2019年05月05日

5G通信時代でTVが復権する

5G通信時代でTVが復権する
2018-08-03
5Gの登場で様変わりするだろうモバイルの姿を想像する
IT・情報技術
f:id:orangeitems:20180802233945j:plain
■5Gの登場で様変わりするだろう世界
今当たり前と思っていることも、数年たつと様変わりしていると言う経験を過去数度味わってきました。
ガラケーを全国民が使っていたところからのスマホへの変化。
パソコンを知らないデジタル世代の登場。新聞を読まない世代の増加。
4GLTEの登場によるモバイル通信の高速化。
これらの流れは2018年の今、少し落ち着きを見せつつあります。
もう「様変わり」は起きないのか。答えは5Gにあります。
ここでは5Gの技術的解説はあえて省き、どんなことが近未来に起こるかを想像していきたいと思います。
近未来の想像(説)
今ある5Gのスペックから仮説を導きたいと思います。
パケット制限が実質無制限になる
もちろん完全に無制限になるとは思えません。
激しい使い方をすると制限がつく可能性あります。しかし、一定の普通の使い方であればほぼ定額になると思われます。それぐらい5Gの世界の帯域は4Gに比べて広いです。
■コンテンツが動画中心になる
Wifiにつないでいるときは、
YouTubeやTik Tok、NetflixやAmazon Prime Video、Show Room、ニコニコ動画
など動画コンテンツを見ることはもう普通になっていると思います。
これが、モバイルでも実現できるようになります。
パケット制限を気にしないのなら皆ストリーミングを使い始めます。
そうすると、今のテキスト・画像中心のモバイルメディアはムービー化が進みます。
いわばメディアが新聞からラジオ、ラジオからテレビ。
テレビもブラウン管からハイビジョン、4Kと情報量を拡大させてきたように、インターネットメディアにも同様のことが起こるとにらんでいます。
なお、4GLTEは地下鉄では使えるといっても電車走行中やラッシュ時の駅では使えなくなることがザラです。
ムービーコンテンツにおいてはこれは致命的ですが、5Gになるとこれも解決されると思います。
テレビが復権する
テレビとインターネットは背反的に取り扱われることが多いのですが、5Gの世界においてはテレビをradikoのようにインターネットで流すことになると思います。
そうするとモバイルでテレビをリアルタイム視聴するようになります。
かつ、「録画」という概念は無く、サーバー側でon demandで呼び出してストリーミングさせる仕組みになるでしょう。
インターネットに使う時間に上書きして、テレビの時間が増えることとなります。
テレビの発信力は強まり、テレビ番組の影響力が伸びることとなります。
もともと、動画コンテンツ作成のプロ集団がテレビ局なのですから、5Gの時代は動画の時代とすると、既存のテレビ局のエコシステムは大チャンスであると思います。
■スマートフォンの電池が長持ちする新技術が登場する
外出先で、モバイル経由で動画を見まくっていたら、バッテリーがすぐ無くなります。
したがって今の技術で5Gが登場し優良なコンテンツが現れたとしても、端末側の負担が現状では大きすぎると思います。
これを解決するような新技術が、5Gとセットで出てくるのではないかと思います。
動画を見続けても10時間持つ、などの機能を持った新しいスマホが5Gのイニシアチブを握るのではないかと思います。
クラウドゲーミング・リモートデスクトップのように、モバイル端末は単なるビューアになる
これまでの推測を積み重ねると、5Gになってコンテンツが今よりリッチになったとき、端末がすべて処理しようとすると電池がもちませんし、CPUもより高性能が求められるようになります。
一方で、5Gのつながり方がより優秀なのであれば、すべての処理はクラウド側で実施しその結果の画面をスマホで受けるやり方の優位性が高まります。
5Gの帯域があれば、画面の結果だけ受け取るのもたやすいです。
また、セキュリティーも強固です。端末にデータは残りません。
この方式であれば、端末側のコストが激減しますし、バッテリー持ちも相当によくなります。
クラウド式のビューアスマホが5Gに合わせて登場する日も遠くないのではないかと推察します。
■ニュースキュレーションサイト・アプリは衰退する
最近のコンテンツの中でも主力である、ニュースキュレーションサイト・アプリが衰退します。
テレビのニュースを好む層が移動するからです。
キュレーションの大きな弱点はフェイクニュースが生まれやすいことです。
テキスト中心ではウソが見分けにくく、スマホでテレビがいつでも見られるのであれば、情報収集がムービー中心になるでしょう。
5Gに合わせて大きく形を変えず今のままの延長上であるのならば、衰退していくと推測します。

orangeitems’s diary
https://www.orangeitems.com/entry/2018/08/03/080000






まとめ
嵐の前の静けさともいえる現状において、今できることは、情報収集をしつつ上記のような仮説を構築し準備することにあると思います。
また、この変化についていけない企業が大小関わらず衰退して行くのも世の常です。
今から準備すれば、大きなビジネスチャンスが生まれるのは間違いありません。
将来の答え合わせが楽しみです。

orangeitems’s diary
https://www.orangeitems.com/entry/2018/08/03/080000












pp6520190502109.jpg

「私が11年前に言ったことを理解してない」ホリエモンが語る5G時代のテレビとスマホ動画 LINE LIVEにも注目
カテゴリー:ビジネス, マスコミ批評, 堀江貴文
LINEによる生放送動画配信サービス「LINE LIVE」がスタートし、開始5日間で1000万人の視聴者を集めるなど好調だというニュースにたいして、ホリエモンがNewsPicksおよびTwitterで以下のようにコメント。
“テレビとスマホ動画の関係でいくと未来予測でも注目点は若年層のテレビ番組視聴形態だろう。
大画面のながら視聴よりスマホ画面での海賊版動画も含めたYouTubeでの録画視聴がかなりのシェアを占めるはず。
その意味ではLINE Liveだろうがニコ動だろうがYouTuberのチャネルだろうが同様だ。
なのでひな壇芸人バラエティは今後スマホの小さな画面には不向きなので衰退する。
モバイルBBの帯域は5Gになるとマルチキャストであるテレビに遜色なくなるはず。
広告一本足打法の収益基盤も含めて本業は危うい。
なので不動産事業など収益基盤の多様化を進めているが自分達の強みに未だに気付いていないのはやはりトップの差配が悪いのだろう。
まだ私が11年前に言ったことを理解してないとしか思えない。”
若年層のテレビ視聴携帯に注目し、海賊版含む録画視聴の広がりを指摘。
モバイルが5Gに移行すればスマホでもより快適に動画が見れるようになる。
これはテレビ局にとっては危機であり、対応策も的を得ていないと批判した。
ホリエモンが11年前から言い続けていること
「私が11年前に言ったことを理解してない」
とあるが、その内容とはなにか。改めて振り返ってみる。
11年前は、ホリエモンがライブドア社長として、ニッポン放送株取得によるフジテレビ買収で世間を賑わせていた時期である。
フジテレビ買収で実現したかったことは ホリエモンが
「赤字転落フジテレビの経営戦略と株主」
を痛烈批判 に詳しくまとめてあるが、今回のコメントで強調されているCM以外の収益構造の確立、テレビ局のリーチ力を生かしたネットとのシナジーを生む仕組みづくりの部分を見ていきたい。
・ニュース番組のアナウンサーが、「詳しくはライブドアを見てください」と言えば、番組の後はライブドアで、放送されなかったより詳しい情報などを記事なり動画なりで見る。
・テレビ通販をすべてライブドアのネットにつないだり、モデルが着ている服を気になった視聴者が、すぐに商品を買えるように画面上に導線を張る。
・生放送バラエティ番組のCM中の様子をそのままネットで流したり、テレビドラマの番外編をネットで流す。
こうした付加価値を無料で提供し、その後有料会員に移行してもらうフリーミアムモデルを展開するだけでも、CM一本足打法から抜け出すことができると11年前から主張し続けてきた。
(参考:著書『我が闘争』/幻冬社、 堀江貴文インタビュー vol.2「フジテレビ買収失敗の原因は、実は社内の謀反だったんです」/田原総一朗のニッポン大改革・現代ビジネス」、 
堀江貴文のQ&A vol.544〜テレビのネット活用法!?〜/YouTubeホリエモンチャンネル)

HORIEMON.COM
http://weblog.horiemon.com/100blog/35801/




posted by datasea at 20:44| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: