2020年03月10日

nothern70jp: ホロスコープで読むコロナウイルス騒動の行方





nothern70jp: ホロスコープで読むコロナウイルス騒動の行方
コロナウイルス騒動の行方(4月前後の未来予測)
2020年03月05日12:09  
西洋占星術 
■コロナウイルス騒動
久しぶりの更新になってしまいました。
一連のコロナウイルス騒動(新型肺炎)の影響で世間も騒がしく、どうにも本調子で動けない感覚を引きずりながら日常を過ごしています。皆さんも同じだと思います。出歩く事すら何だか後ろめたいような、電車に乗る事すらどことなく抵抗感があるような。子供も学校が休校になってしまい、公園にも行くなと学校から言われているので殆ど外出していません。
この緩やかな、だけど生活全体にじわじわのしかかってくる抑制・・・。なかなか気分がスッキリする事はありませんね。こんな状態いつまで続くのでしょうか?
このブログはネイタルホロスコープを徹底的に分析するブログなのですが、まぁたまにはちょっと未来も見てみようかなーなんて思い立って、今この記事を書いています。
(要はヒマという事w)
とりあえず年度明け、2020年4月1日の日本(皇居のある千代田区)の天体図を作成してみました。
この頃ならコロナウイルスの感染拡大もピークを過ぎているだろうと現時点では言われていますので(個人的には信用していませんが)とりあえずキリの良さそうなこの日に設定してみました。
ハウスは一応イコールハウスにしてみましたがハウスは考慮しません。MC、ASCも表示しておりませんのでご了承下さい。
■日本の近未来を占う
ではでは、日本の近未来を占ってみましょう。
・・・。
なんだこのスッキリ感・・・。
太陽のハンパないぼっち感
そして木星と冥王星、火星と土星、水星と海王星(オーブ広いですが)、月とドラゴンヘッド
ハウスは読まないので南半球に天体がないのは良いとして、コンジャンクションが4つあるのは珍しい。まぁ、月は動きが速いので、考慮しなくていいかも。あくまでもこの日付前後の運勢を見てみるので、特にこの瞬間に拘っているわけでもありませんからね。
この、牡羊座の活き活きやる気満々の太陽さん、一体どこに向かっているのでしょう?ハウスが使えないので、サビアンシンボルを読み解いてみます。
太陽・牡羊座・12度
「野生の鴨の群れ」
しかもノーアス。お、これは未来は明るいか?
このシンボルは「楽観的」「自然治癒力」「流れに身を任せる」的な、割とお気楽な意味を持つんですよね。能動的な牡羊座でありながら、その行動力は割りと周囲任せだったりします。他力本願という訳じゃなくて、周囲を見て真似しとけば大丈夫かなーみたいな。。。周囲の良いところをしっかり学んで積極的に取り込んでいくような、そんな感じです。今の日本政府を見ていると、決して主体性があるようには思えませんからね。
外国の真似をして、良いところを積極的に取り入れて行動する。いいんじゃないでしょうか!
諸外国の猿真似でもなんでもいいです。この事態が収束してくれたら。坊っちゃん官僚だらけの日本政府が知恵をひねり出して考えたところで、良いアイディアは浮かんできません。出る杭は徹底的に叩き潰すのが今の日本ですから。本当に頭の良い知恵者は、政治界なんかには存在しないのです。近年に努力を怠らずに高度成長を成し遂げてきた外国に学びましょう。うん、それがいい。
右に習うという日本独自のこの文化。これこそ日本の長所であり強みです。これが良い方向に進むと、良い結果をもたらしてくれそうです。
ですがこの太陽、ノーアスペクトだという事を忘れちゃいけません。多分この方針に味方は少なく賛同者もいない孤立した状態で、ワンマンな政策が進められて行く事と思います。
さて、次は他の天体のコンジャンクションを見ていきます。まずは木星と冥王星のコンジャンクションを見てみましょう。こちらは社会性や公共での野心を重視したがる山羊座です。どちらも動きの遅い天体ですから、この前後数ヶ月ずっとこの状態です。
木星は拡張・増大の星ですからね。山羊座の社会性意識に破壊的威力を持つ冥王星を拡大させちゃうのも何か怖い・・・。こんな時の木星はどうも「幸運の星」と呼ぶにはあまりそぐわない気もします。
そして次に火星と土星のコンジャンクションを見てみます。山羊座から水瓶座に移動したばかりの土星と火星がタイトなコンジャンクションを形成しています。特に火星はトランスサタニアンに比べて動きが速いですからね。丁度この年度初めの時期に、何らかのスイッチが入る事と思われます。この火星のやる気スイッチが入った天体は、一気に活性化します。でもこれ、土星ですからね・・・。火星と土星のコンジャンクションは厄介です。やる気と抑制との葛藤に悶々と悩み、エネルギーを溜め込んでしまい、限界が来ると爆発するような危なっかしい配置です。土星は政府やお堅い公の機関をバッチリ表していますからね。ここに火星が来るとどうなってしまう事やら・・・。
ヤケを起こした政府の暴走
ああ、なんかイヤーなキーワードが頭に浮かぶ・・・(- -;)
水瓶座に入ったばかりの火星と土星。水瓶座は近未来やハイテク機器といった近代的風潮を表しており、山羊座の古い体質を一掃してくれるかもしれません。
火星・木星・土星・冥王星
この4つ全部が山羊座でコンジャンクションだった事を考えると、火星と土星の水瓶座への移動は、やっと重い責任や重圧から逃れる事を意味しているのかもしれません。そこに期待しましょう、うん。
本当は日本のネイタルチャートを作成して、トランジットを重ねた形でみてみたいところなのですが、まぁ何をもって日本という主体を人格化して表現すればいいのかよくわかりませんからね。ハウスを見る事が出来ればわかりやすいのですが。。。まぁ、木星・冥王星ペアも、火星・土星ペアも、金星とトラインなのが救いですね。
水星と海王星のコンジャンクションはかなりルーズなので、あまり気にしなくて良いかもしれません。
魚座ですし、かなりいい加減な情報に振り回されそうな感じはしますけどね。ある意味この2つはノーアスペクトにも見えますので、まぁあまり信憑性のない噂の類には注意しましょう。
月とドラゴンヘッドのコンジャンクションについては省略します。特にこの瞬間(4/1丁度)に深い意味は無いですから、移動が速い月の位置にあまり意味はないです。
あ、そうそう、忘れてた。天王星。
火星・土星コンビにゆるーくスクエアなんですよね。緩いとは言え、スクエアは見逃してはいけません。しかもトランスサタニアンなら尚更です。この3つの天体は一触即発的なマレフィック揃いですので、揃ったら恐いですね。
4月8日あたりには火星が移動し、天王星とかなりタイトなスクエアを形成しますので、4月上旬かその辺りに何らかの社会の変革が起こる感じですかね。そして太陽もゆっくり進み、4月15日前後には冥王星・木星コンビとスクエアを形成します。まぁ、4月中に何らかの大きな社会的出来事が起きる事は必至と思いますよ。
全体的には2020年という広い範囲で社会の大革命が起きますが、火星が土星とコンジャンクションする4月頭前後に何らかちょっとしたきっかけで、事が進みそうな感じはします。それが良い方向に進むのか、はたまた破滅に向かうのか・・・。
2020年の末にはグレートコンジャンクションが起きますので、他の占い師さん達も皆が言っている事ですが、とにかくこの2020年前後に、世界的に、そして日本にとっても大変革が起きると思います。
冥王星も絡んでますので、今までに無い社会の変化が見られる事と思います。
(※グレートコンジャンクション:木星と土星のコンジャンクション)
2020年は忘れられない大事件が目白押しの年となり、後々の歴史に残る事でしょう。とにかく今は一刻も早いコロナウイルス感染の収束を願ってやみません。
※2020年東京五輪開会式予定の日のホロスコープも実は面白い配置を形成しているのですが、それはまた後日。

ネイタルホロスコープを徹底的に分析するブログ
http://northern70jp.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

posted by datasea at 02:02| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: