2020年03月17日

gamenotatsujin: アングロサクソン・ミッション


「The Anglo-Saxon Mission」  
シューマン・レゾナンスと地磁気との間の不均衡はバイオリズムを混乱させます。
それら自然の地磁気はGWENタワーからくる人工の低周波によって置き換えられつつあるのです。
この低周波の正体は人々を不安にさせ時には集団ヒステリー状態にし死にも追いやる大変危険な周波なのです。
超低周波の不可聴音としてテレパシーを送るのにも使われています。都会は特に危険です。
いつまでも親風吹かしている馬鹿な母親・父親がいる限り気付きはないでしょう。
ビル・ライアン プレゼンテーション原稿
このページは プロジェクト・キャメロット パブリケーション を翻訳したものです。
フリーメーソンとは何か その5
プレゼンテーションの始まり
プロジェクトキャメロットとプロジェクトアバロンのビル・ライアンです。
今日は2010年2月16日です。
このビデオプレゼンテーションはちょっと変わっています。
と言うのも、このビデオは、ある重要な目撃者との音声によるインタビューの説明・解説版として作ろうとしているからです。
その人物は、ちょっと前... 2、3週間前にプロジェクトキャメロットに来て、自分の話をしてくれました。
私たちの証人は多くが匿名を希望しますが、この人物もそうでした。
Stop Common Purpose
これが悪魔の顔です。
よく見ておいてほしい,これが大淫婦スカーレットの顔です(大淫婦が裁かれる.....ヨハネの黙示録17章参照)。
Julia Middleton(CPのボス的存在)。
彼女は悪魔のこくぞう虫と呼ばれる獣(けもの)。
公共の資金の悪用による汚職,不正行為,詐欺。彼女は若いころ女性の売春斡旋業者であった。
アングル人とサクソン人の総称である蛮族チュートン族は英国で生息した。それがアングロ・サクソンと呼ばれる人種であり獣たちである。CPの構成メンバーにはBBC,ゴールドマンサックスなどがうじゃうじゃいる。BPのメキシコ湾での原油流出事故もうまく仕組まれたブラック・マジックである。当時のBPのCEOはゴールドマン出身であることを考えれば話は難しくない。そこに日本人の財産である郵貯が大部分任されている。その音頭をとったのは電通でありPODAM(我通報す)のY新聞である。
世界を支配する黒魔術 その3参照
ただ、彼は録音を文書化することに同意してくれました。それでこれを
「アングロサクソン ミッション:証言者オーディオ・インタビュー」
として原稿化し、これもビデオと同時に公開することにしています。
ここで私がビデオについて言っていることを考えながら、同時に録音内容を読めるということが大切だからです。
話に入って行くと、全ての情報を把握する重要性がはっきり分かってくるでしょう。全てをしっかりバランスよく理解するためです。
さて、この人物はイギリス人です。長年英国軍に勤務し、退役後はロンドンのシティで非常に高い地位についていました。ロンドンのシティで立派な地位、ですよ。
このビデオを見ている皆さんの中でロンドンのシティを知らない方のために説明しますと、シティと言うのは独立地区、つまりロンドン自体の中心にある経済独立地区のようなものなのです。ちょっとだけバチカンと似ていると考える人もいます。非常に古い、昔からある場所です。ロンドンだけではなく、おそらく世界中の経済システムの中心です。
多くの研究者が、おそらく非常に高い確率で、ロンドンのシティがアメリカの経済システムを支配しているのではないかと考えています。シティの人々が、連邦準備銀行や国際決済銀行などのあらゆるできごとを支配しているというのです。ここは世界経済の神経中枢のようなものです。そしてとてもメーソン的です。つまり、非常に古く、伝統的なのです。
我々の情報源であるこの人物は、上級メーソンと同席する多くの会議に出席しましたが、その多くは、興味深いながらもシティの標準的ないつもの会議、つまりいつもお決まりの経済会議でした。
そして2005年6月、またいつもの経済会議だと思い、彼はある会議に出席したのですが、それが実はふだんとは違うものだったのでした。ふだんと違うということは着いてすぐに気づきました。
実際、我々とのインタビュー、「アングロサクソン・ミッション 証言者のオーディオ・インタビュー」の原稿にも載せてありますが、彼が、自分は手違いがあってそこに出席したのだと言っているのがわかると思います。彼は本来そこにいるべきではなく、何が行われているのかわからず、そういうわけで、本当のところその会議には参加していませんでした。いわばこっそり観察するような状況でそこにいたのです。何が起こっているのかをただ聞いていたのですが、始めの頃は、何が話題になっているのかも理解できなかったということです。
さて、そこにいた人々はメーソンでした。上級メーソンです。25〜30人いて、中にはほとんどのイギリス人が名前を聞いただけでわかるような高い地位にある政治家もいました。彼は名前をあきらかにはせず、私も聞きませんでしたが、彼によれば、有名な人々ばかりだということです。
警察本部長、教会の代表者たち、軍の代表者たちなど、25〜30人いたわけです。
そして彼は、この話が話題になっているのを聞いていたのですが、それは形式張らない会議でした。
大きなテーブルとメモ帳、水の入ったグラス、議事録、協議事項そして議長のいるような会議ではなかったのです。
人々がただ部屋に集まってこの話題について語り合うというようなものでした。
彼らが話し合っていたのは、あきらかにかなり前に計画されたある計画についてでした。討論していたのは、この計画の実行についてでした。彼らは、状況の進み具合と、計画通りに進んでいるかどうかについて討論していたのです。
まあもうちょっとわかりやすく言えば、彼らは、この計画を実行するに当たっての問題点などについて話し合っていたのです。このプレゼンテーションが進んでいくと、何の計画についてだったのかがわかってくるでしょう。私はここで、証言者にあきらかにされていったのとすっかり同じやり方で、そして彼が私にあきらかにしたのと同じように、少しずつ、段階を踏んであきらかにしていきます。
最初に彼が聞いたのは、イスラエルはすぐにでもイランを攻撃するような準備はまだできていないようだ、と皆が話し合っていたことでした。これがまず問題点だったのです。
2005年6月の時点でさえすでに、彼らは、ある種の時系列によって計画されたことがスケジュール通りに展開していないのはどうしたことかと懸念しているようであり、それが彼らにとっての論点だったわけです。
それで、今までこんなことを話し合う会議には出たことがなかったので、それが一気に彼の興味を引いたわけです。
次に彼らは、中国について話し始めました。
中国が軍事力、経済力ともにいかにすばやく力をつけて来ているか、そして日本がやるべきことをやっていない、つまり中国の経済システムに何らかの形で干渉することになっていたのにやっていない、ということについても話しました。日本がやることをやっていないということは、またもうひとつの問題でした。中国が急激に力を持ちすぎて来ていたからです。
他にそこで話し合われていたこととしては、例えば、やがて来る金融崩壊、富の中央集権化など、すべて私たちが2008年10月から始まるのを目の当たりにしたようなことです。彼らはそれを計画し、2005年6月の会議の時点でそのことに言及していました。ですからあきらかに、現在計画が開始されているわけです。
彼はとてもショックを受け、さらに聞き進んで何が起こっているのか本当にわかった時は、極度の衝撃を受けました。
私がここでこのビデオプレゼンテーションをしているのは、ショックをやわらげ、少しでもこれを解釈するためです。衝撃的な内容ですから。またここで、彼が実際に自分の耳で聞いて報告したことと、彼自身の推測の部分とを区別するようにし、こういったこと全てがどう組み合わさるのか、私の考察も入れたいと思います。
これはとても重要な情報です。たとえこういったことが軌道に乗るようには見えないとしても、知っておく必要があります。ただ私はこれが起こるとは思っていません。私が考えるに、気の狂った人々の一団がいて、あることをやろうと固く決心していて、しかも急いでいる・・ここが重要です・・この一連の出来事を展開して行こうととても急いでいるのです。
さて、彼が説明したのは、一連の出来事がどういう順番で起こるかでした。
それはイスラエルのイラン攻撃で始まります。今はまだ起こっていませんが。このことを起こそうとしている勢力がある、という兆候はたくさんあります。過去 2年間のニュースを辿るだけで、一般の人々が、この手のことへの正当化に慣らされて来ていることに気づくでしょう。イランは攻撃されても仕方ないような悪い奴らだ、とか何とかいうふうに仕掛けられているのです。
さて、それがチェスの最初の手のようになるわけです。その計画は、イランまたは中国に、報復するよう誘発します。我々の証言者は軍関係者ですが、彼は個人的に、イランが核兵器を持っていることを限りなく確信しています。これは一度も公になっておらず知られてもいませんが。彼は、イランが中国から内密に核兵器を供給されていると信じています。
そしてこれは全て計画されていることで、これらの支配勢力にとっては、イランが核兵器を持っているのは問題ないわけです。使ってほしいわけですから。計画では、イランが核兵器で動きが取れなくなった時、イランか中国に報復してほしいわけです。
その時点で中東で限定的な核攻撃のやりとりがあり、その後停戦になるということです。
彼は会議で、このことが計画されていくのを聞いたのです。これは演出されているのです。映画の脚本のようにです。本当に、起こることが意図されているのです。
そしてこの間に、このことのために他のことも仕掛けられていくのです・・そしてこれを視ている多くの人が気づくでしょうが、これは舞台裏で仕掛けられていくのです。私たちはこのことについて、多くの国の信頼のおける研究者たちからインターネットを通してたくさん報告を受けているのですが、国民を厳重に管理する、戒厳令のようなものが、欧米諸国の多くで設置されつつあるのです。つまり、軍や警察以外の治安部隊、警護隊などへの権限が強化されているのです。
例えばイギリスでは、この情報提供者によれば、彼は個人的に本当に、非常に多くの民間の警備員たちが、市民を逮捕、拘束したり、市街地での暴動を処理する権力を与えられてきていることを知っていました。ここで話しているのは、ごく普通の民間の警備員、通りで交通違反切符を切ったりする人たちのことを言っているんです。その人たちの権力が、同様のやり方で大きくされているのです。
また去年、オバマ大統領がアメリカ国内に国家警備隊のようなものを作り、こういったことに対処するようにしたいと話していたのを聞いたでしょう。この仕組みが設置されつつあることを示すものはたくさんあります。
それから、この気の狂ったシナリオが展開する中で、中東で限定的な核攻撃のやりとりがあると意図されているのは、考え方はこうです。世界中が中東を恐怖の目で注目する、そうしたら彼らは各国政府を通して、旅行、通信、人々の会合、市街地での反対運動などを強力に規制するよう命令するでしょう。
彼らは、飛行機に気の狂った爆弾テロリストが乗っていないか、ショッピングモールにはいないかを確認したいと言うでしょう。そして人々がこれを聞いて恐怖に陥るので、各国政府に強力に警備するよう要求、命令、主張し、それは正当化されるでしょう。これが全ての欧米諸国で起こるであろう戒厳令状態です。正当化として意図されているのです。
これら全ては、単にあることの始まりです。この話はずっと大きい、非常に恐ろしいことになってくるからです。
今これを見ている人たちは、ちょっとショックを受けているでしょう。私がこの情報を聞いたときと同じです。そして、それはこの証言者が会議で感じた気持ちと一緒です・・これは始まりに過ぎないのです。
さて、停戦の間、誰もが衝撃を受け、恐れ、どうなっていくのか恐怖にかられるでしょう。どこでも国民は協力に支配されているわけです。
そして次のチェスの手では、中国で生物兵器がばら撒かれます。彼はこれが会議で話されるのを聞きました。
彼らは、中国の国民を遺伝子的に標的にしたインフルエンザのようなウィルスを撒くつもりです。これは人種的に、中国人を標的にしています。これは山火事のように拡散するべく、そして大量の中国人が罹患するべく計画されているのです。そして会議に出ていた人々は、これを笑っていました。
彼らは「中国が風邪を引くんだよ」と言ったそうです。「中国が風邪を引くんだよ」というのが彼らのことばです。そしてこの生物兵器が中国国民に大打撃を与えることについて笑っていたのです。
それではその後、事実上、欧米にも同様に伝染病が世界を渡って広がるような可能性はあるのでしょうか。彼にははっきりはわからないということでした。中国の報復があるかも知れない、あるいはそれが人種的なものを標的にしていようがいまいが、広がるうちに制御不可能となってしまうかも知れないとも言いました。突然変異があるということです。
と言うことで、中東での限定的な核戦争があり、世界的な伝染病が世界中を一掃し、はっきりわかるくらい多くの人が死ぬことになり、そしてこういったことで人々がパニックになるので、欧米諸国で、例のような全体主義的軍隊による厳重な警備体制が敷かれるわけです。
そしてその後、彼によれば、本当の戦争が始まるということです。おそらく正当化されて「第三次世界大戦」とも呼ばれるようなものが、もっと大量の核攻撃を伴って始まると。
ここまで来て、私は彼に聞きました。 「これはただ人口削減のためなのですか?何が目的なんですか?何で彼らはこんなことをしようとしてるんですか?どうしてこの気の狂ったストレンジラブ博士(訳注:米国の映画監督スタンリー・キューブリックの映画「博士の異常な愛情、または私は如何にして心配するのをやめて水爆を愛するようになったか」(1964)に登場する核戦争に執着するドイツ人博士の名前から)は、世界中でこういったことを引き起こそうとしているんですか?なぜですか?」
会話が進むにつれ、この質問についての答えが次第にわかってきました。さて、これらのことは考察ですが、何がどうなっているのかを理解して一緒に活動するためには本当に重要なので、皆さんとこの考察をシェアしたいと思います。今からお見せするビデオの部分がヒントになっています。とても大切なヒントです。
彼は言いました。 「まったくその通りです。人口削減のためです。」
それで私は聞いたのです。 「それでは、この会議中に、数字などについては話していましたか?」
彼は言いました。 「はい。50%と言っていました。」
世界人口の半分です。これはジョージア・ガイドストーンによって計画されているのです。ジョージア・ガイドストーンをご存じない方のために補足しますと、これはアメリカのジョージア州(英語訳注:ジョージア州エルバート)にある石の記念碑で、何年も前に(訳注:1979年)匿名で建てられたそうです。これは8ヶ国語で書かれており、まるでイルミナティの「ニューワールド」向けのマニフェストのようです。これがニューワールドに向けたマニフェストであるということをしばらく考えてみてください。これが、今私が解説していることにおいて大切な概念なのです。
http://projectcamelot.org/500,000,000.jpgこのニューワールドに向けたマニフェストの重要ポイントのひとつが、5億人の人口というところです。5億人ということは、この会話の時点でのおよそ70億人からすると圧倒的な減少です。これは、ほとんど95%の人がこの地球からいなくなっているとういことです。そして50%はそれに至る段階で、彼らがこれをするには理由があるのです。彼らがなぜ急いでいるかには理由があるのです。このキチガイ沙汰には理由があるのです。
そして彼はこれを説明する時に、このプランには彼らがつけた名前があると言いました。このプロジェクトには 名前 があるのです。私は聞きました。 「何と言う名前ですか?」
彼は答えました。 「アングロサクソン・ミッションと呼ばれています。」
アングロサクソン・ミッション。 その名は以前聞いたことがありました。何か歴史的な、おそらく十字軍に関することで非常に昔のことです。でも私も彼も、現在の状況では聞いたことはありませんでした。そして後で彼の話が続くにつれ、何のことを言っているかも知れないのかがだんだんわかってきました。ですから、このビデオのタイトルがそうなっているのです。また現在何が起こっているのかを理解して一緒に力を合わせる必要があるため、この情報を皆さんとシェアしたいと思っているのです。これは本当に重要な情報です。
私が信じるに、ある計画があり、これはヒットラーが自慢に思うような、非常に邪悪な、マキャベリ的な(訳注:目的のためには手段を選ばないことのたとえ)直視するのが困難なくらいのものです。信じられないような内容なので、皆さんの目の前において見てもらわなくてはならないのです。そうすれば、こういった可能性があるのかどうかを自分で考えていただけるでしょう。
私が説明している計画は、間違いなく可能性のあるものです。というのも、私がここまで語ってきたことは全て、つまり「限定的戦争」の後の大規模な戦争行為の勃発まで含めて、彼がこの会議の中で自分の耳で聞いたことだからです。
ということで、 計画されている 順番は次の通りです。イスラエルがイランを攻撃し、その後停戦になるが、その頃同時に、全ての欧米諸国で国民に対して政府の軍による強力な支配が起こっている。その後中国が生物兵器で攻撃を受ける。それはインフルエンザのような病気で、山火事のように広がり、世界中に広がり、それから第三次世界大戦が起こる。
そしてその時までに、全世界人口の50%が削減される。ただ戦争や伝染病によるものだけではなく、これを見ている人にはわかるでしょうが、このような状況においては社会経済基盤が停止するからです。スーパーマーケットに食料はなく、スタンドにもガソリンはなく、電気通信も停止し、水さえも水道から出なくなるかも知れません。
人々は、この状況をやりくりする手段も持たないまま、ビクトリア朝時代に後戻りさせられるような状況なのです。菜園を持っている人はほとんどいないでしょう。馬も荷馬車も持っていないでしょう。かつては生き延びられたやり方では、生き延びられないでしょう。
我々は、現代の科学技術の進歩の中では非常に非常にもろいのです。私たちは 非常に 攻撃を受けやすいのです。そしてもちろんのこと、支配者たちはこのことを知っているのです。
この段階で、証言者は推測していました。 「なぜ彼らは急いでいるのか?なぜこれをやろうとしているのか?」
ここで、これは非常に皮肉な感じですが、私が言ったのです。 「そうですね、もし第三次世界大戦を計画するなら、時間をたっぷりとって、きちんとうまくいくように進めて、本当に成功するようにしたらいいじゃないですかね?」 だって、20年後だって30年後だって、あんまり関係のではないですか?どうしてそんなに急いでいるのでしょうか?
そうしたら彼は、彼が引き続き受け取っている内部情報によれば、今でもこれは今から18ヶ月ぐらいを時限目標としている、つまり2011年の半ばくらいをメドにしていると思う、と言いました。
彼は、実はこの一連の出来事が日程による設定ではないため、確信がないということです。それは実は出来事の順番による設定なのです。つまり、これはあれの前に起こる必要があり、それから次のことが起こり、そうしてその後次のことが起こる、という具合です。ですから、全てのドミノが倒れる前に、たくさんのことをそれぞれの場所に配置しておかなければならず、言ってみれば、彼らはいくつかのことでスケジュールから遅れているようだということなのです。
パートナーになった持田は,白金台の家賃約八十万円の高級マンションに引っ越した。広さは五十坪ほどで,ダイニング,リビングがあり,ハーフサイズのバスケットコートや,卓球台やビリヤードなどの施設があった。父が築いた松涛の豪邸には及ばないが,バブル崩壊で疲弊する都銀の銀行員が羨む住居を手に入れたことになる。
計画された出来事で、絶対まだ起こっていないことがあります。この話を聞いたときに思い出したことのひとつが、我々の証言者であるヘンリー・ディーコンが、彼の内部情報として、2008年に対中国の戦争があるだろうと言っていたことですが、これは起こりませんでした。過去三年間にプロジェクト・キャメロットのビデオを見て彼らの報告を読んだ人たちの多くは覚えていると思いますが、 2006年に我々がヘンリー・ディーコンに会った時、この話が出ていたのです。
そして今回・・あの時はまったく意味がわかりませんでしたし、今でもまったくわかりません。まるでこんな感じです。 「ふ〜んなるほど。でも何でそんなことをするんですか、何でなんだろう?」
さて、次に述べるのが「証言者」の答えでした。この人は非常に賢い人です。彼はずっと軍にいるわけです。そしてこれは彼が音声録音の時には述べていなかった、まったく別の話なのですが・・ちなみに録音については原稿になっていますので読んでください・・彼は、軍において自分自身がETに会った経験があるのです。彼はこのことについての裏情報も、自分自身の情報源から得ています。
彼が言うには、彼はかなりの確信を持って、この世の中で命令を下している人々、つまりイルミナティ、支配者、秘密結社など、名前はいろいろありますが、その人々は、「地球物理学上の事件」と彼は呼んでいましたが、大規模な地球物理学的事件が起こると信じているということです。彼によれば、自分が受け取った最高の情報として、内部関係者たちが、このことが起こるだろう、あるいは起こることを懸念しているということでした。
そして、これを見ている多くの人が、これがすっかり気の狂った情報とも言えないということにお気づきでしょう。 何らかの理由で、 これまでに何兆ドルもの金額が地下深部の基地建設に使われており、それがなぜ存在するのかも私たちにはわからないのです。
また、 スヴァールバルにあるシードバンク (これは公になっています)というのを聞いたことがあるでしょう。世界中から全ての植物と農作物の種子を集め、ノルウェイ北部の花崗岩でできた地下貯蔵庫に保存しているのです。この種子銀行も含めて、まるでこういった貴重な資源に脅威になることが起こるかも知れないとでも言うように、多くの予防措置が取られているわけです。
さて、もし彼らが信じているように地球物理学的事件が起こるのであれば、というのもこれは イルミナティの内部情報として保存されている ようなので、本当かどうかはわかりませんが、1万5千年ごと繰りかえし起こる地球物理学的事件があるということなのです。
アトランティスに本当に起こったことの情報は、2・3千年前に焼け落ちたアレクサンドリア図書館にあった確率が非常に高いです。そのほとんどの情報が回復されて現在バチカン図書館にあるという噂がずっと続いています。
これは公になっていない情報で、内部関係者ならアクセスできるかも知れないというものです。この情報が正確であろうがなかろうが、重要なことは、彼らがおそらくこのことが起こるであろうと 信じていて、 自分たちの予防措置を取ろうとしているということに気づくことです。そしてこのことが、さっき聞いたばかりのこの計画について、その異常さを正当化することになるのかも知れません。
このことについて考えてみてください。
彼は言いました。 「もしポールシフト(極移動)のような大規模な地球物理学的事件が起こるとすれば、もしかすると惑星Xだろうか、もしかすると、何らかのエネルギー現象が起こって、それで太陽系が動き、そのことで地殻がどういうわけか不安定になるとかそういうことかも知れない・・・よくわかりません。」
「しかしもしそういったものすごい緊急事態が起こるなら、戦争を起こすなどということはまったく見当違いに思えます。人類を救うとか、人類の一部だけでも救うとか、そのために事が起こる前に危機管理をきちんとしてあるかどうか、そういうほうが筋が通るわけですよ。」
言いかえれば、もし緊急事態が発生するとわかっていたら、例えばハリケーンが自分の都市を直撃するのがわかっていたら、前もってまんべんなく準備をするだろうということです。警官隊の準備を整え、社会経済基盤を整備し、軍隊の準備を整え、一番よい方法で、反応・対応・復旧できるよう、この状態を掌握するための全ての準備を整えるでしょう。
我々の証言者によれば、この第3次世界大戦のシナリオが作られている理由は、欧米諸国の政府が、中国だけを除いて、国民を全体主義的体制で支配する状況になるということからではないかと言うことです。そして地殻大変動の後、最高の装備でニューワールドを復旧・復興しようということではないかと。彼は、それで今こういうことが起こっていると考えている訳です。
そして実は私も、ひどい理論ではありますが、彼らがこのように考えているということには納得がいきます。もちろん、一瞬たりとも、それが起こるのに同意するということではありません。私としては、これがとんでもなく気の狂った計画だとは思いますが、彼らがそれが起こると信じているならば、私たちが聞いたこの計画が本当に話し合われているということは、彼らにとっての正当化と言う意味でも、あり得るように思います。
さて今度は、現在の私の考察ですが、これも、私にとっては筋の通るものです。ですからこれについての皆さんのコメントや考えをお願いします。皆さんと一緒に、今何が起こっているのかを明らかにしていかなくてはならないので。
これはアングロサクソン・ミッションと呼ばれています。ここからわかることは、この名前の由来が、新しい地球を継承することに関する白人の人種差別主義者の計画予定だということです。ヒットラーが自慢しそうな計画です。
もし彼らが、新しい地球を再建しなければならないと考えているなら「ニューワールド」・・この短いことばについて考えてみてほしいのですが、もし地殻大変動の後に「ニューワールド」を再建する必要があるなら、彼らはアングロサクソンにそれをやってほしいと思っているわけです。中国がやるのはいやなのです。
一方のクリーブスは,GSが六本木ヒルズへ入居する際,森ビルとの間で家賃の値下げ交渉を成功させたのを最後に退社した。クリーブスを知るGSの元社員はこう語る。
まず中国を排除して、その後アングロサクソンが、他の民族、おそらくアジアやアフリカ、南アメリカの各国とともに「ニューワールド」を継承すると。彼らは、何にせよ、彼らが思っているようなことが起こった後は、どんなやり方にせよ自分たちで復興する力を持つような、状況を掌握するだけの資源・財源はないのだろうと推測されます。
それで、他のいくつかの部分にもつじつまが合うところがあるのです。そしてこのプレゼンテーションが重要である理由のひとつは、個人的に、これは私個人の考えですが、これまでに私が、こういった重要な問題については、多くの十分な根拠に基づいた研究を追跡して来ているからです。我々は過去3年間、独自の情報源を持ってやってきています。
しかし、私はいつも自分自身に問いかけてきました。 「どうして彼らはこんなことをするのか?」 と。そうでしょう、中国に戦争を仕掛ける?なぜ?第3次世界大戦?どうして?そして急にこれらの多くのことが、少しだけ意味を成してきたのです。
可能性はあります。例えば、去年2009年の終わりに、ジョーダン・マックスウェルと行った インタビューの中で聞いたのですが、彼は、ヒットラーの時代やさらにそれ以前から繰り返し使われている「新しき日の夜明け」("The Dawn of a New Day")についてのシンボルや映像などのイメージについて、ずっと研究してきたと言っていました。
フリーメイソンやイルミナティ的に考えると 「新しき日の夜明け」には何かとても重要な意味があり、ここにきて私たちも、恐らく彼らが信じていることの理由として、もしかしたら地球大変動かも、それを彼らは本当に起こると信じているのかも、などと考えています。
http://projectcamelot.org/new_day_2012_movie.jpg 2012年 という映画は多くの方がご覧になることでしょうが、全ての洪水や地震、津波の後、あのように大きな船が雲のしじまから陽がさしてくる静かな海に出て行く、それが 新しき日の夜明け だと言うわけです。そしてあの映画の中で暗示しているのが、ここからあの人たちが新しい地球を再建することができる、あれは生存者たちで、この映画は現代のノアの箱舟だから、というわけですね。 「新しき日の夜明け」 が例のことに言及していると言う可能性はありますね。
そして、他の研究者たちの見解も聞いてみたいものですが、まさにこのことば 「ニューワールドオーダー」 (新世界秩序)と言うことばさえ思い浮かびました。このことばを初めて聞いたのは20年くらい、いや、もっと前でしょうか。しかしこの 「ニューワールド」 というのは、大変動後の世界、まさに 「ニューワールド」 なのかも知れません。大変動の後の 新世界の秩序 なのかも知れません。
彼らは誰が新世界を継承するのかを計画しているのかも知れません。最低限でもそうでしょう。これが 「ニューワールドオーダー」 の全貌なのでしょうか?まさに彼らが、起こるだろうと思っている 新世界 の秩序ですね。彼らは本当にそうなると思っているのですから。
さて、ここでもう一度言いますが、ここでのこの全情報を区別することは本当に本当に重要です。私はこういったことが本当に起こるとはまったく思っていませんが、彼らは自分たちの利益になると信じていることを守るために、何かきちがいじみたことを試みているのかも知れません。ここでは私たちはこのことに気づく必要があるのです。
私は、自分がなぜこういうことが起こると信じていないのかの深い理由について、 ただただハッキリ させたいのです。起こるように意図されたことで起こっていないことがたくさんあるからです。
覚えている皆さんも多いでしょうが、たしか2007年8月30日だったと思いますが、B-25爆撃機が6個の巡航ミサイルを両翼端に装着して、マイノット空軍基地(訳注:ノースダコタ州)からアメリカの半分も横切ってルイジアナ州バークスデイル空軍基地まで飛んだことがあるのですが、こんなことは、決して間違いで起こるようなことではないのです。
http://www.geocities.jp/f1tw_idea/dear_friend/20101127.html
それは違法であり、起こってはならないことでした。空軍基地の武器庫からは、銃弾ひとつでさえ、いくつもサインをもらわなくてはならないし、誰の目にも触れずにこっそり持ち出すことなどできないのです。ましてや、巡航ミサイルをつけたB-52爆撃機が誰にもわからず 間違いで 、などということはあり得ないのです。
そのことが起こったのには理由があり、実際これはそれ以上のことが進む前に阻止されたのです。それはルイジアナ州のバークスデイルで止まりました。何人かの非常に勇気のある航空兵たちが内部告発し、自分たちのやるべきことをやり部隊に報告したのです。そのニュースは主なメディアで非常に短時間だけ取り上げられましたが、その後は完全に隠蔽され、誰もが、あれは間違いだったと言ったのです。それは間違いではありませんでした。
彼らがそれをやったのには理由があり、そしてこれはほとんどの皆さんはご存じないのですが、8月末の同じ頃、匿名の投資家グループが、2007年9月21 日以前に株式市場が50%暴落することに、 20億ドル 投資していたのです。もし賭けが成功すれば45億ドルを得るという投資でした。これはいわゆる プットオプション (売り付け選択権)というものです。株式市場の内部関係者は、その投資を 「ビン・ラディン・トレード」と呼んでいます。皮肉な表現ですが、それが9月11日頃に起こっていたからだと言います。
さて、その投資家たちはそれが起こらなかったので賭けに失敗しました。計画は失敗したのです。株式市場は暴落しませんでした。爆撃機はそれ以上遠くへは行かず・・皆が知るように、それは第3次世界大戦の始まりとして計画されていたのです。でもそうはなりませんでした。ですよね。
何分か前に聞いたと思いますが、私はヘンリー・ディーコンが、2008年に対中国の戦争が始まる予定があると説明していた、と言いました。それは起こりませんでした。多くの人が、そんなのきちがい沙汰だと思いましたし、 彼 が気が変になっていると思いました。ただ、彼は気が変になっているのではなかったのでしょう。恐らく彼は本当の計画を聞いたのでしょう。でもスケジュールから2年遅れになっていて、恐らくこれはまったく起こらないのでしょう。
他にも、恐らく計画されていたのだろうが 起こらなかった、ということはたくさんあります。
いわゆるメキシコインフルエンザとも呼ばれる、豚インフルエンザの勃発について考えるのは非常に興味深いことです。過去6〜9ヶ月間、私たちはシナリオを見てきました。そこではまるで彼らが多量のワクチンを展開させたがっているようにも、多くの人に病気にかかってほしいようにも、世界的流行病(パンでミック)を宣言したがっているようにも見えました。今でさえ、このパンでミック宣言をさらに2年間延長しようと言う提案がされているのです。何も起こっていませんが。
イギリスでは私たちはこれを「ティーカップの中の嵐」(訳注:内輪もめ)と言います。実際は何も起こっていませんが、恐らく何かが計画されていたのでしょう。
さて、もしそう計画されていたのでなければ、全てが、人々がどう反応しどう行動を起こすか、どれくらいの速さで広がるのか、ワクチンの効果はどうかなど、ある種の試みだったのかも知れません。
そして、もちろん我々プロジェクト・キャメロットと世界中の多くの活動家たちはずっと、このことに人々の注目を集めようとしてきており、いまや私たちは全員データベースに載っていますから、彼らは、誰が立ち上がってこういったこと全部について話し始めるかわかっているわけです。
ですから、これはもしかしたら実験なのかも知れないし、あるいは何かを展開しようとして失敗したのかも知れません。
ものごとが変わりつつあると信じることができる理由は数多くあります。これは重要なことです。デイビッド・アイクの活動を追ってきている人々。これはここでは重要な視点です。というのも、彼が素晴らしいプレゼンテーションをし、開口一番 「我々は無限の意識である」 と言う限り、我々は彼の仕事を完全に支援しているからです。表現の仕方はいろいろありますが、これに同意しないのは非常に難しいことです。
私たちは、ずいぶん前に自分たちの力について忘れてしまった、神のような不死の存在なのです。意識の可能性は 途方もない ものです。この全体像の中で、私たちがどれほど力を持った存在であるかに気づくことは非常に重要で、それはこの窮地から私たちを救うことができる、唯一のもっとも重要な要素であるかも知れないくらいです。これこそが、ことの全てなのではないかと思います。
ジョージ・フーバー提督は、1998年に亡くなっていますが、彼は米海軍の海軍諜報部に勤務していました。その彼が研究者で UFOマガジン と言う雑誌の編集者であるビル・バーンズに語り、そしてビル・バーンズはその会話のことをコースト・トゥ・コーストというラジオ番組のジョージ・ナーリーに話しているのですが・・・
ジョージ・フーバー提督がビル・バーンズに話したのは、米海軍が発見してしまったと言う「最大の秘密」のことですが、これは本当に非常に興味深い話です。
二人はロズウェルに降り立った人々について話し、ジョージ・フーバー提督によれば、この人々は 未来からやってきた我々だった と述べたのです。彼らはタイムトラベラー(時間旅行者)だったと、異星人ではなかったと。さて、他の研究者や内部告発者も同じことを話しており、これ自体とても興味をそそられる話です。
しかしジョージ・フーバー提督が「最大の秘密」と言った本当のことは・・これらのタイムトラベラーの能力と 意識の力 についてでした。彼らが未来からやってきた我々であった。 そのために 、陸軍の権力者たちは本当は人間にどんな力が備わっているか、ということがわかってしまったわけです。
そして彼は、このことがしっかり隠蔽されたと言いました。もし私たちが、自分たちがどんなに強力な力を持ち、そして持ちうるか、そして今後持つのか、について知れば、彼のことばによれば、 私たちの周囲に大混乱を引き起こす だろう、ということで、これは決して口外を許可されなかったのです。私たちは、自分たちが望むように現実を置き換えることができ、ある意味これは本当のことですが、未来の人間はその方法を学んでいたわけで、それが例えばタイムトラベルのような、信じられないような種類の能力を利用することを可能にしているわけです。
フィリップ・コルソ大佐は彼の著書 「ロズウェル後の時代」 にいくつかの詳細を書いていますが、彼が理解したところによると、その宇宙船はパイロット自身の意識の増幅によって動くようになっているようだったというのです。彼らの意識の力でですよ。宇宙船によって増幅されるのは彼らが移動し2箇所に存在する能力だったのであり、これらの能力は元々彼ら自身の意識の力に結びついた能力だったのです。
そしてもし彼らが 私たちであるなら・・・これが今の私たち全てへのメッセージです。
我々は故意に馬鹿になるようにされているのです。我々の食べ物には有害なものが入れられています。子どもたちは学校で嘘を教えられています。我々はメディアの宣伝活動で頭が一杯にされています。我々はこの小さな小さな箱に無理やり詰め込まれているのです。また毎日クイズや野球番組で忙しくさせられています。そして我々は、この星の我々の本当の伝統を見つけるのを妨げられているのです。
エーリッヒ・フォン・デニケンはついこの間、 「歴史は間違っている」 我々が否定されてきたことは数多くあるのです。
ジョージ・グリーン は我々が「食べるだけの役立たず」として知られていると言っており、この何十億もの「余剰人口」と共にいるわずかばかりの人々が、我々がお互いを監視し、あざけり合い、本来自分たちがどんな存在であるべきかについて同じ見方をするよう仕向けられていることで、一線を越えないようにすることを通して、その頂点に君臨しているのだと言っています。
ということで、このような拘束衣があり、それを着せられている私たちは、壊して脱ぎ捨てるチャンスがあるというわけですが、この拘束衣を故意に導入したのが、今回の計画を練っているのとまさに同じ人々だということなのです。
この計画がどこに由来しているのかについて推測するのは非常に興味深いことです。我々の情報提供者いわく、これはかなり前に設定されたことだと言います。彼が初めてアングロサクソン・ミッションについて聞いたのは1996年かそれくらいだそうです。 「新しき日の夜明け」 をイルミナティが象徴化しているのはかなり前からです。
多くの人が、この計画にはまさに超人的レベルの高度な知能と戦略的理解、そしてその論理が示すように、本当に非情で冷酷であることが必要だと考えています。そしてデイビッド・アイクも、ジョーダン・マックスウェルも、私たち自身も、この考えにすっかり同意します。つまりこれは 人類の中 から出てきたものではないということです。人間は他の人たちに対してここまでやることはできません。この背後には何か他のものが存在しているのです。
私たちは大きく考えなくてはなりません。私たちのできる限り最高のスピリチュアル的見地に立って考えなくてはなりません。私たち人間が 戦わされるべきではないからです。
まずしなくてはならないのが、私たちがされてきていることから、そして私たちがその一部になっているこの計画から、ただ 同意を取り消す ことです。そしてさっき私が言ったように、もしあなたが軍や諜報局などにいるのなら、この計画への 同意を取り消す ことです。この同意がなくてはこういった計画は起こりえないからです。
イルミナティも何か変な感じで、その展開の仕方が非常に限定的です。彼らはフォース(訳注:エネルギー)を使っており、進退きわまっています。彼らは、私が知っている人たちが皆、世界中で 非常に大きな意識の拡大 、つまり大規模な目覚めが起こってきていると認識したり言及したりしていることに、反撃しようとしているのですが。
そして「独裁者」となった持田が退任するまで,GSが日本市場での信頼を得られなければ,「金儲けが上手いだけの尊敬されない外資」という評価に終わってしまうだろう。
私たちは毎日、とくにとても若い人たちからメールをもらい、その人たちはこんなことを言っています。 「私は世界で何が起こっているのか本当にわかってきました。何をしたらよいか教えてください。でも準備はできているんですよ。何かをする準備が。何かはわからないけれど自分がここにやってきたことをする準備ができています。それが何かはまだわかりませんが、自分たちが大きな問題を抱えていることはわかりますから。」
20年前には、人はこんなことは言っていませんでした。なんらかの意識の拡大がとてつもない大きさで始まっているのです。すごい勢いでそれは形の変化となってきており、何かが変わってきています。
私は個人的に、これが確実にサポートされていると信じています。確実にサポートされています。言ってみればこんな感じでしょうか。つまり、こう言った計画のことを知っている好意的な人間以外の存在の仲介によってです。彼らはそれが起こるかどうかはわからないのですが、それが計画されていると言うことは知っているのです。
多くのコンタクティ(訳注:宇宙人からの接触を受けている人)がおり、チャネリングによる情報もあります。チャネリング情報については非常に注意深く扱わなくてはなりませんが。とにかく、チャネリングによる情報があり、コンタクティの報告があるのですが、みな、このようなシナリオについて話し、私たちが用心深くあるべきであること、注意深くあるべきこと、警戒すべきこと、防御手段を取るべきこと、こういったことについて準備すべきこと、などについて話します。
もちろん、このような意識の高まりが、この暴力的で強制的な計画に直接的に反応することも、十分あるかも知れません。
まあこれは、これまでの自分のプレゼンテーションで私がたびたび言ってきたように、悪の勢力と意識の気づきの勢力を何らかの最終対決へと準備させるように、全てをクライマックスに向けて準備していくという感じで、ちょっと映画の脚本にも似ていますね。
さて、私はここで聖書風にしようとしているのではありませんし、ここで説明してきたことが、ちょっとアルマゲドンの戦い(訳注:キリスト教の新約聖書「ヨハネの黙示録」16章16節に記述された、終末に行われる善と悪の最終決戦)のような感じなのもわかっています。でも、前から何度も言っているように、こういったことが起こるとは信じていません。
私が フリーダム・セントラルと行ったインタビュー があり、これはキャメロットのサイトで見られるようになりますが、そこで私はこのように言っています。 「解決しなくてはならない問題はたくさんありますが、私が、自分たちはもうどうにもならないとか、絶望的だとか、何か本当に悪いことが起こるとか、そういったことを信じていない、たったひとつの強力な理由は、もしそういうことなら、私もこれを今見ているあなたも、ここにはいなかっただろう、他の星に転生していただろう、他のどこかに行っていただろう、ということです。私は逃げる場所もないまま戦いを目の前にして見物をしているつもりはありません。」
ここでやるべき仕事があるのです。そしてこれを見ている多くの人が、やるべき仕事があるからここにいるんだということに気づくでしょう。 ドロレス・キャノン がいう ボランティアですね。
恐らく私たちは理由があってここにいるのでしょう。私たちは、この意識の高まりの引き金となって助けるべくここにいるのかも知れません。それがこういった計画が起こるのを阻むことになるからです。もし私たちが、こういったことが私たちが望む未来だということに同意しなければ、 それは私たちが経験することにはならないからです。私たちは全員が、自分たちの現実を一緒に創造しているのです。私たち全員が、その中の一部分を担っており、こういった計画に気づくこと こそが、それらが起こるのを防ぐやり方だと深く深く信じているのです。
予言(prediction)と預言(prophecy)は違います。これらはどちらも英語では混同しやすいことばです。予言と予測は、 なるほど、データによって論理的に判断を下すと、3ヵ月後にはこういうことが起こるんだな、ということです。 これが予言と予測の全てです。
預言者のすることはこれとは違います。預言は時として誤用・悪用されることがあり、誤解されることもあるので取り扱いを慎重にしなくてはなりません。そして聖書の表現のようなものでもあり、そのような理由から預言に反発する人たちもいます。
しかし預言者が常に言ってきたことは、こういうことです。 聞きなさい。
もし私たちが目覚めずに、行動を起こさなければ、このようなことが起こりますよ。
そして預言者がこのような預言的警告を与える目的は、それが起こると言って人に警告を与えるのではなく、こう言うためです。
聞きなさい。今ここで変えるべきことがあります。
やり方を変える必要があるのです。自分のあり方を変える必要があるのです。
人との関わり方を変える必要があるのです。自分の態度をすっかり変える必要があるのです。
あなたが変えることが何であろうと、変えることの目的は、そうすればその予言的できごとは起こりませんよ ということです。
ということで、ここにあるのは一種の預言です。予言ではありません。ですから私はこのことばを非常に非常に注意深く扱っています。私がこのプレゼンテーションをする理由、そしてこの情報を流す理由は、これが起こらないことを確認するためです。
では私たちがこの情報をどうするつもりなのか、ですね?これはできる限り多くの言語に訳されていきます。このビデオは中国語、アラビア語、ロシア語、スペイン語、その他の主な言語で字幕が付けられます。
私は、この情報を中国人に見てほしいです。この情報に、一線を越えるところまで盛り上がっていってほしいです。中国人は自分たちについてのビデオについて、特に中国語で字幕のついているものについてとても過敏になっています。これは中国の諜報機関や軍の司令官たちに報告されることになるでしょう。
そうなってほしい理由は、まず初めにもしこれがばかげたことだったら問題はないのです。そうでしょう?でももしこれが本当に重大な危険の兆候だったら、彼らこそが知っておく必要のある人たちでしょう。彼らがまずはじめに核で反応すること、それを引き起こすよう計画されているわけですが、それこそが全てに火をつけることになるわけですから。
ですから、これを聞いている中国人の軍司令官の方々に言います。計画に乗らないでください! いいですか?ここにいる誰も、彼らの計画に一致協力するようなことをしてはならないのです。
映画の アバターの中に、私がとても好きな素晴らしいシーンがあるのですが、それは、女性のヘリコプターパイロットが巨木(英語訳注:魂の木)に向けて武器を発射するよう命令されてこう言います。 「こんな仕事をする契約なんかしてなかったわ。」 そして彼女は向きを変えて基地に戻ってしまうんです。彼女はことの一部にはならないようにするわけです。
軍には、こんな仕事をする契約などまったくしていない人たちが大勢います。諜報機関にも、こんな仕事をする契約などまったくしていない人たちが大勢います。彼らは若かった頃、自分たちの国に最高のことをしようと、また人類にとって最高のことをしようと考えて契約書にサインした人たちです。彼らは全然、悪ではないのです。
ですから、軍や諜報機関にいてこれを見ているかも知れない人や、このことに関心を抱くような状況が起こっているかも知れない人たちへの直接的なメッセージとして言います。 「あなた方は、ただそうするように命令されたからといってそれをする必要はないのです。」 あなた方は人類にとって最高のことをサポートする必要があるのです。
あなた方は、もしそれが甚大なる破壊へと導くような命令だったなら、従う必要はないのです。自分たち自身の計画予定を持っている支配者たち以外は、誰もこんなことに興味はないのです。
そしてその計画は、あなた方のことも私のことも考慮になんか入れてはいないのです。これは確実です。
さて、そういうことで、これで私のプレゼンテーションは終わりです。ぜひこの情報について考えてほしいのです。私はこれを信じるようにせき立てているのではありません。このことを調査してほしいのです。本当かどうか確かめてほしいのです。これの原稿を注意深く読み、このことがあなたが知っている他のことと相互に関連していないかどうかをよく見て、自分の注目を引くようなものを理解してほしいのです。
私たちはここでみんなで一緒に取り組んでいるのです。私たちは、あなた方に何かを信じるようにと強制しているわけでは全くありません。私たちはこの情報に注意深くならなければなりませんが、同時に、もしこれが真実だという可能性が少しでもあるなら、本当だと言う可能性が少しでもあるなら、それについて知る必要があるのです。そうでしょう?
もしもあなた方が、自分がやるべきことが何なのか確信が持てないのでしたら、私は自分がいつも言っているのと同じことを言います。つまり、 「何であろうと、自分がこれをやるためにここに来ていると思うことをやってください。」このビデオを見ているほとんどの人たちは、恐らく理由があってここにいるからです。あなた方は、恐らく理由があってこのビデオを見ているのです。何であろうと、自分がこれをやるためにここに来ていると思うことをやってください。
プロジェクト・アヴァロンとプロジェクト・キャメロットのビル・ライアンでした。今日は2010年2月16日です。
ありがとう。以上です。_____
[コースト・トゥ・コーストAMラジオでのビル・バーンズとジョージ・ナーリーの録音から]
ジョージ・ナーリー: 「ロズウェルでの状況について我々がわかっていないことは、それが宇宙人だったのか、地球内部からの存在だったのか、あるいは他の次元からやってきたのかということですね。わかってないんですよね?」
ビル・バーンズ: 「わからないですね。私が得たただひとつのヒントは、海軍将校からのものですね。彼は海軍諜報機関のONIに所属する、ジョージ・フーバーと呼ばれる人物ですが、彼については以前話しましたよね。その人物によれば、自分は「海軍のコルソ」であり軍の方でもそう思っていたということですが、その彼が、その存在は違う星から来たと言うよりは、文字通りタイムトラベラーだった、ということを知っていると言ったのです。」
「そしてその大きな秘密と言うのが、彼らは未来から来た我々であり、だから私たちも彼らと同じ力を持っているのだということなのです。そして政府が本当に恐れたのが、我々が自分たちの身の回りの現実を操作する能力があるということでした。」
「我々はいつもその能力を持って来て来たのであり、ただその使い方を知らないだけなのです。そしてもし、そもそも使い方を学ぶ機会などがあっても、使う準備ができていなければ混乱を引き起こしてしまうでしょう。というわけでそれが、海軍がついに発見してしまった大きな秘密だったのです。」
**原稿は、デバイン・コスモス(Divine Cosmos)とプロジェクト・キャメロット(Project Camelot)原稿チームのボランティアチームメンバーによって提供されました。この両サイトでご覧になるすべての原稿は過去数年間、原稿チームによって提供されてきたものです。我々は蟻のようなものです。我々はかげに隠されているかもしれないけれど、あなたの知的娯楽と思索のために、明瞭な原稿をつねに作成しつづけているのです。(NEW WORLDへの序章より)

ハムレットの水車小屋
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/848.html













2014/9/15
「いよいよアルバート・パイクの筋書きか」
自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』・ローマ人への手紙12章
下の魚拓に残酷なイラクでの写真がありますので注意。暗殺されたJoe Viallsの記事ですが拙稿に魚拓が残っていました。それでもイエスは再臨しない。
http://web.archive.org/web/20071017033745/www.vialls.com/torture/criminals1.html
Joe ViallsのHPはアーカイブスでまだ残っていました。上の写真で殺される前の英国人らしき男性は殺される前の顔でしょうか?小さなナイフで斬首は不可能です。俳優を使ったボストン偽旗テロですでにお馴染みでもう飽きたよ。余程のバカ達がやっているんだろう。Joeほどの人でも9.11はリモートコントロールと言わせたほどW氏による数学を駆使した完全犯罪に近いものだったのですがその後航空機はCGで上の噴煙もCGであることが暴露されてしまいました。あのLoose Changeのビデオもサクラだった。
やはりビン・ラディン同様スタジオ撮影だったようだ。
画像をクリックすると大きく見れます
ボストン偽旗テロも役者が活躍した。
一般的にイラクでもそうでしたが広告代理店やブラック・ウオーターなどの戦争屋に丸投げするのが殆どの場合そうです。今回の件も広告取り扱い業者」として有名な,マジソン街のオピニオン・メーカーズ社がやっている可能性は否定できません。
Mujahedin-e Khalq Organization (MEK or MKO)
当時のレーガン大統領と打ち合わせをするDVDの下請けテロ組織Mujahedin。方針が決定されると広告会社やBlackwaterなど民間のテロ請負業者に丸投げされる。この構図は変わらない。
Four Bushes profiting from Wars.Four Bushes arming BOTH Side.Behind them there was and there is a Shadow of Rothschild.敵対する相手と戦争させ双方に金を出し儲ける構図がそこにはある。対立物の統一は進化であり,弁証法的進歩において重要な役割を演じるから,対立物の戦争およびそれらの統一こそへーゲルの中心思想と考えることができる。それは正・反・合からなる。彼らは自分たちの手を汚すことはしない。共産主義は資本主義のAnti-Thesis(反)として作られたもの。
しかし斬首されて血が付いていないままごとはもういい加減にせい。血ぐらいもっと出せっての。答え:早い段階でゴム人形と入れ替わっているので血はでません。
死体はまた女の役者のタマゴのようだ。しかも二役を演じている。
http://web.archive.org/web/20071011040447/http://www.vialls.com/
Joe Viallsで検索すると9件出てきます
http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=Joe+Vialls&x=0&y=0&inside=1
なおJoe Viallsが暴露したOSSの極秘文書は以下で見ることができます
http://megalodon.jp/2009-0127-1139-55/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/67.html
関連記事:
●「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」
●「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」
●「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」
「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」
http://satehate.exblog.jp/6982937/(アルバート・パイクの世界操作計画)
パイクはフリーメーソン33位階とされていますが実際は90位階でした。元イルミナティから聞いた話です。
イスラム国空爆、アラブ複数国が参加意向…米紙
読売新聞 9月15日(月)2時23分配信
管理人注:発信時間に注意.....9月=33=615日=623=2x3=62時は2x6+6+6=24=6
【カイロ=溝田拓士】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、複数の米政府高官の情報として、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」に対する米国の空爆に「複数のアラブ諸国が参加する意向を伝えている」と報じた。
具体的な国名は明かされていない。空爆の軍事作戦では実際に爆撃は行わず、偵察やイラク・バグダッド、クルド自治区(イラク北部)への武器輸送、燃料補給で加わることも想定されているという。
一方、ロイター通信によると、ケリー米国務長官は14日放映の米CBSテレビの番組で、中東やそれ以外の複数の国から軍事支援の約束を受けていることを明らかにし、「非常に励まされる」と述べた。この中には、地上部隊の派遣を申し出ている国も複数あるという。ただ、ケリー氏は米国が地上部隊を派遣することは考えていないと改めて強調した。
関連ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000005-mai-int&pos=1
毎日新聞 9月15日(月)9時0分配信
<イスラム国>国家的統治フセイン政権残党が組織
管理人注:毎日の発信時に注意....9月=33=615=69=33=6で666
フセイン政権残党が担うイスラム国
【カイロ秋山信一】イラクとシリアで勢力を拡大するイスラム教過激派組織「イスラム国」が、イラクの旧フセイン政権の残党を取り込み、単なる過激派集団の枠を超え国家同様の統治を行っていることが14日、複数の対立組織のメンバーや研究者の証言で分かった。イスラム国のバグダディ指導者をトップに集団指導体制を敷き、評議会や支配地区を区分けして知事も任命し、イラク・シリアで次々と支配地域を拡大している。
【英首相「彼らはムスリムではない。モンスターだ」】
複数の対立組織のメンバーや研究者によると、バグダディ指導者は2003年のイラク戦争前後までイスラム礼拝所(モスク)の説教師だったとされ、イスラム国の前身組織に加わる前は政治や軍事の経験はなかった。その経験不足をフセイン政権時代の政府軍の元将校らが補っているという。
イスラム国の最高指導部はバグダディ指導者と2人の元将校で構成され、イラクとシリアに分けて戦闘や支配地域の統治などを総括。最高指導部の下には10人前後からなる評議会を設置し、集団指導体制を敷く。
評議会メンバーは戦闘や戦闘員の勧誘、広報など部門別の責任者を兼ね「内閣」のような役割を持つ。全てイラク人で、元将校のほか政治・行政の経験を持つフセイン政権与党バース党の元党員もいる。さらに支配地域を区分けして十数人の「知事」を置く。
フセイン政権の残党がイスラム国と結びついたのは、イラク戦争後に政府軍が解体され、バース党幹部が公職から追放されたためだ。フセイン元大統領は自身と同じイスラム教スンニ派を重用していたが、新政権への移行は人口の約6割を占めるシーア派が主導。不満を募らせた元政権幹部が、スンニ派のイスラム国に流れる土壌ができた。
その一人が、バグダディ指導者の「右腕」だった元将校のハッジ・バクル氏だ。バグダディ指導者は10年に前指導者が米軍に殺害された後、イスラム国の前身組織を率いた。この時、バグダディ氏を推挙したのが、軍事・情報部門を率いていたバクル氏で、組織内のライバルを暗殺し、バグダディ指導者が権力基盤を固めるのに貢献した。
「ナンバー2」の地位を獲得すると、12年に本格化したシリア内戦への介入や、新国家建設計画を主導した。対立組織にスパイを送り、戦闘員の取り込みを図るなど組織拡大のキーパーソンだった。バクル氏は今年1月の戦闘で死亡し、現在は側近で同じ元将校のアブ・アリ・アンバリ氏が後を継いでいる。さらにシリアとイラクの管轄を分担するため、別の元将校が指導部に加わった。
イスラム国は一連の侵攻で、油田や交通の要衝、ダムなど重要インフラを集中的に狙うなど戦略性の高さが際立っている。政治経験を持つ人物がいるためインフラの重要性を熟知しており、米国などとの戦闘経験が豊富な元将校が指揮しているため、「洗練されたこれまで見たことがない組織」(ヘーゲル米国防長官)となっている。
過激派に詳しいイラク人の安全保障専門家のヒシャム・ハシミ氏は「フセイン政権は政教分離の世俗主義で、宗教色が薄かった。だがシーア派中心の政府に排除され、スンニ派の元幹部らがイスラム原理主義に染まった」と指摘する。
【ことば】イスラム国
イラクとシリアにまたがる地域で勢力を拡大するイスラム教スンニ派の過激派組織。国際テロ組織アルカイダ系組織などから派生し、2013年にシリア内戦に本格参戦した「イラク・レバント・イスラム国」(ISIL)が14年6月に「イスラム国」に改称、イスラム教教義に厳格に従った国家樹立を宣言した。アルカイダは2月に関係を断絶する声明を発表している。
英国人殺害はその後やらせと判明した
http://mainichi.jp/graph/2014/09/14/20140914k0000e030117000c/001.html
ジム・ストーン氏による分析
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/162.html
●ストーン氏のコメント 「その通り。皆がイスラムを憎み、中東でこれから多くの人々が殺されても反対しないように、ニセ斬首動画は作られたのだろう」
ノーカット版斬首動画
http://www.liveleak.com/view?i=bc1_1408481278
証拠
1.フォーリー記者は動画で所々、笑顔。
2.処刑者役のテロリストが【きちんとした】イギリス英語で話している。
3.ナイフで首を数回切りつけ始めたのに、血が全然出ない【※生きた人間の首には太い血管が通っており、血が大量に噴き出し、あちこち飛び散るのが普通】。
4.その後、完全に首をかっきる部分の映像が都合良くカットされている。
5.動画では最後にいきなり胴体と頭が切り離された映像が現れるが、周囲の砂に血は飛び散っていない(←バケツで胴体の下に多少、血糊を撒いただけっぽい)。しかも、あんな小さなナイフで一体どうやってのけたのか、ものすご〜く見事に切断されている。
結論
あまりにお粗末な作りの動画なため、イギリスの警察は閲覧を禁止し「動画を見ること自体がテロ行為である」と宣言せざるを得なかったのだろう。
●読者からの追加指摘
フォーリーの死体の前腕に体毛がないんですけ ど…右足の方はプラスチック的なテカり具合だしw
ストーン氏の返答
加えて日焼け具合も変。少なくとも手は顔と同じ位、日に焼けている筈では?おそらく顔の方はハリウッドの技術で作ったが、胴体は心肺蘇生練習用の人形で済ませたのだろう。普通のマネキンよりは質感や体勢などが自然になるが、シリコン肌と色合いでミスったと思われる。
斬首場面はカット
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/242.html
ISISはやらせテロ組織ですからね
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20140914-1366541.html
色々記事はありますが......オペレーションマッチポンプ(自作自演)でもう飽きたよ
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/1a44a7e76613a356a3a925653c054425
ISISをおおまにさんで検索すると......あるわあるわ
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/search?q=ISIS
以下の記事はやらせの斬首でなくJoe Viallsによる本物の写真です。ブッシュとブレアがイラクでしたことです。Joe ViallsはOSSの極秘文書を暴いた人で後に暗殺されました。記事は消されていますが魚拓で残っています
http://web.archive.org/web/20071017033745/www.vialls.com/torture/criminals1.html
サタ二ストの時代はもう終わるのです....というコメントがありましたが関連記事は2件です。そうなるといいのですが
http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83x%83%8B%83M%81%5B%83%80%83m%91%BA&x=0&y=0&inside=1
もっとありますが一つだけ....
子供たちの骨が見つかった
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/751.html
バチカンの第九サークル
http://mizu888.at.webry.info/201407/article_69.html
バルナバスの福音書
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2926
東電が一番触れて欲しくないイスラエルBSP社
『ある読者からの投稿です.........
Legacy of Ashesの管理人さんへのお返事です。
知らないという事は恐ろしいことですね。
管理人様のブログを読んでいた御陰でこのことを知っておいて良かったと思います。
『ドラゴン桜』という漫画で桜木が言うセリフがあります。
「大人は教えないんだ。そのかわり未知の無限の可能性なんて何の根拠もない無責任な妄想を植え付けてんだ。そんなものに踊らされて個性生かして人と違う人生を送れると思ったら大間違いだ!社会はそういうシステムにはなっていない。それを知らずに放り出される。そこに待っているのは不満と後悔が渦巻く現実だ。社会のルールってやつは全て頭のいいやつが作っている。そのルールは頭のいいやつに都合がいいように作られているんだ。逆に都合の悪いところはわからないように隠してある。つまり頭使わずに面倒くさがっていると一生騙されて高い金払わされるんだ。騙されたくなかったら、損して負けたくなかったら、お前ら勉強しろ!」
もっと勉強します。
注:そうです。死に物狂いで学んでください。無駄な時間を浪費しないためにも。』
幻聴が聞こえたら
http://www.gennchougakikoetara.com/topic.html
そこの掲示板
http://www.gennchougakikoetara.com/g_bbs/aska.cgi
サイキック・マフィアという本は興味深い
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refISBN=4872335678
クレーマー化する親たち.......管理人は12歳前後のときPTSD症状をあることがきっかけで患いました。その謎は学生時代に読んだルソーの「エミール」で解けましたが今でも残っています。それはパラノイアという現象のようです。ですから上のURLは何回も読み直してください。私もそうしています。怖い夢を今でも見ることがあります。その原因を探るためユングを読んでいます。まだ時間がかかりそうですが。連休ですぐに出かける親も多いですがそういう時こそなぜ親はクレーマー化するのかなどを学んでください。子供が固まってしまってからでは手遅れです。子育ては戦争なのですよ。
https://youtu.be/yRrJ-j-CPcc?t=414
人格障害に関する記事を読んでみると自分は結構当たっているがサイコパスとは全く違います
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1105
クレーマー化する親とそれに対応出来ない教師
http://rebirth.main.jp/shakai/kure-ma-.htm
通名廃止であぶりだされる日教組
http://mousugu964.seesaa.net/article/403908433.html
日教組の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/141.html
今こそジョン・デューイ
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2715
詭弁と欺瞞
http://www.kochinews.co.jp/18janataisho/130813taisho.html
東大話法という詭弁術
中卒だけでいいのです
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140918-00000010-sasahi-spo
京大総長の「国際高等教育院」なんたらの......
http://burogu-mircea-blog.blogspot.jp/2012/11/blog-post_14.html
なんたら.....の続き
http://burogu-mircea-blog.blogspot.jp/2012/11/blog-post_13.html
今京大で起こっていること
http://d.hatena.ne.jp/kyotoacademeia/20121208#1354970806
出版社からのコメント
テレビや新聞でも、「モンスターペアレント」という言葉を見聞きする機会が増えてきたように思います。無理難題をねじ込み、教師をはじめ、まわりの人たちを疲弊させていくのはどうしてなのか?臨床経験豊富な著者が、その実態について語ります。ドラマのように展開をする事例が、本書のおもしろさを最大限に引き出しています。また、モンスターペアレントに対する批判だけに終わらず、私たち大人がどうすればよいのか?ということまで踏み込んでいるので、読み応えのある一冊になっています。
著者について
山脇由貴子(やまわき・ゆきこ)
東京都児童相談所・児童心理司
1969年東京生まれ。横浜市立大学心理学専攻卒業。年間100家族以上の相談等を受け持つ。ストリートチルドレンの急増するベトナム政府から依頼を受け、児童相談所のスタッフ養成のための講演を行うなど、国内外を問わず幅広く活躍。また、新聞や雑誌への寄稿を通し、臨床現場の生の声を発信し続ける、今最も注目される若手臨床家。著書に『教室の悪魔』『あの子が部屋から出てこないのはどうしてだろう?』(ともにポプラ社)、『出会いを求める少女たち』(信山社)など多数。

ハムレットの水車小屋
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/848.html






シオニズムとは何か
投稿者:Legacy of Ashesの管理人
投稿日:2020年 3月10日(火)16時14分37秒
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2665
シオニズムをもっと知るために〜すべての大学教授にはインターンがついていてつねに監視されている。
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4101
自由のために
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3976
21世紀に日本が生き残るために
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3970
ナチス=シオニズム(破壊主義的共産主義)
シオニズムの正体は破壊主義的共産主義
シオニズムはユダヤ教の廃墟の上に始まる。イルミナティという機会主義者のシオニスト集団
(ナチ)は何ら論理的根拠を持たない集団でもある。
本当のシオニズムは 民族がもはや尽きたところに始まるのだ。
はっきりとさせなければならない。
シオニズムとは,隷属でもなく,薬でもない。
シオニズムとは,根絶であり,破壊である
シオニズムはユダヤ民族に背き,ユダヤ民族と対立し,ユダヤ民族の意志と精神を攻撃する。
シオニズムは,特別な遠い目的を持ち,別の道を進むために,ユダヤ民族に対して陰謀を働く。
シオニズムとそれを導く一握りの人間は,ユダヤ人とは異なる民族の核である。
この点に気をつけねばならない。
新しい民族でも,更新された民族でもなく,ユダヤ人とは異なる民族の核なのだ』
注:『聖なる土地でパレスチナの人々を抑圧している邪悪なシオニストたちの多くは,実際には古代ヘブライ種族に属するものではない。彼らは,1000年以上も前に自分の利害関係のためにユダヤ教に改宗したロシアや東ヨーロッパから移住してきた機会主義者どもである(管理人注:13世紀スペインでの異端尋問のように逆に偽キリスト教徒に改宗した人を隠れマラーノとよぶ)。ユダヤ教は多くのあり方でシオニズムに乗っ取られてきているのだ。
イスラエルのシオニストたちはパレスチナ人を陵辱しているばかりではない。彼らは同時に純粋なユダヤ人たちを陵辱しているのだ。シオニストたちは信心深くなくユダヤ人自体を憎んでいる。こんなことはあなた方が米国の主要ニュース・ネットワークでは読むことも聞くことも無いだろう。この世界で真の反ユダヤ主義者(アンチ・セミット)は,実際にはシオニストたちなのだ。セム族の人々にはパレスチナ人とその他の中東諸民族が含まれているのだ。(訳バルセロナより愛を込めて)』
GPIFの買い余力は5兆円を切っているのにまたやってしまった。やったのは財務省か?
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HO0_Q0A310C2000000/
今日数千億を使ったというのですが今まで株の買い支えばかりしていたので利益はほとんどでていない。
シンガポール金融庁とは対象的だ。余計なことはしないで下げるにまかせ金曜日あたりに5000億から1兆円をつぎ込んだ方が空売り勢を負かせ大陽線をだせば市場は追随するだろう。どんな馬鹿がやっているんだろう,GPIFは?
国民の金を使っていることを考えろ。
今日の先物取引状況
https://megalodon.jp/2020-0310-1714-25/https://www.traders.co.jp:443/domestic_stocks/invest_tool/futures/futures_top.asp
実はこの数字にはトリックがある。新規の買いなのか売りなのかあるいは売っていた筋の買い清算(買戻し)か売り清算かわからない。
上にいくほど買いが多いのはPKOである。
新日鉄住金にとっては大打撃〜江沢民と習近平はお互いの怨念を捨てろ
三頭目のサイが破裂した時NWOは始まることを暗示している日経の記事
最後に大摩邇さんに転載された343の記事からのコメント
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4178
管理人をプロパガンダ詐欺師とか誹謗中傷するコメントも大摩邇さんがコメント承認で載せたものですからあなたの人格が疑われます。
もちろんタイムリーに様々な記事を転載するのは大変な作業でしょう。
ご尊敬申し上げますが以前非常識なコメントに困っている内容の記事もありました。
拙稿(BBS)もあまりにひどい投稿があったので一切の投稿は出来ないように変更しました。
大摩邇さんもコメント禁止にしたらどうですか?
コメントする連中は限定的ですから。
あなたが承認した以上あなたにも責任がありますよ。
名誉棄損であなたを訴えましょうか?
大摩邇さん今後の転載は一切許しません。終わり管理人より

ハムレットの水車小屋
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4185
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1043.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/143.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/11.html







下はアングロサクソンミッションを分かりやすく編集したものでよくできています。
こっそりと生物兵器をばら撒く作戦が計画。
この生物兵器は始めに中国人をターゲットにする。
その後,日本を含めた西側に感染は伝播していく。
そのパニックに対応するために,各国は強権を発動して全体主義的な政府になる。
2005年の6月のことですから驚きですね。
おまけ:ビル・ゲイツ財団から補助金をもらったイスラエルの科学者がコロナ用ワクチンを開発。そのワクチンで殺そうというのかい?
https://www.jpost.com/HEALTH-SCIENCE/Israeli-scientists-In-three-weeks-we-will-have-coronavirus-vaccine-619101
管理人が前から言っていること〜証拠もあるよ。ただしフィルターつきはダメです。私はピースの両切り専門。ピースの葉はバージニア州の葉です。葉巻やパイプもおすすめです
http://www.chinadaily.com.cn/a/202002/15/WS5e472d79a310128217277b8e.html
ピースの両切りはなれない人はせき込むことがあります。私も何十年も吸っていますが咳が出るということは肺からウイルスを出し痰を出すことに繋がります。文筆家は100%ピースですね。本当に好きなのはジタンの両切りですが日本では買えません。
Virginia
その名は,初めて栽培された場所である米国のバージニア州の名にちなんでいます。熱風乾燥によってもたらされたオレンジ・イエローの色のために,このタバコ種は「明色タバコ」と呼ばれています。米国のジョージア州,ジンバブエ,またはブラジル南部といった降水量の少ない亜熱帯地域が,その栽培に最適です。
熱風乾燥によって,製品は乾燥し,扱いやすいものになります。それはまた,カビが生えるリスクを低減させ,化学的変化を促し,感覚に関わる質を向上させます。バージニア種のタバコのニコチン含有量は1%〜3.5%であり,天然糖度は5%〜25%です。
その個性的な味わいは,自然でアロマティックです。
バージニア・ブレンドには,熱風乾燥されたバージニア種タバコだけが含まれています。味覚強化剤やアロマは,添加されていません。このタバコ種は,カナダや英国で好まれています。アメリカン・ブレンドには,バージニア種タバコも含まれていますが,その質量はわずかであり,最大30%にまで低下することがあります。
http://www.landewyck.lu/jp/tobacco-varieties/virginia/
管理人注:煙草の煙は1ミクロンと大きくウイルスなどを煙で包み込むと思われる。世界中で禁煙運動が盛んになりそれは異常ともいえるほどでした。体内に微量のニコチンがない人は危険にさらされている。毒は毒をもって征するとはけだし名言。
下記記事の中に煙草1本に含まれる有害物質といわれている4種類があります。これらが総合的にウイルスを撃退するのではないでしょうか?これに賛成する医者はいるはずがありませんが1日10本をめどにすれば何ら健康に問題はないのでは
https://news.line.me/issue/oa-mainichigahakken/7808a9d1fae3
おまけ〜引きこもれ
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1152.html
思いつくままに 投稿者:Legacy of Ashesの管理人 投稿日:2020年 2月29日(土)13時50分48秒
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1116.html
上の記事のリンクに下の記事がありました.......3月2日は二日新甫といって縁起が悪いのですがこの2日の週はある程度のリバウンドが期待されます。暴走を続けるAIロボットにリバウンドという文字がインプットされたということでしょう。下げの本番はリバウンドの後でしょうね,きっと。
注:2日新甫は荒れる(ふつかしんぽはあれる)
新甫(しんぽ)とは,もともと商品先物取引で新たに始まる限月のことであり,月の最初の取引日のことを意味する。2日新甫は荒れる,とは商品相場発祥とされる格言で,祝祭日などにより2日が月初立会日となった場合,相場の値動きが大きく荒れやすいことを言う。
ジム・ロジャーズの警告〜丁度4年前でしたね
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1145.html
世界的投資家ジム・ロジャーズが安倍政権を批判。その解決の方向性は@出生率を上げるA移民を受け入れる,B生活水準の低下を受け入れるの3つだ。しかしジムは4つ目の解決策を隠している。それは自らの投資家と言う立場を危うくする解決策だからである。その4つ目の解決策とは。今の金融資本主義=金利やお金の発行の仕組みを根本的に変える必要がある。今の金融システムを変えない限り絶対に日本の借金が無くなる事はないし格差も無くならない。富裕層がどんどん富を膨らませるシステムなのである。そして投資家や資本家が得をする今の金融資本主義を日本が率先して変える必要がある。この事を詳しく知りたい方がいましたら以下のリンクをご参照ください。↓↓↓↓↓
政治団体「フェア党」代表
元J.P.モルガン銀行資金部為替ディーラー,元バンカース・トラスト銀行資金運用部ディーラー。大西つねきYouTube
https://www.youtube.com/user/tsune0024ch
こどもたちの未来のために大人がすべきこと(動画)1/3
https://youtu.be/38KZ9GNnwug
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン 大西つねき 著書https://www.amazon.co.jp/dp/483440251...
公的資金が投げてくる前に
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/627.html
中国景況感指数リーマンショック超えた過去最低に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-00000020-asahi-int
中国国家統計局が29日に発表した2月の製造業購買担当者指数(PMI)は35・7で,リーマン・ショック直後の2008年11月の38・8を下回る過去最低となった。1月下旬に問題化した中国での新型コロナウイルスへの感染拡大が経済に与える影響を反映した初の統計で,工場や人の移動を止めるといった感染対策によって,経済活動が低迷したことが背景にある。
【写真】武漢の医療現場からビデオ通話を通じて取材に応じる病院長
市場予想の46程度を大きく下回った。35・7は18年夏以降の米国と追加関税の応酬を繰り返した時期でもなかった低水準だ。製造業PMIは企業で資材の仕入れを担当する人に購買状況を聞いて指数化したもの。50を上回れば景気の拡大を,下回れば後退を示す。
1月は50・0だった。感染が問題化した下旬はほぼ春節休暇と重なり,製造業PMIにほとんど影響が出ていなかった。
中国政府は経済の復興を進めるが,感染対策との両立が難しく,出稼ぎ労働者が職場に戻れていないという問題もあって動きは鈍い。多数の雇用を支えている中小企業は,26日の時点で30%超しか再開できていない厳しい現実がある。(北京=福田直之)
IQ180台湾の天才大臣
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200228-00000078-sasahi-soci
新型コロナウイルスについてですけども,いよいよ私たち国民はこの病気について真剣に考えなきゃいけない段階に来たと思います。
現在の状態で,出ているデータと政府の決定がこれほど離れているのは,何かあるんです。だから日本の歴史初めて政府を信用できない状態にあるんです。私の長い人生でもこれほどのことは初めてです。
こうなったらもう自衛ですね。
皆さんマスクをして手も洗って,人混みに行かずになんのかんの全部対策を取ったほうがいいですね。家族内でも気をつけたほうがいいですよ。とくにタオルを共有したりコップを共有したりすることがないように,家族で誰かが移っても絶対病院行けませんからね。救急車も来てくれませんから。る本人はよく寝せて 直すはもうやってない
新型コロナウィルス速報・ 解説シリーズ
https://youtu.be/OFSCQ_8WJ-M
【武田邦彦】新型コロナ悲報 この“黒すぎる闇”をTVで口にしようものなら即日番組を降ろされます!しかしココでなら全てをお話しすることができるのです!
https://youtu.be/8llJbjOjsog
武田邦彦】新型コロナ情報 トンデモない発表がありました!ビックリしましたが,今回は気合を入れて解説いたします!
https://www.youtube.com/watch?v=nMh3v...
【武田邦彦】新型コロナ速報 運命の日は3月20日!この日を過ぎた場合,日本はどうなってしまうのか・・そこから先は人類にとって未知の領域です・・
https://youtu.be/zndK0zVV58g
【武田邦彦】新型コロナ 検査してくれないなら私は家族のためにこうします!また今回は誰でも自宅でできる予防法を2つお話しします!
ペスト菌を空から撒かれたら終わり
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4161
結局マスコミの煽りすぎだったというのが結論らしい
森永卓郎の言いたい放題〜株は全部売りました
https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E5%8D%93%E9%83%8E
新型コロナウイルスでやってはいけない5つのNG〜President Online
https://president.jp/articles/-/32642
ワシントン州で非常事態宣言〜これから全米の州の2/3が宣言した時待ってましたとばかりFEMAが発動され全米にあるFEMACAMPに収容される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00252577-wow-kr
武漢のP4研究所が証拠隠滅のため爆破
黒死病(ペスト)の症状〜強いショックでのたうち回って死ぬ動画は拡散されています。
https://www.hospita.jp/disease/1657/
不動くで
ピースボートのオーシャンドリーム号だけなぜフリーパス?
最近ではピースボートが世界一周の旅を募集中
大阪10区は辻本Kの縄張り
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%A4%A7%E9%98%AA10%E5%8C%BA%E3%81%AF%E7%89%B9%E6%AE%8A
日本の政権中枢に潜む工作員
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%A8%A9%E4%B8%AD%E6%9E%A2%E3%81%AB%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E5%93%A1%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%8B&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=22300&aq=-1&oq=&at=&ai=ys3Ha6YNRpWI3i1sftefbA

ハムレットの水車小屋
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4161
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3667
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4004
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1043.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/143.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/11.html









アジェンダ21 国際連合会議 人口削減計画
アジェンダ21とは
アジェンダ21 ? Wikipedia
1992年ブラジル地球環境サミットで採択されたのがアジェンダ21。
表向きは地球規模の環境問題を克服して人類が繁栄するための「行動計画」である。
しかし事実上は以下のようなことが目的として記載されている。
▽大幅な人口削減
▽国家主権の崩壊
▽財産の平等化(没収)
▽私有財産の禁止
▽政府による子どもの養育
▽政府による職業供与
▽行動の規制
▽居住の限定
▽教育の低下……。
具体的に「人口を85%削減」することが記載されている(『国連(生物多様性)査定報告書』)。
つまり,現在70億人のうち60億人を減らし,10億人が“適正人口”という。米バラク・オバマ政権で,大統領補佐官(科学技術担当)を務めるジョン・P・ホルドリンは 「地球に最適な人口は10億人である」 と主張している。
彼が1977年に著した共著『エコサイエンス』には,その“人口削減”の具体的方法まで提案している。
▽食糧・飲用水への不妊剤の混入
▽投薬による大規模な不妊化
▽強制的な妊娠中絶
▽政府よる新生児の没収
▽妊娠を防ぐ体内インプラントの埋め込み……。
大量殺戮と莫大利益は,まさにコインの裏と表。戦争は,表では殺し合いをさせ,裏では兵器ビジネスで大儲けする。現代医療もたんなる殺戮ビジネスにすぎない。
製薬マフィアとしてワクチン利権で荒稼ぎする。
農薬や化学肥料も同じ,
作物や環境汚染で殺し一方で莫大利益を上げる。
食品添加物や合成洗剤,
環境ホルモンも同じ,
石油化学利権で莫大利益を上げると同時に,
人類の生殖機能を破壊して,
人口を削減する。
(某メルマガより抜粋) 世界と日本の真実 アジェンダ21
2030年までに人口の95パーセント削減計画〜『国連(生物多様性)査定報告書』では85パーセント削減と記されている
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51128/
国連の人口削減計画暴露
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%9B%BD%E9%80%A3%EF%BC%88%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%A4%9A%E6%A7%98%E6%80%A7%EF%BC%89%E6%9F%BB%E5%AE%9A%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=1650&aq=-1&oq=&at=&ai=0wqmjpNvSmegvbHFS3XqtA
731部隊は戦後戦犯の罪に問われなかったのはなぜでしょう
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1011.html
731とはドアをそれぞれ7・3・1回二度ノックすると部屋に入ることが出来る。731部隊とはイルミナティの部隊なのです。
今大変な事態になっている生物兵器について
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4124
人口削減はブレジンスキー(故人)がジミー・カーターを大統領にし議会承認させた『GLOBAL 2000』が基本になっている。日本でも堂々とマイコプラズマが空から撒かれている。伊豆半島は多くの場合カーキ色の双発機で撒いている。この生物兵器に対する最強の武器はニコチンであることが自分が空からのターゲットにされた時分かった。100メートル離れた知り合いのKさんは丁度禁煙してから1か月がたっていたが撒かれて1週間後に肺炎になり大学病院に入院後2週間後血を吐いて亡くなった。治療法はあるのに大学病院では無理だようだ。
アフガンのイスラムはワシントンが作り上げた」ブレジンスキー氏が認める〜ISも
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/356.html
ブレジンスキー動画から〜他にもあります
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
以下は非常にいい記事です〜ブレジンスキー
http://ameblo.jp/kinakoworks/entry-12084227504.html
ブレジンスキーかく語りぬ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=99641
その2〜http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12082191424.html
おまけ
【 ビルゲイツ関与!新型コロナウイルスパンデミック!人工ウイルス死者30万人・感染者130万人!ワクチン接種で白痴に!国民大量殺戮の狂った中国共産党と同盟日本政府! 】 20-02-15更新
http://greatcentralsun.racms.jp/QArmyJapanFlynnsama3/
管理人注:ビル・ゲイツはイルミナティのショー舞台で踊っているだけの操り人形
ついでに〜ラムズフェルドタミフルで大儲け ほとんどが日本向けで政府が買わされたが子供の発狂が携帯との併用で続出
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2006/03/500_f073.html
森永卓郎〜株は全部売りました
https://youtu.be/UcAIdGZIKXs?t=684
よく読まれている記事〜シオンの議定書19〜21 特に21議定書
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/438.html
世界統一政府樹立の場合各国の中央銀行はFRBも含めてなくなりBISが中央銀行になる。
その21議定書にはこう書かれている,
われわれが世界の王座に昇る時は,われわれの利益に反するかかる財政上の窮策を痕跡も残さず一掃し,併せて金融市場をすべて廃止する。われわれの権威は価格変動に左右されるべきではないから,価格上昇も下落もできないように,法令をもって価格というものを固定してしまう。(価格を吊り上げるのは落とすためであり,実にこの方法によってわれわれはゴイムとの関係の初期に彼らを弄んだのである)。
 われわれは金融市場に代えるに政府による大規模な国立信用取引所を設ける。その目的は,政府の意図する通りに産業生産物の価格を設定することにある。この組織は一日に五億の産業証券を出してやり,また同額を買い取ることができる。この方法により全事業がわれわれに従属するようになる。このことがいかなる力をわれわれに与えるか,諸氏は御自分で想像していただきたい。
管理人注:18日19時のNHKニュースで全人代は延期の見通しのあとで,コロナウイルスの感染拡大は縮小し入院患者1万人が退院したというフェイクニュースをやっていました。ワクチンを打ってある人民軍兵士が俳優として。病院から退院する場合いっぺんになんか出てこないですよ。これはフェイクですぐらい言いなさい,NHKよ。
追加:そして19日は日経平均大幅高〜みえみえですが解説者は狐につままれた顔をしていた。
管理人の見方は違います。記事にしましたが非常に近い将来のネオ満州のラストエンペラーはこの人ではないかというのが私の考えです。
しかし全人代は延期されそうな中で果たして......
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200218/k10012289981000.html
アメリカではマイコプラズマ肺炎が
https://this.kiji.is/601995246192084065
関連記事
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2135325.html#more
 映画「再会」 アナスタシア・リン主演
  https://www.youtube.com/watch?list=PLxejGDsVviQgOwFurnG95V1mFfchQ2chr&time_continue=345&v=OckMK0JX2X0&feature=emb_logo
 病院に勤務する女性が,人体標本の闇を知り,それをネットに暴露しようとした。
 すると彼女は,突然,行方不明になって消える。
 1年半後,「人体の標本展」に行くと,見覚えのある手術跡のある妊婦の標本が展示されていた。
*************************************************************************
 人体標本になった23歳の女性
 https://secret-china.com/%E6%9C%80%E6%96%B0%E8%A8%98%E4%BA%8B/23/2/
 中国人民大学の女子学生,李寧は,2012年3月5日に,北京全人代会場で裸になって母親が当局によって暴行殺人に遭ったことを訴えたが,連行されて行方不明なった。
 https://www.epochtimes.jp/jp/2012/03/print/prt_d49596.html
 その後,大連の人体標本工場で,李寧にそっくりな女性が標本にされていることが分かった。
2020-02-16 武漢の医師が「2度目の感染が多発」しており,2度目の感染時に突然死することが多いと報告
https://earthreview.net/wuhan-virus-report-0216-2020a2/
関連記事:ヨハネの黙示録
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2135338.html
ついに出たエアロゾル感染中国が認める
https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20200219-567-OYT1T50237.html
トヨタの内部留保は使い切るのに5000年??
https://www.asahi.com/articles/ASL6Y7JW3L6YUTFK021.html

ハムレットの水車小屋
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/38
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4161
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3667
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4004
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1043.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/143.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/11.html

In Deep
https://indeep.jp/never-eat-genetically-modified-food/

asvaghosa
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-136.html
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-143.html
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-137.html











posted by datasea at 14:41| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: