2019年05月08日

四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる 

四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる 
投稿者 うまき
日時 2019年4月8日20:14:28
環境・自然・天文板6
ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる
2019年4月8日(月)17時30分
松岡由希子
ペルーで初めて見つかった4本足のクジラの祖先
(Alberto Gennari/Cell Press)
<ベルギーの生物学者がペルーの太平洋岸で、保存状態が良好な四本足のクジラの骨格を発掘し、その分析結果を発表した>
クジラは、5000万年以上前にインドやパキスタンといった南アジアでオオカミより小さな偶蹄目から進化して生まれている。
そして、その一部が水にも適応して、水中と陸上との両方で活動するようになり、生息地は次第にアフリカ北部へと広がり、4120万年前までには大西洋を横断して北米に上陸したとみられている。
そしてこのほど、太平洋岸の南米ペルーで初めて、4260万年前のクジラが四本足であったことを示す化石が発見された。
ビーバーやカワウソのような水陸両用哺乳動物と同様の尾椎
ベルギー王立自然史博物館の古生物学者オリバー・ランベルト博士を中心とする国際研究チームは、2011年にペルーの太平洋岸ピスコ盆地のプラヤメディアルナで保存状態が良好な四本足のクジラの骨格を発掘し、2019年4月4日、その分析結果を学術雑誌「カレントバイオロジー」で発表した。
「ペレゴゼタス・パシフィカス(太平洋にたどり着いたクジラ)」
と呼ばれるこの化石は南北米大陸で最古となる4260万年前のもので、インドとパキスタン以外の地域で発掘された化石の中では、最も完全に近いものだという。
長さ3.4メートルから4メートルの「ペレゴゼタス・パシフィカス」は、ビーバーやカワウソのような水陸両用哺乳動物と同様の尾椎を持っており、体の後部を波打つように動かして水中での推力を得ていたとみられている。
Olivier Lambert
また、骨盤が仙骨にしっかりと固定されていることから、自重を十分に支え、地上を這うことができたようだ。前肢と後肢のバランスはインドやパキスタンで発掘された
「ペレゴゼタス・パシフィカス」
の祖先と非常によく似ており、つま先や指には小さな蹄の跡も確認されている。
インドハイアス(Indohyus)約4,800万年前に南アジアで棲息していた半水棲の原始的哺乳類 (Ghedoghedo/Wikimedia Commons/CC BY-SA)
どんな道のりで南米大陸にたどり着いたのか....
南アジアを起源とするクジラが、どのように進化しながら、いつ、どんな道のりをたどって、アフリカ北部から大西洋を渡り、南北米大陸にたどり着いたのかについては、いまだ明らかになっていないことも多い。
「ペレゴゼタス・パシフィカス」は、クジラが南大西洋を渡って南北米大陸に分散したことを示す証のひとつとして評価されており、今後、この謎を解明する手がかりとなると期待が寄せられている。

LiveScience
https://www.youtube.com/watch?v=kae8eenOZ4k
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=Ctq7841ZmlI

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/710.html




















posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◉ 歴史の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: