2020年01月25日

名無し先生: John Titerの2020年予言地図と日本の分割統治計画図

pp6520200121235329.jpg



名無し先生: John Titerの2020年予言地図と日本の分割統治計画図
名無し先生
2020年01月22日
日本の分割統治計画は今も続いている。
日本国にあった、日本の分割統治計画
詳しくはwikiを読んでください
■日本の分割統治計画
日本の分割統治計画とは、第二次世界大戦において、ドイツが降伏後、米・英・ソ・仏4カ国に分割統治されたように、本土決戦後の日本も北海道・本州・九州・四国を連合国それぞれが統治しようとした計画である。
アメリカ国立公文書記録管理局に現存する計画書によると、
北海道・東北 - ソ連占領地域
関東・中部(福井県を除く)及び三重県付近 - アメリカ占領地域
四国 - 中華民国占領地域
中国・九州 - イギリス占領地
東京35区 - 米・中・ソ・英の共同管理
近畿(三重県を除く)及び福井県 - 中華民国とアメリカの共同管理
という日本国が分断統治される計画であった(地図参照)。結局、この計画が廃案となったが、理由ははっきりしていない。とwikiには記述されている。
ポツダム宣言(第8条)は、北海道、本州、四国および九州と周辺諸小島を日本領とし、内地の一体性を認めているため、これを後から分割統治とすると、宣言内容と矛盾してしまう。反故にすると、速やかに大日本帝国陸軍を武装解除できず、日本軍は降伏を撤回し、最後の一兵まで戦う可能性があったとも言われる。
当時の日本は天皇の下に団結しており、分割には天皇の処分が避けて通れない。しかし天皇を処分するとその後の統治が難しくなるばかりか処分国に対する報復戦が予想されるため、連合国の中から反対が出た。
この計画が実行され、仮にドイツや朝鮮半島、ベトナムのように資本主義を支持する国と社会主義を支持する国で分割統治された場合、前述の国の例に鑑みれば、そのまま複数の国に分断されてしまい、最悪の場合は朝鮮戦争やベトナム戦争のように、日本人同士が相討つ事態になる可能性、さらにドイツのように再統一を果たしても、東西の経済格差がそのまま東西の差別と対立として固定化する可能性があった。また東京の共同管理にもベルリンと同様の困難を伴うと推察される。(wiki)
■John Titerの2020年予言地図
この日本国が分断統治されるのを防ぐために、原爆が地上起爆された・・・のが真実
次は2020年の地図
東北大震災が起きる以前からネット上で騒がれていた地図。この地図を見ると北海道と青森、秋田の一部は蝦夷共和国(緑色)。関東・東北は政府管理区域立ち入り禁止(赤色)。関西・九州・四国は新大和皇国で新首都が岡京(青色)となっています。このように日本を分割して管理したい組織が作ったものでしょう。(ネオ満州国を夢見る輩)東北大震災によって、東北はまさしく図のようになっています。
これも、日本国を戦争に引きずっていった、日本人の顔をした渡来人による日本国の分断統治計画の延長です。成功するまでこの輩は様々な災害や事故や事件を起こすのでしょう。
この東西分断構想計画は、大野伴睦が勧めた加賀と四日市を結ぶ運河構想「中部横断運河」(揖斐川と琵琶湖を利用して伊勢湾と敦賀湾とを運河で結び、1万トン級以上の大きさの船舶を通そうという計画)まで遡る。
また、東北大震災(2011年3月11日)前には、日本シャンバラ化計画というものもありました。これは、東北にあったと過去にはwikiにあったのですが、今は削除されています。
wikiより
日本シャンバラ化計画は、オウム真理教が掲げた日本における布教計画。
■尚続くネオ満州国計画
このように、今でも戦後の日本国を分断統治して、自分たちのものにしようと蠢いている王族(ヘッセン・カッセル家)の計画のもと、手下として動かされている多くの人間が今も様々な組織の中で活動しています。
さらに日本列島2国分断計画もあります。
※プロジェクト・ベルリンというものも存在したという。(この計画もまだ実行できていません)
プロジェクト・ベルリンは、日本列島のフォッサマグナ(糸魚川・静岡構造線)で区切り、西日本国と東日本国の2国体制にする計画である。
・西日本国は、単一民族国家(日本人のみ・モンゴロイド)で構成される。首都は京都。首都移転が実行された場合は畿央高原に、新首都「新京都市」が造られる。
・東日本国は、多民族国家(アメリカ2・51州目)で構成される。首都は東京。天皇家は、プロジェクト・ベルリンが実行に移される前に、京都に避難する。もともとの住まいが京都なら当然だろう。ハーフの子を持つファミリーは、東日本国民にされる可能性が高い。
東日本国には、世界中から移民が押し寄せる国になる計画である。かつて、1989年まで東と西に分断されていたドイツの国家体制がプロジェクト名になっている。
政治家では、維新の会や民主党が手下となって活動しています。今度は違う名前になるみたいですが・・中身は同じ。また、世界連邦運動協会も平和を語りながら、実は争いの種を撒き、それを解決するというやらせの組織。
地方に省庁を移転する計画、首都を移転する計画、皇室を京都に移転する計画・・とせわしなく活動しています。しかし結局、背後にいるのはヘッセンカッセルです。
【世界連邦運動】世界連邦運動派リスト随時更新】 ver1.8
国土交通省のHP既に始まっている首都機能移転―国による明確なプランとイニシアチブを
posted by r at 11:37 | 情報

コアな情報
http://utg.sblo.jp/article/187065812.html







日本分断を予言した、自称ジョン・タイター。2020年の日本。
11/07/10 13:40
自称タイムトラベラーのジョンタイターを名乗る人物は、外れたのも多いが多くの予言を残した。
単なる商業だという説やジャーナリストのイタズラ説まであるが、日本に関した興味深い予言を残している。
2020年頃に、ジョン・タイターは
日本は3つの国に分裂すると予言したらしい。
地図までネットには出回っている。
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/09bdcec2543da6a17910fa7872a70a95/?page=0
「WSPEEDIによる東日本の放射能汚染の実態と、タイムトラベラーの予言?する日本の未来予想図」
まず、北海道と青森県が、「蝦夷共和国」として日本から独立する。
関東地方と東北地方の一部は、「強制的な政府管理区域」となり、一般人は住めなくなるらしい。
そして、九州から関西の西日本は、「新大和皇国」と成るらしい。
西日本帝国(新大和皇国)は、首都を兵庫県と思われる場所に置いている。この日本3分裂の構造が、WSPEEDIの放射能危険地帯予想とかなり一致しているらしい。
リンク先のマップはジョン・タイターが本当に作ったのかはともかく、
「東日本の大半は住めなくなる」という予言は実現化する可能性が高い。
果たして、あと数年で本当に日本は3つの区域に分裂するのか。

革命的桜乙女JSSR  こんなブログ読む暇あったら家族と話し合えよ。(´ω`)
https://blog.goo.ne.jp/socialistosakura/e/a2fbf04892a636d5d935a56f6e1eb7ca
posted by datasea at 19:29| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: