2018年05月30日

福島米「会津ブーム」


<福島米が足りない>(上)家庭用 「安いうまい」会津復権 買いたたき 変化の兆し
スーパーの店頭に並ぶ会津産コシヒカリ=仙台市青葉区のみやぎ生協愛子店
福島県産米を巡る市場の風向きが変化している。
高付加価値化が進む家庭用米は、会津産コシヒカリがインターネット通販で上位にランクイン。
多量安定供給が求められる飲食店や中食向けの業務用米も、業者の引き合いが東日本大震災前より強まっている。
ニーズの高まりは、東京電力福島第1原発事故による根拠のない風評が風化する潮目になるのか。
福島のコメの生産と流通の今を探った。(報道部・門田一徳、福島総局・高橋一樹)
家庭向けコメ販売で「会津ブーム」が起きている。
ネット通販大手アマゾンジャパンの売れ筋ランキング。
2017年産の会津産コシヒカリは昨年10月の発売以来、トップ3入りが続く。
山形県産「つや姫」、北海道産「ゆめぴりか」などのブランド銘柄を抑え、上位ランクの常連だ。
販売数量は、わずか2カ月で前年実績の半分に当たる約250トンが売れた。
パルシステム生活協同組合連合会(東京)でも会津産コシヒカリが人気を集める。
17年産は、既に前年比120%増の約300トンが予約販売された。
パルシステムの米穀販売の担当者は「コメ消費の減少で、最近はどの銘柄も良くて現状維持。
会津米のように販売量が増えるのは珍しい」と驚く。
 なぜ会津米の需要が急増したのか。
販売元の会津よつば農協(会津若松市)の赤城康浩米穀課長は
「高品質米をお手頃価格で買えるからではないか」
とみる。
 会津産コシヒカリは、日本穀物検定協会の「特A」評価を過去20年で18回獲得している。
コシヒカリでは新潟県魚沼産に次ぐ回数の高品質銘柄だ。
食味評価と連動し、価格は魚沼産、新潟県産に次ぐ高値で取引されていた。
しかし、原発事故以降、風評被害の影響で価格は低迷する。
17年産米の価格は全国的に上昇した。
生産調整(減反)による供給量の引き締めや夏場の天候不順などが要因だ。
会津産コシヒカリも値は上がったが、相対的な位置付けは変わらない。
昨年10月の相対取引価格は1万5411円(60キロ当たり)で、「特A」評価が過去1回の茨城県産や千葉県産と同じ価格帯に位置付けられた。
そこに賢い消費者の「買い」が集中した。
突然の人気復活に会津よつば農協は当惑する。
17年産米は3割強を卸業者や飲食店などに直接販売し、残りを全農福島県本部に販売委託する計画を決めている。
直接販売量を増やせず、新規契約を断らざるを得ない状況になっている。
会津よつば農協は18年以降、消費者動向を踏まえ、価格安定や生産者の手取り額増につながる直接販売を増やす戦略を練る。
長谷川一雄組合長は「風向きは確実に変わっている。直接販売を4割まで持っていく」と意欲を見せる。
 福島県で風評被害などを調査した東京農大の門間敏幸名誉教授(農業経営)は、会津米が産地名をうたい消費者に受け入れられている点を挙げ、卸小売業者が買いたたく交渉カードとして「風評」が機能しなくなってきたと指摘する。
 価格はコメ本来の価値に見合ったレベルに戻ると予測。「会津米は元々、ブランド力がある。積極的に名前を売り出すべきだ」と助言する。

河北新報オンラインニュース
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180121_62005.html

ふたば
www.2chan.net/













pp6520150000134.png


pp6520150000322.jpg


pp6520150000330.jpg






放射能汚染状況/穀類
※お米及び穀物の検出限界値の平均は8.3ベクレル/kgでした。
検出限界値が8.3ベクレル/kgと極めて高いにもかかわらず、放射性セシウムの汚染がみられます。
放射能はかけ算なので、たくさん食べる量が多い主食、お米に注意が必要です。
特に玄米は汚染度合いが深刻なので、注意が必要です。
お子さまや妊婦さんが食べる主食は特に気をつけて頂いて、お子さまを守っていただければと思います。

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000045281.html
http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000084439.html

ホワイトフード
https://news.whitefood.co.jp/news/foodmap/4585/











絶対に食べてはいけない放射能汚染食品!! - 高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟
絶対に食べてはいけない放射能汚染食品!!
2015-09-20 01:12:48 | 危険食物
日本国内のコンビニや、スーパーには、安全な食品はない!!
1.日本ハムファクトリーは、ハム・ソーセージ事業の主力工場・茨城工場に新工場棟を竣工した。
約70億円を投じ、フランクフルトソーセージやプレスハムなどの業務用商品を中心に製造する最新設備の高生産性連続ラインを導入。
2.伊藤ハム ・葉県柏市、神奈川に工場あり
3.「ホルンマイヤー」ハムソーセージ、販売会社は大阪だが親会社は丸大ハム「原料産地は個別に確認不可。ほとんどは栃木工場で生産。
4.タイの日本向け輸出缶詰は、日本産が95%
5.三陸沖の魚を使ったサバ味噌煮缶詰、サンマの冷凍一夜干しから、それぞれ15.52ベクレル、4.73ベクレルが検出。
常総生活協同組合(茨城県守谷市)が、松戸、柏、つくば、取手など千葉、茨城の15市町に住む0歳から18歳までの子どもを対象に実施した尿検査で、
その7割からセシウムが検出されました。
6.赤ちゃん本舗の「赤ちゃんの純水」は、群馬の水を使用しているとのこと。
7.「aQaizu (アクアイズ)」 福島 ”奥会津”の天然水ブランド
ハーベス aQaizu 500ml PET×24本
8.アナと雪の女王のミネラルウォーターを買って来たが、採水地は山形県でした。
9.キッコーマンが千葉でトマト生産 傘下にケチャップ製造「日本デルモンテ」
10.グリーンコープのデミグラスソース缶とキッズカレー、それぞれ製造場所は熊本と佐賀だが、
どちらも原材料に福島県産トマトを使用している。
11.カゴメ 「ふくしま産トマトジュース」全国発売
http://bran7.net/wp-content/uploads/2013/11/fukuto.png
KAGOME ふくしま産 トマトジュース【10.8L】
福島県に大規模トマト工場 カゴメが全量買取 。年中栽培・出荷。年間660トン。
カゴメ/野菜生活100Original⇒KGMWは長野で製造。国産原料はにんじん(茨城)、ほうれん草(茨城、長野)、
クレソン(長野、山梨)、メキャベツ(山梨、静岡、長野、愛知)等。原料や商品を抜き取りでセシウム134、137をそれぞれ5㏃/kgで検査。
カゴメ/野菜一日これ一本⇒KGMTは栃木で製造しています。
にんじんは茨城、千葉、青森、長野、愛知産他、メキャベツは山梨、静岡産、レタスは長野産、セロリは長野、静岡産です。
Lot毎にセシウム134とセシウム137を5㏃/kgで検査しています。
カゴメ製品は、放射能値が高い!!
12.COOP 濃縮還元 国産果実 りんごジュース 100 【測定結果】 Cs-137:2.74±0.85Bq/kg,Cs-134:0.94±0.95Bq/kg
13.スジャータ めいらくグループ 千葉第二工場増設完了
http://www.sujahta.co.jp/company/news/img/20131107_2.jpg
14.産地:福島、加工:青森のりんごジュース
15.カルピス、群馬工場増産 製造品種は「カルピスウォーター」
16.マルハニチロ、アクリが再出発 農薬混入事件の群馬工場を再開 ピザ、クリームコロッケから先行再開
http://www.beeboo.co.jp/db_img/item/00004/43895/y1bpCk0rZQe58BLjSYm7qONcs1CyoSvuyzxf4Dc8E5QsrhLChc1yYyqSF4xP0eti.JPG
17.伊藤園 緑茶から68.6ベクレルのセシウム検出!
http://img01.makusta.jp/usr/takumiuna/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%9C%92.jpg
18.セブンイレブンの緑茶からセシウム検出
http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fstat.ameba.jp%2Fuser_images%2F20140817%2F13%2Fc-dai%2Fac%2Fa1%2Fj%2Ft02200216_0250024513037421087.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
19. 江崎グリコのアイス「牧場しぼり」は福島で製造
松永牛乳(株)福島県南相馬市
江崎グリコのアイスの製造委託先 「福島の生乳を使用」
江崎グリコ、その他の商品にも松永牛乳製が
20.タカナシ低温殺菌牛乳 Cs-137 0.19Bq/kg(誤差9%)、Cs-134 0.06Bq/kg(誤差15%)、検出限界0.04Bq/kg 
21.エシレグラス、福島市で製造
エシレグラス、福島市で製造
22.愛知商高ユネスコクラブ、福島産ブルーベリーアイスを愛知県で販売!
23.主なじゃがいも生産エリア 福島県白河市 【ふくしまけんしらかわし】: カルビー株式会社
24.『いさだスナック/わかめスナック』 | カルビー三陸水産業の復興支援「三陸いいものプロジェクト」
いさだスナック/わかめスナック
25.ケロッグの国内工場は群馬県高崎市のみ
http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20131209%2F17%2F1445267%2F1%2F220x165x0ada2081cefcea8c03954f9d.jpg%2F300%2F600&twidth=150&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
「ケロッグのシリアルからは何度計測しても16ベクレル!」
26.群馬県の「こんにゃく」からセシウム 厚生労働省
27.神戸風月堂:レスポワール、ピーチゼリーに使用している桃は福島産とのこと。
28.山崎製パン/やまざき月餅⇒千葉で作っています。
29.不二家/生ミルククッキー⇒神奈川で製造。卵は千葉、青森、岩手、福島、茨城、群馬、埼玉、秋田、神奈川、栃木産、全粉乳はオーストラリア産、脱脂粉乳は北海道、福島産です。
30.スマイルフォー東北-フロム芦屋
東北のおいしい特産品をお菓子にして全国へ届ける取組みとして、東北産いちごを使ったマドレーヌをご用意しました。
31.グリーンコープのポテトチップス(セシウム入り)は「わさビーフ」で有名な山芳製菓の関西工場製
32.グリーンコープの「りんごプレザーブジャム」(長野県産りんご使用)からセシウム 合算で、4,79ベクレル検出されました。
33.欧州産ブルーベリー 相次ぐ基準値100ベクレル超え
34.イケアのブルーベリージャムを測定したところ高いのは110ベクレルあった。
35.干いも、8割以上が茨城産 JAグループ茨城
36.ヨーカドーで売っている「秘蜜のポテト」ー鹿児島県種子島産の安納いもー商品パッケージの表ラベルには九州、種子島の地図が印刷されているが、
裏のラベルには、 原材料:さつまいも(安納いも) 原料原産地:鹿児島県種子島 って。調べたら…製造場所は福島だった…。
37.コンビニのおにぎりは、青森県産と福島産を50%ずつブレンドしてます。
38.イオン トップバリュ 福島県産コシヒカリごはん
39.イオンのレトルト入り「ビーフのうまみミートソース」と「まろやかでコクのあるカルボナーラ」は「福島県の工場(J728)で作っています。」
40.ファミマ “福島県産白桃”や“伊達鶏”など 福島県産食材を使用した商品4種類を発売!
41.伊達鶏は福島県伊達市の伊達物産が供給。福島市の森藤食品工業の「福島りょうぜん漬」の高菜が添えられている。
42.沖縄のファミマにもあった「俺のプリン」 福島製造だったからビックリした。
福島の卵を作って福島で製造か。 「俺の茶プリン」も福島製。
43.福島県伊達市産の卵使用の新商品「俺の茶プリン」 ファミリーマートが全国発売
http://kaw.stb.s-msn.com/i/DA/6EB17455B4A159FC126EBBF2CC5F4D.jpg
44.ファミマ、福島県平商高生考案のパン発売 福島産の桃のピューレ使用
http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fwww.minpo.jp%2Fassets%2Fimg%2Ffukushima_to_genpatsu3.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
45.亀田製菓のおせんべい類の米は福島を除く全国のブレンドで、宮城など東北関東を含んでいる。
検出限界値は10ベクレル。
46.森永乳業 練乳・ チューブ入り練乳は、熊本工場の他に福島工場でも製造。
福島工場の製品の生乳は福島県及び近県、しょ糖は北海道産。
需給の関係で急きょ原材料の産地の変更の可能性あり。 放射性物質の検査は定期的に実施、ゲルマで下限値はセシウム合算20Bq/kg。
47.【明治ヨーグルトRー1原産地情報】 製造所記号KZは埼玉工場生産品 生乳は関東近郊と岩手、宮城、福島産。
48.コイケヤのポテトチップス、夏のじゃがいもは茨城県産 → セシウム検出
49.アサヒ、福島DCビール発売  日本最大級の福島工場で製造
http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150203%2F17%2F1445267%2F0%2F387x600x87c2041d5d8f47a0f20b7eab.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r https://www.asahibeer.co.jp/news/2012/image/0529_1.jpg
50.「キリン 氷結 福島産桃」を発売
「キリン 氷結 福島産桃」を発売
51.キリン、福島産梨で缶酎ハイ 安全性アピール
キリン、福島産梨で缶酎ハイ 安全性アピール
52.メルシャン、ワイン「北のフィネス」発売。福島県会津美里町の新鶴地区のブドウを使用
53.コープ自然派 「特選・料理用自然酒」 11号注文分より原料米が福島県産「夢の香」に変更になります。
54.【九州名産・かしわ飯の素】 トライアルにもあった、さくらんぼ印の「九州名産かしわ飯の素」。九州名産?でも製造元は福島県白河市の桜乳業株式会社。
55.「熊本産栗」だけど、生産は、福島県白河市。
まだまだ沢山あります。
コンビニや、スーパーにある食品は、大なり小なり放射能汚染されていますので内部被ばくを避けることは不可能ですので、
内部被ばくした身体から如何にして放射能を排出させるかです!!
重度の放射能障害は、改善できますので希望者はFAXにてお申し込みください!!

高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/12c977cef338fd3c9a2e8786785454b4?fm=entry_awp_sleep





posted by datasea at 02:16| Comment(0) | $ 経済アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: