2019年08月03日

[旧跡] 大阪・サムハラ神社〜造化三神 「北極星」を「高見」する一族と「かも」の一族

20190801132905.jpg


20190801144937.jpg


20190801150135.jpg



[旧跡] 大阪・サムハラ神社〜造化三神 「北極星」を「高見」する一族と「かも」の一族
サムハラ神社奥の院(岡山県津山市加茂町)
古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE
2019-08-02
サムハラ神社・奥の院 造化三神 「北極星」を「高見」する一族と「かも」の一族★★
岡山県、美作加茂(みまさかかも)出身の実業家、田中富三郎氏が1935年(昭和10年)に、故郷の日詰山で荒廃していた小社を再興して大阪西区立売堀に建てたのが、大阪・サムハラ神社。
経緯、詳細はサムハラ神社のWIKIを参照いただきたい。
日詰山の中腹、創建不明で荒廃していたという、今でも社務所のない小社が、サムハラ神社・奥の院(奥の宮)。
神姫バス(本社姫路市)のツアーに参加して、2016年早春にお参りした。
御祭神は
天御中主大神、
高皇霊産大神、
神皇霊産大神
(大阪・サムハラ神社で撮影)
サムハラ神社の御祭神は、天御中主大神(アメノミナカノヌシ)、高皇霊産大神(タカミムスビノカミ)、神皇霊産大神(カミムスビノカミ)の三柱。
日本神話の「最初の最初」、天地開闢(てんちかいびゃく)で登場し、古事記では、始まりの神々という意味で
「造化三神」
とされ、イザナギ・イザナミよりも古い神様。
日本書紀も含めて物語や説話はなく、そのような謎の神々を祀る神社は全国でもサムハラさんの他にない。
三柱を祀っている理由を考えるため、奥の院にお参りした。
「天の御中」つまり、北極星を観ることができる「高見」できる場所があるかどうか、を確認したかった。それが冒頭の写真。美作加茂(加茂町)を一望できる場所でもあった。
「アメノミナカ」を「タカミ」する一族。
眼下に「カモ」の一族。
舞台装置と役者が揃っている。
⬛サムハラ神社・三柱の正体と祀られた理由
それぞれの一族が信仰する神の名が、
タカミの霊(ムスビ)、
カミ(カモ)の霊(ムスビ)
であったとすれば。あるいは全国に残る「かも」の地を拓いたような、それぞれの在地勢力を結ぶネットワークのようなものがあったとすれば。田中富三郎氏は山頂に立ち、何を思い、何を確信したのだろうか。
熊野山中から北極星を観て、北を目指した「タカミ」の人々の系譜。
そしてその過程で「カモ」の勢力と接した現場が「ここにも」残されているのではないだろうか。

ものづくりとことだまの国
https://www.zero-position.com/entry/2019/08/02/012607






サムハラ神社の御祭神は造化三神、イザナギ・イザナミよりも古い神々。三柱を祀る神社は他にない。一昨年、美作加茂(岡山県)の奥の院にお参りした。日詰山頂は「北極星」を「高見」し、眼下に「加茂」を見渡せる場所だった。

Facebook
https://www.facebook.com/groups/kodaishi/permalink/2029531967191543/







FB古代史研究会: 三柱鳥居の分布
今回は『闘戦経』第三十五章「天は万物を護る」と第三十六章「天地の性(さが)」について解説します。
CGSじっくり学ぼう!闘戦経【第40回】偉大なる天のちから

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=czEmP_FXHKA

Facebook
https://www.facebook.com/groups/kodaishi/permalink/2013682928776447/



posted by datasea at 00:53| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: