2020年01月08日

井口和基: アングロサクソン・ミッション再考

井口和基: アングロサクソン・ミッション再考
【A Happy New Nostradamus Prediction!】ノストラダムスの予言はまだ生きている!?「アイムレディー!」
2020-01-08 10:43
【閲覧注意】以下には結構怖い内容が含まれていますゾ!良い子のみなさんや心の弱い人やドラエモンには見せられないよ!
みなさん、こんにちは。
さて、キタ〜〜〜〜〜〜!
いよいよ歴史が動きつつあり面白そうになってきた!平和すぎてつまらないと思っていた輩にはうってつけの激動の10年が来そうである。
先日、をメモしたが、5年前に私はこんなものをメモしていた。この中で、物理学者ビル・ライアンの「アングロサクソン・ミッション」の話をメモしていた。いまそこで私がメモした内容を読み返すと、非常に正確に私が予測(予言ではない!)していたことがわかる。

みなさん、こんにちは。
風雲急を告げてしまったこの世界、この日本。あまりのことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。そんな昨今だが、ついに「第3次世界大戦」勃発かを思い知らされるような出来事も矢継ぎ早に起こってきた。というわけで、今回はまただいぶまえにメモした「第三次世界大戦」にまつわる預言や予言のいくつかをメモしておこう。
(あ)ビル・ライアンの「アングロサクソン・ミッション」
いまから6年ほど前元歌手のケリーさんといっしょにキャメロット・インタビューを運営していたビル・ライアンは、こんなことを警告していた。
(動画)
以下次々と見ることができる。
ビル・ライアンの”預言”:「ザ・アングロサクソン・ミッション」は失敗する!
これをまとめると、以下の様なシナリオだった。
1.イスラエルがイランを攻撃。
2.イランまたは中国がそれに報復攻撃。
3.さまざまな偽旗作戦が実施される。
4.欧米で戒厳令が敷かれる。←おそらく今ここ
5.中東で限定的核攻撃が行われる。
6.中国で殺人ウィルスが撒かれる。
7.本当の第三次世界大戦が勃発。
このシナリオに対して、シティーオブロンドンのレプ系のリーダーたちは
計画実行が遅い
と地団駄を踏んでいるらしい。というわけで、遅かれ早かれ、連中は金を使ってこの計画をなんとか実現したいと奔走しているわけですナ。
ところで、これらのシナリオが1年の内で一気に起こるということはないはずだろう。だから、1年毎に次に進むと仮定すると、やはりここでこれまでずっと私がメモしてきたように、本当の第3次世界大戦は、数年後という計算になる。
来年2016年に欧米全体に戒厳令が敷かれ、2017年に中東で限定的核戦争が起こり、2018年に停戦。2019年に中国でパンデミックが生じ、2020年の東京五輪以降に全面的な第3次世界大戦が起こる。つまり、2020年以降だということになる。
だから、いまの中東の戦争は、その前兆、予兆にすぎず、ウォーミングアップの練習でしかない。だから、必死でロシアが攻撃練習訓練をしているわけである。もちろん、これまで戦後一度も攻撃したことがなかったフランス軍も実施練習するわけである。今やっているのはあくまで練習にすぎない。私はそう見ている。
また最後の方でこんなこともメモしていた。

というわけで、もはやアングロサクソン・ミッションは、アングロサクソンだけの問題ではない。地球人全体の問題となってしまったのである。すでに「地球人ミッション」とすら化したのである。
こうなると、地球人口の9割を消滅させるというアングロサクソン・ミッションは人々から支持されることがあっても、反対されることはない。だれもが反対できない時代となれば、その想念はいつか成就する時が来る。それは、たぶん2020年の秋頃だ。東京五輪の終わった後。

とまあ、俺にはそんな気がずっと前からしているんですナア。杞憂に終わることを祈るのみだが。しかしながら、着実に中東状勢はその方向へ行く。やはり、支那人と朝鮮人が心を入れ替えて神に感謝する。日本人に感謝する。そういう心構えにならないとまずは地球は地獄の火に焼かれるのだろうナア。
おそらく、アングロサクソン・ミッションを行おうとしている欧米の300人委員会の連中は、それぞれ自分の逃げ場、避難場所を作っている。一番有名なのは、欧州ロスチャイルド家である。彼らはヒマラヤの麓の地下に豪邸を作っているらしい。アメリカの軍部はペンタゴンおよびCIAは表向きの飾りに過ぎず、だいぶ前にデンバー空港の地下に本拠地を移動しているのだ。
Rawhide ローハイド!:いよいよ米人エリートたちが地下基地へ移動中か!?
アメリカには、あのロズウェル事件時代から、ずっと地下都市建設を行い、地下都市にはリニアモーターカーの電車網ができている。合衆国は、地上には電車網は作らなかったが、地下にはだいぶ前にできているのである。ラスベガスからデンバーまで一気に地下鉄で移動できる。
この動きに敏感な米国の平民は自分でなんとかしようと地下シェルタービジネスを発展させている。最近生まれて、最近物心がついたばかりの子どもたちは知る由もないだろう。
ところで、我が国で育った在日コリアンの孫正義も都内に自分の地下基地を作った。それを当時告発したのが、あのイーホームズの社長だった。いまや発展途上国の鉄道ビジネスでトンネル掘ったり、地下鉄を作ったりしてやっている大成建設は、アメリカの掘削会社の技術を転用したものである。戦後、アメリカが地下都市を作るときに開発した軍事技術をいっしょに学ばせてもらい、それを我が国に持ち込んだのである。
おもしろいのは、東海岸の方の地下にはそういう地下都市がないということである。一説では、米東海岸が何らかの理由で水没する運命にあるからだという話だ。ちょうど我が国では、千葉が水没するだろうというあの「天気の子」の話を彷彿させる。しかしながら、これは地球製UFOの建造者の一人の、あのスタン・デヨ博士もずっと前から主張しているシナリオである。いま見直したら、東海岸ではなく、西海岸だった。すまん!
ところで、最近イスラエルやアメリカのDNAビジネスの会社が、
「あなたのDNAを全解読します」
「あなたのご先祖さまのネットワークを解析致します」
「あなたの病気のなりやすさを分析いたします」
などと謳い文句にDNAビジネスを開始した。が、私個人の見方は、これはおそらく
「全面核戦争になった場合に地下都市に住まわせるべき人を探している」
のだろうということになる。アメリカなら、ユダヤ人を見つけようとしている。要するに、「ノアの箱舟計画の一貫だ」ということになる。
おそらく、我が国でも、すでに似たものが始まっているだろう。岐阜のカミオカンデ、スーパーカミオカンデ、かぐやのあたりに巨大な地下実験所を建設したというのは、全面核戦争になった場合に、そこへだれが逃げ延びるかという選別が必要になる。天皇家、財界、天才、美女、。。。こういう日本人がそこに入ることができる。しかし我々庶民は地上で核爆弾の餌食になる。そして、それでも生き残ったやつが、グレイ化する。
さて、最初のアングロサクソン・ミッションの話の戻ると、実際は欧米は表向きは「戒厳令」を敷いてはいないが、実質上は「戒厳令」が敷かれっぱなしになっている。だいぶ前からすぐにフル装備の機動隊や警察官が出動できる形になっている。だから、4はクリアされた。
イギリスとアメリカ合衆国とイスラエルは、一心同体、一蓮托生の関係にあるから、イギリスやアメリカが攻撃すること=イスラエルが攻撃すること、である。だから、1もクリア。
偽旗作戦はだいぶ前から行なわれてきて、いまや中東で無傷なのはイランだけである。だから、3もクリア。
イランが報復すれば、2がクリアされる。
すると、6の「中国が風邪を引く」というやつになる。が、いま香港デモで大変だった香港が風邪を引いている。最近、香港で謎の風邪が大流行になる気配であるというだ。かつてのSARSに似ているが、それではない。別の新種の風邪だ。我が国ではまったく報道しないが、いま香港へ行ってはいけない。なんと徳島阿波おどり空港はその香港と直接便を作ってしまった。ホンマにアホである。昨今の運輸省のバカ官僚が、チャイナマネーとチャイナ女につられてどんどんキチガイ政策をした結果である。国際線と国内線の区別があやふやになってしまったっわけだ。旅客船で上陸するかもしれないし、良いことはなにもない。やはり、昔に戻して、国内線と国際線は、検疫上も明確に区別すべきである。
インターネットでも、外部とつながるインターネットと、内部だけつながるイントラネットの区別がないと、外部からマルウェアやウィルスが侵入しやすい。あるいは、ハッキングされやすい。人の通行の場合もまったく同じである。殺人ウィルスに感染した旅行者やビジネスマンが、国内に簡単に入り込む危険性があるわけだ。田舎の田舎の人ほど長生きだ。というのには、そういう理由があるのである。
さて、そうなると、いよいよ限定的核戦争ということになる。イランか中国かロシアか、どこかに核爆弾が落とされるか、(すでに仕掛けられている核爆弾が)炸裂する。
というわけで、実際には
1.イスラエルがイランを攻撃。
2.イランまたは中国がそれに報復攻撃。
3.さまざまな偽旗作戦が実施される。
4.欧米で戒厳令が敷かれる。←おそらく今ここ
5.中東で限定的核攻撃が行われる。
6.中国で殺人ウィルスが撒かれる。
7.本当の第三次世界大戦が勃発。
ではなかったが、だいたいこんな感じになっている。
1.さまざまな偽旗作戦が実施される。→クリア
2.アメリカがイランを攻撃。→クリア
3.中国(香港)で殺人ウィルスが撒かれる。→クリア
4.イランまたは中国がそれに報復攻撃。→クリア
5.欧米で戒厳令が敷かれる。←おそらく今ここ
6.中東で限定的核攻撃が行われる。→2020年五輪以降の後半
7.本当の第三次世界大戦が勃発。→2021年
いや〜〜、痛い。
地球人類大ピンチ!
ところで、一説では、すでに地球に訪れてずっと地球人を観察してきたエイリアン種族は、我が地球は滅びることが決定しているらしいから、それぞれのエイリアンが、自分の種族に利用価値の高い地球人を適当に保護したり拉致して本国の惑星へ持ち帰って良いことになっているらしい。だから、もし全面核戦争後も生き残りたいと思う輩は、天に向かって、ユンユンユンユン。。。と叫び、UFOを呼んで、
自分を連れて行ってください!
アイムレディー!
とお願いすればよろしいんだとか。そして運が良ければ、地球の核戦争のほとぼりが冷めた後に、再び地球に連れて返ってもらうのである。ユダヤ人のいうところのメシア再臨とは、本当はこういう意味らしいぞ。みなさまのご幸運をお祈りいたします。
弥栄!

井口和基の公式ブログ 3
http://quasimoto3.exblog.jp/239950186/




posted by datasea at 16:45| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: