2019年04月15日

米アラバマ州の洞窟でチェロキーの岩文字発見


By N. Morgan
Cherokee Writings in Alabama Cave Whisper of Sacred Sport, Nose Bleeds, and the Old Ones
Friday, April 12, 2019 12:21
by N.Morgan

Before its News
https://beforeitsnews.com/v3/science-and-technology/2019/2952521.html

ancient-origins.net
https://www.ancient-origins.net/news-history-archaeology/cherokee-inscriptions-0011731







(要約)
米アラバマ州の洞窟でチェロキーの岩文字発見
N. Morgan
2019年4月12日金曜日12:21
考古学者チームが米アラバマ州マニトウ洞窟(Manitou Cave , Alabama)でチェロキーの碑文を発見した。
これは近年では初。
チェロキーの碑文が発見されたアラバマのマニトウ洞窟(Manitou Cave of Alabama)は観光名所。
しかし観光名所であるだけに,そこにある遺物や堆積物などの典型的な考古学的研究はなされていなかった。
これらの碑文によって,1830年代当時のチェロキー族の祭事などの実態が解明された。・
1830年代。欧州から渡ってきた白人により,チェロキー族は先祖代々の土地を追われ,「涙の道(the Trail of Tears)」を通り,西方の地に追いやられた。
この時期のチェロキー族の記録は少なく,これは貴重なものとなる。
テネシーシステム大学名誉教授/人類学UT部門教授Jan Simek
「洞窟から見つかったチェロキーの碑文としては初のものだ。その解析も初の試みだ」。
「碑文を見ると,彼らが洞窟の中で何をしていたかがわかる。ネイティブアメリカンの部族がなぜ洞窟を聖地と見なしたかを知る手掛かりになる」。
チェロキーの碑文
「1828年4月の30日目,スティックボールチームのリーダー
“leaders of the stickball team on the 30th day in their month April 1828.”」
「スティックボール」はラクロスに似たチェロキースポーツ。
Simek
「スティックボールはチェロキーには単なるゲームではない。
夫々,先祖のスピリットと力を象徴する2つのチームにわかれて戦う。何日にもかけて行う儀式の要素を持つ式典だ」。
テネシー州(Tennessee)で発見された6000年前の岩絵からは,ネイティブアメリカンがタバコを3千年前に喫煙していたという証拠が発見されている。

fdfddfsfd pc





pp6520190410330.jpg


Cherokee-Inscriptions.jpg


Cherokee-syllabary-inscription.jpg








2006/8/23(水) 午前 8:36
ホピ 宇宙からの予言
ルドルフ・カイザー・著  
林 陽・解説 
徳間書店  
1995年刊    
はるか昔    
サンティアム川が分かれるあたりに    
ハンノキの森があった
そこで眠っていたカラプヤが 
それは不思議な夢を見た
夜半に目覚めて
彼は人々に言った
「おれの夢の中では
足下の大地が
真っ黒だった    
真っ黒だったぞ」    
だれにもわからなかった    
その夢にどんな意味があるのか    
われらが緑の大地がなぜ黒くなるのか――    
だからみんな忘れてしまった
けれどもやがて白人がやってきた
鉄のように厳しい白人の農夫たちが
そしてわれらは見た 
大地が鋤で掘り返されるのを
草原が
サンティアム川の岸辺のささやかなプレーリーが
こうしてわれらは悟った
われらはかれらの夢に組み込まれる運命なのだ
かれらの見た大地の夢  
情け容赦ない鋤の刃によって 
永遠に黒く変わった大地の夢に               
――カラプヤ族の予言

霧降散歩
http://blogs.yahoo.co.jp/osanponikkoonsenmeguri/17814535.html






posted by datasea at 01:35| Comment(0) | ◉ ホピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: