2020年01月27日

Agenda: 中国新型コロナウイルス〜ウイルスと人口削減計画














中国新型コロナウイルス〜ウイルスと人口削減計画
さて、「中国は風邪を引いた」。その次が、世界戒厳令である。戒厳令がしかれると、すべて検閲され、インターネットも遮断されるようになる。つまり、仮想通貨は終焉である。キャッシュレスもネット決済も何の意味もなくなる。
ちょっと前から、あのアメリカの大投資家のバフォメットことバフェットが、これまで自分がくキャッシュレスの陣頭指揮を取っていたバフェット自身が、どういう風の吹き回しか、何兆円ものドル紙幣をかき集めているという情報があった。つまり、やつは近々戒厳令がしかれることをご存知だったのだろう。現金を民間や企業や政府に貸して高利貸しを行うわけだ。

井口博士和基ブログ3
https://quasimoto3.exblog.jp/240001394/




新型コロナウイルスのパンデミックがNWOの人口削減計画の一環であることがよくわかります。
2020/01/26 10:31
5Gの導入と致死的なウイルスをまき散らすことで人口削減がかなり効率的にできます。
その実験場が武漢だったことになります。そこから感染が世界中に拡散中!しかも日本でも5Gの導入が予定されていますから、ウイルスと5Gにより日本の高齢者や病人をまずは〇害するつもりでしょうか。
NWO=悪魔崇拝集団=ロスチャイルド=各国のグローバリスト=共産主義=中国共産党
ですから、NWOの実験場も中国なのでしょう。これには中国共産党も習近平も関わっているでしょうね。それに日本政府もわかっていることなのかもしれません。新型コロナウイルスが大量の中国人によって日本に運びこまれていることについて、政府や政治家がのらりくらりと甘い対応をしているのも、日本人に対してもパンデミックの実験をしていることを承知しているからなのでしょうか、と、うざった見方をしています。
それにしても、パンデミック中でもこんなに多くの中国人を熱烈歓迎しているのは公明党帝国の国交省とインバウンドを仕切っている二階幹事長だそうですから、二階は日本人にとって国賊以外の何物でもありません。
次の選挙で落とすべき国会議員がうじゃうじゃいますね。
反日左翼媚中の立憲民主党は、国会で重要な問題を議論する場を与えないためにわざと桜を見る会について延々と批判し続けています。日本では既にあらゆる分野が中国共産党に支配されています。
政界、財界、教育界、マスコミ、その他。。。ですから中国に刃向かう政治家など殆どいません。また、立憲民主党や野党は国会を空転させ崩壊させようとしています。国会が崩壊すれば中国共産党は日本を侵略しやすくなります。売国奴の国会議員が日本のインバウンドを強化したのも中国の指示があったからでしょう。
さらに恐ろしいのは、来る都知事選に学歴詐称の小池都知事は当選しないことが想像できますが自民党は候補者をまだ立てられません。そこに候補者として登場するのが非常に危険な山本太郎です。東京には創価と左翼思想がはびこっていますから山本太郎が都知事になる恐れも・・・
今後の日本は日本人の多くが覚醒しないと前途多難かもしれません。
https://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2020/01/a-new-world-order-investigation-did-a-snake-really-cause-the-deadly-coronavirus-i-dont-think-so-2516229.html
(概要)
1月25日付け
今回の新型コロナウイルスの感染源は蛇だと思いますか。そうは思いませんね。
以下のビデオはメインビデオの序章でしかありません。我々がいかに腐敗した世界に生きているかがわかります。なぜなら彼らは今回のパンデミックを計画していたのですから。
2019年10月18日にニューヨークシティでNWOの15人のメンバーらが、計画している新型コロナウイルスのパンデミックについて3時間半の議論を交わしたのです。。
今回の新型コロナウイルスは生物化学兵器研究所で作り出されたと考えています。彼らは、今後数か月間にわたり徐々にゆっくりとウイルスをまき散らします。その結果、グレタが思っている通り、世界は10年から12年後に終わるでしょう。私は世界が2030年に終わるとは思っていません。今後10年以内に我々がサタン(悪魔)を地球から完全に除去できることを願っています。その間、彼らはイベント201で計画された通りに、今後数週間、コロナウイルスを世界にばらまきパンデミックを拡大させるでしょう。
ただ、今回の新型コロナウイルスのパンデミックに関してNWOがイベント201で計画したことと異なることが1つあります。それはイベント201の会議ではコロナウイルスの感染源を豚にしていたのに、実際は、感染源を蛇にしています。
(概要)
私が現在準備しているメインビデオの序章としてこのビデオを投稿します。このビデオでは新型コロナウイルス・パンデミックの背後にあるカネと黒幕について簡単にご説明します。
報道では、武漢で感染が拡大している新型コロナウイルスの感染源は蛇であると伝えられています。
(0:30〜)メキシコのコロナビールのCMビデオ?に蛇が出てきましたが蛇とビールはどうみても適合しません。
(0:39〜)メディアは以前「飛行機の中で新型コロナウイルス、インフル、風邪に感染しない方法」について報道しましたが、(0:53〜)飛行機と蛇も適合しませんね。
飛行機と蛇を描いたロゴをどこかで見ていませんか。
このロゴは、スター・オブ・ライフ・エマージェンシー・サービス(米運輸省幹線道路交通安全局により、1973年にデザインされたマークで、人命救助に関わる職場で活躍する人々の守り神として、アメリカを中心とした世界中で救急医療のシンボルマークになっている。)のロゴなのです。
ところで、ケムトレイルには単に有毒物質のアルミニウム、クロム、バリウムが含まれているだけでなく、ケムトレイルの2本の線は蛇を現しているのです。
WHOのロゴも蛇が描かれています。彼らが蛇を象徴的に使っている理由がわかりました。
(1月15日のニュースで)ロサンゼルス近郊の小学校の校庭に、デルタ航空上空から有毒なガス(燃料)をまき散らしたことが問題になりました。https://www.youtube.com/watch?v=kJ0Gpz_pi6A
「次のパンデミックに対して我々はどれほど準備ができているか、あまり準備ができていないと専門家が指摘」というタイトルの記事(2019年12月12日付け)が掲載されました。次のパンデミックですって?
彼らの予測プログラミングはどうだったでしょうか。
(武漢で発生したパンデミックの3か月前に)イベント201と呼ばれるパンデミック予測訓練が米国で行われました。イベント201は、Johns Hopkins Center of Health Security、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同作業でした。彼らはその目的を、気候変動、人口増加、都市化、森林伐採、グローバル化により伝染病が増えることを予測して万全な準備をしておくと説明しています。この訓練は、専門家らがサーズやマーズをモデルにしてCAPS(コロナウイルスによる急性肺炎)と呼ばれる新型ウイルスのパンデミックを想定して綿密に計画されたものだと言われています。
イベント201に関する資料には、2019年10月18日にニューヨークシティでビル&メリンダ・ゲイツ財団がイベント201を主催すると記していました。 また、パンデミック発生中の切迫した状況下で財界、政府、衛生行政から15人のリーダーらが政策の問題について解説すると記していました。
そしてダボス会議(経済フォーラム)がスイスで開催中に中国から世界に新型コロナウイルスの感染が広がり始まったのです。
(私:ダボス会議に安倍総理が出席しなかったのは解せません。国会開催中だからとの理由はおかしいですね。)
また、イベント201に関する資料には、WHOは平均で年間200種類もの感染病に対応している。我々はパンデミックになるような事態に備える必要があると記してあります。
以下省略

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52048859.html

ガハろぐ
http://gahalog.2chblog.jp/archives/52481745.html




新型コロナウイルスの実際の感染者数は、政府の発表をはるかに超えている! 〜現場の医療関係者によると「医師らの推定で10万人が感染している」
2020/01/26 9:00 PM
中国新型コロナウイルス / *事件, アジア, 社会, 竹下氏からの情報
竹下雅敏氏からの情報です。
午後7時のNHKニュースで、新型コロナウイルスの感染者が世界で2000人を超えたと言っていました。しかし、ネット上のさまざまな情報を考慮すると、現状は遥かに深刻であると思った方が良いようです。
 大紀元によると、「実際の感染者数は政府の発表をはるかに超えている」とし、現場の医療関係者は、「医師らの推定で10万人が感染している」とのことです。「報道は事実と全くかけ離れている」ようで、冒頭のツイートの動画の看護師の女性は、「すでに9万人です。このウイルスの感染率は…近くの14人を感染させてしまう。スピードは大変早い」と言っています。
 どちらが本当なのか? 2つ目のYouTube動画の武漢の医療現場の声を聴くと、これを炎上目的や演技で行っているとは、とても思えません。動画の1分55秒〜2分5秒では、「医師たちは感染者数を10万人と推計している…多すぎてどうしようもない」と泣きながら言っています。
 中国政府は情報も新型コロナウイルスも、両方を封じ込めようとしていますが、無理のようです。
(竹下雅敏)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
配信元)
YouTube 
Twitter
武漢漢口
現地医者からの証言
感染者はすでに9万人??
現在、この動画はすごく拡散されているので、日本語字幕を付けました。ご覧ください。 
pic.twitter.com/gUYnZJo1nX
− 地蛋 (@Wl9uZ) January 25, 2020
今日の武漢のとある病院。夜間に亡くなられてしまった方を含め三体のご遺体は昼になってもそのまま放置されている、と。病院、先生も職員もパンク状態のようです。 pic.twitter.com/vX1zfrtlnw
− 九寨溝飯館 (@eggtokyo) January 24, 2020
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「政府の発表を信じないで」 ネットに医療関係者の告発相次ぐ
引用元)
大紀元/EPOCH TIMES 20/1/25
(前略)
中国政府は25日10時30分時点で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が1330人、死者41人と発表した。しかし、現場の医療関係者が相次ぎ、SNSに投稿し、実際の感染者数は政府の発表をはるかに超えていると訴えている。
(中略)
女性医療関係者はSNS微信で泣きながら「(現状は)テレビの報道よりずっと恐ろしい」と訴えた。「医師らの推定で10万人が感染している」「多くの患者はすでに手遅れ状態です」(中略)… 最後に女性は「くれぐれも政府を信じないで。自分で自分の身を守ってください」と呼びかけた。
(中略)
 湖北航天病院の医師は微信で、感染者が10万人を超えていると発言した。「病院が地獄のようだ。"助けて"の叫び声があちこちから聞こえている」という。また、箝口令が敷かれているが、「(この発言で)処分されることもいとわない」と語った。
(以下略)
(続きはこちらから)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<新型肺炎>中国政府、武漢市民が陸路からも逃げられないように、武漢の一般道や高速道路を大量の土で封鎖w〜ネットの反応「武漢まるごと生き埋め?…」
引用元)
アノニマス ポスト 20/1/25
(前略)
Pictures of roadblocks being built along the Henan-Hubei border, allegedly from same area today. There were viral posts earlier yesterday about Shanghai人 panicking when they saw Wuhan license plates.
Some photo are 24 hours ago pic.twitter.com/uVtPQI32z8
− Mudassar Akram (@AkramMudassir) January 25, 2020
(中略)
In order to control the Chinese virus, rural Hubei is conducting such a road closure... #CoronavirusOutbreak #coronavirus
These photos posted on social media by individuals. 6 hours ago pic.twitter.com/iguD0JsnBb
− Mudassar Akram (@AkramMudassir) January 25, 2020
※機械翻訳
中国のウイルスを制御するために、農村部の湖北はそのような道路閉鎖を行っています... #CoronavirusOutbreak #coronavirus
これらの写真は、個人がソーシャルメディアに投稿したものです。 6時間前
(以下略)

シャンティ・フーラ 時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=227223

YouTube
https://youtu.be/B9XonrPG0do







中国政府の闇!新型コロナウイルスの怖さ!武漢は既に地獄
2020/01/26 19:09
やはり武漢市は完全に封鎖されているようです。
米国の記事では飛行機が離発着していると伝えていましたがちょっと古い情報だったのでしょうか。
現地の中国人からの情報です。
武漢は地獄と化しています。武漢は機能停止状態。病院は人手不足。感染者も治療受けられずに家に戻っているそうです。死体が床に放置されているそうです。
武漢市内に病院を建設すると報道されましたが建設は中止。新型コロナウイルスは中国全土に広がるでしょうね。
日本も対岸の火事ではないでしょう。
武漢ではかなり多くの人々(10万人以上)が感染し多くの高齢者が死亡しているようです。ビデオでは動物からウイルスが感染したと言っていますが、生物兵器研究所からウイルスが持ち出され市場にばらまかれたのではないでしょうか。
上海でも感染者が出ています。このまま中国全土に広がるのでしょうか。中国に暮らしている日本人はどうなるのでしょうか。そして多くの中国人が訪日しているので日本でも感染が爆発するのではないでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=zaNgOwuQJxw
中国政府の闇!新型コロナウイルスの怖さ!武漢は既に地獄!『拡散希望』  
https://www.youtube.com/watch?v=L_QSDB4T5qM
【拡散希望 !!!】バイオハザード、地獄と化した武漢市の真実、中国の闇を暴く。人口1000万人の間で1ケ月以上伝染し続けていた。そして新型コロナウイルスは既に世界中に広く拡散されている。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52048859.html











「政府の発表を信じないで」 ネットに医療関係者の告発相次ぐ >
2020年01月26日06:50
SARSとエボラを研究する中国の研究室は、流行の中心である武漢にある + ゲームが予告していた武漢の新型肺炎 『文殊菩薩』
<転載開始>
参考のため訳しました。
SARSとエボラを研究する中国の研究室は、流行の中心である武漢にある
https://www.soundhealthandlastingwealth.com/health-news/chinas-lab-for-studying-sars-and-ebola-is-in-wuhan-the-outbreaks-center/
科学者たちは2017年、SARSのようなウイルスが、世界で最も危険な病原体のいくつかを研究するためにその年に中国武漢に設置された研究室から逃れることができると警告した。現在、SARS様コロナウイルスはそこで600名以上を感染させ、少なくとも10か国に広がっており、武漢と近隣の州で18名を殺した。(引用注:現在死亡者数は急速に増えている模様)
中国は、エボラおよびSARSウイルスを含む最もリスクの高い病原体を研究する目的で、2017年に武漢で、最大の安全性を目指して計画された5〜7つのバイオラボの最初のものを設置した。
メリーランド州のバイオセーフティコンサルタントであるティム・トレヴァン[Tim Trevan]は、その年、研究室が開設を間近に控えたときにネイチャーに語った。 彼は中国の文化が研究所を危険にさらすかもしれないと心配していると。なぜなら、 「誰もが自由に発言できる構造と情報の公開性が重要だからです。」
実際、Natureの記事によると、SARSウイルスは北京の研究所から何度も「逃げた」。武漢国立生物安全研究所は華南シーフード市場から約20マイル離れた場所にあり、流行の震源地が偶然かどうか疑問に思っている人もいるが、科学界では現在、そのウイルスが市場で動物と人間との接触を通じて変異し、人々に飛びついたのだとと考えている 。
Also read: Chinese woman who ‘bragged about cheating airport coronavirus screenings’ tracked down in France
https://www.soundhealthandlastingwealth.com/health-news/chinese-woman-who-bragged-about-cheating-airport-coronavirus-screenings-tracked-down-in-france/
ウイルス研究のための中国の最高品質の研究室は、現在のコロナウイルスの発生の中心と同じ都市である武漢にある。武漢ウイルス学研究所にある武漢国立生物安全研究所は、中国が世界で最も危険なウイルスの研究に貢献できるよう支援するために設立された。
2015年に建設されたこのラボは、まだ安全性テストを受けていたが、2017年にオープンする準備がほぼ整っていた。
これは、最高のバイオハザードレベルであるバイオセーフティレベル4(BSL-4)の基準を満たすために設計された中国国内初のラボであり、最も危険な病原体を処理する資格を与えられている。
BSL-4ラボには、気密性の防護服または特別な「キャビネット」ワークスペースを装備する必要がある。このワークスペースは、科学者が付属のハイグレードグローブを使用して手を伸ばす密閉ボックスに空気感染するウイルスや細菌を閉じ込めるものである。世界中に約54のBSL-4ラボがある。
中国初のラボは、武漢で、2017年1月に連邦認定を受けた。開所後、BSL-3予防策のみを必要とするプロジェクト、つまりクリミアコンゴ出血熱を引き起こすダニ媒介性ウイルスを最初に取り上げた。
それは、高度に致命的な病気であり、感染者の10〜40%を殺す。SARSもBSL-3ウイルスである。 Natureとそのラボの研究所長であるYuan Zhiminとのインタビューによると、武漢国立生物安全研究所はSARSウイルスの研究を計画していた。
2018年1月、ラボは「BSL-4病原体のグローバルな実験のために」運用されていた、とGuizhen WuはジャーナルBiosafety and Healthに書いた。2004年に別の研究室からの「リーク」でSARSウイルスが脱出した後、中国当局は安全性の向上に努めただけでなく、研究室が出したまさにそのウイルスを研究し続ける国の能力を拡大した。
「2004年のSARSの実験室漏洩事故の後、旧中国保健省はSARS、コロナウイルス、パンデミックインフルエンザウイルスなどの高レベル病原体の保存研究所の建設を開始した」とGuizhen Wuは書いた。これらのラボが何であるか、どこにあるかは明確ではない。
武漢研究室には、動物研究用の設備もある。2017年、Natureに話をした科学者は、これがワクチンと治療の開発にもたらす機会を認めている。動物研究の規制-特に霊長類で行われるそれの規制-は、米国や他の西欧諸国よりも中国ではるかに緩やかである。つまり、これらの研究は費用がかからず、それらを制限または遅らせる障壁が少なくなる。
しかし、それはエブライト博士[Dr Ebright]の懸念の原因でもあった。2019-nCoVのようなウイルスの動作を研究し、それに対する治療法またはワクチンを開発するには、これらの研究用サルに感染させる必要がある。これは、人体での検査の前の重要なステップである。
しかし、猿は予測不可能だ、とエブライトは警告した。
「彼らは走ることができ、噛むことができます」と彼は言った、そして彼らが運ぶウイルスは足、爪、歯が行くところに行く。
Read More: What Is Human Coronavirus? Causes, Symptoms, Treatment and Prevention
https://www.soundhealthandlastingwealth.com/diseases/what-is-human-coronavirus-causes-symptoms-treatment-and-prevention/
++
今のところ、研究所から漏れた可能性、あるいはこういった状況を把握している人間による意図的散布、どちらも可能性がある。

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c0d9f745c6714fe2976b35f657e778be







2020年01月24日19:20
【バイオハザード】中国の武漢のアウトブレイク、これは他人事ではない!なんと東京の早稲田に同じものがあった!
みなさん、こんにちは。
「いまこれは私のAIアバターが書いている。」
なんていう時代が早く来てほしい。
さて、もっと深刻な現実の話をメモしよう。昨日のコロナウィルスのジョークネタの大本の根源についてである。
今朝、知人からメールで教わったものである。それをグーグル翻訳したものをメモしておこう。以下のものである。
元記事:
グーグル翻訳:
現実のアンブレラ社:武漢ウルトラバイオハザードラボは「世界で最も危険な病原体」を研究していました
現在、コロナウイルス流行のグラウンドゼロである武漢を含む7つの中国の都市と、約2,300万人の人々を収容する中国の都市が隔離されています...
...バイオハザードの悪名高いラクーンシティとの比較は暑くて重いです。 そして、現実はしばしば芸術ではなく確かにハリウッドを模倣する傾向があるので、今日早く武漢大学の医学研究所が中国版のアンブレラ社になるかどうかを冗談で尋ねました。
結局のところ、2017年2月にネイチャーが「 世界で最も危険な病原体を研究する態勢を整えた中国の研究室 」と呼ばれるものの広範なプロファイルを書いたことが私たちの注意を引いたため、冗談ではありませんでした。 このBSL-4評価ラボの場所は? なぜ、武漢。
このラボの目的を簡単に読んでみると、コロナウイルスの流行は、たまたまラボを逃れたばかりの兵器化されたウイルスではないかという差し迫った疑問が生じます。
武漢の研究室の費用は3億元(4,400万米ドル)で、 安全上の懸念を和らげるために、flood濫原よりはるかに高く、マグニチュード7の地震に耐える能力を備えていますが、この地域には強い地震の歴史はありません。 新興疾患の制御に焦点を当て、精製されたウイルスを保存し、世界中の同様の研究所にリンクされた世界保健機関の「参照研究所」として機能します。 「これは、グローバルなバイオセーフティラボネットワークの重要なノードになるでしょう」とラボディレクターのユアン・ジミング氏は言います。
中国科学院は2003年にBSL-4研究所の建設を承認し、同時期にSARS(重症急性呼吸器症候群)の流行がプロジェクトの勢いを増しました 。 ラボは、新興感染症の予防と制御に関する2004年の協同協定の一環として、フランスの支援により設計および建設されました。 しかし、プロジェクトの複雑さ、中国の経験不足、資金の維持の難しさ、政府の長い承認手続きが必要だったため、2014年末まで建設は完了しませんでした。
ラボの最初のプロジェクトは、クリミア・コンゴ出血熱を引き起こすBSL-3病原体を研究することです。これは、中国北西部を含む世界中の家畜に影響を及ぼし、人に飛び付く可能性のある致命的なダニ媒介性ウイルスです。
今後の計画には、エボラ出血熱および西アフリカラッサウイルスに移る前に、BSL-4ラボを必要としないSARSを引き起こす病原体の研究が含まれます。
BSL-4の意味?
BSL-4は最高レベルの生物封じ込めです。 その基準には、実験室を出る前に空気をろ過し、水と廃棄物を処理し、研究者が実験施設を使用する前後に衣服とシャワーを着替えることが規定されています 。 そのような研究室はしばしば議論の余地があります。 日本で最初のBSL-4ラボは1981年に建設されましたが、安全上の懸念が最終的に克服された2015年まで、低リスクの病原体で運用されていました。
そして、これがすべて問題である理由は次のとおりです。
心配は中国の研究室を取り巻く。 ニュージャージー州ピスカタウェイのラトガース大学の分子生物学者であるリチャード・エブライト氏は、 SARSウイルスは何度も北京の高レベル封じ込め施設から逃げ出しました 。
以下では、現在の証拠なしに、コロナウイルスの流行が武漢バイオハザード施設を「偶然に」逃れた可能性があることを強く示唆しているため、 Natureの記事全体を再投稿します。
世界で最も危険な病原体を研究する態勢を整えている中国の研究室
武漢の研究室は、世界で最も危険な病原体と協力することを許可されたという。 この動きは、2025年までに中国本土に5〜7つのバイオセーフティレベル4(BSL-4)ラボを建設する計画の一部であり、多くの興奮といくつかの懸念を生み出しています。
ハザードスーツは、武漢の国家生物安全研究所にぶら下がっています。武漢は、中国本土で最初に最高レベルの生物封じ込めを行った研究所です。中国以外の一部の科学者は、病原体が逃げること、および中国と他の国々との間の地政学的な緊張に生物学的側面が加わることを心配しています。 しかし、中国の微生物学者は、世界最大の生物学的脅威に取り組む力を与えられたエリート幹部への入場を祝っている。
「中国の研究者により多くの機会を提供し、BSL-4レベルの病原体に対する私たちの貢献は世界に利益をもたらすでしょう」と、北京の中国科学院の病原微生物学および免疫学の主要な研究所のジョージガオ所長は言います。 台湾にはすでに2つのBSL-4ラボがありますが、武漢の国立生物安全研究所は中国本土で最初のものです。
このラボは、1月に中国国家認証機関(CNAS)によってBSL-4の基準と基準を満たしていると認定されました。CNASは、研究所のインフラストラクチャ、機器、および管理を調査しました。CNASの代表者は、保健省がその承認を与える道を開いたと言います。 同省の代表者は、ゆっくりと慎重に動くと言います。 評価がスムーズに進んだ場合、6月末までに検査室を承認する可能性があります。
BSL-4は最高レベルの生体封じ込めです。その基準には、実験室を出る前に空気をろ過し、水と廃棄物を処理し、研究室施設の使用前後に研究者が衣服とシャワーを着替えることが含まれます。 そのような研究室はしばしば議論の余地があります。 日本で最初のBSL-4ラボは1981年に建設されましたが、安全上の懸念が最終的に克服された2015年まで、低リスクの病原体で運用されていました。
過去15年間にわたる米国およびヨーロッパでのBSL-4ラボネットワークの拡大(各地域で現在12を超える運用または建設中)も、非常に多くの施設の必要性に関する質問を含む抵抗に直面しました。 。
武漢の研究室の費用は3億元(4,400万米ドル)で、 安全上の懸念を和らげるために、flood濫原よりはるかに高く、マグニチュード7の地震に耐える能力を備えていますが、この地域には強い地震の歴史はありません。 新興疾患の制御に焦点を当て、精製されたウイルスを保存し、世界中の同様の研究所にリンクされた世界保健機関の「参照研究所」として機能します。 「これは、グローバルなバイオセーフティラボネットワークの重要なノードになるでしょう」とラボディレクターのユアン・ジミング氏は言います。
中国科学院は2003年にBSL-4研究所の建設を承認し、同時期にSARS(重症急性呼吸器症候群)の流行がプロジェクトの勢いを増しました。 ラボは、新興感染症の予防と制御に関する2004年の協同協定の一環として、フランスの支援により設計および建設されました。 しかし、プロジェクトの複雑さ、中国の経験不足、資金の維持の難しさ、政府の長い承認手続きが必要だったため、2014年末まで建設は完了しませんでした。
ラボの最初のプロジェクトは、クリミア・コンゴ出血熱を引き起こすBSL-3病原体を研究することです。これは、中国北西部を含む世界中の家畜に影響を及ぼし、人に飛び付く可能性のある致命的なダニ媒介性ウイルスです。今後の計画には、BSL-4ラボを必要としないSARSの原因となる病原体の研究が含まれます。その後、エボラと西アフリカラッサウイルスに移ります。 約100万人の中国人がアフリカで働いています。 国は不測の事態に備える必要があるとユアンは言う。 「ウイルスは国境を知りません。」
Gaoは最近のエボラ出血熱の流行の際にシエラレオネを訪れ、ウイルスが新しい株に変異した速度をチームが報告できるようにしました。 武漢研究室は、彼のグループに、そのようなウイルスがどのように病気を引き起こすかを研究し、抗体と小分子に基づいた治療法を開発する機会を与えると彼は言う。一方、国際協力の機会は、緊急疾患の遺伝分析と疫学を支援します。 「世界はより多くの新しいウイルスに直面しているため、中国からのさらなる貢献が必要です」とGao氏は言います。 特に、人獣共通感染ウイルスの出現-SARSやエボラなどの動物からヒトに飛び込むもの-が懸念されると、フランスのリヨンにあるVirPathウイルス研究室のディレクター、ブルーノリナは言います。
武漢研究室の多くのスタッフは、リヨンのBSL-4研究室でトレーニングを行っており、一部の科学者は心強いと感じています。 また、この施設では、低リスクウイルスを使用したテスト実行が既に実行されています。
しかし、中国の研究室も心配です。 ニュージャージー州ピスカタウェイのラトガース大学の分子生物学者であるリチャード・エブライト氏は、SARSウイルスは何度も北京の高レベル封じ込め施設から逃げ出しました。 メリーランド州ダマスカスにあるCHROME Biosafety and Biosecurity Consultingの創設者であるTim Trevan氏は、BSL-4ラボを安全に保つにはオープンな文化が重要であり、社会が階層を重視している中国でこれがどれほど簡単かを疑問視しています。 「視点の多様性、誰もが自由に発言できるフラットな構造、情報の公開性が重要です」と彼は言います。
Yuanは、この問題をスタッフで解決するために働いたと言います。 「私たちは彼らに最も重要なことは、彼らが持っていることやしていないことを報告することだと言います」と彼は言います。 また、ラボの国際的なコラボレーションにより、オープン性が向上します。 「透明性はラボの基礎です」と彼は付け加えます。
ネットワークへの拡張計画は、こうした懸念を高めます。 ハルビンにあるBSL-4ラボの1つはすでに認定を待っています。 次の2つは北京と昆明にあり、後者はサルのモデルを使って病気を研究することに焦点を当てています。リナは、中国の規模がこの規模を正当化し、霊長類の研究に関しては、BSL-4の研究と豊富な研究猿(中国の研究者が西洋の研究者よりも少ない赤テープに直面する)を組み合わせる機会が強力になる可能性があると言います。 「ワクチンまたは抗ウイルス薬をテストしたい場合、非ヒト霊長類モデルが必要です」とリナは言います。
しかし、エブライトは、中国本土に複数のBSL-4ラボが必要であるとは確信していません。 彼は、拡大が米国とヨーロッパのネットワークに反応しているのではないかと疑っています。 彼は、政府はそのような過剰能力が生物兵器の潜在的な開発のためであると仮定すると付け加える。
「これらの施設は本質的に二重使用です」と彼は言います。 サルに病原体を注入する機会を増やす見込みは、興奮するのではなく、彼を心配させます:「彼らは走ることができ、引っ掻くことができ、噛むことができます。」
中国国立生物安全研究所の中央監視室
それだけでは不十分な場合は、武漢ウイルス研究所からの2018年1月のプレスリリースで、「トップレベルのバイオセーフティラボ」の立ち上げを発表します。中国は、国家保健当局によると、 致命的な病気を引き起こす可能性のある高病原性微生物を用いた実験を行うことができる最初のレベル4バイオセーフティ実験室を稼働させました。 レベル4は最高のバイオセーフティレベルであり、エボラウイルスなどの致命的な病気を引き起こす可能性のある容易に伝染する病原体の診断作業と研究に使用されます。中国科学アカデミーの武漢ウイルス学研究所からの金曜日のニュースリリースによると、武漢国家レベル4バイオセーフティラボは最近、国民健康家族計画委員会が組織した評価に合格した。
ウイルス学者は、武漢のウイルス学研究所の中国初のレベル4バイオセーフティラボで、ウイルスサンプルの容器に関するデータを読み取ります。専門家は、研究室の人員、施設、動物、廃棄物、ウイルスの管理などを評価した後、研究室はマールブルク、バリオーラ、ニパ、エボラなどの致命的な病気を引き起こす可能性のある高病原性微生物の実験を行う資格があると考えました。
「この研究室は、世界をリードする完全なバイオセーフティシステムを提供します。これは、中国の科学者が自分の研究室で最も危険な病原微生物を研究できることを意味します」と武漢研究所は述べた。感染症の予防と制御に関する国の研究開発センター として、病原体収集センターとして、また感染症に関する国連の参照研究所として機能すると、研究所は述べた。
以前のメディアの報道は、武漢P4ラボが国内外の科学者に開かれると述べた。 科学者は、研究室でアンチウイルス薬とワクチンの研究を行うことができます。ニュースリリースによると、この研究所は新興感染症の予防と管理における中仏の協力の一部です。中央政府は、重度の急性呼吸器症候群の発生が全国に警報を広めた2003年にP4検査室を承認しました。 2004年10月、中国は新興感染症の予防と管理に関するフランスとの協力協定に署名しました。 これに続いて、一連の補足協定が続きました。
研究所の設計、バイオセーフティ基準の確立、および

大摩邇(おおまに)
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2132387.html   

井口和基ブログ
https://quasimoto3.exblog.jp/239995926/







新型肺炎とパンデミック相場
2020/01/23(Thu) 17:31 
経済/金融
2019年の年末から中国湖北省の武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が流行し、
感染拡大を防ぐため、中国交通運輸省は湖北省武漢市の実質的な封鎖に乗り出した。中国以外でもタイ、フィリピン、ベトナム、シンガポール、米国、台湾、韓国、日本で感染が確認されているため、パンデミックを引き起こしかねないとして各国が警戒を強めている。
中国当局によると、1月22日時点で中国国内の新型肺炎の発症者は571人に達し、この新型コロナウィルスによる死者は17人になった。
2003年に中国はSARS(重症急性呼吸器症候群)で苦い思いをしている。今回の新型コロナウィルスの感染拡大に対し、世界は中国の情報の透明性向上と迅速な対応を求めているだろう。というか、世界は中国の対応を試しているのかもしれない。
これから中国がデジタル通貨を扱い、
ユーラシア大陸の実体経済の覇権を握っていく上で
信用をはかる指標になるかもしれない。
17年前のSARSの時は中国は感染を隠蔽しようとした。SARSの時は感染が30カ国近くに広がり、774人が死亡した。結果、中国の経済成長率は約1―2%落ち込んだとの推計もある。
だから今回は新型コロナウイルスが素早く確認され、ウイルスの遺伝子構造の情報や感染経路が迅速に公表された。
信用こそ資産である。また、新型肺炎の感染が株式市場全体にも波紋を広げた。不謹慎にも商機につながるとの物色対象で買われているケースもあるが、米株式相場が反落するなど、新型肺炎に投資家たちも警戒している。
ニューヨーク金先物相場も反落した。新年早々、中東での雲行きが怪しかったため、ドルとは相対的に安全資産とされる金の値段が上がっていたが、ここで下がった。
しかしリスク回避の買いが入り、下値は堅かった。金価格がドルに対して上昇するのはドルの価値がないことを証明するようなものでまだまだ米金融業界を延命したい側からしたら値段が下がることを望んでいるだろう。
しかしすでに金融経済は崩壊するシナリオが組まれているだろうからドルの最強ライバルである金をそうそう下げるわけにもいかない。どこかで下がる金を買い支えているのだろう。それとも米中貿易戦争といった茶番はいいかげんにしてデジタル人民元の準備をさっさとしろと何処からか催促されているのか?
世界保健機関(WHO)は緊急会合を開いたが、
「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」の宣言を見送った。死亡者の多くは高血圧などの基礎疾患を持っていたことや、人から人への感染は中国以外の国・地域では確認できていないからだ。
つまり、感染拡大が限定的と判明されれば、投資における不安材料は短期間で消化されるということだ。私たち一般市民からしたら感染するかしないかという不安要素しかないが、政府や投資家からしたら株価や金価格が上がる下がるという地球経済が裏で動く要素らしい。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;
日本や世界や宇宙の動向英デイリーメイル紙、武漢国立生物安全実験室から漏れたウイルスがパンデミックの原因と報道
3年前に米の研究者が警告していた。
英紙デイリーメールは武漢国立生物安全実験室から漏れたウイルスが今回のパンデミックの原因だと報じた。事実の確証はないが僕に入る様々な情報と照らすと可能性はあり細菌兵器研究の噂も。3年前に米の研究者が警告していた。2004年に北京の実験室からSARSウイルスが流出した。
https://www.dailymail.co.uk/health/article-7922379/Chinas-lab-studying-SARS-Ebola-Wuhan-outbreaks-center.html
英紙デイリーメールは武漢国立生物安全実験室から漏れたウイルスが今回のパンデミックの原因だと報じた。事実の確証はないが僕に入る様々な情報と照らすと可能性はあり細菌兵器研究の噂も。3年前に米の研究者が警告していた。2004年に北京の実験室からSARSウイルスが流出した 
https://t.co/KgsKHirKrw
− 西村幸祐 (@kohyu1952) 2020年1月25日
関係があるという疑いを持つ理由は見つからない、とデイリーメールに語った。いずれにしても日本の無力が浮き彫りになった。無能メディアにこの手の独自報道は皆無。春節観光客の入国禁止どころか有効な措置もない。国交省,厚労省,外務省の現実認識の甘さ。国家権力が消えた政府のガードの甘さ。最低だ
− 西村幸祐 (@kohyu1952) 2020年1月25日
海鮮市場の動物といっても、蛇とコウモリだと報じたのは海外メディア。日本メディアで報じた所があったら教えてほしい。シナに大量の人,機材を置くNHK、中国共産党と50年来の同志的関係の朝日新聞は、何を報じたか?観光客に罪はないから温かく迎えろキャンペーンではまともな日本人は怒り出すだろう。
− 西村幸祐 (@kohyu1952) 2020年1月25日
・米ワシントンタイム紙も中国の武漢研究所で発生した可能性を報道
The deadly animal virus epidemic spreading globally may have originated in a Wuhan laboratory linked to China’s covert biological weapons program, according to an Israeli biological warfare expert.
Radio Free Asia this week rebroadcast a local Wuhan television report from 2015 showing China’s most advanced virus research laboratory known the Wuhan Institute of Virology, Radio Free Asia reported.
The laboratory is the only declared site in China capable of working with deadly viruses.
イスラエルの生物兵器の専門家によると、世界的に広がる致命的な動物ウイルスの流行は、中国の秘密の生物兵器プログラムにリンクされた武漢研究所で発生した可能性があります。Radio Free Asiaは今週、2015年から武漢地方テレビのレポートを再放送し、Wuhan Institute of Virologyとして知られる中国で最も進んだウイルス研究所を示しました、とRadio Free Asiaは報告しています研究所は、致命的なウイルスを扱うことができる中国で唯一の宣言された場所です。
Friday, January 24, 2020
https://www.washingtontimes.com/news/2020/jan/24/virus-hit-wuhan-has-two-laboratories-linked-chines/
これですかね? 
2018 CCTV、 中国科学院武漢ウイルス研究所は、新しいコロナウイルスを発見pic.twitter.com/tbzeqxxgrm
− 青にゃん劇場(本館) (@armourhigeraru) 2020年1月25日
pic.twitter.com/CIGeJLFhaW
− 隣。 (@therealrosesee) 2020年1月25日
もし、これが真実なら。中国政府崩壊が始まる。
でも、日本のマスコミはこのニュースを、一切報道しない。
− Post man(Tokyo JoJo) (@tokyo_post) 2020年1月25日
事件発生前のネット記事から pic.twitter.com/XeECDLmiiU
− Cold Sleeper (@japantraderblue) 2020年1月25日
人民解放軍には細菌戦専門の防疫部隊が存在するであろうに、今回のこのパンデミックに出動している様子が感じられないのは、何故なのか、不思議と同時に、不気味です。それとも、そんな高度な防疫部隊は存在しないのでしょうか。
− カズミ フクダ (@kazumi_fukuda) 2020年1月25日
実験室からもれたって、生物化学兵器を研究してたのかも。もれて感染したって、管理不行き届きの自業自得か。
− 2018yoshimoto (@2018yoshimoto) 2020年1月25日
このニュースと一般的症状無しで突然倒れる人がいる、という武漢発のSNSをみて背筋が凍った。まるで小松左京氏の「復活の日」ではないかと。「ウィルス性疾患に特効薬は無い」
もっともこの作品の価値は病理学的設定やパニック描写にあるのではなく、「人類の」「倫理面」をえぐったことだと思いますが
− 164k (@kkzzalfa) 2020年1月25日
12/1から発生していた患者はいずれも市場には行っていなかった模様で、もっと施設の周辺で感染していたのかもしれないな。可能性としては、動物実験で廃棄された生体が売りに出されたのか、偶然、販売業者が買い取った品物に感染していたのかもしれない。
− 中津川 昴 (@subaru2012) 2020年1月25日
中国によるバイオテロじゃないかといううわさも流れてますが、中国ならやりかねないと思ってしまいますね。春節で人が移動するタイミングなら拡散されてデータも取りやすいですからね。
− 武田 (@takeda3370) 2020年1月25日
全く関係ないところから発生したかも知れないし、ちょっとした不注意から漏れてしまったかも知れないし、ほんの僅かの好奇心から持ち出したのかも知れない。
過去の情報統制の強い国だし、関係者が生き残るか否かも予想できないので、真実は闇の中だろうな。
− tohya.108 (@108_tohya) 2020年1月25日
ヤバイですね。
2度も失敗すれば、さすがに学びますよね。
日本は土地を爆買いされている。
扇動する気はありませんが、用心に越した事はありません。
− amane (@amaneminazuki) 2020年1月25日
旧ソビエトの専門家が「SARSは中国で作られたバイオ兵器」と言ってるそうです。
− porco (@porco0609) 2020年1月25日


http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10178893.html
posted by datasea at 05:43| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: