコロナウイルスには2種類のウイルスがあることが確認されていますから,1つは悪いインフルエンザのようなものであり,もう1つは致死率が高い危険なウイルス(サーズ,マーズ,HIVなどの特質がある)ではないかとも言われています。どちらのウイルスに感染するかで症状が異なるのかもしれません。或いは最初はインフルエンザと同じようなウイルスだったのが感染する度に変異しさらに強力になっているのかもしれません。
以下の2つの記事の通り,チャイナコロナウイルスはNWOの人口削減と中国共産党の全体主義体制を維持するために使ったものだということがわかります。特に湖北省がターゲットになったのは5Gが導入されていたからです。
今後,中国共産党が仕掛ける情報戦に世界中が騙され米国が悪者に仕立て上げられそうです。中国共産党は,配下のWHOを使って,中国は無事に収束させたのに欧米諸国はウイルスの感染を世界に拡大させていると欧米を非難するプロパガンダを行い始まっています。中国共産党のせいでパンデミックになり世界が被害を受けているのにもかからわず,中国はウイルスの戦いに成功したと嘘をつきまくっています。いつものことですが。彼らの嘘により世界が騙され続け日本も大きな被害を被ってきたのです。
これで,共産主義カバラたちのNWOの震源地が中国であることがはっきりしています。
記事@ 
https://www.henrymakow.com/
3月13日付け
テロメア毒がコロナウイルスを狂暴化させています。武漢市は5Gの導入により電磁放射線が放出されています。ウイルスはマイクロ波の放射線を好みます。人体がマイクロ波放射線を浴びるとウイルスの培養地と化します。中国でコロナウイルスの大流行を収束させるには5Gを停止すればよいのです。
オーストラリア人の元写真家,ロブ・ワトソン氏によると:
「多くの病気は不溶性のナノ粒子と電磁放射線の相互作用(ナノ融合)が原因である。感染が拡大しているコロナウイルスの脅威は甚大だ。エリートが巨額の利益を得ることになる人口削減計画のために世界中にウイルスがばらまかれた。また,感染を防ぐために他の人との接触を制限するのはばかばかしいこと。他の人と接触したりばい菌に触れることで免疫力が高められるからだ。免疫力をつけるには新鮮な空気を吸い日光を浴びることが重要である。また,二酸化チタンが含まれている食品や医薬品は避けるべきである。」
Covid−19は,HIVの成分(テロメア毒)が含まれたウイルスです。テロメア毒とは,体内のテロメア(染色体末端部位)と寿命に悪影響を与えます。テロメアの長さによって寿命を短くする様々な病気に打ち勝てるかどうかが決まります。
テロメアの長さは年齢を重ねるごとに短くなっていきます。テルメア毒とは,HIV,ヨウ化銀,電磁放射線,二酸化チタン,グリホサート(モンサントの除草剤)などに含まれています。湖北省の住民の多くがHIV成分が含まれたCovid−19に感染したことでテルメア毒に汚染されてしまいました。最近,降水量を増やすために中国湖北省の大気中にヨウ化銀が撒かれました。また,武漢市では5Gが導入され電磁放射線が放出されるようになりました。中国は二酸化チタンとグリホサートの生産大国です。そして中国の消費者が購入する多くの食品や薬にこれらの化学薬品が含まれています。ですから住民らは既に大量のテロメア毒(特に高齢者には危険な物質)に汚染されているのです。
武漢では高齢者の多くがこのウイルスに感染し,健康問題を抱えている人たちの間で罹患率や死亡率が高いことが解っています。喫煙,睡眠不足,マラリア,フェンタニルの服用によりテロメアが不足するようになります。悪徳企業や政府は自分たちの目標を達成するため民衆を様々な形で操ります。。
世界中の政府が食品業界や医薬品業界に二酸化チタンを使用するのを許可していますから,それらを避けるのは非常に難しくなっています。二酸化チタンを体内に摂り続けると200種類の病気のうちの一つにかかる恐れがあります。マイクロ波の専門家,バリー・トロウアー氏によると,ウイルスはマイクロ波の放射線を好みます。ですから人体がマイクロ波を浴びると,人体はウイルスの培養地になります。
我々がすべきことは,WiFiを消し,外に出て裸足で公園を歩いたり,日光浴をすることで寿命を延ばすべきです。我々が消費している殆どのモノに二酸化チタンが含まれています。我々が何を消費するかについては注意が必要です。
  ↓
記事A 
3月12日付け
法輪功関係者によると:
コロナウイルスの大流行は中国政府の心理作戦です!中国人はコロナウイルスはフェイクだと言っています。WHOが名付けたCOVID−19には意味があります。Kovidはヘブライ語で賢明という意味です。「19」は,ゴールが達成した,或いは,もうじき達成する,という意味があります。
つまり,コロナウイルスとは,一連の出来事が終わり,次の段階が始まっていることを示します。
私は12年間法輪功の瞑想を行ってきましたから,多くの中国人に出会う機会がありましたが,多くの法輪功メンバーが中国共産党に処刑されたのです。法輪功のメンバーらはコロナウイルスは悪性インフルと同じであり,7億人もの人々を封鎖する医学的根拠はないと主張しています。
武漢で出会った一般の中国人らに,中国政府と国家に感謝しているかと質問したところ,彼らは,中国政府,共産党は多くの中国人を殺害しているのになぜ彼らに感謝しなければならない?と答えます。 
中略
中国政府は中国全域を封鎖しましたが,その主な目的は政府的敵対勢力の封じ込めです。
しかも中国政府は前もって街を封鎖することを発表したため,封鎖前に感染者らが街から脱出してしまい,他の地域に感染を拡大させたのです。感染の疑いのある人は自己隔離をするのが効果的なのです。
中国の製品を米国に輸出している中国人の友人は,「街は2週間は封鎖されたが,今は通常の生活に戻っている。そのためサプライ問題は存在しない。」と言い,また別の友人は「中国共産党はコロナウイルスをうまく利用して社会信用制度を強化し,多くの人々を殺害している。」と言っています。
コロナウイルスの感染が最も拡大している地域や国は,中国,韓国,イタリア,シアトル,カリフォルニア,ニューヨーク(私:そしてイランも)です。これらの地域や国は中国共産党の支配下にあります。
イタリアは中国の一帯一路に加わっています。韓国の文大統領は中国共産党とつながりがあります。
カリフォルニア州は,16億ドルかけてサンフランシスコに建設したチャイナタウンの地下鉄の駅を悪名高い中国共産党のスパイだったローズ・パックと名付けたのです。
シアトルにはレーニンの巨大な像が立っています。ニューヨークは,中国共産党に忠実な中国人移民だらけです。つまり,コロナウイルス感染の温床は中国共産党の温床なのです。南米,インド,アフリカ,他ではコロナウイルスの感染者が少ないのがわかりますが,これらの地域は上記の地域よりも中国共産党の影響が少ないからです。
(私:これらの地域では,単に検査ができないだけなのでは?南米もアフリカも中国共産党の影響下にあります。)
コロナウイルスは生物兵器でありNWOの一環です。 コロナウイルスは心理作戦に非常に効果的です。なぜなら,致死的なのに治療法がなく目に見えないウイルスの恐怖を民衆に煽り立てることができるからです。コロナウイルスを大流行させた中国共産党の当初の目的は,香港の市民デモを終わらせ,中国共産党の全体主義体制を安定的に維持し,トランプが仕掛けた貿易戦争の報復として米国の経済にダメージを与え,トランプの再選を阻止することでした。実際にそうなりつつあります。
NWOの作戦は全て確定されたモデルに従っています。ゲイツ財団は,昨年10月18日から27日にかけて武漢市でのイベント201を主催しコロナウイルス・パンデミックが実際に発生したときのシミュレーション(6500万人が死亡する)を行いました。このイベントは,140か国の軍隊が参加した世界軍事ゲーム(軍事演習)でした。民衆がこのパンデミック災害を受け入れれば,災害が起きているのは民衆のせいになっています。このような軍事演習を事前に行う理由は,実際に災害や破壊工作を始める前に実現性を確かめたいからです。
中略
ユーチューブに投稿された中国の映像には多くのクライシスアクターが使われているのではないでしょうか。なぜなら,中国ではネットの検閲が厳しくこのような映像を中国から外部に流すのは非常に難しいからです。ツイッターも中国共産党に加担しています。中国共産党は様々なイベントを捏造することが知られています。都市を封鎖したのはNWOの反対勢力を排除するためです。(この記事が掲載された時点で)都市が封鎖されているのは中国,イタリアであり次は米国の都市も封鎖されるでしょう。多くの人がインフルエンザで死亡しましたが,その証拠を隠すために急いで遺体を焼却或いは埋葬しています。
政府の福祉手当を最も受け取っているのが高齢者です。彼らはユースレスイーターです。そして彼らは最もNWOに抵抗している世代です。コロナウイルスの犠牲者の殆どが60代以上です。中国では一人っ子政策により,女子の多くが堕胎されたため人口比率では男性が3400万人も多いのです。そのため,男性の方がコロナウイルスに感染し,死亡する割合が高くなっています。 コロナウイルスはNWOにとって理想的な疫病なのです。重篤者らを焼却することで悪魔儀式の生贄としています。これこそがホロコーストそのものです。NWOは悪魔から,より強力なパワーをもらうためにコロナウイルスの重篤者らを焼却して生贄として悪魔にささげています。中国では多くの感染者が焼却されました。
株価が暴落し,消費が落ち込み,経済が低迷することにより利益を得ているのがワクチン業界です。今後,ワクチンで疫病を予防すれば,二度とこのような悪夢は見ないと説得することができます。さらに,コロナウイルスを使った作戦が成功するば,期待通りの社会的変革を起こすことができます。例えば,中国共産党を終わらせかねない香港の市民デモをストップさせました。コロナウイルスの大流行がなければそれは不可能でした。
そして紙幣を介してウイルスが拡散されるとして,NWOにとって非常に都合のよいデジタル・マネーが世界中で普及しそうです。また,住民らをアパートに隔離させたことで彼らを簡単に検挙し殺害できるようになりました。
誰がコロナウイルスの責任者? ↓こちらは,世界中のNWOの権力者らとつながりのある江沢民一味であり,彼らが武漢34生物兵器研究所を創設し新型コロナウイルスをまき散らした真犯人です。彼らは中国のディープステートであり,今でも中国のすべてを支配しています。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52050402.html
 

 



チャイナコロナウイルスのパンデミック=5Gの世界的導入
2020/03/12 09:10
WHOは,投資家らを考慮して7月までチャイナコロナウイルスのパンデミックの宣言をしたくはなかったのでしょうけど,何らかの理由でパンデミックになったことを認めることにしたのでしょう。国連も国連傘下の世界機関も全て中国マネーで腐敗していますから一切信用できません。その中国を背後で支援してきたのがロスチャイルドなど世界金融資本です。
チャイナコロナウイルスに関しては様々な情報が流れています。このウイルスは複数種類存在し感染後に変異すると考えられています。また,このウイルス以外に複数の厄介なウイルスが撒かれた可能性があるなどとも言われています。
興味深いことに,以下の通り,昨年,全ての生き物に有害な5Gが世界の多くの国で導入されていたことです。
「2019年に5G商用サービスを開始したのは,米国・韓国・イギリス・スイス・ドイツ・イタリア・モナコ・フィンランド・ルーマニア・サウジアラビア・クウェート・カタール・バーレーン・南アフリカ・オーストラリア・スペイン・UAE・中国・フィリピンの19か国。」
武漢市も5Gアンテナが設置されていると言われています。今,チャイナコロナウイルスの感染者と死者が急増している国は,中国,韓国,イラン,イタリア・・・そして米国もそのうちにそうなると言われています。これらはイランを除き5Gが導入された国です。しかも韓国,イラン,イタリア,米国には中国人が多くいます。
以下の記事の通り,5Gを導入すると同時にチャイナコロナウイルスの感染を広めながら,5Gの実験を行っているのでしょうか。5Gの実験で感染者が重篤化し死んでしまっても,5Gが原因であるなどとは誰も思わないでしょう。
日本は今月末から商業用に5Gが導入されますので,まさか。。。5Gのアンテナの近くでチャイナコロナウイルスの重症者が発生するのではないでしょうねと危惧しています。
しかも現在,チャイナコロナウイルスのパンデミックにより,世界中が緊急事態宣言或いは医療戒厳令を発動するようになっています。中国のようになってもらいたくないのですが,今回,世界中で緊急事態宣言や戒厳令が発動されることにより,将来的には全体主義体制が世界の標準になってしまうのではないかと思ってしまうほどです。つまり,病人が急増し,各国の経済が崩壊し,社会が混乱し,全体主義体制となった各国を取りまとめる世界統一政府のNWO奴隷体制が完成!
パンデミックが収束すれば元通りの生活になるのでしょうけど。。。
NWOのアジェンダがちらついてしまいます。
今回の実験で,世界の権力層が5Gを導入したことで世界の人口削減に効果的だとわかったなら,世界中を5Gアンテナで覆うようになるのかもしれません。しかし,もし各国政府が今回の実験で5Gはあまりにも危なすぎると認識したなら,5Gを止めるかもしれません。
日本政府がこのまま5Gを推進するなら,意図的に日本人の人口削減を望んでいると言っても過言ではないでしょう。
https://beforeitsnews.com/eu/2020/03/lateral-thinking-says-5g-is-being-secretly-launched-across-the-world-2654811.html
(概要)
3月10日付け
武漢とミラノのコロナウイルス・パニックと5G導入の時期が偶然にも一致しています。
彼らは5Gを導入した後にどのレベルまでパワーアップできるかを確認するための実験をしています。この実験は人々が倒れ死んでしまうまで続けます。 しかし彼らは5Gが人々を殺害していることがわからないような形で実験を行います。
この実験を行っている間に,コロナウイルス・パニックという偽装工作を行い,彼らが5Gの実験を行っていることをわからないようにしているのです。
イギリスでも人々が知らぬ間に5Gが導入されました。その証拠として私はミツバチが家の外で死んでいるのを目撃したのです。庭のミツバチが死ぬなんて初めてのことです。ミツバチは5Gのような高出力マイクロ波からの影響を受けやすいのです。原因不明の頭痛や耳鳴りの症状に悩んでいる人が多くいます。
中国政府は中国でのコロナウイルス大流行が収束しつつあると発表しました。中国政府は,密かに中国人民の人口を削減し生殖能力を低下させ寿命を短くするための実験を行い,どのレベルで5Gを作動させたらよいのかが解ったのです。
中国政府は5Gの実験が終わったためこれ以上コロナウイルスに関する情報を流す必要はありません。
一方,ヨーロッパでは5Gの実験は始まったばかりです。ヨーロッパの都市部が実験の対象となっています。実験結果が待たれます。イタリアがヨーロッパで最初の5G実験台になりました。
多くの国々で5Gが導入されたのに,5Gの携帯電話がまだ販売されていません。なぜなのでしょうか。
それは,一般人が5Gの携帯電話を使うようになったら,5Gのビームが放出されていることがわかってしまうからです。彼らは今の段階では5Gのビームが放出されていることを隠しておきたいのです。
コロナウイルス・パンデミックが収束すれば,5Gの実験も終わり,店頭で5Gの携帯電話が販売されるようになります。
5G携帯電話に関する2月14日付けの記事によると,ファーウェイのMate X foldable phone が昨年発売される予定でしたが,まだ店頭に並んでいません。この機種はイギリスのボーダフォンやEEで使われることになっています。しかし価格は安くありません。8GB RAM,512GB Storageで,2299ユーロです。
ファーウェイは5Gのホーム・ルーター(5G CPE プロルーター)も提供しています。ボーダフォンとEEはファーウェイのルーターを仕入れており,ボーダフォンはこれを5G GigaCubeとして売り込んでいます                         ↓
https://japanese.engadget.com/2019/12/04/2019-5g/
(一部抜粋)
クアルコムの調べによると,2019年に5G商用サービスを開始したのは,米国・韓国・イギリス・スイス・ドイツ・イタリア・モナコ・フィンランド・ルーマニア・サウジアラビア・クウェート・カタール・バーレーン・南アフリカ・オーストラリア・スペイン・UAE・中国・フィリピンの19か国。
G7(先進7か国)のうち,5G商用サービスを展開していないのは,日本・フランス・カナダの3か国に留まっています。
2020年になると日本が3月末より商用サービスを開始するほか,台湾やインド・ブラジル・チリなどでもサービスが開始されます。なお,ミリ波(28GHz帯などの高い帯域)で5Gを展開するのは米国・日本など一部地域に留まります。
2021年以降も5Gサービスの提供国は順当に拡大。2025年までに全世界で28億台の5Gデバイスが普及するとクアルコムでは予測しています。
5Gの普及のため,クアルコムは2020年に,普及価格帯スマートフォン向けSoCのSnapdragon 600台もに5G対応させると発表しています。
なお,クアルコムと並び世界で5Gをリードするファーウェイへの制裁により,5Gの世界的普及が減速するとの懸念もあります。5Gの用途としては,自動運転や遠隔医療のほか,デバイスとエッジクラウド間が大容量・超低遅延で通信可能になることに伴い,手のひらのデバイスで行える「コト」が飛躍的に増大することが期待されています。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52050342.html


 
posted by datasea at 15:54| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: