2019年11月28日

遺跡情報: アポロ20号計画と古代宇宙船MONA LISA(モナリザ), 加筆再編集版,

遺跡情報:アポロ20号計画と宇宙船MONA LISA(モナリザ),加筆再編集版,
By Alton Parrish (Reporter)
Giant Space Ship, Mummy On The Moon, Proof Of Secret Apollo 20 Mission
Wednesday, October 24, 2012 12:56

Before It's News
http://beforeitsnews.com/beyond-science/2012/10/giant-space-ship-mummy-on-the-moon-proof-of-secret-apollo-20-mission-2439742.html

NASA
http://www.lpi.usra.edu/resources/apollo/frame/?AS15-P-9625
http://www.lpi.usra.edu/resources/apollo/frame/?AS15-P-9630
http://www.lpi.usra.edu/resources/apollo/frame/?AS15-P-9625

Revver.com
http://revver.com/video/624297/apollo-20-alien-spaceship-on-the-moon-csm-flyover/

ufosightingsdaily.com
http://www.ufosightingsdaily.com/2011/06/nasa-photo-is-proof-of-apollo-20.html
http://www.ufosightingsdaily.com/2011/06/nasa-photo-is-proof-of-apollo-20.html















(要約)
遺跡情報:アポロ20号計画
ufosightingsdaily.com
2012年10月24日水曜日12:56
一般にはアポロ計画は予算削減のために17号計画で打ち切られたとされているが、実際はそうじゃない。極秘に18号計画-20号計画が行なわれたのだ。
アポロ20号計画の任務は古代宇宙人のテクノロジーの調査、とりわけこの月の宇宙船遺跡の調査だった。
20号計画では月の廃墟や、乗り捨てられた宇宙船の遺跡の外観、内部、乗務員のミイラの映像をフィルムに記録したとされる。
2007年4月、月のデポルテクレーター(Deporte crater)付近の難破宇宙船遺跡の動画がYou Tube動画としてアップされた。このYou Tube動画を公開したのが、アポロ計画で任務にあたった宇宙飛行士で現在ルワンダに住むWilliam Rutledge氏(78)。
月の宇宙船遺跡は14号計画で存在が発見され、20号計画でやっと内部調査の運びとなった。ハイテックな計器類が並ぶ内部の操縦室に横たわる乗務員の女性のミイラは裸で、表面はワックスでなコーティングされたようにピカピカだ。体内に入る何本かのホースがある。
街は月の古代都市の廃墟遺跡。William Rutledge氏によれば、遺跡は約100万年前のもので、月の裏側にある。14号計画から17号計画の目的地がいずれも月の裏側のほぼ数百マイル半径内のエリアに集中していたというのは、これらの遺跡の調査が主眼だったからだろう。
動画をみてウソだと思ったが、私はWilliam Rutledge氏に会う事にした。会う前に、まず、NASAパノラマ写真を見た。
NASAのサイト「the NASA Apollo Image Atlas」には月のデポルテクレーター(Deporte crater)付近の画像がある。これをPCにダウンロードして拡大してみると、クレーターの間に葉巻形宇宙船(the cigar shaped ship)の遺跡の像があらわれた。前方にコックピットらしきウインドウがみえた。動画の船と同じかたちだ。だからといって、Rutledge氏の話が本当だとは思わなかった。写真も話もでっち上げだろう。Photograph 9630をひらく。パノラマでみる遺跡の影は確かに動画のイメージと一致する。明らかに銀色のかわった建物だ。
少なくとも、Rutledge氏の話は本当だ。月の宇宙船遺跡、その乗務員のミイラの映像はアポロ20号計画が実際に行なわれた事の証明だ。過去に拙著「Dragons of Asgard and UFO Sightings」で書いたが、アポロ20号計画は確かに行なわれたということか。
Rutledge氏と会って話をきいた。
Rutledge氏
「1976年8月、米ソ共同の極秘宇宙計画がはじまり、私はその計画に参加した。
その時撮影したフィルムを持っていた私は、2007年4月、インターネット・サイトYou TubeにRetiredafbのアカウントでこのフィルムをコピーした動画をアップした。動画の反響はすごかった。PVは150万をこえた。NSAらしき者にアカウントに侵入され削除されたが、逆にこの行為で動画の信憑性は高まった。そのあとは削除と投稿の繰り返しだった。結局、ValValientThorという新しいアカウントでまた投稿した。Val Valiant Thorっていうのは1957年3月にワシントンに着陸した宇宙人に最初に邂逅した人の名前さ。あと、今は自分のサイトRevver.comも運営中だ。ぜひみてほしい。」。

local pc


































遺跡情報:アポロ20号計画アポロ20号計画と宇宙船MONA LISA(モナリザ)
記事をクリップするクリップ追加
2010/8/5(木) 午前 7:24
chap-1q/宇宙 UFO
宇宙船 MONA LISA
ストーリー
NASA計画で働いていたという男が伝えてきたストーリー。:
ウィリアムラトリッジは現在引退してアフリカで暮らしている。
ラトリッジは最近、70年代後半にNASAで発見したいくつかの驚くべき事実を明らかにした。
ラトリッジは月計画、失敗したアポロ19号計画、アポロ20号計画を含む少なくとも2つの計画で働いていた。
アポロ20号は1976年8月にバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。 これらの2つののミッションは米国とソ連の極秘共同計画だった。
これらのミッションの目的は、アポロ15号計画で撮影された月の裏側にあるデルポルト-イザク地域にある物体の調査だった。
この物体は映画『スターウォーズ』に出てくる戦闘機"Xウィング"に似ている。これは古代に乗り捨てられた超巨大宇宙船だろう。宇宙人が乗っていたのだろう。

Viewzone Magazine
http://www.viewzone2.com/monalisa.html?74f5f540

メモ帳
https://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/51036919.html







月のモナリザ
2010/10/16(土) 午後 10:24
太陽・月 UFO
月の上のエイリアンスペースシップビデオ
私も3年ぐらい前にこのビデオを見ましたが最初は信じられませんでした。
まあ、嘘で作りものだと言われるのがオチなので、従っていつもの通りの独り言です。
およそ2007年から Webで進んでいた物語があります。それはかなり驚くべきことです。
それがもっと多くの注目を受けなかったことに、まあ言わば驚いています。これらはNASAサイトからフィルムスライドを入手したものです。
もし赤と青の3Dグラスを持っていれば、かなりはっきりと宇宙船を見ることができます。
これが宇宙船または潜水艦であることにあまり多くの疑いがありません!
物語は特別なNASAのミッションに関係していたと主張する男からです。
ウィリアム・ラトリッジ(76)は退職していて、今はアフリカに住んでいます。
彼は、1970年代後期のNASAとの掛かり合いについて、いくつかの驚くべき事実を明らかにしました。
ラトリッジは、失敗したアポロ19号とバンデンバーグ空軍基地から1976年8月に開始されたと言うアポロ20号を含めて、少なくとも月への2つのミッションに取り組んだと言います。
ラトリッジによれば、これらのミッションの両方は、合衆国とソビエト政府の間のコラボレーションによる「機密の共同スペースミッション」でした。
米ソ合同ミッション旗
これらのミッションの目的は、アポロ15号のミッションで発見され写真を撮られた、月の遠い側の「Delporte - Izsak 」地域にある大きな物体を調査することでした。
スターウォーズ映画で見られたような、「X-ウイング」ファイターに似ていたオブジェクトは、すでに墜落していたか、さもなければ古代に月の上に捨てられた非常に大きいエイリアンの宇宙船であったと考えられました。
宇宙船のサイズは、全長3,370m 全高500m
ラトリッジは、ソビエトの宇宙飛行士 Lexei レオーノフと一緒に、異星人の船の近くでロシア製の月のモジュールを降ろして実際にその中に入ったと言います。
ある特定の人工遺物が発見され回収されました。
「パイロット」であると主張されている2つの身体を含んでいます。
1体は優れた状態の女性のように見えましが、もう1体は回復出来ないほど悪化していました。
女性は『モナリザ』と呼ばれました。
「私たちは大きい宇宙船の三角形の中にも行きました。探検の大半がそうでした。
それは非常に古い母船であり、誰かが宇宙を横断したようで、少なくとも1億5千年前のものと見積もられました。
「モーター」のセクションの植物、特別な医学の性質を持っている黄色い液体ともちろん太陽の生きもののサインの「涙」を発した特別な三角形の岩の古い遺跡と中には生物学の多くのサインがありました。
私たちは船に沿ったガラスチューブのネットワークの中に住んでいる小さい体の残骸(10センチ)を見つけました。しかし主な発見は2つの体であってそのうちの1体は完全に損なわれていませんでした。
「シティ」は、地球で命名され、ステーション1として予定されていましたが、建築物が損なわれず完全に見えた本当のスペースは(私たちはそれを大聖堂と命名)スクラップでいっぱいのゴミと1つの金の部品のように思われました。
私たちは太陽にさらされるカリグラフィーを身につけている数片の金属のすべての部分の写真を作成しました。
「シティ」は船と同じくらい古いように思えますが、それは非常にごく小さい部分です。
探査車ビデオの望遠レンズは人工物をより大きくします。
ヒューマノイドの女性の身長は1.65メートルあります。
Genitalized の髪をして、6本の指(数学が1ダースに基づいていると考えます)
機能: 試験的に指に固定された装置と目を実験的に試みていて服はなしです。
私たちは鼻に接続してある2本のケーブルを切らなければなりませんでした。
鼻孔はありません。
レオーノフの装置で、固定していない緩めたバイオ液体が、身体の口、鼻、目、およびいくつかの部分から噴火して凍りました。
体の部分は非常に良い状態にありました、髪と皮膚は薄い透明な保護レイヤによって保護されました。
私たちが地球指令部に言ったように、状態は全く生きているように見えました。私たちは医療の背景や経験はありませんでした、しかし、レオーノフと私はテストをしました。
私たちは 彼女を使って我々のバイオ装置を修理しました、そして外科医による遠隔測定工学(ミッション・コントロール薬物療法)は肯定的でした。
それはもう1つの物語です。この経験はLMで撮影されました。
私たちは、破壊された2番目の死体を発見し、ボードの上に頭を持って来ました。皮膚の色は青いグレーの、パステルブルーでした。
碑文を身につけて、皮膚は頭の周りに目と前部、ひもの上にいくつかの奇妙な細部がありました。
「コックピット」はカリグラフィーに満ちていて、そして長い準六角形のチューブで出来ていました。
彼女は地球の上にいます。 そして彼女は死んでいません。しかし、後で何が起きたか言う前に、私は他のビデオで示すことを好みます。」
ウィリアム・ラトリッジより
奇妙なチューブが異星人の女性の顔の上に見いだされました。これらは後に取り去られました、そして彼女の体は点検されて、そして機内で月のモジュールを撮影しました。
落書きのように見えるこのサンプルが同じく見つけられました。
後日疑いを持って調査をした結果のレポートを読んだ方がイイと思いますよ。
http://www.angelismarriti.it/ANGELISMARRITI-ENG/REPORTS_ARTICLES/Apollo20-InterviewWithWilliamRutledge.htm
実物が目の前にいないので肯定出来ないが、完全に否定する場合、あらゆる背景の情報を知り過ぎているのはどうしてか、又、かなり手の込んだ事をする目的は何なのか? 今は無いロックウェルコーポレーションとNASAの関係は?
ブラックプロジェクトって言うのは政府と関係ないですからねぇ。
http://www.ramistrip.com/000%20web%20pages/best%20image.html

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32078255.html
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/folder/943400.html?m=lc&p=9





posted by datasea at 01:41| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: