2019年04月14日

ひろゆき:“オワコン日本”で幸せに生きる

ひろゆき:“オワコン日本”で幸せに生きる
これからの時代を生きる未来予測&幸福論! 元2ちゃんねるの管理人、ひろゆき(西村博之)の最新刊発売
DreamNews / 2019年2月22日 12時0分
■右肩下がりになる日本で、どう生き残っていけばいいのか? 
株式会社洋泉社(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:江澤骼u)は書籍『このままだと、日本に未来はないよね。』(ひろゆき【西村博之】著)を2019年2月22日に発売いたします。 
「2ちゃんねる」の開設者・元管理人にして、『働き方 完全無双』『無敵の思考』(ともに大和書房)などのベストセラーでも知られる著者の最新刊。 
行き詰まった日本の未来を予測することで、幸せに生き抜いていくためのメソッドを説く一冊で、著者初の「未来予測&幸福論」となっております。 
■希望は捨てたほうがいい? 
2019年10月に予定されている消費税の増税。 
そして、2020年、東京オリンピックの「祭りのあと」。 
世間では、このふたつのタイミングで、日本の景気が後退するのではないかと言われています。 
いちばん怖いのは、本当に経済が悪化することではなく、その思い込みによって株価が下がり、投資家たちが一気に売りに走る──というババ抜き的状況だといいます。 
閉塞感がただよう日本をながめ、著者はこう書いています。 
「“オワコン日本”で幸せに生きるためには、まずは“希望”を捨てましょう」(本書「はじめに」より) 
希望を捨てるとはどういう意味か? そもそも、希望を捨てたら、何が残るのか? 
そのヒントが本書には詰まっています。 
【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000189863&id=bodyimage1
【目次】 
◆はじめに 
・“オワコン日本”で幸せに生きるために 
・消費税増税で“負の連鎖”が始まる!? 
・投資家たちが怯えるババ抜き%I状況 
・10年以内に、日本の若者が暴動を起こす!? 
・“年金を食いつぶす”が一番おいしい 
・予測の精度は高いほうが損しない 
◆第1章 ひろゆき流 未来予測のメソッド 
・予測が難しい時代になったワケ 
1 未来予測をハズさない先読みのコツ 
(1) 経済合理性にかなったモノは普及する 
(2) ヒット予測はまず“普及しない理由”を考える 
2 僕が的中させた三つの予測 
(1) 「iPhoneは売れない」という僕の予測はハズレていません 
(2) ニンテンドースイッチは、いまだにヒットしてない!? 
(3) 仮想通貨流出事件の予測は、じつはカンタン 
3 予測の精度を上げるための 情報収集のスキル 
(1) 思考パターンが違う人こそ、フォローするとおもしろい 
(2) 自分の記憶のタイプを知ると、アウトプットに差がつく 
◆第2章 どうなる!?“オワコン日本”の10年後 
1 「お金」も「人材」も集まらない 日本経済の未来 
・“ワンチャン”頼みの日本経済 
・日本企業に優秀な人材は集まらなくなる 
・ニコニコ動画がユーチューブに勝てない理由 
・“ぬるい”日本からジョブズは生まれない 
・「日本で成功」と「海外で成功」 必要な能力は別モノ 
・働き方改革の最適解は「人間を雇わない」 
2 キャッシュレス時代の お金の未来 
・キャッシュレス化は先進国で日本が一番遅い!? 
・仮想通貨に投資しても損をするワケ 
・ブロックチェーンは過大評価されすぎ 
3 機械が人間を超える テクノロジーの未来 
・AIより頭の悪い人は貧乏になる 
・『ターミネーター』のようなAIの暴走は起きる 
・「シンギュラリティ」はすでに起きている!? 
・ポストスマホ≠フ最有力は網膜投影型!? 
・将来的には脳波デバイスに行き着く!? 
◆第4章 ひろゆき流 問題解決のメソッド 
・少子化問題 
→「子どもを産んだら1000万円支給」 
・キモくて金のないおっさん問題 
→“無敵の人”にはウサギを配れ 
・高等教育無償化問題 
→優秀でない子にこそ教育は必要 
・大学劣化問題 
→就職予備校型と研究型に分ける 
・移民問題 
→移民受け入れよりも機械化の技術に力を入れたほうが得 
・貧困問題 
→ベーシックインカムで国民全員に月7万円配る 
・待機児童問題 
→保育園への補助金を廃止して、育児世帯に支給 
◆第5章 これからの時代をサバイブする方法 
・「1億人を幸せに」はムリだけど、個人にはいい時代 
・「みんなが大事だと思わない能力」を手に入れよう 
・プログラミングの学習法は「ググってコピペ」 
・プログラミングの知識は将来の収入を左右する 
・「驚き」と「儲け」の法則 
・他人とズレていたほうが幸せになれる 
・儲けたければ「役に立たない仕事」を選べ 
・予測するよりも「未来を自分でつくる」が最強 
・「人と比べない幸せ」が人生をラクにする 
【書籍概要】 
書籍名=『このままだと、日本に未来はないよね。』 
価格=定価:本体1,300円+税 
発売日=2019年2月22日 
判型・ページ数=四六判・224ページ 
著者名=ひろゆき(西村博之) 
発行所=株式会社洋泉社 
【著者プロフィール】 
ひろゆき〔西村博之〕 にしむら・ひろゆき 
1976年、神奈川県生まれ。
1999年にインターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。
東京プラス株式会社の代表取締役、有限会社未来検索ブラジルの取締役など多くの企業に携わり、企画立案やサービス運営、プログラマーとしても活躍する。
2005年に株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任。
2006年、「ニコニコ動画」を開始。
2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。
2015年に英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。
おもな著書に『論破力』(朝日新書)、『働き方 完全無双』『無敵の思考』(ともに大和書房)、『ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね』(堀江貴文との共著、集英社)がある。 

洋泉社
http://www.yosensha.co.jp/book/b437199.html 

Amazon
https://amzn.to/2SRoAYg 

Infoseek
https://news.infoseek.co.jp/




ドワンゴ「ニコ動」凋落、会員流出で巨額赤字に…経営統合相手カドカワのお荷物に
Business Journal 
2019年3月12日 6時0分
老舗出版社KADOKAWAと新興IT企業ドワンゴの経営統合によって誕生した持ち株会社、カドカワ。異色のタッグは5年で終焉を迎えた。
ドワンゴ創業者の川上量生(のぶお)氏が持ち株会社カドカワの社長を引責辞任し、取締役に降格となった。
事実上の解任だ。
川上氏が創業したドワンゴの動画投稿サイト
「ニコニコ動画(ニコ動)」
の不振で、親会社のカドカワの2019年3月期の純損失が43億円の赤字に転落する見通しになったことから、責任をとったかたちだ。
後任の社長には、角川書店出身の松原眞樹専務が昇格。
川上氏はドワンゴの取締役も辞任して顧問に退く。
ドワンゴの荒木隆司社長も退任し、後任に夏野剛取締役が就く。
夏野氏はNTTドコモに在籍中、松永真理氏らと世界初の携帯電話IP接続サービス「iモード」を立ち上げたメンバーの1人だ。
ドワンゴは4月から事業会社であるKADOKAWAの子会社になる。
経営統合当時は、出版不況に悩むKADOKAWAが、ネットで伸びるドワンゴに救済を求めたとの見方があったほどだ。
当時、隆盛を誇ったドワンゴのネット事業が、いまや凋落の一途を辿っている。
●ドワンゴの川上氏が、カドカワの筆頭株主と社長になる
2014年10月1日、KADOKAWAとドワンゴが経営統合して、持ち株会社KADOKAWA・DWANGO(現カドカワ)が誕生した。
東証1部に上場する両社の株式と、新設する持ち株会社の株式とを交換する方式が取られた。KADOKAWA1株に対して新会社の1.168株、ドワンゴの1株に新会社の1株を割り当てた。
統合を発表する直前の両社の時価総額は、KADOKAWAが922億円に対しドワンゴが1047億円と、ドワンゴが上回っていた。
カドカワの筆頭株主は川上量生氏(持ち株比率8.68%、18年3月末時点)。
統合時の社長はKADOKAWAの佐藤辰男相談役で川上氏は会長だったが、2015年6月に川上氏が社長に就いた。
筆頭株主と社長の座を手にした川上氏は、京都大学工学部卒業後にソフトウェア専門商社を経て1997年にドワンゴを設立。
従来型携帯電話の着メロ・着うた事業をヒットさせた。
2007年に始まったニコニコ動画は大人気を呼び、「日本のネット文化の発信基地」と評された。
●日本のプラットフォームをつくる
KADOKAWAの創業家出身の角川歴彦会長は3年間、川上氏にラブコールを続けてきたという。
経営統合の際には「天才、川上くん」と持ち上げ、「川上くんという若き経営者をようやく手にした」と、経営手腕に絶大の信頼を寄せていた。角川氏は川上氏に2つのことを託した。

Infoseek
https://news.infoseek.co.jp/







社長交代でどうなる? ニコニコチャンネルの月額有料会員数が90万人を突破。全チャンネルの累計収益は100億円以上に
ITライフハック / 2019年2月14日 10時0分
ドワンゴは、同社が運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」にて、月額有料会員数が90万人を突破したと発表した。 
■サービス開始から10年が過ぎた「ニコニコチャンネル」 
2008年3月にサービスを開始した「ニコニコチャンネル」は、企業・団体・一般ユーザーが動画や生放送、記事コンテンツを配信できるプラットフォーム。
専門知識不要でチャンネルを立ち上げる事ができ、有料チャンネルでは収益を得る事が可能だ。 
2018年も、音楽やエンタメなど幅広いジャンルの新チャンネル群の好調が寄与し、本サービスの月額有料会員数は1年間で約24万人増加、5年間で約6.5倍に増加し、90万人を突破した(2019年2月時点)。
また、ニコニコチャンネル月額有料会員数1位である『メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」』は、月額有料会員数が8万人(2019年2月時点)を突破したほか、累計収益(※)は総額2億5千万円、単月収益でも3千万円以上になるなど、企業コンサルティングや講演と並び、「ニコニコチャンネル」が同氏の新たな活動の場となっている。 
※累計収益…各チャンネルの開設時を起点として、配信者がニコニコチャンネルの月額課金を通じ、収益として受け取った金額の累計 
「ニコニコチャンネル」の月額有料会員数の増加に伴い、チャンネル運営者が受け取ることのできる収益も増加している。
2018年12月時点で、5年前の約20倍となる212チャンネルが累計収益1千万円を達成したほか、「ニコニコチャンネル」の全チャンネル合計では5年前の約30倍となる累計収益100億円を突破した。 
■決してオワコンではないが、解決しなければいけない課題も山積みか 
有料会員の減少などで「ニコ動はオワコン」などと言われており、テコ入れのためか夏野剛氏が代表取締役に就任したドワンゴ。
今回の発表からもわかるように、まだ伸びしろが残っているチャンネルをどのように広げていくのかのかじ取りに注目したい 
ただ、他サービスに対してアングラっぽさがいまだに強い点も否めない。
たとえばかつては、ユーザー数が増える原因ともなった荒らし行為に対しては、これまで通りゆる〜く放置するという選択肢はないだろう。 
さらに匿名ユーザーとしての184ユーザーを残すのはかまわないが、この184設定がコメント荒らしの元ともなっているため配信する側で閲覧可能なユーザー(184は絶対不可等)を細かく指定できる設定を設けるなどが必要だろう。
コメント荒らしにに遭ってしまい「怖くて配信できない」と感じている元配信者も多いと聞く。配信する側も安心して配信できるようになれば、かつてのユーザーが戻ってくる可能性もある。
夏野氏がどういった方向性を示してくれるのか、まずは今年のニコニコ超会議に注目だ。 

Infoseek
https://news.infoseek.co.jp/






■niconicoに関連した記事を読む 
・ニコニコ生放送でひよこを誕生まで見守ろう!ひよこの卵が孵化する様子を48時間観察 
・「ニコニコ超会議2019」の概要を発表。「超歌舞伎」「超人間将棋」「超ヲタ芸」などに加え「アニサマワールド」やVTuberの祭典も開催決定 
・あぁ・・・一緒に入りたい!アニメ「お風呂回」全11作品セレクションをニコ生で一挙放送 
・オーケストラ「スタミュ」千穐楽をニコ生独占生中継 
・「エンゲージプリンセス」のボカロP新作書き下ろし楽曲を発表。バトルシステムおよび、歌姫として登場する4人の新キャラクターを初公開 

Infoseek
https://news.infoseek.co.jp/



posted by datasea at 10:47| Comment(0) | // ブロガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: