2019年01月24日

スラブ語版エノク書

スラブ語版エノク書
スラブ語エノク書の概要
(注) この抜粋は、
森安達也訳『聖書外典偽典第三巻 旧約偽典I』教文館
によって、作成をしました。
 しかし、森安氏の訳文を私なりにわかりやすく変更をさせていただきました。
また、ひらがなを漢字にしたり、言葉を変えて読みやすくしたりした箇所があることをお断りしておきましょう。
 また、私なりに不明な箇所が訳文に残っている場合は、そのままの表記にしておき「?」を附しておきました。
残念ですがスラブ語について、私はまったくわからないのです。
したがって、森安氏には大いに感謝をいたします。
(注おわり)
いっぽう、エチオピア語エノク書に対してスラヴ語エノク書はまったく内容が異なっています。
最初の原典は同じであったかもしれませんが、書き方などは違っているからです。
例えば、章の中には節番号がまったくありません。
各章ごとに内容をまとめてみますと、次のようになるでしょう。
まえがき
「義人エノクの挙げられたことについての秘密の書より」というタイトルが付いています。
そして、本文には
「義人エノク、賢者にして偉大な書記、主は彼を挙げさせられたが、それは、
天上での生活と、
全能の神のいと賢く偉大な揺るぎなき王国と、
いと偉大にして数多くの目を持ち不動なる主の玉座と、
主の僕(しもべ)たちのいと輝ける座と、
天の軍勢の火から生じた強力な位階と、
多数の元素の言うに言われぬ組み合わせと、
さまざまな光景と、
ケルビムの軍勢の筆舌につくしがたい歌声と
の証人となるためであり、また無限の光の目撃者となるためである。」
とあります。
第一章
エノクが三六五歳のときに、非常に大きな(巨人であろうか)二人の天使が現れる。
エノクは、息子のメトセラとリギムを呼んで、天使の行ったことを語った。
第二章
エノクは自分がこれからどうなるかを知らないものの、息子たちに後のことを託す。
また、自分を探したりしないようにと言った。
第三章
エノクは第一天にあげられる。
(雪と氷の貯蔵庫・雲の貯蔵庫・露の貯蔵庫)
第四章
第二天(主に背いて囚人となった天使たち)
第五章
第三天(天国と地獄の見学)
第六章
第四天(太陽と月)
第七章
第五天(エグリゴリという人間の形をしている巨人よりも大きな男たち)
第八章
第六天(他の天使たちを支配する最高級の天使たち)
第九章
第七天(エノクが主の眼前に置かれ、言葉を賜る)
第一〇章
エノクは、三六〇冊の本を書き写した。
第一一章
主は、エノクに天地創造の経過をあたかも人が隣人にするようにして語った。
第一二章はない(後代になってから挿入されたもの)
第一三章
エノクは地上に戻り、天上で見聞したことを長々と息子たちに語る。
第一四章
エノクは、長老たちを呼んで祝福した。
第一五章
エノクは、長老たちに語る。
第一六章
民が集まって、エノクにあいさつをする。
第一七章
エノクは、主の前に歩むことを民に語る。
第一八章 エノクは天使たちに連れ去られ、ふたたび天にあげられる。主はエノクを迎え、永遠にご自身の眼前に置かれた。
第一九章はない(後代になってから挿入されたもの)
第二〇章
 エノクの息子たちが祭壇を築く。
第二一章
 エノクの息子メトセラが祭司に選ばれる。
第二二章
 メトセラが死に、レメクの息子ニルが祭司に選ばれる。ニルの時代二〇二年の間は、地上すべてに平和と秩序があった。その後、民は神から遠ざかって互いにうらやみはじめ、反乱や騒乱が起こった。
第二三章
 ニルの妻ソフォニムは、死の直前に懐妊。メルキセデクを誕生。メルキセデクも天にあげられた。
私的な考察
「エノクは実は生きたまま天に挙げられて、神の書記官としての役割を与えられていた」
のではないだろうか。
エノクは天で、堕落をした天使たちと接触している。
考えてみれば、それは時期的に、天使たちが人間の女と交わってネフィリムを生んだころである。

青空のホームページ
http://www.geocities.jp/rikwhi/riko/enoch_syo.htm
http://www1.ttv.ne.jp/~riko/





(注) なお、この文書はWordで作成をしました。
原文は今後の加筆や修正のために「.doc」ファイルで残っています。
したがって、ホームページにアップしたファイルは、それを「Webページとして保存(フィルター)」したものです。
つまり、ファイル形式は「.htm」です。また、フィルタ後としたのはファイルの大きさを少しでも小さくするためです。
(注おわり)

青空のホームページ
http://www.geocities.jp/rikwhi/riko/enoch_syo.htm
http://www1.ttv.ne.jp/~riko/


posted by datasea at 03:27| Comment(0) | ◉ エノク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: