2019年03月08日

東京の風水地図〜スカイツリーの意味


pp6520190308{5}55.jpg



東京の風水地図〜スカイツリーの意味
男根と女陰、
火と水、
物質と精神
など二重性の意味を持つ六芒星。
二元論の象徴である六芒星。
このシンボルはまた変化やバランスを表すシンボルであるとも言われている。
スカイツリーはその完成前から東京の都心の地図上に六星を誕生させる、と言われてきた。
つまり逆正三角形を作り出すのは
池袋のサンシャイン60、
芝公園の東京タワー、
東京スカイツリー
である。
いずれも時代を象徴する高層建築物で、それぞれの頂点を結ぶと確かに下向きの逆正三角形ができる。
そして上向きの正三角形を作るのは、
新宿の都庁、
豊洲、
日暮里。
なぜ豊洲や日暮里がクローズアップされるのか?
現在豊洲は都内でも特に大規模な都市再開発がされてきた上に築地市場の移転予定場所でもある。また誘致活動を行っている東京オリンピックスタジアムの建設予定地である。
日暮里は2008年に日暮里舎人ライナーが誕生。
2010年には成田スカイアクセスが開業して、新たな再開発地域として東京都が最も力を入れているエリアである。
もともと江戸は風水においてあまり良い土地ではなかった。
徳川家康が天海僧正という人物の手を借りて結界を張り巡らせて高度な風水都市を築き上げた。
徳川の世が250年以上も続いたのも、この都市の基盤があってこそであった。
しかし明治維新の時代に入って結界が再度張り直されたのだと言う。
明治時代に改めて整備された
雑司ヶ谷霊園、
谷中霊園、
築地本願寺、
青山霊園、
それぞれを地図でマッピングしてほしい。
綺麗な長方形が出来るはずだ。
そしてこの長方形に対角線を引いてみる。
長方形の真ん中に靖國神社がある事に気づく。
このように、東京の大霊園を結ぶとピラミッドを上から見下ろしたかのような形が出現する。
これが明治政府が新たに結んだ結界であった。
ピラミッドといえばフリーメイソンのシンボルマークである。
富士山からの良い気、龍脈も流れ込む。
この結界が吉と出たのか凶と出たのかはわからないが、とにかく表向きは日本は激変の時代の中での道を歩むことができた。
しかし、この龍脈は1991年の新宿の新都庁の建設によって断ち切られたと言われている。
それでは今後日本は東京はどうなっていくのだろうか?
諸説あるがまずスカイツリーについてはイルミナティの策略に気づいた日本国内の反イルミナティ勢力の暗躍によって災いの種が消されたのではないかと呼んでいる。
高さ333mの東京タワーが電波塔であった時代に日本はアメリカにそしてイルミナティに支配されてていたと言っても過言ではない。
それをスカイツリーで断ち切ることに成功したのである。
さらにスカイツリーは
茨城県鹿嶋市にある鹿島神宮、
明治神宮、
富士山
を結ぶ一直線上にある。
鹿島神宮の宝物である剣は古事記に登場する日本初代天皇・神武天皇が日本建国を果たした際に力を発揮した霊剣であると言われ、ひとふりすればたちまち国中が平穏になるのだと言う。
その剣の力がスカイツリーで運ばれて関東へ拡散するとしたら。
それを裏付けるようにスカイツリーの地デジ化のマスコットは神の使いとして鹿島神宮で崇められているシカになっていたことも興味深い。
おまけにスカイツリーが位置するのは皇居の鬼門である。
さらにスカイツリーのモデルになったのは高野槇であったとも言われている。
高野槇は言うまでもなく皇位継承順位3位でいらっしゃる秋篠宮家の悠仁親王殿下のお印である。
つまりスカイツリーは悠仁親王殿下をお守りする結界を機能させたのであった。
国内の反イルミナティたちはこのような新たな結界を張るべくイルミナティのシンボルである六芒星を逆に利用したのだと言えるだろう。
現にスカイツリーが完成して以来、日本の膿が次々と明るみに出てきている。
−眠れないほど面白い秘密結社の謎、王様文庫、並木伸一郎

gmjtnd pc














posted by datasea at 19:45| Comment(0) | ■ 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: