2019年08月12日

Exopolitics: 2012年の地球のタイムラインと火星の極秘移住計画,1962年5月火星に到着

















Exopolitics: 2012年の地球のタイムラインと火星の極秘移住計画
2012 EARTH TIMELINES AND THE SECRET MARS AGENDA by Ki' Lia
My recruitment into a classified project involving Time & Quantum Access technologies, and Gaia’s urgent call for Disclosure
By Ki’ Lia

2012goddesscosmos.com
http://www.2012goddesscosmos.com/Gaias_Call/EarthMarsTimelines.html
12:54 PM | Permalink

Exopolitics
http://exopolitics.blogs.com/





(要約)
2012年の地球のタイムラインと火星の極秘計画
キリア
これは私キリアが数年前経験した個人的な経験です。私キリアは非常に危険な火星任務につきました。
秘密結社のエージェントとの奇妙な出会い、時間と量子にアクセスすることで人類の集団意識を操作する技術との出会いを経験しました。
政府機関は火星を生き残りのための植民地として考えています。
そして広く予言された2012年に地球のタイムラインは2つのタイムライン、災害と超越に分かれます。
私はこの計画にデザイナー、フューチャリストとして採用されました。
私は音楽、デザイン、ダンス、ライティングなどで多くの賞をとっているマルチアーティストです。そして私は多次元ガイドです。
私は地球の政治リーダーが地球外文明とのコンタクト、火星の生命のディスクロージャーをすすめているのかどうか疑っています。
例によって例のごとく治安を優先しているんだと思います。
人類の覚醒のタイムリミットが近づいています。
我々はみな知る権利、豊かに生きる権利があります。まわりの人にこの地球の本当の歴史と運命を教えてあげてください。
高度な知識と力の封印を解くカギを手に私たちはともに前例のない賢明な文明を構築できると信じています。

メモ帳
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50776860.html






第3の選択〜バランタインsテープ火星映像,あなたも私も選ばれなかった!
2012/2/28(火) 午前 0:47
宇宙 練習用
第3の選択〜バランタインsテープ火星映像

第3の選択
http://video.google.com/videoplay?docid=-4270009619784824077#





ケネディーやニクソンとそのチームは本当に「第3の選択」のチームとソビエトの協力や火星での成果を知らされていなかったのだろうか?

新宿宇宙人のブログ 
http://blogs.yahoo.co.jp/hamakiufo/3484556.html






UFO。火星の宇宙基
あなた火星行きに選ばれましたか?
ローラマグダリーン・アイゼンハワー
キ・リア
アイゼンハワー元大統領
もう搭乗が始まっているのではないでしょうか?
私には残念ながらお呼びがかかりませんでした。
アイゼンハワーのひ孫は選ばれたようです。
「第三の選択」は既に行われている!

メモ帳
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50217543.html







火星コロニープロジェクト

Examiner.com
http://www.examiner.com/x-2912-Seattle-Exopolitics-Examiner~y2010m2d10-Whistleblower-Laura-Magdalene-Eisenhower-Ikes-greatgranddaughter-outs-secret-Mars-colony-project






(要約)
ローラマグダリーンアイゼンハワー、アイクの曾孫ドワイトD.アイゼンハワー元大統領(1890〜1969)の曾孫、ローラマグダリーンアイゼンハワーは、火星コロニープロジェクトから内々に採用の打診があったことをメディアに暴露した。
採用の中身というのは2006年4月から2007年1月まで火星コロニーで働くというもの。
ローラはこの申し出を断った。ローラの話はウェブサイト ExopoliticsRadio.org と彼女自身のサイトに掲載されている。
キリアはスタンフォード大学出身のアーチスト。
ローラの同級生。
時間旅行の監視と火星コロニープロジェクトのスパイの仕事の採用者リストにのったことを語っている。
極秘にすすめられている火星コロニープロジェクトの目的は、地球でおこる人為的な災害、天然の災害による人類削減計画からの人類の避難所をつくることである。
ローラとキリアはどちらもスタンフォード調査委員会の前調査員ハロルドE.プソフ博士のことを知っている。
プソフ博士は火星コロニープロジェクトの立役者だ。
2人の証言はアンドリュー.D. バジアーゴ氏の証言と一致する。
バジアーゴ氏は弁護士でアメリカ政府の極秘プロジェクト、タイムマシーンの開発の取材をつづけている。
バジアーゴ氏はテレポーテーションの体験を過去二回している。
一度目は1981年、カリフォルニア州エルセガンド( El Segundo )にあるCIAの施設から火星へ彼一人でテレポーテーションした。
二度目は同じ径路でCIA職員のコートニーM.ハント氏といっしょにテレポーテーションした。
ホワイトハウス:
ドワイトD.アイゼンハワー元大統領
ローラマグダリーンアイゼンハワー、宇宙人、アイゼンハワー家の伝説
ローラマグダリーンアイゼンハワーはアメリカ国内外の20以上の都市を旅行や引越で転々として最先端の医学、
環境学、錬金術、形而上学、古代史などの幅広い学識を身につけた。
さらに科学者、荒野探検のリーダー、自然療法士、建築士の資格をもつ。
さらに神話の宇宙論者、戦略家、サイキック治療者、平和活動家、アーティストだ。
ウェブサイト Exopolitics.com の火星コロニープロジェクトの記事でローラはこう書いている。
― 「私の曾祖父アイク大統領、ヒトラーと戦って連合軍を勝利に導いた軍将軍でもあったアイク大統領。
彼は地球にはびこる権力の不正と戦い歴史の上でも最も勇気あるシナリオをつくった。
大きくなるにしたがい、私は古代から延々とつづく戦いはもう終えたと感じるようになっていった。
第二時世界大戦がおわった。
ヒトラーは死んだしナチスは権力をうしなった。
しかし宇宙人の一味はそうはならなかった。
宇宙人の一味はまた新しい宿主をみつけて寄生して操っている。
その宿主とはロックフェラー、グローバルエリートのことだ。
彼らは恐れによって人類を支配し、神の教えを廃れさせようとしている。

local pc



火星行きのエレベーター
氏によれば、このデバイスが地球と火星をむずぶ交通手段で、デバイスは大きな貨物エレベーターに似ているということです。

projectcamelot
http://projectcamelot.org/index_archive_7.html




posted by datasea at 07:52| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: