2009年05月21日

WebBotリポート2009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○●  [フォトン・ベルト レポート] 第105号 2009/5/22
○●○  宇宙の法則研究会 
●○●  「2012年のポールシフト」
○●○  http://www.net-g.com/photon/reset.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012年のポールシフト
このメルマガで予告した5月末に発売予定のDVD
『2012:アセンションガイド地球が「光の世界」になる日』
が編集作業が終わり間もなく完成しますが、米国の未来予測プロジェクトWebBotの最新リポートを翻訳されている高島康司氏から送って頂いて読んだところ2012年に関する内容が制作中のDVDとほぼ同じだったので驚いています。
また、これから起こる現実についての彼らの予測はまったく無知な人たちからみると、卒倒しかねない内容ばかりです。
たとえば、
*今年度中にイスラエルがイランを攻撃する。(11月を予想)
*イスラエルの反撃により、イスラエルは国家として壊滅状態になる。
* この戦闘に米国が巻き込まれ、欧州駐留軍が参戦するが、手薄になったところに攻撃を受ける。
* 戦闘によって国際貿易が停止し、食料価格が高騰し餓死者が激増する。世界人口の3分の2が飢えるような状態となる。さまざまな理由から、死者は世界的に激増する。
* 中東での戦闘で米軍は敗退。米国の国際的な地位は大幅に低下する。国民は政府に対し離反するような行動を起こし始める。
* 米国内では米軍の行動に対し反対運動が激しくなり、ゼネストに発展するが徹底的に弾圧される。米国の失業率は50パーセントを超える。
* 今年の夏から秋にかけて異常気象による天変地異が激増する。米国や欧州を洪水が襲う。
 これからは「アースチェンジ」という単語が最もポピュラーな言葉となる。
* 7月始めからドルはスローデス(ゆっくりとした死)に向けて動き出す。
ドルの決定的な「死」引き金を引くのは、デリバティブが壊滅状態となることである。
2012年に関しては、
* 2012年になってポールシフトが起こる可能性がある。世界人口の60パーセントが死滅し、生き残った人たちの生活は原始的なものにならざるを得ない。
(WebBotの詳細リポート[1]〜[6]に関しては、どなたでも高島氏から直接入手することが可能です。
高島氏のサイトからお申し込み下さい。
ヤスの備忘録http://ytaka2011.blog105.fc2.com/ )
これまで高島氏が翻訳されたWebBotの未来予測リポートを手に入れほとんど読んでいますが、時期や日付に関して若干のズレが見られますが概ねのトレンドに外れはありません。
ただ、WebBotの予測ではこの地球も人類も2012年以降に続いてゆくことが前提になっていますが、私の予測では2012年で一旦リセットされ、2012年以降は人類はこれまでとはまっく違った新たな歩みを始めると考えています。

キクの日記 
http://www.geocities.jp/ennohana/foton/foton105.html
http://www.geocities.jp/ennohana/
http://ennohana.seesaa.net/

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-111.html
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://www.funaiyukio.com/yasu/index_1901.asp
http://www.funaiyukio.com/yasu/

未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 
http://www.mag2.com/m/P0007731.html

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◆  ウェッブボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: