2019年12月12日

Amitakh Stanford: 時間というシステム〜隠された機器「 atu - waa 」の謎,恐竜誕生の経緯

pp6530_00012000bc7392.jpg



Amitakh Stanford: 時間というシステム〜隠された機器「 atu - waa 」の謎,恐竜誕生の経緯
Soaking the Atu-waa
by
Amitakh Stanford
(republished from the Nara site)
6th January 2006

XeeTwelve
http://www.xeeatwelve.net/articles/soaking_atu-waa.html
http://www.xeeatwelve.com/articles/soaking_the_atu-waa.html
http://www.xeeatwelve.net/








(要約)
時間というシステム〜隠された機器「 atu - waa 」の謎,恐竜誕生の経緯
Amitakh Stanford
2006年1月6日
物理的宇宙とそこに住むほとんどの生物が進化のプロセスにあると信じる者はおおい。この考え方はCharles Darwin(チャールズ・ダーウィン)の時代から今まで続いている。進化論(the theory of evolution)の基本的前提は「小さいものからより大きなものになる」という考え方だ。進化論の信者は,知性の最も低いものがより高度な知性に発展しうるという強い信仰を持たねばならない。
しかし実際はどうなのか?進化論に反して,ものは進化のプロセスにはない。むしろ実際は退化・腐敗の状態にある − それらはすべてカオスのプロセスに移行している地球上にある種は,進化して現在の状態に至ったのではない。エイリアンの科学者が長い間遺伝子組換を行ない続けてきた結果だ。時が変化し,目的が変化するにつれ,地上の多数の種はエイリアンの目的のためにその都度改変を加えられてきた。
地球の科学者にとっての最大の謎の1つは,恐竜の突然の絶滅だ。この謎にはいくつかの仮説がたてられた。しかしもっと重要な問題は,恐竜がどこから来たのか,そしてそれがなぜ地球に配置されたかだ。恐竜のルーツを理解すれば,その絶滅の理由は簡単に理解できる。
闇が仮想現実(バーチャル・リアリティー,the Virtual Reality)を作った最初の目的は動きの発明(the invention of motion)であった。闇は,実体がないものが物質的肉体を持つ錯覚を引き起こさせるために「動き」を使った。「動き」は物理宇宙の最小のものから最大のものまで適用される。「動き(motion)」は最初の原因,最初の錯覚だ。そして「動き」の錯覚は永遠ではない。それは他の錯覚によって維持する必要がある。
真の創造の世界に闇は物理宇宙と星の世界を重ねた。そしてその後,闇は「動き」の錯覚を加え,さらに錯覚が続くように地上の管理者に管理させる事にした。この管理は,闇の初期の部下・選ばれた種族のAnunnaki(アヌンナキ)に委任した。古代地球人が神々として崇拝したAnunnakiは闇のエージェントとして任務を遂行した。
「動き」の錯覚を持続させるための重要な要素は「時間の錯覚」だ。闇は同じくAnunnakiに「時間の錯覚」の維持管理を委任した。
「時間の錯覚」を維持するためには,時間がさまざまな間隔で「再開される」ことが必須であった。
Anunnakiが「時間が再開する」ために使った装置は「 atu - waa 」と呼ばれる機械であった。この機械は単に機械というだけではなかった 。それはそれ自身知性を持っていて,また機械ごとに個性を持っていた。
物理宇宙の全ての仮想現実は,この
たったひとつのatu - waaが作っている。
長い間,Anunnakiは惑星ニビルで「 atu - waa 」の厳重な監視を続けてきた。地上の時間は,惑星ニビルから好都合な間隔で何度も再開された。
そして惑星ニビルに環境危機がおきた時,Anunnakiは「 atu - waa 」の新たな設置場所を捜した。そして元来,種々のエイリアン種族のごみ捨て場として使用されてきた地球が,この「 atu - waa 」の新たな設置場所に選ばれた。以来,この取るに足りない惑星・地球が全宇宙の仮想現実を産む「 atu - waa 」がある,仮想現実における最も重要な場所になった。
この情報を地球人が知らないことはAnunnakiにとって極めて重要だ。だから「atu – waa」 の秘密を地球人と他のエイリアンの種族から隔離するため,Anunnakiはあらゆる手段を使い秘匿してきた。
多くの神話と宗教は,この「 atu - waa 」の存在を隠すために紡がれ継承された。
Anunnakiが地球に「 atu - waa 」を移転させたとき,すでに地球を占拠していた他のエイリアン種族がいた。Anunnakiは地球全体をコントロールするために地球征服の計画を開始した。
地球の先住エイリアン種族を追放する1つの方法は,恐ろしい種を導入することであった。遺伝子操作技術を持つAnunnakiにとってさまざまなモンスターを創造するのは難しい事ではなかった。Anunnakiの科学者は遺伝子操作によって恐竜を作った。彼らは魚・両生動物・は虫類の莫大な種類の恐竜を作った。
その中に肉食恐竜がいた。肉食恐竜は,地球の先住エイリアンを追い出す明確な目標のために遺伝学的に作成された。この肉食恐竜を恐れて多くの先住エイリアンは地球から逃げたか,あるいは恐竜居住域を離れた。他のエイリアンも地球を植民地化する計画を断念した。
そして地球のすべての「地球外」エイリアンの抵抗が取り除かれた途端,Anunnakiの科学者は地上にビームを照射して恐竜を根絶した。恐竜を根絶した後,Anunnakiの エリートは,自由に地球を占拠,多くの奴隷とともに上陸した。
エリートは地球にあるatu - waa を繰り返し使うことによって時間を繰り返し再起動して錯覚を継続させた。時間の再起動がおきて錯覚が生まれるとき,多くのものが影響を受ける。なぜならこれらは星の領域と同様,身体の領域における過去の記憶の喪失を生むからだ。時間が再起動される度にアカシック・レコード(the Akashic records)は更新され,その内容はエリートたちの目的に適したように上書きされた。そのために,時間の再起動が生まれた時代以降のアカシック・レコードには信頼性が高い記録はない。
アカシック・レコードを偶然見つけた多くの人々は,このAnunnakiエリートたちが上書きしたレコードの内容によってだまされた。人々がなぜ時間に絶え間があると思わないかという理由の1つがこれであって,種々の間隔で時間が再起動されなくてはならない理由もここにある。
Anunnakiは異なる半神を崇拝する。だから世界には多数の宗教がある。世界に様々な宗教がある理由は,Anunnakiがあちこちの地域で統治を行なった事からくる。換言すれば,いくつかの宗教は特定の半神の崇拝から生まれたといえる。実際,いくつかの宗教はまったく半神を崇拝せずにエイリアンの神々(Anunnakiエリート)を崇拝する。いくつかの古代宗教は,Anunnakiが資金援助し宗教法人となって堕落した。こういった古代宗教は,本来真の光(True-Light beings)と共鳴する教義を持っていたのである。
Anunnakiが追加した概念に「神は完ぺきである」という信念がある。神が完璧であるという概念は,多くの探求者をわずらわせた。もし神が完ぺきであったなら,悪の問題などあり得ただろうか?悪の問題は多くを悩ませた。もし神が完璧なら,問題の基礎はその概念にある。その概念から様々な問題が生まれた。多くの苦しみ・腐敗・不正・死はそこから生まれた。

tuyht6666t55tt pc








Atu - waa を浸します 
2010/8/2(月) 午前 0:30
書庫不思議系
オバマが「我々の脳は、まだ爬虫類側のものがある」と発言。
http://thehill.com/homenews/administration/111611-obama-calls-african-americans-a-mongrel-people
Soaking the Atu-waa
Atu - waa を浸します
http://www.xeeatwelve.com/articles/soaking_the_atu-waa.html
http://www.xeeatwelve.net/articles/soaking_atu-waa.html
by Amitakh Stanford
2006年1月6日
Atu - waa を浸します(2)
http://www.xeeatwelve.com/articles/soaking_the_atu-waa.html
by Amitakh Stanford 2006年1月6日

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31782938.html


posted by datasea at 10:23| Comment(0) | ◉ シュメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: