2019年03月31日

カレイドスコープ :文明は西洋から東洋へ「800年リズムの周期交代」

カレイドスコープ :文明は西洋から東洋へ「800年リズムの周期交代」
Mon.2019.03.11
量子論・グノーシス・古神道
西洋文明の崩壊と、国際資本の東洋への移動が始まっている。
金融機関の「法定通貨離れ」が世界金融システムの崩壊につながる。
今後、最大の注意を払わなければならないのは秘密結社の神道への侵入。
(※この記事は、メルマガ特集 2019/3/10【vol.04】の一部です。全文はメルマガでお読みください)
・・・結論から言えば、米国の独立戦争とは、英国王室とシティー・オブ・ロンドンによる金融システムを使った新植民地政策を隠すための戦争でもあったのです。
結果、米国は本当に解放されたのでしょうか?
自由市場の象徴である米国へと世界中の資本と人がなだれ込んでいきました。
しかし、世界最大の集金マシーン「ウォール街」で上がった利益は、せっせとシティーに還流(上納)されてヨーロッパの王族の懐に入っていったのです。
結局、米国は、独立戦争によって英国王室とシティーの国際金融資本から逃れられない奴隷となったのです。
5月1日の新天皇の即位を境に、世界の王族のネットワークは日本の皇室に対する戦略を大幅に変えてくるでしょう。
そのとき、日本が米国の二の舞にならないようするためには、国民はどんな構えで迎えることが必要なのでしょうか。
過去、キリスト教フリーメーソン/イルミナティーのイエズス会は、“戦わずして勝つ”日本の皇族を甘く見過ぎていました。
彼らは、島原の乱を手始めに、何度か徳川幕府を打倒しようとしてきましたが、それはフリーメーソンが薩長同盟をコントロールすることによって、やっとのことで実現しました。
しかし、皇室だけは破壊できなかったのです。
理由は、神道が宗教ではないからです。
神道には、善も悪も存在しません。その基本精神は「和」です。
「和」の概念が理解できないイルミナティー/フリーメーソンが、太古の昔から戦略の柱として位置付けてきた
「弁証法的唯物論」、あるいは「善悪二元論」
が神道の前では、完全に無力化されてしまうのです。
それは、宗教とは関係がなく、世界でも日本人の遺伝子だけに組み込まれている「神の暗号」がゆえのことなのです。
越境する投資主体は、西洋を諦めて東洋にシフトした
欧州の王族たちは、「文明」の使い方を誤ってしまったのです。
彼らが招いた世界は、「持続不可能」な世界です。
地球温暖化は、太陽活動の劇的変化によって地表を取り囲んでいる磁場が狂い始めことから、地球のマントルが動き始め、極移動の準備期間に入ったからです。
マントルがゆっくり活動を始めているのですから、当然のことながら地震と火山噴火が多発するでしょう。
その結果、地軸がぶれ始めてくるので、極端に暑くなる地域と極端に寒くなる地域に分かれ、季節的にも夏はさらに暑く、冬はさらに寒くなります。
これはエネルギー保存の法則から言えば「地球のエネルギー収支は一定」と言い換えることができますが、地球にやってくる太陽エネルギーが減っているのですから、地球の気候は、右と左、上と下に極端に大きく振れながら、全体的には小氷河期へと収斂されていく過程にあります。
にもかからず、産業界は「5G」だの「6G」だの地球の電離層を破壊する危険なテクノロジーを地球全体に広げようとしています。
これは私たちを裸で電磁波スープの中に投げ込むようなもので、まさに「地球の自殺行為」です。
欧州の王族たちは、世界中のシンクタンクを使って国連に
「持続可能な開発」(=Agenda 21、あるいは2030 Agenda)
のスローガンを立ち上げさせました。
これは、端的に言えば「ビッグブラザー」のことです。
私たちの生活のすべてを監視し、一切の無駄を廃して地球のすべてのリソースを再配分することによって「破滅のときまでの時間」を引きのばそうとするものです。
もちろん、根本的な解決方法ではありません。
しかし、一方で彼らは「持続可能な開発」など絵に描いた餅に過ぎないと諦めているはずです。
だから、もうひとつのオプションとして「第三次世界大戦による人口削減への道」も捨てきれないでいるのです。
<省略>
・・・「存在論的転回による第三の選択」は、密かに進められているように見えます。
それは、5月1日以降にはっきりするでしょう。
「いったい何が?」・・・
ここで、京都大学名誉教授・岸根卓郎氏の言葉を引用させていただきしょう。
・・・(科学中心の西洋文明がもたらしたものは)神なき「物心二元論」の「西洋物質文明」の暴走による「地球環境の破壊」と「人心の荒廃」であったといえよう。
以後の世界は神から遠く離れた存在となり、「神なき科学」が地球を席巻し、自然破壊による「地球の病」と精神破壊による「人心の病」を引き起こし、ついには「物心二元論」の西洋文明の危機が叫ばれるようになってきた、ということである。
・・・人類がいかに自由意思を行使しても、宇宙リズムとしての地球の「公転リズム」や「自転リズム」を人為によって決して変えることができないように、「文明リズム」もまた人為によって変えることはできない。
・・・人類文明は、有史以来「東西文明の二極」に分かれ、それらが互いに「宇宙の基本エネルギーリズム」の「800年リズム」に支配されて、これまでに7回もまるで時計仕掛けのように正確に互いが「800年リズムで周期交代」を繰り返し、今回が「8回目の交代期」にあたり、「21世紀以降の800年間」は、再び文明ルネッサンスによる「新東洋精神文明」としての「心の文明時代」が必ず帰ってくるということである。
(「量子論から解き明かす『心の世界』と『あの世』」295ページ)
岸根卓郎氏は、量子論の観点から「西洋から東洋へ」、「東洋から西洋へ」と、文明の中心が800年周期で地球を移動していくことを分かりやすく解説しているのです。
「800年周期説」は定説です。
それを量子論の観点から証明することができる、ということです。
これは、宇宙の運行(春分点歳差の移動)によってもたらされることで、全人類が負わされている「宿命」です。
しかし、全人類が、すでに体験し始めている8回目の「800年リズムの周期交代」は、西洋文明が、あまりにも破壊的であったために、東洋が負うべき負荷が大きすぎるのです。
・・・世界の支配層は、ちゃんと知っているのです。
だから、如才のない富豪たちは、ちゃっかり欧米の祖国から脱出して、東洋に拠点を移しているではないですか。
億万長者の数も、北米よりもアジア太平洋地域で急増しているし、実際に、カナダロイヤル銀行の調査によると、世界でもっとも億万長者の数が多いのは、アジア太平洋地域だということです。
これは、金融の中心が、ウォール街とシティー・オブ・ロンドンから、香港とシンガポールに移動している過程で起こっていることです。
つまり、“越境する投資主体”が、西洋から東洋に移動し始めたのです。
文明の移動は、金(ゴールド)の世界規模の移動とともに進んでいきます。
やれ、デジタル通貨だ、やれ、SDRだと言って経済のグローバル化が進んでも、世界の金融システムをプランニングしている超富豪たちは「金(ゴールド)」しか信じていないのです。
(※ 第278号パート1〜パート5「世界多極化による第三次世界大戦への動きと始まった金(ゴールド)の国家間の移動」にて詳述)
10年以上前に、シンガポールに移住したジム・ロジャーズは、次の有望な移住先は「北朝鮮」だと言い出しました。
「全資産を持っていける国は、北朝鮮だ」と。
・・・「神社本庁」には、他にも犯罪臭のぷんぷん漂う大スキャンダルがあります。
しかし、司法は、常に「神社本庁」に有利な判決を下してきました。
日本の司法は、「神社には、日本の法律が適用されない」といわんばかりです。
まさに、「神社本庁」による“神道ファシズム”が横行しているのです。
・・・林春彦宮司の「謎の突然死」は、林春彦宮司自身が自分が書いたと「神社本庁」が主張している退職願が、実は「神社本庁」もしくは、山口県「神社庁」による捏造であるとして裁判を起こし、法廷で白黒をはっきりさせようとしていた矢先のことでした。
死因は「心労が重なったため」とされていますが、真相は分からないことだらけです。
・・・“謎の突然死”を遂げた兄に代わって、裁判は林春彦宮司の弟に引き継がれ、林宮司が提出したという退職願が偽造であったことが確定しました。
しかし、裁判所は「偽造に当たって、神社本庁、神社庁の関与があったかどうか」については認めなかったのです。
・・・断定してさしつかえないことは、「神社本庁」とは、日本の誇る神道を普及させようとしている団体ではなく、国家神道を復活させて明治政府が国民にそれを強制し、戦争に突き進んでいったときと同じことをやろうとしている完全な宗教極右の政治団体であるということです。
まさしく宗教学者である島田裕巳氏が、著書「神社崩壊」で警告しているとおりのことが、“神の名において”「神社本庁」を中心に行われているのです。

カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-6029.html







posted by datasea at 13:21| Comment(0) | * ダンディ・ハリマオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: