2018年09月29日

第2リーマンショックは起きるのか?10人の専門家の予想

金利が上がってきたが・・第2リーマンショックは起きるのか?10人の専門家の予想
経済情報2018.09.20
さて、このブログではずーっと前からこの現代社会のバカみたいな経済システムはいつか弾けるよ。
共産主義が立ちいかなくなったように。
今度は資本主義がぶっ壊れる番だよ。
元々このおバカ文明は持続可能なものではないんだ。
だから、その時のために準備をしよう。
自給自足体制を整えよう。
しきりに、そんなことを言ってはワタスは山梨や長野に畑をやっては
いたいけな皆様を農業に誘い込んだりしてたのですた。
でも、そんなことはさっぱり起きずに
ワタスもいい加減飽きてしまって、
最近では焼きトウモロコシを売るカールおじさんならぬコーンおじさんになってしまった訳ですた。
思えば数奇な人生を送っているものです。
とかなんとか。
https://www.huffingtonpost.jp/2015/07/28/uncle-karl_n_7892004.html
さて、昨日みたらアメリカの金利が久しぶりに3%超えてきますたね。
うーん。
ワタスは経済崩壊の前に必ず金利が上がり出すよ。
それがサインだよ。
そのようにずーっと前から言って来たわけですが。
丁度10年前、リーマンショックはまさに9月に始まったのでした。
まさかこれは歴史のアノマリーなのか。
アノマリーとは説明できないけど存在する規則性のようなものです。
FPnet公式アカウント
@fpnet_world
米株高の影響で米国の2年債金利が2.807%へと、2008年1月以来の水準に上昇。
金利差とEURUSDの相関が強まっています。
竹内のりひろさん(@yen20pls)のブログを更新しました。
http://fire-bull.info/takeuchi/
14:53 - 2018年9月19日
doron𓃠
@doron1888
米国10年債券利回り3.057(+1.87%)↑
7:24 - 2018年9月19日doron𓃠さん
藤原直哉
@naoyafujiwara
米長期金利、一気の急騰で3%に
https://tradingeconomics.com/united-states/government-bond-yield
7:24 - 2018年9月19日
33人がこの話題について話しています
中国は米国債を一番買ってる国なので、貿易戦争で売って来るのでは?
と思ってたらやっぱり売って来てますよね。
金利が上がってきたのはこのためなのでしょうか。
投資家@しんごろー
@shingoror456
奥の手ちらつかせて来た★米国債への投資、中国が1カ月間で77億ドル削減 
日露の状況はどうか?
: https://jp.sputniknews.com/business/201809205357375/ … @sputnik_jpより
5:05 - 2018年9月20日投資家@しんごろーさん
SGMON
@sgmon
・ 2018年9月19日
返信先: @Reuters_co_jpさん
その答えがこの米10年債利回りの上昇なのではないだろうか pic.twitter.com/fypI1lXYWj
SGMON
@sgmon
米10年債利回りは更に上へ。
中国は米国債を売れるはずがないという方も多いけど、いや、粛々と売ってると思う。
pic.twitter.com/QiQQKmDcKr
17:34 - 2018年9月19日
SGMONさん
中企業リーマン闇金👍
@kmni0581
さてさて、米国債売却ネタにメディアが触だしたな
クソ中国は世界一、米国債持ってるからな
この売却リスク、現実味を帯びてきたら市場がどう反応するか見物(^^)
大混乱を引き起こす可能性、十分あるからな(^^)
ロイター.co.jp

@Reuters_co_jp
中国が今後人民元の下げ圧力に抵抗したいと望むなら、ともかく保有米国債の一部を売らざるを得ないだろう
──コラム:中国の米国債売却はあるか、貿易摩擦激化で再び注目 
#米中貿易戦争 #トランプ大統領 #日米通商摩擦
http://bit.ly/2PNm0wf
11:02 - 2018年9月19日中企業リーマン闇金👍さん
ブルームバーグニュース日本語版

@BloombergJapan
中国、7月の米国債保有残高縮小−通商対立激化に歩調合わせ https://bloom.bg/2DbtfwR
8:25 - 2018年9月19日
ブルームバーグニュース日本語版さんの他のツイートを見る
Twitter広告の情報とプライバシー
以下は2011年当時ネットに広まった予言なんですが。今の状況にそっくりというか。
伊勢女 秋の予言
「秋」は日本ではなく、中国とアメリカが原因でお金自体の価値、食べ物の価値が変わってしまうようなことが起こってくるみたいです。
混乱を招きたくないのでこれ以上は書けません。
日本は意外なことに影響がないのです。
中国が日本を攻めてくることもありません。
中国がアメリカに対して紙屑にするのかとケチをつけ、だったらこっちから紙屑だとアメリカが騒ぎ出して行きます。
もうこれ以上は書けません。
この秋とは今年の秋のことだったんでしょうかね。
以下は10人の著名経済評論家が経済崩壊の可能性について予想してる動画です。
意訳してみますた。
だいたい意味は合ってるかと思います。
参考までに載せときます。
・デービッド・ストックマン氏
歴史的な規模での衝突が起きる。
トランプの減税政策には、政府の予算不足に陥るリスクが伴う。
同時にFRBが債券の利回りを下げ続ける可能性もある。
その結果、大量の米債が市場に売られる。株式市場にバブル現象が生じる。
・スコット・ミナード氏
今のような完全雇用が実現されている社会では暴落が起こりやすい。
FRBは積極的に介入して利上げを行い、インフレを抑制するようになるだろう。
でも、この政策が景気悪化に繋がるはずだ。
・ポール・チューダー・ジョーンズ氏
1987年の株価暴落時と似た状況が、早くても来年には起こるだろう。
現在は過去40年の中で最も好景気だ。
完全雇用が実現された状態だが、これが続くとは思えない。
インフレは予想以上に急速に進んでいる。
FRBは早急に利上げを行う必要がある。
・レイ・ダリオ氏
現在はバブルの前段階だ。
次の大統領選までに暴落が起こる可能性は70%と思われる。
現在のトランプ氏の税制改革と今後の政策は、市場へ大量の現金流入が起きるが、近々利上げが必要。
今後はポピュリズムの是非をめぐって対立が強くなるだろう。
・ジョン・ハスマン氏
過去数年にわたり市場の危機を警告してきた。
2000年代初期から投資家たちが高値市場の中でさらに値上がりを助長するような動きが続いてきた。
2019年にこの流れは終わりを迎えるだろう。
・ジム・ロジャーズ氏
歴史的下落は何百万人もの米国民に影響を与えるだろう。
下落は1日にして起こるものではなく、一定の上昇期間を経てから起こるはずだ。
・ジェラルド・セレンテ氏
経済は1つの政策では変わらない。
世界情勢に左右される。
トランプの経済政策をもってしても、米国政府は大量の負債を抱えるだろう。
高利率が続き、金相場に関しては今がどん底状態だ。
・ジェームズ・デール・デイビットソン氏
3つの経済指標の分析からすると、すでに市場危機は始まりつつある。
多くの人はこの状況に気づいていない。
・クリス・マーテンソン氏
金融緩和でGDPの成長はFRBの狙いに近づく。
今後は通貨危機が主な問題となる。
金融資産からインフレに強い固定資産への移行が始まるだろう。
・アンドリュー・スミサーズ氏
1929年と1999年にも現在と同じようなリスクがあった。
今後、株式は89%もの落ち込みを見せるだろう。
まぁどうなんでしょうね。
89%の落ち込みって、リーマンショックどころか1929年の暗黒の木曜日そっくりじゃないですか。
Wikiウォール街大暴落 (1929年)
最高値と比べると89%の下落という衝撃的なものになった。
これは19世紀に市場が始まって以来の最安値だった。
まぁ、昔は、こういう話をかなり載せてたんですが、
さっぱり起きないので飽きて止めてます。
まぁ、10年前のリーマンショック記念に載せときますた。
本当にありがとうございますた。
以下は来月ワタスと講演をやる原田武夫さん
原田武夫さんは来月15日頃では?と言ってます。

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-10-expart-predict.html





あほうどりのひとりごと 幸福への近道
世見を中心に未来予測災害、いろいろなことをお伝えさせていただきます。
<<前の3件 1 2 3 4 5.. 次の3件>>
2018年07月16日
世見2018年7月16日金融恐慌?
★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報
<照の日記>
自分の
2018年07月16日 (月曜日)
両手のひらを、リズムよくポンポンと鳴らしてみてください。
ご自分がご自分のために奏でる音の心地の良いこと。
口笛も、ご自分のために一曲吹いて見ると、自分って凄いなぁ〜と思えます。
―――★―――★―――★―――★―――
<世見>
2018/7/16 金融恐慌?
「イギリス対アメリカ」
こんなタイトルを付けると、スポーツの対戦でも始まるかに思われるかもしれませんが、
「ロスチャイルド対ロックフェラー」
と書き直すと、どのようなことを思われますか?
「世界を牛耳る二つの巨大財閥」
こんなことを思う人がおられるかもしれません。
又、「国際政治の黒幕とのパイプ」なる動向を気にする方もおられるでしょう。
私は、こんなことを書いたからといって、全てのことを理解出来ているわけでもなく、
多分自分で書いたことすら忘れていることと思いますが、不思議なくらい、書いている最中は何かわかった気になっている自分がいるのです。
今、私の頭の中にユダヤの三文字が巨大化しているのです。
どちらがそうなのかはかなり「?」マークなのですが、ユダヤ民族主義者というのでしょうが、情報・通信業に何かを仕掛けた気がしているのです。
それと、株取引の策略も凄さを感じるのです。
近年に世界史の節目がやって来ます。
そのことを計画しているのか、それとも、もう計画が出来上がっているのか?
ウ〜ンと唸りたくなるところです。
その節目到来の時、影響力を発揮するのが“ユダヤ民族主義者”です。
「○○吟行設立 建国への役立ち アメリカでは軍需産業」、
ウ〜ンなんだこれ。 日本が登場するのか、いや違うのか‥‥?
「アメリカの大きな銀行では相手より力を付けた」。わからないが書いておきます。
「Fさん」、いえFってなんだろう?
「金融恐慌を仕掛けるネタが出来た」
「リーマンと違うやり方で」
ごめんなさい。
今日も意味がわかりません、
posted by キキ at 00:00 | 世見2018年7月

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/







米国の億万長者がニュージーランドに逃げ始めた
━━━━━━━━━━━━━━━━━
『マネーボイス』資産運用ニュース
2018年09月23日 日曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━
三十六計、逃げるに如かずのようです♪
いま、アリババのジャック・マーさんや,テスラのイーロン・マスクさんら成功者たちが揃って「逃げ支度」を始めているみたいです。
アメリカのお金持ちの間で「地下コンドミニアム」が人気化したり,あのビル・ゲイツさんが避暑地の軽井沢に「謎の巨大地下構造物」を購入か!?
なんて情報もあるんです(2つ目記事)
ゲイツさんは、やはり、きたる大戦争や大災害に備えているのでしょうか?
それとも単に、ものすごい暑がりなのでしょうか?
秘密基地に詳しいお父さんは、どう思いますか・・・
私は、お金持ちの核シェルターにも「鯖の水煮缶」の大量備蓄は必須なはず!と思うので、
缶詰が品薄になったり値上がりしはじめたら、覚悟を決めて大阪の実家に帰るつもりです☆(山内咲織)

fgdfdsf pc








2018.08.29
中国 崩壊の兆候 その@
ヒャッハーー!
さて、先日、世界は良い方向に向かってる気がする。
そう書いたのですが。
こと中国に関しては逆に悪い方向に行ってるように見える。
最近完全スルーしてたのが、米中貿易摩擦の件。
なんだか色々とやりあってます。
トランプさんが中国の国際郵便割引を撤廃しただとか。
アノニマス ポスト
@anonymous201504
【米中貿易摩擦】トランプ大統領が新たな一手、中国との国際郵便割引を撤廃 
中国のオンラインマーケット大手・アリババは配送コストが大幅増、Amazonが有利に
〜ネット「容赦ないなw」
http://anonymous-post.net/post-885.html
21:25 - 2018年8月27日
【米中貿易摩擦】トランプ大統領が新たな一手、中国との国際郵便割引を撤廃 
中国のオンラインマーケット大手・アリババは配送コストが大幅増、Amazonが有利に〜ネット「容赦ないなw」
トランプ米大統領は中国に対して実施している国際郵便の割引を撤廃するように米国郵便公社に指示する備忘録に署名した…
anonymous-post.net
ジーロ
@jiromaru55
止まらない人民元安、米中貿易紛争の影響も大きく(マネーポストWEB)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180808-00000001-moneypost-bus_all
8:38 - 2018年8月8日
ズームカー
@zoomcar63
中国ネット金融 破綻相次ぎ波紋 習指導部が規制 損失受けた投資家抗議
中国で高利回りをうたって個人から投資資金を集めるP2P(ピア・ツー・ピア)と呼ばれるインターネット金融の破綻が相次ぎ、
損失を被った個人投資家が各地で抗議の声を上げている。産経
6:26 - 2018年8月9日
どうも封じ込めてるみたいですね。
中国住み
@livein_china
真偽不明な動画だけど、投稿者によると
「北京の地下鉄駅で公安が乗客のスマホを開かせチャット記録をチェックしている様子」だそうな
中国では最近、P2P金融の相次ぐ破綻で被害を受けた投資家が集団抗議活動を
行う動きが多数あり、それを封じ込めるためにこのような指示が出ているのだとか
23:07 - 2018年8月7日
250
242人がこの話題について話しています
まぁ、どうなんでしょうね。
破綻はもっと先なのか。
それとももうすぐなのか。
ちなみに予言等々は話半分なんですが、こんな予言ありますたね。
「秋」は日本ではなく、中国とアメリカが原因でお金自体の価値、食べ物の価値が変わってしまうようなことが起こってくるみたいです。
混乱を招きたくないのでこれ以上は書けません。
伊勢女さん 秋の予言より
まぁ、ネタ的にかなり古いですが。
秋って今年の秋のことでしょうか。
なにか今の状況にかなり合ってるように思えるのですが。
まぁ、ワタスは前から言ってるように。
今後は中国は5つに分割される。
2021年以降。
この紫のところが瀋陽軍区。いわゆるネオ満州国になる。
そして暴走する。
最終的に、この中国の東北部。
瀋陽軍区が核の被害に合うと見てるのですが。
これは昔に載せた韓国軍人の予言。
時期は外れてるもののこれは当たる気がする。
中国から離れろとしきりに言ってますね。
皮肉なことに深刻な被害を受けるはずだった強大国たちは大した被害を受けず、むしろ弱小国が被害を無条件受けることになるが、
中国は例外で巨大な人命被害を受けることになり、同時に徐々に縮小され、崩壊します。
(理由は私もよく分からなかったです。私がタイムマシンに乗って来る時頃に調べてみても、
導通の[繋がっていく]理由を探すことができなかったです。)
中国で、放射線とその他の複合的要素が重なって、最大の人命被害が生じることです。
(中国の亡くなった人達の大半が戦争によって生じた原因不明の死亡で、先程も言ったようにその理由を知ることができません。)
[中国又は世界規模での情報隠蔽があったことを匂わせている?]
可能であれば、中国から遠く離れてください。
その年度を第三次世界大戦が勃発した年とし、中国だけでなく、周辺国までもが人的被害を被ることになります。(韓国では死者数百人の死傷者数千人程度にとどまるが、中国はものすごいです。
一般的に数を数えられないほど多くの被害が続出しています。
中国で想像できないほどの膨大な人命被害があります。
(被害規模は、記事を書くことも恐ろしく言葉にするのも辛いです。
被害の規模まで話をすると、信じない方々がさらに信じなくなるのが明らかですから。)
そして韓国も、いくつかの地域では人命被害があります。
もちろん、実質的な敗北国の中国に比べると、米国の同盟国である韓国の被害は相対的に非常に少なく見ることができます。
被害人名は約千人を上回り、仁川(インチョン)地域と、その下に保寧(ボリョン)の近くなので、
その時期に必ずその近辺だけを避けていただければ、絶対に皆さんに何のダメージもないことを断言します。
保寧(ボリョン)の中心と特に、仁川(インチョン)の中心街にいる方達は、死亡または様々な皮膚ガンと、その後遺症に多大な苦痛の人生を生きることになります。
他の事は信じてなくても良いですがお願いだから、必ず戦争は起こることになる、その言葉だけだけは信じることを願います。
中国は、人で例えるとモラルの低い困ったちゃんですね。
今までいろんな人に援助されて発展してきたのに恩を忘れ我が物顔に振る舞うエゴの強い国。
地球の波動の上昇に合わなくなって、消えてなくなるのかも。
とかなんとか。
本当にありがとうございますた。

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-chaina-soon-collaps.html
https://golden-tamatama.com/blog-entry-10-expart-predict.html








中国分割シナリオA 中国経済崩壊の予兆
経済情報
2018.06.13
さて、米朝首脳会談ありましたね。
NHKニュース

@nhk_news
ワーキングランチを終えたトランプ大統領
「誰が思っていたよりもすばらしい会談だった。われわれはこれから署名する」。
米朝首脳会談の成果は。
14:01 - 2018年6月12日
705
485人がこの話題について話しています
Twitter広告の情報とプライバシー
その昔は、この2人が合うのはギャグでしかありえないと思ってたのに。
かなり昔に肩を組む2名。
これも仲良く踊ってる。
まさか本当に合う日が来るとは。。
これで今後は朝鮮半島は北朝鮮の主導で統一でしょうか。
で、気になるのは、今後の中国です。
今後中国解体のシナリオがあると書きましたが。
どうやってその方向に持って行くのか。
最近の動きを見るにやっぱり経済崩壊かと思ってます。
今、中国元かなり下がってますよね。
ドルに比べてかなり下がってます。
中国の外貨準備高もだだ下がり。
2017年以降はちょっと回復して、また下がってる。
これは共産党幹部や企業幹部が我先に外貨を国外に持ち出してるからですね。
今年の中国のGDPの成長率は6.6%などと言ってますが、
実際には3700兆円もの借金があると言う人もいます。
中国は去年からまた資本主義から共産主義に戻っちゃいました。
株が暴落するから売ってはいけないし、先物取引もしてはいけない。
そのため株価は下がらなくなった。
土地も決められた値段以下で売っていけません。
ってあんた。
そりゃ市場経済を止めたってことでしょう。
ダメだこりゃ。。
それで外国企業が逃亡をし始めた。
ついでに共産党幹部も逃げ始めた。
それで外貨準備がどんどん減ってる。
ビットコインの取引規制も同じ理由なのですた。
で、最近こんなニュース出てましたね。
中国第3位の安邦(あんばん)集団が破綻して国有化。
負債は36兆円だったそうです。
中国経済、日本のバブル崩壊直前と酷似で危険水域か…保険大手が政府管理下に
先日には、総資産2兆元(約34兆円)で中国3位の保険会社である安邦保険集団が一時的に国有化された。
創業者で会長の呉小暉氏が中国当局に拘束され、さらに当局が銀行に安邦の商品の取り扱い禁止を命じるなど、その先行きが危ぶまれていた。・・
この会社は、世界中のホテルを買収してましたね。
他に有名なのは海航(かいこう)集団。
LCCなどをやってる航空会社ですが、11兆円の負債で国有化になりました。
海航集団と言えば、あの有名なホテルのヒルトンなどを買収してたところです。
気になるのはこの会社はドイツ銀行の筆頭株主なところです。
中国がぶっ潰れたらドイツも連鎖破綻するかもしれません。
それと不動産市場も怪しい。
中国の巨大な不動産バブルの崩壊、始まった可能性も
【北京】何年にもわたり膨らんできた中国の不動産バブルがしぼみ始めている。
9大都市の不動産価格は4月、前年同月比4.9%低下。
9都市の地価は昨年は、21.5%上昇している。2009年は約10%の上昇だった
多くの都市で、10〜20%の価格調整が起きるとみている。
上海では4月にマンションの売買件数が前年同月比37%減少し1万1000件となった。
中国は去年から地下鉄建設もストップしてます。
中国、地下鉄建設を抑制か 債務膨張を警戒、新設計画受理せず
地下鉄の建設ラッシュが続く
中国で7日までに、中央政府が地方都市の計画認可にブレーキをかけ始めた。
投資に過熱感が出て、建設を担う地方政府の債務が膨張して経済が混乱することを警戒しているためだ。
で、地方都市では、ビルの建設が途中で止まってゴーストタウン化してるところが多いと言います。
怪しいのが時々金利が跳ね上がってるとこです。
中国のインターバンク市場では、時々、金利が異常に急上昇してます。
インターバンク市場とは、銀行同士の資金の貸し借り市場です。
銀行はお金が余ってる銀行から、足りない銀行に資金を貸し合って融通しあってるのです。
それで一日で返金するのをオーバーナイトもの。
1週間で返すもの。
14日で返すもの。
そういう短期で貸し借りをやってるのです。
で、去年の7月と12月に上海インターバンク市場で、
金利が異常に跳ね上がった時がありました。
今年の2月にもまた起きてます。
一時期、金利が10%以上まで上がったのでした。
インターバンク市場で金利が上がる=資金が余ってる銀行が少ない
です。
こういうのが度々起こるのは経済破綻の証拠でしょう。
今年はまだまだギリギリ持つ。
今年の年末から来年にかけてじゃないでしょうか。
ワタスは、そこから2021年に向けて中国分割のシナリオに行くと見てます。
本当にありがとうございますた。

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-chaina-collaps-2018-2019.html










posted by datasea at 02:21| Comment(0) | $ 玉蔵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: