2020年01月21日

Zeta: 南極氷床下から新たな宇宙船遺跡

Screenshot_20200121-182911.jpg


Zeta: 南極氷床下から新たな宇宙船遺跡
ZetaTalk Chat Q&A for December 31, 2019

Zeta Talk
http://www.zetatalk.com/ning/
http://www.zetatalk.com/index.htm#

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=bCUgmpkqxd0







(要約)
2019年12月31日
ZetaTalkチャットQ&A
南極で氷床が溶けたエリアからいろいろな残骸・遺跡が現れている。
この画像は尖った端と曲がった縁のある黒い物体。長さ300フィート。 南極が氷に覆われていない時代に南極に住んでいた人々のものか。
この機器の目的は明らかに掘削装置だ。
アヌンナキと他のエイリアングループはどちらも太古に南極大陸に住んでいた。 アヌンナキによって残された古代アーティファクトは淡水化装置・発射台・貨物運搬ルートなど。
宇宙船の空港は明らかにアヌンナキではなく,現代人のものであり,この南極の空港で発着していたのは月やISSに送られたシャトルと同等のスペースシャトルであった。
また同様に,南極氷床下に埋もれた都市はアヌンナキの都市ではないだろう。したがって多くの謎が生まれている。
この掘削装置は浮遊する必要がある。アヌンナキは重力を制御できなかった。南極に基地を持っていた非ホモノイドエイリアン(the non-hominoid aliens)によって使用された装置だろうか。 イースター島の頭と大ピラミッドの建設は、これらの異星人によって行われた。イースター島のモアイ像とエジプトのピラミッドの建設を行ったのはアヌンナキの仲間であるこれらのエイリアングループだった。

g8uyyy66yyy pc








Screenshot_20200118-183302.jpg


UFO Sighting Daily
https://www.ufosightingsdaily.com/2020/01/ancient-alien-craft-found-in-antartica.html?m=0
発見日:2020年1月6日
発見場所:南極
使用ツール:Google Earth無料地図
このエイリアンの宇宙船は古代に南極の小さな丘の上に不時着して氷と雪の中に深く埋もれていったのだろうか。。
オブジェクトは明らかにこのエリアには適切ではない。異星人の基地や不時着した宇宙船はしばしば南極大陸で見つかるようだ。
このUFOの発見者はアルゼンチンの研究者Marcelo Irazusta。
宇宙船のデザインは非常に芸術的でユニーク。
拡大画像では宇宙船の操縦室のコックピット窓を備えた先端部分,3つの長いフィン,後ろにいくつかの大きなエンジンが確認できる。色は茶色がかった灰色。翼の後ろ側のオブジェクトは直径112m。
先端部から尾翼後端までは同じ距離。 左右の幅は約95m。
非常に珍しい発見,科学者を派遣してこの宇宙船を探検し内部に入る必要がある。

g6yt6yygrt pc





posted by datasea at 19:15| Comment(0) | % Zeta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: