2010年01月18日

第三次世界大戦のタイムテーブル(201006241903)


第三次世界大戦のタイムテーブル(201006241903)











































順序時間内容
大戦前夜2012.07.04
共産主義革命がドイツ,フランス,イタリア,そしてイギリスで勃発,ひどい流血の革命
2012.07下旬ユーゴスラビア〜ハンガリー領域の一人のリーダーが殺害されるでしょう。
数日後
(2012.07下旬)
第三次世界大戦勃発
第一ステージ2012.08初旬第三次世界大戦開始
南ヨーロッパに向けて不意にソビエト軍が侵略
8月〜9月下旬共産主義政府がイタリア,フランス,そしてスペインで40〜46日だけの間存続西ドイツ軍の最南端の師団は,チェコスロバキアへ突然,侵入します

スロバキア軍は,ドイツの侵入に抵抗しようとします
最後に,ドイツ人はコウォブジェクを奪い,8日間,その状態を維持
9日目に,しかしながら,共同のポーランド-ロシア連合軍はコウォブジェクでドイツ軍を包囲して,圧倒
彼らが撤退する時には,彼らの後方の全ての都市(グダンスクとエルブロンクのように)を粉砕
ワルシャワ条約軍【共産軍】は戦争を正式に行って【宣戦布告のこと?】,西ドイツを侵略
ポーランド南部のドイツ師団は,プラハに退却します。[チェコは血の海になるでしょう]
共産軍はドイツ領域の四分の三を占領
第二ステージ9月中旬ドイツ軍は突撃を開始します。そして,ワルシャワ条約軍は後退し始めます
3日目中国軍は,ソビエト連邦軍を予想外に背後から攻撃
6日目6日目には,ロシア国内で共産党員に反対する革命が起きます。
その後中国軍は勝ち誇ってロシア国内へ進軍します。そして,1日につき最高200kmの割合で進みます
その後東ドイツはワルシャワ条約から離反します。
その後
(AM 02:00)
ソビエトのリーダー達は,すべてのワルシャワ条約加盟国に対し,全面的な核攻撃(AM 02:00)をドイツに対して実行するよう命令し,ほとんど全ドイツ人が死ぬでしょう。
第三ステージ5日間革命がポーランドで予想外に起こります。
2日後平和を回復
その後ロシアで,住民の60パーセントが彼ら自身の同国人によって大虐殺されます
6週間後かつての偉大なソビエト帝国は,消滅します。
その後共産軍の前線の師団は,地元の民衆をしばしの間,脅迫します。彼らは,それから,東方のハンガリーに,そして,ウクライナへと撤退するでしょう。
その後ありとあらゆる愛国的なウクライナ派閥は,共産軍によって殺されるでしょう
その後ポーランド軍はウクライナ人を滅亡から救うでしょう。フランスがポーランドに協力します。
3日間散り散りバラバラになっていたロシア軍はコストポルの近くのホリン川で再編成しようとするでしょう,ホリン川は血で川は赤く染まるでしょう
その後ロシア軍で生き残っている全員が降伏します。
最終ステージその後中国人が全世界を征服するのを防ぐために,アメリカ合衆国は軍事的場面に現段階で入ります。
その後カナダ,グレートブリテン,オーストラリア,インド,インドネシア及び多くのアフリカの国がアメリカに協力します。
数週間ほとんど中国の半分はアメリカ軍によって征服されるでしょう
丁度,この時期にアメリカ国内の共産主義者達によって法と秩序の突然の崩壊が,アメリカ合衆国にあるでしょう
丁度,この時期にグレートブリテン国内の共産主義者達によって法と秩序の突然の崩壊が,グレートブリテンにあるでしょう。
エリザベス女王とフィリップ皇子は亡命の飛行中に暗殺されるでしょう。
丁度,この時期に共産主義者の蜂起は,カナダとオーストラリアを含む多くの他の国によって,同時期に経験されます。
4日間ポーランドの最高司令官は,ボルガ川で中国軍と交戦するために進みます。
その後中国軍はモスクワあたりに陣を取りながら,ポーランド軍の北方からの攻撃を開始します。しかし,中国人は交戦のこの段階で実際完全にやる気をなくして,混乱の中,撤退するでしょう
その後パニックのために中国軍はロシア全域に散ります。
その後
(AM 10:30)
中国軍司令官がポーランドに対して全面的な核爆撃を使うよう命令するが,全て彼ら中国軍自身の上に午前10:30に落ちる
数時間後から3日間暗黒の3日間起こるでしょう
2012.11中旬
暗黒の3日間の後)
第三次世界大戦終了
大戦後その後西ヨーロッパでは,全国家(例としてデンマーク,オランダ及びポルトガルのような)が失われるでしょう。
2年間
(暗黒の3日間の後)
グレートブリテンでは,2年間,統治が存在しないでしょう。

posted by datasea at 15:53| Comment(0) | % ババ・バンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: