2018年05月26日

テクノロジーの預言者ジョージ・ギルダーが語る「グーグルの次の時代」

テクノロジー
テクノロジーの預言者ジョージ・ギルダーが語る「グーグルの次の時代」
ジョージ・ギルダーは、過去40年にわたり、経済成長と好況、それにテクノロジーが果たす役割について述べてきた最も影響力のある学者で作家の一人である。
1981年のレーガン政権時に書いた『富と貧困―供給重視の経済学』がベストセラーに。
その後、テクノロジーが次の時代にどのようなインパクトを与えるかにフォーカスした
『MICROCOSM(邦訳:未来の覇者 マイクロコズムの世紀)(1989年)、
『LIFE AFTER TELEVITION(邦訳:テレビの消える日)』(1990年)、
『TELECOSM(邦訳:テレコズム ブロードバンド革命のビジョン)』(2000年)、
『The Silicon Eye(未邦訳)』(2006年)、
『The Scandal of Money(未邦訳)』(2009年)
を上梓し、いずれも話題になった。
今年2018年夏以降に『Life After Google』の出版を予定している。
──テクノロジーの進歩は加速しているでしょうか、それとも減速していると思いますか?
加速してはいない。もちろん、進歩は続けているが。
しかし、投資家で起業家のピーター・ティールが言う、
「テクノロジーの進歩は必然ではない」
という意見に賛成だ。
──つまりどういうことでしょうか?
文化人類学者のマーガレット・ミードによる、カヌーを発明した海洋部族に関する話を思い出してほしい。
大量の魚を一度に獲るために流線形のカヌーを考え出した。
しかし、長い時が経ち、彼らはそのカヌーの作り方を忘れてしまう。
ミードが部族に出会った時、彼らは食糧危機にも関わらずビーチに座り、ただ海を眺めていた。
カヌーがそれを解決してくれる手段だとは考えも至らずに。
──しかし現在では、学んだ知識は無数のデバイスに永遠に蓄積され、消えてしまいことはないでしょう。
我々は実際には、ある種の記憶喪失症の危険に直面している。
真の起業の源である創造性や進歩を忘れている。
つまり、テクノロジーの進化の集積による発明だ。
市場の株価の値上がりの利益が5社に占有されているのは良くない状況だ。
彼らは自社株を買い戻し、ライバル起業の株を買い占めている。
その5社とは、グーグル、アップル、フェイスブック、マイクロソフト、アマゾンだ。
──テクノロジー・ジャイアントの成功がどうしてイノベーションを妨げるのでしょうか。
彼らの成功は、テクノロジーの根本的な変化を反映したものではなく、大企業を最優遇した政府による広範囲の規制緩和によるものだ。
彼らはロビー活動や訴訟に強く、規制の迷路をすり抜ける能力に長けている。
──次の著作に『Life After Google』とタイトルを付けた理由を教えてください。
大規模データセンターやAI決定論におけるグーグル・パラダイムは、次の時代には凌駕されていると、私は確信している。
──取って代わるのは何なのでしょうか?
ゴードン・ベルの法則によれば、ムーアの法則によって予測された進歩により、コンピュータの費用対効果は10年ごとに100倍上昇する。
この法則によれば、全く新しいコンピュータ・アーキテクチャが出現することになる。
──ということは現在、ベルの法則やクラウドの10年目のポイントに来ているということでしょうか。
驚くなかれ、今まさに新たなアーキテクチャが出現しようとしているのだ。
それはこれからますます問題になる、穴だらけのセキュリティであるインターネットへの一極集中問題を解決してくれるだろう。
それは世界中に存在する小規模なデータセンターとなり、その多くはモバイル機器で、暗号化されたもの。
ブロックチェーンをはじめとする新技術をベースにした新たなコンピュータ・アーキテクチャだ。
──なぜグーグルはその技術に参入しないのでしょうか。
グーグルは自らの幻想に捉われている。
グーグルが得意になって吹聴している機械学習の進歩は、コンピュータ処理のスピードの進化そのものだ。
全人類がこれまでに打ってきた囲碁の勝負を超える数を、コンピュータが1分間で打てたとしても、それはインテリジェンスの素晴らしい進歩とは言えない。
インテリジェンスは変わらず、単にテラヘルツ・レベルにスピードアップしたというだけだ。
それでもグーグルらは、機械学習が自我を持ち、人類を支配できるなどという幻想を抱いている。
──AIは歓喜とともに恐怖も呼んでいます。例えばイーロン・マスクは恐怖を感じています。
イーロン・マスクは素晴らしい起業家だ。
しかし同時にマンネリ化した思想の持主だ。
もし彼が、倫理的な先見の明の持主であることを期待され、その役割を演じるようになれば、人間の生活は、単なる賢い人たちのゲームのシミュレーションの場にすぎなくなる。
──人間性をかなり悲観した見方ですね。
実にばかげている。客観的にみて、おかしい。
シリコンバレーは人間を退化させるのではなく、より人間の生産性を上げさせる方法を考えるべきだ。
Forbes JAPAN

MSN
https://www.msn.com/ja-jp/news/techandscience/テクノロジーの預言者ジョージ・ギルダーが語る「グーグルの次の時代」/ar-AAwlhQb?ocid=spartandhp
https://www.msn.com/ja-jp/









アマゾン「エコー」、夫婦の会話を第三者に送る−知らぬ間に起動
2018/05/25 09:29
ブルームバーグ
米アマゾン・ドット・コムの音声アシスタント「アレクサ」を搭載するスマートスピーカー「エコー」が米オレゴン州ポートランドの夫婦の会話を誤って録音し、
知らぬ間に知人に送ってしまう出来事があった。
KIRO7の報道によると、この夫婦は会話の内容が送られてきた知人から電話を最近受け、
「アレクサ搭載機器を今すぐ切って。ハッキングされている」
と伝えられた。
夫婦は室温や照明、セキュリティー管理などで音声起動型のアマゾン機器を複数使用していたという。
アマゾンは23日、電子メールで配付した資料で今回の出来事に至った経緯を説明。
それによると、夫婦の会話から通常録音が始まるきっかけになる「アレクサ」と聞こえる単語を聞き取りエコーが起動。
その後、会話から
「メッセージを送って」
と聞こえた時点で、エコーが「誰に?」と尋ねた。
夫婦はその後も話し続け、エコーは会話の一部を解釈して連絡先リストから名前を特定。
その連絡先にメッセージを送りたいのかと音声で確認すると「そうだ」と聞き取ったという。
アマゾンは、
「こうした出来事が起きる公算は小さいが、今回のケースのような可能性をさらに低くする選択肢を検討している」
と説明した。
テクノロジーへの法適用を研究するワシントン大学のライアン・カロ准教授(法律学)は、
偶然、あるいは起動させる言葉を発していないにもかかわらずエコーが作動してしまう程度なら人々は大目に見る姿勢にあったが、
今回は私的な会話が録音され、第三者に送られたという意味でより憂慮すべき事態だと述べた。
アマゾンは23日、電子メールで配付した資料で今回の出来事に至った経緯を説明。
それによると、夫婦の会話から通常録音が始まるきっかけになる「アレクサ」と聞こえる単語を聞き取りエコーが起動。
その後、会話から「メッセージを送って」と聞こえた時点で、エコーが「誰に?」と尋ねた。
夫婦はその後も話し続け、エコーは会話の一部を解釈して連絡先リストから名前を特定。
その連絡先にメッセージを送りたいのかと音声で確認すると「そうだ」と聞き取ったという。
アマゾンは、「こうした出来事が起きる公算は小さいが、今回のケースのような可能性をさらに低くする選択肢を検討している」と説明した。
テクノロジーへの法適用を研究するワシントン大学のライアン・カロ准教授(法律学)は、
偶然、あるいは起動させる言葉を発していないにもかかわらずエコーが作動してしまう程度なら人々は大目に見る姿勢にあったが、
今回は私的な会話が録音され、第三者に送られたという意味でより憂慮すべき事態だと述べた。
原題:Amazon Explains Why Alexa Recorded, Shared Couple’s Conversation(抜粋)
記事に関する記者への問い合わせ先:シアトル Spencer Soper ssoper@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:Jillian Ward jward56@bloomberg.net, Alistair Barr
c2018 Bloomberg L.P.

MSN
https://www.msn.com/ja-jp/




















ウーバーの自動運転死亡事故、衝突6秒前に歩行者検知 米運輸安全委
2018/05/25 06:29
【AFP=時事】
米アリゾナ州テンピ(Tempe)で3月、配車アプリ大手ウーバー(Uber)の自動運転車に女性歩行者がはねられ死亡した事故に関し、
衝突の6秒前に車が歩行者を検知したものの、自動緊急ブレーキ(AEB)が作動しなかったことが明らかになった。
米運輸安全委員会(NTSB)が24日、初期調査報告書を発表した。
米アリゾナ州テンピで発生した配車アプリ大手、ウーバーの自動運転車の死亡事故の瞬間を捉えた画像。
車載カメラの映像より。テンピ警察提供(2018年3月18日撮影、21日公開)。
同委員会は、今回の報告書で責任の所在は特定していないとし、結論は今後の報告書で明らかになると説明した。
一方、報告書は、自動運転システムは歩行者を検知した後、衝突の1.3秒前に緊急ブレーキが必要だと判定したが、
事前にウーバーの技術者らがAEBシステムが作動しないよう設定していたとも指摘している。
AEBを無効にした理由は「車体に不規則な挙動が生じる可能性を下げるため」とされている。
また、緊急事態に備えて乗車していた運転手は衝突まで1秒を切った時点で事故回避の操作をしたが、衝突は避けられなかった。
報告書によれば、歩行者は暗い色の服を着て、側面に反射板のついていない自転車を押しながら、車道の街路灯のない地点を横断していた。
さらに、歩行者に対する薬毒物検査の結果は「メタンフェタミンとマリフアナが陽性」だった。
【翻訳編集】AFPBB News

MSN
https://www.msn.com/ja-jp/







変なホテル東京 浜松町
無料メルマガ『売上倍増戦略講座』
エイチ・アイ・エスホールディングスは4月25日,ロボットが受付をする医療クリニックを併設した新しいホテル
「変なホテル東京 浜松町」(東京都港区)
を27日にオープンすると発表しました。
「変なホテル」の6店舗目。
医療クリニック「AI(アイ)ロボクリニック」を併設し,遺伝子検査や腸内フローラ検査を行い,
検査結果に基づくオーダーメードの予防医療や治療のサービスを提供します。
診療科目は内科,皮膚科,歯科です。
自由診療のクリニックのため公的医療保険適用外となります。
宿泊者以外の利用も可能だといいます。
スマホアプリを活用した予約システムを導入しています。
同ホテルはJR線浜松町駅から徒歩2分の駅近にあり,羽田空港まで20分足らずの東京モノレールも利用しやすいことから,
ビジネス需要に加え,インバウンド需要も見込みます。
「変なホテル」は2015年にテーマパーク「ハウステンボス」に1号店をオープン。
東京ディズニーリゾート近くや東京・銀座などで展開しています。
無人のバーや無人のコンビニを取り入れるなどしてホテルの省力化を進める考えです。

creationconsulting.co.jp
http://creationconsulting.co.jp/2017/11/7950
http://creationconsulting.co.jp/2018/03/9775




posted by datasea at 09:29| Comment(0) | // 社会学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: