2019年12月28日

Love Me Do: 沢尻エリカ,ピエール瀧,カラテカ入江は全員4月8日生まれだった


Love Me Do: 沢尻エリカ,ピエール瀧,カラテカ入江は全員4月8日生まれだった
沢尻エリカ、ピエール瀧、カラテカ入江は全員4月8日生まれだった!
TOCANA
沢尻エリカ、ピエール瀧、カラテカ入江「全員4月8日生まれ」だった! 2020年注目の星座、名前、数字Love Me Doが解説!
2019.12.25
【Love Me Doの占いコラム連載! 芸能・スポーツ・地震予知を当てまくる!!】

「山里さん、小泉さん、瀧さん、入江さん、沢尻さん、宮迫さん、徳井さんの共通点は『おひつじ座』ということ。つまり、2019年は良くも悪くも“おひつじ座が時代を作った”と言えるのです」と、語った。
そして、2019年に注目を浴びた芸能人たちの「4月14日生まれ」や「4月8日生まれ」という“数字”にも意味があるそうだ。
「2019年は『八白土星』の年で、数字の“8”や、“8に関係する数字”が強調されることになっていました。なので“8日”は当然のこと、8は4+4からなるため“4月”や“4のつく日”に生まれた人たちが目立ったのです。そのほか、11月22日に結婚を発表したタレント・壇蜜さんや、メイプル超合金・安藤なつさんは、両者とも発表当時“38歳”で、やはり“8”が関係していました。
2020年は『七赤金星』の年で、今度は“7”や“7に関係する数字”が注目を集めます。“7歳、17歳、27歳、37歳、47歳……といった年齢”や、“7月、また7日、17日、27日”など。さらに、7は3+4からなるため“3月”や“4月”も関係し、“3月7日、3月17日、3月27日、4月7日、4月17日、4月27日”は特に注目です。この日が誕生日の人は何かあるかもしれません」(同)
ちなみに、瀧や徳井が出演していた2019年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』は大混乱となり、2020年の大河『麒麟がくる』も沢尻の降板騒動に見舞われたが、そもそも“さんずい”が入っている“大河”だけに、2019年は大荒れしてしまったのだろう。そんな『麒麟がくる』の主演を務める俳優・長谷川博己も“川”が気になるところだが、それ以上に「3月7日生まれ」ということに注目しておきたい。
「あとは誕生日以外でも、年齢、車などあらゆるナンバー、スポーツ選手なら背番号の“7、14、21、28、35、42、……77”といった“7”や“7で割り切れる数字”の人に注目です」(同)
文=Love Me Do

TOCANA
https://tocana.jp/2019/12/post_132965_entry.html



posted by datasea at 19:40| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: