2019年12月18日

坂口成事: 拝ヶ石巨石群/頂上石〜∞の交差点

Screenshot_20191215-111351.jpg



坂口成事: 拝ヶ石巨石群/頂上石〜∞の交差点
坂口成事
2019.12
木星がユダヤの王の星の真意は、行ったり(行基)、来たり(来常)、止まったり(不動)する動きにあります。
それは、∞の交差点、獅子と狛犬の羽の交差点、タカミムスビとカミムスビの交差点が、聞くもの(耳)と話すもの(口)が同じ心の支配者(王)である、あなたの意志です。意志がある事が人の尊厳であり、神の子の証明(王)である、聖という事です。それは同時に、私の中の宇宙と宇宙の中の私の2面×行基、来常、不動の3面の6面、それに顕幽神三界をかける666の面が八咫の鏡面であり、モーセの石板の合わせ鏡です。
また、△▽○のストーンサークルと、△▽□の比日密土に反射する曲玉の、二つの片仮名を合わせるユタ(豊)の、真名合わせ(マナセの壺△▽○△▽□)であります。また、天からの火雷剣、地からの草薙ぎ剣(ムラムラと湧き立つ天叢雲剣、草から飛び立つ雉馬)が、天地人と合わさるアロンの杖であります。その三種の神器が納められますのが、ユダヤのアークであるケルビムの羽の神輿という事です。
写真は、拝ヶ石巨石群の頂上の、NHKのスペシャル番組ではウルトラマン石と紹介された、不思議な磁力があるストーンサークルと、おむすび△石です。

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1027635657600700&id=100010628255647
posted by datasea at 20:27| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: