2019年07月27日

[市場メモ] 雑誌Wired: IT業界の次の戦場はマップ/地図, すすむAI化, インターネットの次はARミラーワールド

pp6520190725111.png

pp6520190725112.png


pp6520190725113.png












pp6520190725220.png
米国Amazonの自動化倉庫
pp6520190725221.png
米国Amazonの自動化倉庫
pp6520190725224.png
Facebookのデータセンター
pp6520190725223.png
福島原発の監査ロボット
pp6520190725222.png
富士通ファナックの製造ロボット









pp6520190725244.png








次世代インターネット〜「マシン・インターネット」の時代がやって来る
WIRED,2019.7
■インターネットの中心は人から機機へと移っていく
この先、インターネットの中心は人から機機へと移っていく。
そんな「マシン・インターネット」の時代には、機械に搭載されたAIが協調して連携する。
まるで生物の細胞同士が互接続するように―。
ク-ガ-の最高経営責任者(CFO)でプロックチェ-ン技術コミュニテイ「Block Chain EXE」代表の石井敦による、次世代のインターネットに関する考察。
2019年から10年くらいかけて、インターネットの中心は人間から機械へと移っていく。
きっかけを生み出したのはモノのインターネットIoTだ。
いま、世界中であらゆるにやデヴァイスのIoT化が進んでいる。
最も身近なloTテヴァイスはスマートフォンやコンピュータだが、これからは家、家電製品、クルマ、ロボット、ドローンなどとの接続が始まっていく。
人聞が生み土すテ-タと機械のそれとの決的な違いは、データのサイズや送受信の頻度だ。
例えば、街のあらる場所に設置されたカメラのデータをリアルタイムに送信する場合、データ量は音声を含む映像まるごとと膨大であり、通信頻度も非常に高い。
こうしたloTのデータ通信がリアルタイム化していくにつれ、すべて即時処理が求められるようになる。
世の中のすべてのニ-ズは
「いますぐ手に入れたい」
「いますくサーヴィスを受けたい」
という点で、リアルタイムに向かうからだ。
その結果、瞬時にデータを処理する人工知脳(AI)があらゆるデヴァイスに組み込まれることになるたろう。
それらのAIが実行することは、状況の理解や伺らかの判断となリ、自動化が進むにつれてAIなしでは成立しない世界になる。
これを「マシン・インターネット」と呼びたい。
現在、あなたが所持するインターネットに接続するデヴァイスは何台あるだろうか。
例えば、パソコンとスマートフォンだとしても2台になる。
人によってはズマートスビーカーなどももっているだろう。
これからは、そこにさらに新しいデヴァイスや機械が加わっていく。
あらゆるものがインターネットに接続すると考えた場合、全体の数として、人間より機械のほうが多くなるのは現実だ。
次のポイントは、その無数の機械に対する管理やコントロールをどうするかである。
現在、何らかのデヴァイスでインターネットに接続する際には、人間が操作することが前提になっている。
それが今後は操作やコントロール自体を機械に委ねるようになっていくだろう。。
この管理を機械にゆだねて人が介在しないことこそが、人的ミスや不具合の原因を根本的になくす画期的な要素であリ、その兆にすでにあらわれている。
それがプロックチェーンだ。
プロックチェーンはデジタルデータの価値の移転を実現する技術であるが、最大の特徴は中央の管理が存在しないシステムであるということ。
接続先のコンピュータが自動的に決められ、合意形成やそれに伴う計算も自動的に実行され、複数間の/ードでデータが自動的に同期され、そして最も必要不可欠な要素は、機械聞の信頼性が確保された通信であるということだ、
不特定多数の機械やデヴァイスが自動連携するには、信頼の自動形成が必要不可欠となる。
また、ここで形成される信頼性は、数学要素をもつ普遍的なものでなければならない。

信頼の自動形成という点で、現時点で墨も近い技術はプロックチェーンであるとをえるだろう。
■インタ-ネットが自己修復する
さらに、通信するテ-タの形式が機械にとって処理しやすいものに最適化されていく。
クルマが周囲のデヴァイスや信号機と通信することを考えてみてほしい。
それぞれのクルマに搭載された機械同士が処理しやすいかたちでの高速アクセスが求められるわけで、人間が直接理第できる必要性はない。
これはクルマにかぎらす、ドローンでもロポットでも同様だ。
機機同士の接続を前提とした通信の効率化とスビードアップは、世の中に大きなインパクトをもたらすはずだ。
時析、「いまのインターネットは頃れている」と言われることがある。
その理由は、現在のインターネットが情報の拡散や共有を優先した結果、信頼性や安全性を担保する側面が希薄であるためだ。
マシンインターネットは、この問題を根本から直すことも可能かもしれない。
すべての機減にAIが搭載されたインターネット環境では、それ
ぞれが接続すべき機械やデヴァイスを自動で識別できるようになる。
つまり、問題があったり古かったり、危険なプログラムが動いていたりする機械の検出を自動で行ない、
最適な環境を自動で選んで接続していくようになるはすだ。
われわれ人とマシン・インターネットとの関係はどうなるだろうか。
おそらく現在のような人間が直接理解できるデータへのアクセスは縮小し、マシン・インターネットへのアクセスがメインとなっていくだろう。
そこには高速で自動接続する担保として、人とやりとりする独自のインタ-フェイスが設けられるはすだ。
それは人のような形状のAIアシスタントや現在のスマートグラスが進化した形状のインターフェイスだと考えられる。
それらのインターフェイスは、まるで人間のような自然なふるまいをしつつ、マシン・インターネットの状況を瞬時に翻訳して人間に提供していく。。
人がマシン・インターネットの内部をにすることはな(なり、あらゆる情物が次世代インターネットのインターフェイスによって整理・取捨選択きれていくだろう.

雑誌WIRED,

gfdgdfgfdgdf pc







インターネットの次のプラットフォームは拡張現実(AR)ミラーワールド
ARミラーワールドの建国は、まだ始まったばかり
「FacebookとWeChatが取って代わられるのは次の技術で、それは拡張現実(AR)になるんじゃないかとぼくは思っている」
ニューエコノミー特集で語られたケヴィン・ケリーの言葉に最初はピンと来なかった。
なぜなら、ARと聞いて思い浮かべるのはポケモンGOやSnapのフィルターであり、ゲームやエンターティンメントといった活用方法しか知らなかったからだ。
しかし今回、ロサンジェルスとサンフランシスコのスタートアップを取材してわかったことは、拡張現実はまさに次のプラットフォームと見据え、
AR、VR、MR、ゲーム、地図、AI、モビリティ、自律走行
など、あらゆるジャンルからミラーワールドの建国がまさに始まっていることだった。
ケヴィン・ケリーが述べたようにミラーワールドもデータ換金ビジネスになる可能性がある。
しかし「同じ過ちを繰り返してはいけない」、
そんな心構えからか、スタートアップたちがプライヴァシーの重要性を述べていたのは心強い。
例えばFantasmoを率いるライアン・ミーゼルは
「グーグルが競合」
と言い放ち、ユーザーが自らデータを管理できる点がサーヴィスの優位性だと語った。
Fantasmoのオフィス、いや小さなガレージ付きの一軒家を訪ねたときにWi-Fiのパスワードを聞くと
「maptheplanet」
だと教えてくれた。
「それがヴィジョンを伝えるのに最も簡単な方法だから」
という彼の言葉からは、ミラーワールドが向かう先が少し掴めたような気がした。
雑誌WIRED,

gfdgdfgfdgdf pc





posted by datasea at 03:47| Comment(0) | // 科学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: