2019年09月25日

[天体メモ]米コネチカット州で撮影された2つの太陽

Screenshot_20190925-043928.jpg


[天体メモ]米コネチカット州で撮影された2つの太陽
By Josey Wales 
2019.9.16
 BEFORE IT'S NEWS
http://m.beforeitsnews.com/
コネチカット州の山頂からの写真。
登山者の動画に二ビルらしき天体が映っている。
1983年,NASAは天体Xの存在を公表し,WashingtonPostはその記事を書いた。
記事にはNeugebauer とHouckが赤外線望遠鏡で発見したとある。

tu77yttt5yhy pc





190904_locationonSundaySep8th.jpg

惑星ニビル情報: -サム博士の学説〜ロシア天文学会は2021年初旬二ビル接近と予測
2019年9月10日火曜日18:24
 BEFORE IT'S NEWS
http://m.beforeitsnews.com/spirit/2019/09/nibiru-dr-sam-nibirus-discovery-and-to-its-date-of-arrival-2516162.html
https://t.me/BeforeitsNews
https://beforeitsnews.com/v3/spirit/2019/2515380.html
https://beforeitsnews.com/v3/spirit/2019/2515386.html
イスラエルの天文学者Sam博士が惑星ニビルについてのニュースを伝えている。
原語はアラビア語で,ポルトガル語に翻訳されブラジルのTio ABADOMのYouTubeチャンネルに投稿された。
興味深い話だ。
Sam博士によれば,ニビルは2021年初期に地球を通過する予定だという。
しかし、サム博士がこの講演と以前の講演のいくつかで述べているように、ニビルは天体物理学のすべての既知の法則に反します。 そしてそれはその旅から始まります。
サム博士による講義
09/08/2019
おはよう…慈悲深い神の名において…惑星ニビルが発見されて以来,この天体について,根拠のない伝説,物語,空想科学,小説が溢れているが,その理由は,真相を知る世界のエリート天文学者の秘密と清算のせいであり,真相を知る市民はすくない...我々は一般的学説を脇に置き,二ビル接近の日付を我々の視点で考える。
1986年,ソビエト連邦はアメリカの科学者と会合し天文情報を共有した。
ソビエト連邦は,惑星二ビルが2010年に最接近するとした。一方,アメリカは2017年〜2018年であるとした。
そしてロシア天文学会の最近の結論は,二ビル最接近は2021年初旬であるという事だ。ロシアのアシュレスク天文台(Asuresk Observatory)の推定値はまだタイムライン内にありいくらか誤差はあるが,概算で2021年初旬であるという事だ。
今日,我々人類には高度なソフトウェアと正確な天文計算により構築した素晴らしい技術開発があり,食の時間,彗星の軌道とその接近時期,流星群の日付を知っている。
しかしこの偉大な技術開発にもかかわらず,計測不可能な天体は存在するのか?
…答えはイエスだ…二ビルの動きはこれらの計算の範囲内ではない…エリートはそれを知っている...
単一の天文法/通常の軌道計算のみで計測した場合,ニビルが1979年の発見からいつ到着するかはわかっていたはずだ…しかし残念ながら,二ビルにその方法は通用しない。天体物理学の法則に反し,時に加速し,時に停止するためだ。
一般的な計測方法による予測値はあくまで参考にしかならない。
考えうる方法は,侵入者フィールドの強度の変化を測定することだ。
煙がたてばそこに火が発生していることがわかる..わかりやすく言えばそういう事だ。
7月以前の地球と以降の地球は状態が全く違う。
磁場速度(the velocity of the magnetic fields)は,7月以前は上空400kmの障壁を通過しなかった。しかし7月以降,ニビルは未だ地球から遠い距離にあるもかかわらず,現在は磁場の崩壊障壁が1450〜1500kmのポイントに到達している。
この統計的変化。ここから最接近ポイントに到達するまでにどれくらいかかるのか?
地震の統計,
気候の温暖化,
極氷の融解,
地球の電磁移動,
マグマの異変,
エネルギー貯蔵の増加
など。これらはすべて毎月記録された昇順の記録だ。 そしてこの段階においてさえ,まだ手で日光を遮ることを主張する人々がいる…..
これらの増加の原因は何か。
根拠は何もないのか…??。
私はロシアの天文情報を信頼している。そこから考えると,来年最接近と考えるのが妥当だ…。
あなたへのアドバイスは,事実だけを信じる事。 真相を追求せずに既存の一般的事実を受け入れる。それが賢明で知的な人だというのかも知れないが。しかしエリートが伝える情報を信じるべきではない。
信じるべきは今おきている現象だ。
地球の磁場の崩壊を信じるべきだ。
これから地球を襲う大規模な巨大地震を信じるべきだ... !!
イエローストーンが呼吸する時…!!
地球の亀裂。
目に映る煙のほうを信じるべきだ。
最後に。
8月の月はいて座方向にある。その近くに土星がある。
画像の天文図に従って望遠鏡で観測すれば,射手座エリアに月とリングのある土星を観測できるはずだ。このエリアは最も重要なエリアの1つであり,二ビルはこの方向から接近する。
平和とあなたに神の慈悲と祝福あれ。

tur56yr6trr4r pc

posted by datasea at 14:05| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: