2019年09月30日

datasea夢記録: 横浜フリマ, 2019.9.27

datasea夢記録: 横浜フリマ, 2019.9.27
中央線くだり
発車前
かぶりつきのA席・B席・C席・立見席
みな赤いシートでほぼ満席
C席中央でBとCを待つ
どこ行っているんだ
とりあえず席を立ち
Panasonic折りたたみケータイひらき
Bを呼ぶ
出たのは交換士
認証プロセス
7号車側面のスロープを降りながら
認証つうか
高さ10mのスロープを降りながらの通話は難儀
Bにつながる
「まだ来ないの」
「いま東急デパート」
「は?」
「来てくれ」
仕方なく東急デパートへ
「じゃなっくて東急線ホーム」
BもCも車中
「中央線と東急線は方向が違うんだ
進めば進むほど目的地から離れていく
横浜駅でおりて八高線に乗り換えて....
なんでそんなロスを選択するんだ?」

無情な発車ベル
無情にも発車
東急線くだり横浜行き
明大前.高井戸........
横浜エリアにはいった
右手に名所ひょうたん池
ひょうたん池の亀噴水つうか
これが有名な横浜グランドホテルか
時代がかった洋館をすすみ
横浜市金沢文庫とうちゃく
金沢文庫フリマに間に合ってよかった
ひさしぶりの出品だから
横一列の出品ブース
客は二分の入り
1点売れれば上々

隣のブースに並ぶ雑誌ムックセット
青い表紙
ひとつ持ってる
4冊セット500円
悩ましい
自分のブースに
蒼い天然石ペンダント
売り物ではない
昔買った私物
ずっとつけていないからつけてみた
パワーが湧く
いいな
もうひとつのペンダントを水のはいった桶へいれる
まずい
こっちは電子機器だ
慌てて桶からだす
横浜チックなオバサマ
「ちょっと誰か詰め物頂けません?」
プチプチの切れ端しかない
他の出品者が紙を丸めわたす
客は二分の入り
1点売れれば上々

f6yt567ytr3e pc








まさか横浜市金沢文庫にほんとうに存在したひょうたん池▽

ryy6yt4556yy pc






Screenshot_20190930-181123.jpg


横浜金沢ひょうたん池
HYOTANIKE POND
谷戸のなか、緑のなかに佇む幽玄の池
EXPLANATION管理人の訪問記はこちら(外部サイト『ヤマレコ』へのリンク)
「日本湖沼めぐり」では、訪れたすべての湖沼を掲載しているわけではありません。足を運んだけど、掲載していない湖沼もあります。
そこに明確な基準があるわけではなく、ただ私の主観とそのときの気分といえばそれまでです。
さて、この「ひょうたん池」。正直ここも掲載すべきかどうか迷いました。
規模としては非常に小さい、しかも人工の池。金沢の山を歩いているときに案内板に誘われやって来たのですが、それでも谷のなかに佇む雰囲気は一軒の価値ありでした。
これは瀬上池にも言えることですが、このあたりの谷は緑の深さを感じます。なぜだろう。
それは「都会横浜のなかに残された自然」という先入観ゆえなのかもしれません。
YAHOO! MAPDATA
所在地 :神奈川県横浜市金沢区
湖の成因:人工溜め池
周囲総長:-
面積  :-
最大水深:-
貯水量 :-
標高  :約90[m]
河川  :-

日本湖沼めぐり
https://www.lakes-japan.net/lake/pondHyotanikeY/pondhyotanikeY.html





posted by datasea at 17:23| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: