2019年10月22日

伊集院光: ラグビー世界杯で各地に急増した「にわかラグビーファン」「にわかスポーツバー」の救いのなさ

伊集院光: ラグビー世界杯で各地に急増した「にわかラグビーファン」「にわかスポーツバー」の救いのなさ
なんか「にわかラグビーファン」て,自分が大したラグビーの知識もないのに,ラグビーの知識を持っている人に対してのリスペクトがすごい少ない人。それなのに調子こいてラグビー好きを名乗る人のことを「にわかラグビーファン」って言う。一方「ラグビービギナーさん」ていうのはまだ ファンになって浅い,あんまりラグビーをよく知らない人。ラグビーファンになったばかりですっていう話で,でも「にわかラグビーファン」とは似て非なる者だと僕は思ってるんですよ。
言葉の定義なんて言ってること同じだと思うんですけど,間口を広くと一緒だと思うんですけど,今回のラグビー世界杯で都内に突如出来た「にわかスポーツバー 」・「にわかスポーツバー」。
都内の本来のスポーツ・バーが今回のラグビー戦中継で,どこもかしこも予約でいっぱいになる中で,本来スポーツバーじゃないんだけども,ラグビー中継を店内テレビで流している酒場は割といっぱいあって。
このスタジオで笑ってるスタッフの直君が行った酒場もある種の「スポーツバーもどき」の居酒屋。
店内に一応大画面のテレビはあるけれどもスポーツバーじゃないじゃん。っていう居酒屋で,そこの居酒屋でラグビーって,どういう盛り上がり方なのかなって言ってるらしいんだけども。
ラグビー中継の始まった時点で,居酒屋の店内は一杯なんだって。そのレプリカ・ユニフォームを着た人でさ。で直君が予約を取った段階では,もう既に満席状態。とれた席は部屋の端っこ。大画面テレビの真下。垂直に 見上げたところにテレビがある感じなんだって。なんかテレビの反射のテカリでほとんどプレイが見えない状態にもかかわらず,部屋のど真ん中の特等席にいる家族っていうのが,別にラグビーと関係なしにご飯を予約したら人らしくて。その居酒屋が「にわかラグビーバー」に進化する前のお客さんだから。なんか後から入って来た「にわかラグビーファン」がすっごい騒がしくやってる時に,普通にご飯食べてる感じなんだって。
「にわかスポーツバー現象」でもっとすごかったのは,校正の瓶底メガネが普段から通う競馬中華料理屋。グリーンチャンネルの競馬中継流してる料理屋で,ウインズで馬券買ったヤツがそこで中継を観ながらラーメン食うっていう店。ラーメン食いながら馬券を握りしめて,当たると一皿余計に注文しようかな,みたいな店。
根本的にそういう競馬の店が,ラグビー世界杯で「にわかスポーツバー」化して,元々ある意味スポーツバーなんだけど,世界杯でどんどんレプリカユニフォームが入ってきて。どうやらその元々競馬の店が,ちらちら表の様子を見てると,自分たちが店内に入った時点ではいつもの競馬の店の感じなんだけど「ラグビー中継見れます」って表の看板に書いてあるらしい。
瓶底メガネは「あーなるほど!そういうことなんだ」と思って「自分もこのまま店内にいればラグビー中継みんなで見れるんだ」と思ってちょっと長居してみようかなって思った。
結局競馬のレースは全部終わっちゃって,後は競馬チャンネルだから「天皇賞への展望」とか「明日から台風で順延になったがどうなりました」みたいな分析の番組やってるんだって。その間もどんどんどん表の張り紙看板見てレプリカユニフォームが入ってきてお酒と一緒に盛り上がる。瓶底メガネは面白いなって思ってた。そうこうすうちにキックオフの時間。ラガーシャツの人たちは「早くチャンネル変えてくれ」って言う。そのお店の人にそう言ってんだけど,お店にはグリーンチャンネルを見ながら馬券を握りしめる客もいる。
常連の競馬の客をないがしろにしていいものかと店主は気を使ってグリーンチャンネルを変えない感じなんだよ。レプリカ・ラガーシャツの連中はシビレ切らしているものの,常連のおじさんの顔を立てて我慢してる感じになってる。このままキックオフの時間が近づいてきて,そっちが痺れ切らして。でもだからといって常連さんをないがしろにして良いのか?っていう。
ー月曜JUNK・伊集院光の深夜の馬鹿力!

tftu876y pc




posted by datasea at 03:08| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: