2019年01月13日

吉岡海底駅

images (27).jpg


駅名: 吉岡海底(よしおかかいてい)
路線名:JR津軽海峡線
住所: 北海道 松前郡福島町館崎
郵便番号:049 - 1454
不動産( 不動産のHOME'S )
吉岡海底駅の不動産|吉岡海底駅の賃貸|吉岡海底駅のマイホーム
北海道の新築マンション|北海道の不動産会社

Exite
http://www.excite.co.jp/transfer/station/544.html





吉岡海底駅
「ドラえもん海底列車」レビュー
平成12(2000)年の記事で紹介したとおり、青函トンネルでは昭和63(1988)年の開業以降、旅客利用者が年々減少傾向をたどっている状況を打開するため、さまざまな企画を打ち出していた。平成10(1998)年から始めた「ドラえもん海底ワールド」もその一環である。
筆者は当時吉岡海底駅を訪問しているが、この時「ドラえもん海底ワールド」をも訪問しているはずである。
“はず”と曖昧な書きぶりになるのは、訪問した記憶は確かにあるものの、いつの記憶だったかがぼやけているからだ。
筆者が青函トンネルを通過した経験と、「ドラえもん海底ワールド」営業期間とを照合し、ようやく確信を持つに至ったほど、記憶の線は細かった。
要するに、当時の印象があまりにも薄かったのだ。
ちなみに、写真は一葉も撮っていない。
ドラえもん塗装ED79が牽引する快速「海峡」(函館にて平成12(2000)年撮影)
さらにいえば、魅力に欠けるちゃちな企画、というのが偽らざる率直な感想であった。
青函トンネル作業坑の大空間を活用しているとはいえ、多くの客を呼びこむには手狭で、制約条件が多すぎた。
U-3からわかるとおり全ての展示に動きが乏しく、面白味がまるでなかった。
人形の造作はTDLの質感を大幅に下回る。
こども騙しといっても決して酷評ではないとさえ感じた。
なによりも厳しかったのは、相客が少なすぎたという状況である。
一緒に回った客の数は、吉岡海底見学をあわせわずか 100名程度。
「ドラえもん海底ワールド」はあまりにも閑散としており、流行っていないことが一目瞭然であった。
観光地の魅力とは、ニワトリタマゴの表現になるが、来客の多さに依存する部分が実は大きい。
多くの客が魅力を見出したという安心感、そして客数の多さが醸し出す賑わい。
そのような要素が観光地の魅力の大きな部分を占めていると、筆者は見る。
転機となったのは平成14(2002)年12月の東北新幹線盛岡−八戸間開業である。
この時津軽海峡線の輸送体系には大刷新が加えられた。
老朽鈍足の51系客車快速「海峡」は全廃され、JR北海道では最新鋭 789系電車を投入、
「スーパー白鳥」として運行を開始した。
これに伴い、「ドラえもん海底ワールド」へのアクセスも「海峡」に間借りし続けるわけにはいかなくなった。
高速化を目指したダイヤにマッチするよう、当時余剰となっていた 781系電車が平成15(2003)年までに改装され、
専用の「ドラえもん海底列車」としての運行が始められたのである。

以久科鉄道志学館
http://www.geocities.jp/rail_of_shinsyu/ezo/dora/03.html
http://www.geocities.jp/rail_of_shinsyu/ezo/dora/00.html
http://www.geocities.jp/history_of_rail/



images (96).jpg


images (74).jpg


posted by datasea at 18:56| Comment(0) | # アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: