2019年10月10日

[気象メモ] 米アラスカ州で謎の発光現象「スティーブ」

Screenshot_20191005-135404.jpg


[気象メモ] 米アラスカ州で謎の発光現象「スティーブ」
米アラスカ州で、夜空に直線状に伸びる青紫色の光の帯を、札幌市の映像作家、中垣哲也さん(58)が撮影した。観測例が少ない謎の発光現象「スティーブ」とみられる。
中垣さんが同州トクで9月6日午後11時半ごろ(現地時間)、オーロラを撮影していたところ、地平線から天頂にかけて直線状の光の帯が現れた。発光は10分ほど続き、薄らいで消えたという。中垣さんは「鮮明な光がオーロラと同時に現れ、驚いた」と話した。
上出洋介・名古屋大名誉教授によると、スティーブは数年前から北米で報告されるようになった。しばしばオーロラと一緒に出現するが、色や継続時間は異なる。出現のメカニズムは分かっていないという。

Yahoo!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000009-asahi-soci
posted by datasea at 11:07| Comment(0) | ∞ 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: