2019年12月11日

東京Pod許可局: 9月過ぎたら大晦日〜「今年が一番速い論」, 時間は加速している

東京Pod許可局: 9月過ぎたら大晦日〜「今年が一番速い論」, 時間は加速している
こちらは東京のはずれにある事務所東京ポッド許可局です。ヒマを持て余した局員達は今日もおしゃべりが止まりません。 さあどんな話が飛び出すのでしょうか。 ちょっと覗いてみましょう。
。。。。。
東京Pod許可局のプチ鹿島・サンキュー達夫・マキタスポーツです。いつもお世話になっております 。
■9月過ぎたら大晦日
「今年が一番速い論」。
年末になるとオマエいつも俺に忠告くれるけど。いつもありがとう。忠告くれて。一歩一歩踏みしめて歩いてかないと。心持ってかれちゃうから。何だっけ?あの名言?もう一回言ってよ。
いや,「9月過ぎたら大晦日」ってアレ?
そうそう!それ名言だよ!
「9月過ぎたら大晦日」。
俺はそれ理解ってたからスゴイ注意してた。4月5月忙しいから,実質踏みしめて生きられるのは5月くらい。俺は今年は理解ってたからスゴイ注意してたの。でも言わせて。今年が一番速かった。
気候もおかしかったし。で,俺思ったよ。ひょっとしたら,時間の速さを感じてるのはおじさんの俺だけじゃないんじゃないか?って。で中学生に訊いた。「君たちはどう?時間のスピード速いと思わない?」って。そしたら
「速かったです」
って言うんだ。
1年/13年と1年/50年じゃあ全然違うからね。
中学3年生男子に訊いたら
「滅茶苦茶速かったです」
って。若い連中と言い合いになったんだ。だから。いろいろウダウダ考えてるうちに時間が過ぎ去ったって腑に落ちたんだけどさ。
主観的に時間が速く感じるのはオジサンだからね。1年/50年だからそういうものだけど。小学校の頃の1年なんてクサるほど長かったしさ。でも今の小学生たちって,俺たちの頃よりやる事多いし。だから主観的じゃなくって,客観的に時間のスピードが上がってるんじゃないか?。。だから,時間を誰かに盗まれてるって。本気で思うよ。
環境が変わって時間の感覚が速まるってのはある。小学校から中学校に変わる1年なんて,激動の1年で速いけど。自分的にはイベントの多い10代の時間感覚は速かった。
思うけど,子供には想像力が欠けている。街角こえて車が来るって想像できたら,道路に飛び出す事はない訳で。で情報化社会社会で,俺らの子供時代のみような無駄がない。100m競争みたいな世界。「ウダウダしてる時間の意味」とか「ツマんない映画観るのって良い事だよ」とか,結局駄目なアドバイスになってしまうって思う瞬間もある。
あと俺ら自由業は時間決めてうごく事をしない。それから予定を消化するっていう工程。自分の時間がないから早く感じる?それは子供らも同じだ。だから時間て1日1時間位じゃない?
■時事ネタで考えると早いよね
例えば「今のダルビッシュの投球と金田正一の投球どっちが速いか?」とか(笑)。金田は「170km/hだった」って言ってたし。どっちも速いでいいと思うけどサ。
時事ネタで考えると時間の速度の感覚が理解できる。2005年あたり,M1でブラック・マヨネーズが優勝すた頃。村上ファンドの不祥事が話題になってたけど,M1でそれが話題になってた。それから15年経ってる。そう考えるとムチャクチャ速い。
あと,日産のカルロス・ゴーンが変装して街に出てきたって話題になったけど。あれ今年の正月の出来事だったからね。あの話題ひとつで美味しく頂きましたけど。菅官房長官でてきて「令和」の発表会したのが4月。年明けに元号の予想したよな。「餃子」とか「明訓」とかさ。あと最近は事件おこす有名人が多い。昔だったら衝撃的な事件がおきたら2ヶ月は話題が続いた。でも今時は1週間もたない位。夏の煽り運転の事件。「言葉の煽り運転かよ」ってフレーズ上手いと思ったけど,今じゃもう時代遅れで使えない。オードリー若林が結婚したら,もう壇蜜の結婚が過去の話題になってる。
1日のうちにも過去が出来てしまうから。やる事多いし。スマホやってる時間とか。情報化社会。そういう要素もあるだろうけど,実際に時間が加速してるんじゃないか?1日20時間位になってる?ありうる。7月までは意識あったけど。でも気持ちが季節に持って行かれてる。今なんかもう師走に持って行かれてる。
「あけましておめでとう」って言う時点で4月になってるわけでさ。あと「12月トリック」スゴイ。12月になって「もう12月かー」って言ってるうちにもう20日になってるっていう。9月にはいってハロウィン・ブーム。ハロウィンが終わるとクリスマス。野球で言ったら「5回までに得点しないと生きてない」みたいな。
ー東京Pod許可局, TBSラジオ, 2019.12.10

yj87t456frtt pc




Is Time Going Faster For You, Too?
Sun Jul 31 20:21
Before It's News
http://members.beforeitsnews.com/story/886/073/Is_Time_Going_Faster_For_You,_Too.html
時間が過ぎるの、はやくない??
2011年7月31日
米国には「年をとれば時間が過ぎるスピードがはやくなる( the older you get, the faster time goes by. )」という故事がある。
この故事はもちろん正しいとは思う。
しかしここ数年の時間が過ぎるスピードはそういう心理的なものとは違う、何か尋常ならざるものを感じる。
そしてどんどん加速している。
私にとって日曜日は特別な日でいろいろやる事が多い。
朝起きたらチキンを焼いて、飼い鳥に水と餌をやり、草に水をあげて、子どもたちをおこす、それから庭の草むしり、シャワーを浴びて、ちゃんとした服に着替え。
だけど特にここ3〜4ケ月は日曜日がやってくるのが尋常でなくはやい。
主人も日曜日の決まった仕事というものがあるが、同じ事を言っている。
インターネットをみた。私たちだけではなかった。David Icke氏は「時間が過ぎるスピードがはやくなっている。
何がおきているのだろう??
(Time, in my life anyway, and I know for others too, is just flying this year. What’s happening?)」
と書いている。
ブログ「 Apocalypse 2012 」は
「今おきている時間の加速は主観による錯覚によるものではなく、客観的な物理量の変化である。」
と書いている。
科学の世界では、宇宙は拡大しつづけるのか、時間は加速しつづけるのかという議論がある。
最近では宇宙は今も拡大しつづけ、しかもその拡大のスピードは上がっているという証拠がみつかり大きな話題になった。
ビッグバン理論( Big Bang theory )では拡大のスピードは少しづつ下がるとしている。
科学者たちはこの矛盾に悩んでいる。
物理的に時間が加速するという事があるのだろうか??
これは地球の意識サイクルの加速からくる現象だとしている。
これまで数千年の間は毎秒7.8サイクルだったのが1980年ごろから加速がはじまった。
そして現在そのサイクルは毎秒12サイクル。
サイクルの加速は毎秒13サイクルに達した段階で止まるという事。
そして地球は自転を止め、自転の停止が3日続く。
そして磁極の反転がおき、やがて地球は現在の逆の方向に回転をはじめるという事。
この「地球の意識サイクル」っていうのは正確には「シューマン共鳴 (SR、the Schumann Resonance )」って言うんだって。
シューマン共鳴は地球の磁場スペクトラム群のうち特に超低波長スペクトラム (ELF、the extremely low frequency )帯域でおきる共鳴の事。
科学者 Winfried Otto Schumann 博士が1952年に発見した。
シューマン共鳴は電離層と地表の間にある空間が閉じた共鳴空間の働きをする事でおきる。
地球の次元が限られているのもこのシューマン共鳴の働きによる。電離層と地表の間にある空間がいわば密閉した部屋の働きをして電磁波の共鳴がおきる。
密閉した部屋の中で雷がおちると状態は変わる。
シューマン共鳴の最低周波数は約7.83 Hz。
聖書には何が記録されているのだろう??
キリストのことば。
「時間の加速がおきるが、この加速がおきなければ救われる肉はないであろう。救われる者のためにのみ、この加速はおきるのだ。」。(マシュー記24:22)
この「時間の加速」って今おきている時間の加速の事じゃない??
ほかにも少ないけどいくつか記述はある。今の世の最後の時が近づくにつれ時間の加速はすすむって。
そしてこれは新たな世のはじまりにともなう現象なんだって。(マシュー記 24:8)
Paul 牧師の記録より。
「腐敗でがんじがらめになった世界の中で新しいものが生まれる。新しいもの。
それは神の子たちの輝かしい自由な時代だ。(ローマン記 8:21-22)」。

local pc










2012年/超音波の時間加速
Blue Rayからのメッセージ
Shekina Rose
2012年1月3日火曜日
http://spiritlibrary.com/shekina-rose-blue-ray/2012-supersonic-time-acceleration-ascension-symptoms
時間加速(The quickening)
時間が急速に加速しているように感じる。通常1日24時間のところが現在1日わずか16時間。
ガイア(母なる地球)の電磁気共鳴(シューマン共鳴、the Schumann resonances)の増加。
つまり地球の電磁気共鳴のサイクルが加速しているということ。銀河の中心と同調して震えるガイアの脈、鼓動がますます同調しているということ。
宇宙の1サイクルの期間の終わり。
アセンションの出入口である2012年のグラウンドゼロが接近しているということ。
地球が次元のポータルに接近しているということ。
あなたが通常1日24時間でしていた仕事をやり終えないと感じるならそれがが理由だ。
あなたは前の世界とこれから出来る世界の橋の上にいる。
地球のシューマン共鳴の変調、時間の人工的調整に適応しようとしている。
時間加速(The quickening)は神の意図。アセンションのプロセス。
生命の成長、喜び、完成のためのプロセス。精神の進化、時間旅行、若返り、細胞の若返り、時間遅延、バイロケーション、奇跡的な治癒がおきる。愛と平和の世界を構築するサイクルのはじまり。
多次元統一意識(multidimensional unity consciousness)において、時間は環になる。
あなたは時を越え、他の領域と次元に踏み入る。
以下、線形時間、多次元現実、レゾナンス高周波数を越える徴候:
* 時間を失う
* ものが見つからない、後で目の前にあってちゃんと見えていた事がわかる
* 光速の徴候
* シンクロニシティの増加
* 次元の入口が目の前に現れる
* 天使、妖精、球、地球外生物の目撃の増加
* 岩、木、山、水に精神を見る
* 細胞の振動が高まり疲労感は増す、高次元の出入口を通り抜ける
* 体の細胞の振動が聞こえる
* 高いピッチ音の増加
* 天や天使の領域から自身の血統をダウンロードする
* 夢が強烈になり現実味をおびる
* 今日が何日かわからない、計時が困難
* 日、週、月を「次元の時間空間」と感じる、
* 日、週、月は一年に相当し、感情的成長、精神的成長が一層加速
時間加速により、DNA(原素の神の青写真)、光体は拡大する。振動数増加により、体と
存在に影響を及ぼしているガイアとコスモスのリズムとの調和は高まる。神の計画との
調和は高まる。電磁パルスの変動により、鼓動は影響をうける。小さい痛み、心鼓動上
昇を感じる。心鼓動上昇と目ざめ覚醒により、終末感、悲しみ感、解放からくる悲しみ
感、神学者による抑制からの浄化、治癒がおきる。この解放により、本当の本質の存在、
あなたのコア、内なる深い所にいく。

local pc









ln Deep: 2016年1月1日に地球の周波数は上昇>>進む時間加速
地球の周波数上昇によりシューマン共振の一次周波数が7.83Hzから8.50Hzへと上昇
〜シューマン共振の上昇と意識の統合〜
2017/8/5(土) 午後 1:30
シューマン共振とは何か?
これは ln Deep さんの記事の中に詳しく書かれていますので、そちらをご覧ください。
一言で言うと、”地球が発している音” なんですが、そのシューマン共振の一次周波数が7.83Hzから8.5Hzへと上昇したと記事では書かれています。
竹下氏によると、実はこの一次周波数の上昇は、すでに2016年1月1日午前0時に上昇しているそうです。
で、この周波数の上昇により、私たちにどのような変化が起きるのか、ということもコメントに書かれています。
狭義の肉体の表層の意識と深層の意識の統合が行われるということです。
それで、意識が統合されたらどうなるのか、というと嘘をつけなくなるというのです。
表層の意識で言っていることが、実は深層の意識とは全く違っていた、ということが無くなるのです。
つまり、正直な社会になるということです。
この意識の統合には3年くらいかかるということですので、18年の12月頃には意識の統合が完成するということですね。
本心 (本音) で生きる社会になる、ということです。
シャンティ・フーラの時事ブログより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=132724     
地球の周波数上昇によりシューマン共振の一次周波数が7.83Hzから8.5Hzへと上昇 
〜シューマン共振の上昇と意識の統合〜
竹下雅敏氏からの情報です。
シューマン共振についての面白い記事が、in Deep さんから出ています。
基本的に変化しないと思われていたシューマン共振の一次周波数が、7.83Hzから8.5Hzへと上昇していると言うのです。
2つの周波数は、動画で聴き比べることができます。
7.83Hzは肉体のスワディスターナ・チャクラに対応するのに対し、8.5Hzはサハスラーラ・チャクラに対応することがわかると思います。
地球の周波数が、物理的次元でも上昇したことが上昇したことが確認できるわけです。
この周波数の上昇は事実で、日本時間の2016年1月1日午前0時に、7.83Hzから8.5Hzへと上昇したようです。
どうしてこんなにぴったりとした日時で、しかも日本時間なのかと思われるでしょうが、宇宙的レベルでの霊的中心は、古来からずっと日本なのです。
これからも変わらないと思います。
シューマン共振が上昇したことで、今後どのような変化が起こるかですが、これはチャネリング系で多く語られていることとは違ったものになります。
人間の狭義の肉体は、表層と深層の2層に分かれると説明しましたが、詳しくは表層、中層、深層の3つに分かれます。
このうち、表層と中層が1つとして動くことが多く、大まかには2層に分かれていると考えて差し支えありません。
シューマン共振の上昇は、これらの今は分裂している狭義の肉体の意識を統合させます。
以前のコメントで、この2層の意識が3年ぐらいかけて統合するだろうとしましたが、まさにこれが起こるわけです。
すでに深層の意識では精神が破綻している者が結構いるので、それが統合されると、表面的にも統合失調症として診断されるような人々が増えると思われます。
要するに、狭義の肉体の意識が統合されると、嘘がつけなくなるということなのです。
表面で言っていることと深層の意識 (本音) の区別がなくなってしまうからです。
こうした意識の変化に伴って、社会全体は、正直であることを美徳とし、嘘をつくことを非難するようになっていくと思います。
霊的なレベルでは、意図的に嘘の情報を流して社会を混乱せると裁かれます。
下のコブラ情報がその典型です。
コブラの名を偽って情報を出す人物が次々と処刑されているのですが、彼らはいつまでこのようなことをするつもりでしょう。
RM (レジスタンス・ムーブメント) の連中は、よほど心根が善良な者以外は、将来的にまともな精神状態でいられる者は居ないだろうと思われます。
(竹下雅敏)
ずっと一定の周波数だった母なる地球の音(シューマン共振)がなぜか突然変化し、そして、あまりにもカタストロフが進んでもいたけれど、今日もまた時間が足りなく・・・
転載元) in Deep 17/8/1
       ↓
http://indeep.jp/a-diary-of-sudden-change-of-earth-nature-sound/
・NASA
先日、「地球から発せられている母なる音が変化している」 ことを知りました。
これは、シューマン共振とかシューマン周波数とか言われているものなのですが、「ものすごく正確で一定」 のものだったのですね。
Wikipediaの説明では以下のようになります。
シューマン共振
シューマン共振あるいはシューマン共鳴は、地球の地表と電離層との間で極極長波(ELF)が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいう。
その周波数は7.83Hz(一次)、14.1Hz(二次)、20.3Hz(三次)・・・と多数存在する。
常に共振し続けているので常時観測できる。
シューマン共振のエネルギー源は雷の放電や太陽風による電離層の震動だといわれている。
ここに 「一次」 とある7.83Hzは、ずっと7.83Hzだったんですね。
ひとつの説としてですが、上のYouTubeの解説には、
>ストレス耐性、ヒーリング、成長ホルモン分泌促進などがある
とあります。
ところが、最近、ロシアの観測所が、この周波数が 「8.5Hz」 になっていることを発見したのです。
(以下略)
30 minute Binaural Beat Session - Alpha 8.5Hz
配信元) YouTube 12/9/7

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=132724

in Deep
http://indeep.jp/a-diary-of-sudden-change-of-earth-nature-sound/

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/15231018.html
posted by datasea at 15:28| Comment(0) | ♪  アート,エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: