2018年12月14日

ローマ法王,枢機卿3人を中枢組織から外す

ローマ法王,枢機卿3人を中枢組織から外す
これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・5493
2018/12/14(金) 午前 7:01
バチカンでも粛清の嵐が吹き荒れているようでして、ねえ・・( ̄▽ ̄)
ーーーーーーーーーーーーーー
ローマ法王、枢機卿3人を中枢組織から外す
ローマ(CNN) バチカン(ローマ法王庁)は12日、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が高齢を理由に枢機卿3人を顧問評議会から外したと発表した。
ただ、3人のうちの2人は世界各地のカトリック教会で発覚した未成年者らへの性的虐待問題への関与もしくは隠蔽(いんぺい)疑惑を抱えている。
同評議会は、法王が2013年に就任した直後に発足させたもので枢機卿8人から構成。教会の組織改革などの方途を検討していた。
バチカンの声明によると、今回除外された3人は
ジョージ・ペル(77)、
ハビエル・エラスリス(85)と
ローラン・モンセングオ・パシンヤ(79)
の各枢機卿。
オーストラリアの警察によると、ペル枢機卿は今年6月、豪州内で過去30年の間に起きていた性的暴行事件で訴追された。
同枢機卿は豪州のカトリック教会で最高位にあるが、訴追を受けバチカンは休職処分に置いた。
枢機卿は身の潔白を唱え、事件は虚偽とも主張している。
カトリック教会のメディアによると、エラスリス枢機卿はチリの首都サンティアゴの大司教に在任時代、聖職者の虐待問題の報告を看過した容疑で地元の検察当局の調べを受けている。
同枢機卿はこの疑惑を否定し、先月には任期切れを理由に顧問評議会から離れると主張していた。
ペル、エラスリス両枢機卿は顧問評議会の創設時のメンバーとなっていた。 (CNNより抜粋)

歴史好きのダボラ吹き


posted by datasea at 14:44| Comment(0) | % 聖マラキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: