2018年05月11日

軍事情報:北朝鮮「Fire and Fury(火と怒り)」の歴史


pp6519520000996.jpg


North Korea & The Dangers of Nuclear War: Towards the Implementation of a Peace Project
Thursday, November 30, 2017 17:56
(Before It's News)
By Prof Michel Chossudovsky

Before It's News
beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/11/north-korea-the-dangers-of-nuclear-war-towards-the-implementation-of-a-peace-project-2468800.html?currentSplittedPage=0
beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/11/north-korea-the-dangers-of-nuclear-war-towards-the-implementation-of-a-peace-project-2468800.html?currentSplittedPage=1

nuclearsecrecy.com
http://blog.nuclearsecrecy.com/wp-content/uploads/2012/05/1945-Atomic-Bomb-Production.pdf















(要約)
軍事情報:北朝鮮「Fire and Fury(火と怒り)」の歴史
北朝鮮と核戦争危機:平和の実現へ、
2017年11月30日木曜日17:56
Michel Chossudovsky
このテキストは12月中旬に電子ブック・フォーマット(pdf)で出版予定。
深刻化する朝鮮半島危機のなかで,Michel Chossudovskyの研究書
「北朝鮮と核戦争危機(North Korea and the Dangers of Nuclear War: Towards the Implementation of a Peace Project)」
の予備草案版をリリースすることに決めた
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■はじめに
危険な十字路
最初に「Fire and Fury(火と怒り)」という概念を使ったのはDonald Trumpではなかった。
「Fire and Fury(火と怒り)」は米国の軍事ドクトリンで古くからある概念だった。
それは第二次世界大戦の終期わりからはじまった米国の軍事介入の特徴であった。
2017年の国連総会での演説で,Trump大統領は過去の大統領と異なる独自性を語った。
それにもかかわらず,我々は未だ危険な交差点にいる。
Trump大統領の外交政策の誤算で,考えられない危険性が生まれている。
今の状況は,55年前のキューバ危機(1962年10月)の状況を思い出させる。
今の状況と1962年10月当時で何が違うかといえば,当時対立していた両首脳(John F. KennedyとNikita S. Khrushchev)は,双方が核戦争による人類絶滅の危険に気づいていたということだ。
それとは対照的に,現在の米大統領Donald Trumpは核戦争の危険性を理解していない。
Donald Trump
「我々は北朝鮮を破壊するほかない」。
「Kim Jong-un/キム・ジョンウンは特攻任務を負うロケットマン(“rocket man” on a suicide mission)だ」。
9月3日,北朝鮮は6回目の過去最大規模の核実験を実施,150〜250キロトン規模の爆弾を使用した。
これに応え,国連安全保障理事会で中国とロシアは北朝鮮への新たな制裁を支持。
中国の中央銀行は,中国国内の他の銀行に北朝鮮への送金停止を止めるように命じた。(ArmsControl.org,2017.10)
■「Fire and Fury(武器と怒り)」の歴史
朝鮮戦争(1950-53)勃発当初から,Harry Truman大統領は南北朝鮮に対し「Fire and Fury(武器と怒り)」政策を適用すべきだ唱えていた。
そして米国議会で承認されたこの策を韓国で実行したのがDouglas MacArthur将軍であった。
MacArthur将軍自身,
「吐き気をもよおすような,ぞっとするような苦しみの連鎖」
「このような荒廃を過去に見た事がない」
と,議会上院軍部やと外交関係委員会のメンバーに話していたという。
1951年5月当時,朝鮮戦争は勃発してまだ1年だったが,MacArthur将軍によれば,この段階で北朝鮮の犠牲者はすでに100万人をこえていたという。
MacArthur将軍
「歴史上,過去にない犠牲者数,災害であったと思う」
「私の胃は固まった」
記事:北朝鮮は米国を攻撃しうるか? (Does the DPRK Constitute a Security Threat to the USA?,Washington Post,2017年8月号記事)
Brian Willson(ベトナム戦争の軍人)
「米国民は自分自身を,攻撃目標になった国の国民におきかえてみればいい。
つまり,人口2400万人(米国の20分の1)の人口で,ペンシルバニア州の規模の国土の国,北朝鮮,
その国が悪政に苦しみ,理解もされず,韓国を困らせている」
1950年〜1953年,37ヵ月つづいた戦争における一国の国民のの死亡率はほぼ人口の3分の1(8–900万人)と,過去に先例のない率になった。
(Richard Rhodes,The New Yorker1995年記事“The General and World War III,”)
朝鮮戦争で,北朝鮮のほぼ全ての家族が最愛の人を失った計算になる。
第二次世界大戦における死亡者は,イギリス(人口の0.94%),フランス(人口の1.35%),中国(人口の1.89%),米国(人口の0.32%)だった。
一方,朝鮮戦争における北朝鮮の死亡率はほぼ人口の30%。
また,ランセットレポート(ジョン・ホプキンズ公衆衛生学校)によれば,
イラク戦争における米国主導の侵略(2003年3月〜2006年6月,3年未満)の期間のイラクの一般人の死者数は推定/計655,000人(65万人)。
米国は,北朝鮮の30パーセントの国民を殺したことを決して謝罪しなかった。むしろ逆に咎めた。
米国の外交政策の主目的は,米国主導の戦争の犠牲者をdemonizeすることで,戦争賠償金も支払われなかった。
韓国民に対する米国の犯罪の問題は国際社会では全く扱われなかった。
そして,朝鮮戦争の非道は,アメリカとベトナムの戦争のお膳立てになった。
そして,ワシントンは半世紀間以上,北朝鮮の政治的・経済的隔離に貢献した。
さらに米国の平壌に対する経済制裁で経済は不安定になった。
北朝鮮は「悪の枢軸」としての役を与えられた。
米国の軍事行動による犠牲者は語られず,一方,北朝鮮は戦争をおこそうとする「ならず者国家」,「テロ支援国家」,「世界平和に対する脅威」のように描かれる。
これらの告発の「型」が市民のコンセンサスの一部になる。そして我々市民はそれを疑う勇気がない。
「嘘は真実になる」。
北朝鮮は脅威として伝えられる。米国は"侵略者"ではなく"被害者"である。
当初から,米国ワシントン中枢部の意図は北朝鮮を破壊し国全体を悪化させることだった。
一方,米国は(表向き)北朝鮮と韓国の統一の道に立つ。
米国市民は,政治事情をいったん脇に置いて,北朝鮮の人々の苦しみと苦難を考える努力をすべきだ。
戦争退役軍人Brian Willsonは北朝鮮の人々の窮状に関する動向を明らかにする:
Brian Willson
「北朝鮮の人々,私が話したことがある数十人の人々はほとんどが戦争中に家族を失っている。延々と続いた爆撃によって故郷を失っている。
1950年秋,MacArthur将軍が下した爆撃命令。これによってあらゆる通信手段,あらゆる施設・工場・都市・村は破壊された。
そして爆撃は1953年7月27日の休戦の日まで続いた。
そして,つらい思い出を持つ北朝鮮の人々は "アメリカへの怒り"を時折口にしたが,彼らは私にはとても歓迎してくれている。
朝鮮半島全域/150マイルに渡って張り渡された軍時哨戒柵/分断線によって,1000万人におよぶ韓国人家族が分離された。
西洋圏の読者にここではっきり理解してほしいポイントは,
北朝鮮は"朝鮮戦争"中に事実上完全に破壊された
という事。
米空軍は1945年3月10日から8月15日にかけ,日本の主要63都市を空爆し100万人の市民を殺害した。
(加えて,広島原爆投下によって無数の市民を殺害した )
これをを指揮/実行したのは,空軍戦略指揮官Curtis LeMayであったが,MacArthur将軍/総裁は,北朝鮮の空爆にもこのCurtis LeMayを採用,
Curtis LeMay率いる空爆チームは,北朝鮮の78都市と数千の村を破壊し,無数の民間人を殺害した。
8年後,LeMayは語っている。
Curtis LeMay
"3年ほどかけて,北朝鮮の人口の20%を殺害した"。
1950年〜1953年,37ヶ月にわたる朝鮮戦争の結果,北緯38度線以北にすむ北朝鮮の人口は約900万人減少したと考えられている。
この死亡率の高さは,有史以来前例のない高さではないか。
近年,ブッシュ大統領が北朝鮮を"悪の枢軸"と称した当時,私がどう考えていたのか知りたい人は多かったはずだ。
私は自身の怒りと恐れを共有していた。
米国人のすべてが残酷で狂った人間ではない,北朝鮮の市民がそう理解している事を祈った。
米国がなぜ敵意を向けてくるのか,北朝鮮の彼らは単に理解できないのだ。」
(Brian Willson, Korea and the Axis of Evil, Global Research紙2006年10月12日記事)
米国の韓国人への残虐行為の性質
国連安全保障理事会(the United Nations Security Council)は,朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮,The DPRK)外交通商部を通じ,国連旗下で行動する北朝鮮人に対する米国の残虐行為の性質を確認した。
以下,原文。
1月3日午前10時半ごろ,82機からなる米軍飛行隊が平壌上空に到着...
数百トンの爆弾を一気に投下した。
一気に火災がおきた。
そして火が弱まってきたところ,火をさらに強めるため,爆撃を間隔をあけて行なった。
大陸軍のバーバリアンは,平壌の市民が避難できなよう,断続的に一日中爆撃を続けた。
平壌の全域は火炎で封じられ,爆発は2日間つづいた。
2日目には,7812人の民間人の家屋が消失した。
北朝鮮の軍事目標はもはや残っていないと米軍は認識していた。...
米軍空爆飛行隊(BOMB SPLINTERS)によって空爆をうけた平壌に生存者がいる可能性はない。

local pc













金正恩はなぜ、これほどわかりやすく手のひらを返したのか?
国際2018.05.02 68
by 北野幸伯『ロシア政治経済ジャーナル』
kitano20180501
4月27日、板門店で行われた南北首脳会談。
朝鮮戦争の年内終戦、朝鮮半島の非核化推進合意などまさに歴史的な会談となりましたが、
懐疑的なスタンスを取るのは無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さん。
北野さんはこれまでの北朝鮮の歴代指導者が行なってきた外交手段を分析した上で「金正恩委員長は容易には核放棄に応じない」との見方を示しています。
南北首脳会談、金正恩の戦略は?
皆さんご存知のように、4月27日、南北首脳会談が行われました。
全世界が注目する歴史的会談だったといえるでしょう。
「冷麺を持ってきた」
「南北境界線を、両首脳が手をつないで往復した」
などなど、細かいところは皆さん、テレビでご覧になったことと思います。
そこで今回は、金正恩の戦略、今後の動きについて考えてみましょう。
金正恩の戦略は、祖父、父と同じ
去年1年、核兵器実験とICBM実験を繰り返し、世界を恐怖させていた金正恩。
今年になって一転、「対話路線」「平和路線」に転換しました。
彼は、何を狙っているのでしょうか?
これ、彼の祖父・金日成、父・金正日の成功(?)例を見ればわかります。
1994年6月、北朝鮮は国際原子力機関(IAEA)からの脱退を宣言しました。
同年10月、アメリカと北は、「枠組み合意」を締結。内容は、
北朝鮮は、核開発を凍結する
北朝鮮は、NPTに復帰する
アメリカは、北に軽水炉を提供する
アメリカは、北に毎年食料と50万トンの重油を供与する
でした。しかし、北朝鮮は、米朝合意後も、着々と核開発をつづけたのです。
2003年1月、北は、再度NPTからの脱退を宣言。米朝合意は、破棄されました。
同年8月、六か国協議開始。2005年2月、北「核兵器保有」を宣言。
同年6月、金正日、「北朝鮮には、核兵器を持つ理由がない」と「非核化の意思」を示す。
同年9月、北朝鮮が「核放棄」を約束する、「六か国共同宣言」が採択される。
ところがその後どうなったか、私たちは知っています。
これらの経験から、何がわかるでしょうか?
北朝鮮の「非核化宣言」には、何の意味もない
北朝鮮が「非核化宣言」する理由は「経済支援を受けるため」である。
こう考えると、金正恩の戦略は、規模が大きくなっているものの、金日成、金正日と変わらないことがわかります。
彼の戦略は、
・核実験、ICBM実験によって脅威を高める
・一転、「対話路線」に転し、「非核化宣言」もする
・「非核化」を条件に、「制裁を解除させる」「経済支援を受け取る」
ことだとわかります。
もちろん、「本当に非核化する意志」などないのでしょう。
日本が蚊帳の外に置かれた理由
それでも米韓は、「対話」せざるを得ない
では、米韓は、北と対話するべきではないのでしょうか?
これは、「せざるを得ない」のですね。なぜ? 北朝鮮問題については、
日米韓を中心とする「圧力派」
中ロを中心とする「対話派」
にわかれていました。
中ロは、「前提条件なしの対話」を求め、日米韓は、「前提条件あり=非核化前提の対話」を求めていた。
そして、金正恩は、
「非核化前提の対話に応じる」
といった。
彼は、「圧力派」の要求をのんだので、対話するしかないのです。
日本では、「だまされるから対話するな!」という意見が強い。
これまでの経緯をみれば、理解できます。しかし、
「非核化前提の対話に応じろ!」
と圧力を強化して、むこうが
「わかりました。応じます」
ときた。
それで対話に応じないのは、論理的ではありません。
日本の理屈は、論理的でないので、日本は孤立し、蚊帳の外に置かれたのです。
北朝鮮問題のこれから
では、北朝鮮問題は、これからどうなるのでしょうか?
各国の思惑を見てみましょう。
この問題に関わっているのは、日本、アメリカ、韓国、中国、ロシア、北朝鮮です。
そして6か国すべてが、「朝鮮半島の非核化をのぞむ」としている。
しかし、温度差があります。
日本、アメリカ、韓国は、「北朝鮮に核攻撃されるかもしれないから」反対している。
切実です。
しかし韓国は、「金正恩と仲よくすることで戦争を回避すること」を第一に考えている。
だから、「金正恩のいいなり」になる可能性が強い。
トランプは、歴史的「米朝会談」で「核放棄を実現する」決意を示しています。
一方、金正恩は、「核兵器を破棄すれば、フセインやカダフィのように殺される」と確信しているでしょうから、容易に応じないでしょう。
「段階的な非核化」などを主張し、見返りに「制裁緩和」「経済支援」を求めてくると思われます。
日本の今後の役割は、「非核化が実現するまで、制裁を解除したり、経済支援をしてはいけない」とアメリカを説得することです。
これに関して二つの注意点は、
過去にだまされた具体例をあげて、トランプに主張すること
アメリカに主張を伝えても、大声で国際社会に主張しないこと
この二番目は何でしょうか?
世界中のメディアを見ていると、どこでも今回の「南北会談」「大歓迎!」なのです。
ですから、日本だけ大声で「だまされるな!」と騒げば、「国際的 KY国」のレッテルを貼られてしまいます。
「日本は、『非核化前提』の対話を歓迎します!」といい、トランプには、「過去のこんな例もありますから、十分気をつけてください」というのです。
中国、ロシアはどう動くのでしょうか?
この二国も、一応北朝鮮の核に反対しています。
しかし、「攻撃される可能性がある」日米韓とは、切実度が全然違います。
中ロは、両国を「合法的核保有国」と認めているNPT体制が崩壊することを恐れている。
北朝鮮がOKとなれば、日本や韓国が核保有国になるのを止めるのが難しくなります。
もう一つは、戦争になって「緩衝国家」北朝鮮が消滅することを恐れている。
「緩衝国家」というのは、両国の主敵アメリカに対する「緩衝国家」という意味です。
というわけで、中ロは、「北朝鮮を守る」ために行動すると予想されます。
具体的には、
「北が歩みよってきたのだから、制裁を緩めよう!」
という運動を開始する。
日本は、アメリカ経由でこの動きを封じる必要があります。
「トランプさん、また北にだまされて、ピエロになりますか?」
と。
負けず嫌いのトランプさんは、「俺は絶対ピエロにはならない!」ということでしょう。

MAG2
http://www.mag2.com/p/news/358023/3







北野幸伯『ロシア政治経済ジャーナル』
日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。
驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。
わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。
まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

MAG2
http://www.mag2.com/p/news/358023/3









韓国紙が報じた、北が気持ち悪いほど融和ムードを演出しだした訳
国際2018.04.04 27 by 『キムチパワー』
kp20180404
平昌五輪に始まった北朝鮮の「平和攻勢」とも言える動き。
4月2日には金正恩氏が平壌で行われた韓国芸術団の公演を鑑賞、
その後、韓国人アーティストたちと交流するなど、ほんの数ヶ月前には考えられなかったような状況となっています。
何が北をここまで劇的に変化させたのでしょうか。
無料メルマガ『キムチパワー』で韓国在住の日本人著者が、地元紙に掲載された「一つの答え」を紹介しています。
春がやってくるのか
チョ・ヨンピルやレッドベルベット(Red Velvet)など、韓国の有名歌手ら200人近くが訪朝し4月2日・3日に公演を行った。
2日の公演には金正恩夫妻も観覧し、公演の最後に歌手らと写真も撮った。
金正恩が2列目に並んで写真を撮るのは、異例のことという。
彼は常に1列目のど真ん中を占める。
歌手らと親しげに握手をかわし、
「ありがとうございます(カmサハmニダ)」
と言ったという。
文在寅政府発足から三か月後の2017年8月、北朝鮮はソウルを火の海にすると脅迫した。
秋には核実験とミサイル発射を続けざまに行ない、いつ戦争が起こっても常にスタンバイの状態だった。
一体何が北朝鮮をこのように劇的に変えたのだろうか。
朝鮮日報に一つの答えが出ていた。
北朝鮮サッカー代表チームのアンデルセン監督が最近、「経済的状況」を理由に辞任するという意向を明らかにしたというのだ。
2016年5月から北朝鮮のサッカーチームを率いてきたアンデルセン監督は、インタビューで
「北朝鮮の経済的状況が良くないのでこれ以上とどまることは困難」
と語った。
ロイター通信は、アンデルセン監督が北朝鮮を離れる理由として、国際社会の対北朝鮮制裁が北朝鮮スポーツにまで影響を及ぼしたためと分析した。
金正恩は、サッカーマニアとされているが、外国人監督を正当に待遇できないくらい大変な状況だということだ。
昨年東アジアサッカー大会に参加した北朝鮮チームは、制裁ゆえに賞金をもらえなかったのはもちろん、帰国プレゼント一つ買うこともできなかった。
韓国鉱物資源公社によると、昨年、北朝鮮の対中鉱産物輸出額は6億4,000万ドルで2016年に比べて56%減少した。中国からの石油輸入も多くの制限を受けている。
今の南北融和ムードの中でも国連安保理は北朝鮮船舶27隻を含む、計49個のリストを対北朝鮮制裁リストに追加した。
ソウルを火の海にするとか、核1発で南を叩き潰すなどという暴力団のような表現ばかりしていた北朝鮮が、そういった荒っぽいことばをしまいこみ、微笑攻勢を見せるようにさせたのがまさに、このような徹底した圧力ゆえだ。
北朝鮮が自ら口に出した非核化を実際の行動に移すようにするパワーも、こういう一連の制裁以外にない。
これから南と北との間でどんなことがあるか誰にも分からない。
しかし制裁さえぶれることなくやっていけば、北朝鮮の核は無くすことができる。
朝鮮日報の記事はだいたい上のようなものだ。
経済制裁がこれだけのパワーを発揮するものなのだろうか。
たぶんそうなんだろう。
しかし筆者は、これだけではないようにも考えている。
ルーマニアのニコラエ・チャウシェスクが、1989年の12月にルーマニア革命の中で革命軍の手によって妻とともに公開処刑された事件があった。
現代における衝撃的な事件として記憶にとどめている方は多いと思う。
独裁者として思うがままの生活をしてきた人間だ。
1971年には、北朝鮮に来て金日成とも会っている。
北朝鮮とはあながち縁のない人間ではなかった。
北で暴動が起こったら、まちがいなく第二のチャウシェスクになることは必定だ。
民衆たちもだんだんいろんなことをわかるようになってきている。
金もないから、民衆たちにええかっこもできない。
一旦どっかでほころびが見えたら、その時が最期のときだ。
死をかけて最後の瞬間までやってやるべ、とは考えていないということなのだろう。幸いなるかな。
4月末の南北首脳会談、そして5月の米朝首脳会談と朝鮮半島だけに限らず地球の運命をも左右するような重要な流れが待っている。
奇しくも今回の歌手たちの平壌公演のテーマは、「春がくる」(ポミオンダ)である。半島に春が来るのだろうか。

MAG2
http://www.mag2.com/p/news/355537/1
http://www.mag2.com/p/news/355537/2








『キムチパワー』
この著者の記事一覧はこちら/メルマガはこちら
韓国暮らし4分1世紀オーバー。そんな筆者のエッセイ+韓国語講座。折々のエッセイに加えて、韓国語の勉強もやってます。
韓国語の勉強のほうは、面白い漢字語とか独特な韓国語などをモチーフにやさしく解説しております。
発酵食品「キムチ」にあやかりキムチパワーと名づけました。
熟成した文章をお届けしたいと考えております。

MAG2
http://www.mag2.com/p/news/355537/1
http://www.mag2.com/p/news/355537/2














【国際情勢分析】中国「一帯一路」が生む借金地獄 米機関が指摘する「高リスク」8カ国とは
2018年5月7日 8時6分 産経新聞
一帯一路関連事業である「中国パキスタン経済回廊」に基づいて開発が進む
パキスタン南西部グワダル港。昨年12月の時点では、厳重な警備体制が敷かれており、商業船が行き交う様子は見られなかった(森浩撮影)
援助を受けていたはずが、巨額の借金を抱えた上でインフラも奪われる−。
中国が推し進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」が生み出す巨額債務への警戒感がここに来て急速に広がっている 。
米シンクタンクは、債務返済が困難となる恐れがある8つの国を指摘した。
債務と金利が重くのしかかる、一帯一路の負の側面が浮かぶ。(ニューデリー 森浩)
「代償なし」ではない
「参加各国は、(中国によるインフラへの投資などを)フリーランチと考えるべきではない」
国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は12日の講演で一帯一路についてこう指摘した。
「フリーランチ」とは「代償なし」「無料」などを意味する。
IMFトップが一帯一路にともなうリスクを公に警告した格好だ。
巨額の債務による“代償”を背負う形となった代表例が、スリランカだ。
スリランカ南部ハンバントタ港は2010年,親中派ラジャパクサ政権下で建設が始まり、建設費約13億ドル(約1421億円)の多くを中国からの融資でまかなった。
だがスリランカに重荷となったのが,中国側が設定した最高で年6.3%という金利だ。
そもそも財政に余裕があるとは言えず、当初から返済に窮するようになる。
最終的に昨年12月,港の株式の80%を中国国営企業に貸与,リース料として11億2千万ドル(約1224億円)を受け取ることで合意した。
リースという形を取ってはいるが、貸与期間は99年間で事実上の売却といえる。
スリランカ側からすれば、いつのまにか港が中国の手に渡った格好だ。
こうした手法は「債務のわな」と批判される。
3月にはティラーソン米国務長官(当時)も、一帯一路の参加国が、完成したインフラを中国側に譲渡する事態に対し、
「主権の一部を放棄しないで済むよう(事業契約を)注意深く検討すべきだ」
と呼び掛けた。
対外債務がGDPの8割…返済能力に疑義
そんな中、米シンクタンク「世界開発センター」は今年3月、一帯一路参加各国の債務についての調査結果を公表した。
返済能力や債務の中国への依存度などについて、IMFのデータなどから検証している。
債務にリスクがある国とされたのが、ジブチ、キルギス、ラオス、モルディブ、モンゴル、モンテネグロ、タジキスタン、パキスタンの8カ国だ。
報告によると、東アフリカのジブチは対外債務が2年間でGDPの50%から85%に増加した。
大半の債権を抱えるのは中国だ。
東南アジアのラオスでは、最大67億ドル/7327億円に達する鉄道プロジェクトが国のGDPのほぼ半分を占め、債務返済が難しくなる可能性を指摘した。
中央アジアのタジキスタンでは、IMFと世界銀行が債務について「リスクが高い」と評価しているが、今後もさらなるインフラ投資が行われるという。
調査で「最大のリスクを負っている」と指摘されたのが、パキスタンだ。
一帯一路関連プロジェクトである中国・パキスタン経済回廊(CPEC)に基づいて、
インフラ整備が進行中で、中国から約620億ドル(6兆7800億円)の融資が見込まれている。調査は「高い金利が、パキスタンのリスクとなる」と警告した。
「中国は東インド会社にはならない」
加盟国側で危機感は共有されてはいないようだ。
パキスタン国内では表だってCPECへの異論は聞こえてこない。
「中国がインフラ整備をして、働き口を作ってくれると歓迎する雰囲気がある」(現地ジャーナリスト)。
むしろ、首脳からは中国からの投資を歓迎する発言が出ている。
「CPECは債務のわなではない。中国が求めるのはパートナーシップだ」
南部カラチで23日に開催されたCPEC関連フォーラムで、アッサン・イクバール計画相はこう述べ、中国への信頼感を示した。
外部の懸念を意識した発言であることは明白だ。
さらにイクバール氏は、17〜18世紀にかけてアジアでの貿易を独占し、植民地経営にも関与した東インド会社を引き合いに出し、
「中国は東インド会社にはならない。パキスタンにとって何も恐れることはない」とも発言した。
もちろん、インフラ整備などによって、生産性が向上し、経済発展につながれば、債務返済も順調に進む可能性はある。
外交筋は「仮定をいくつか経ないと、良い結果にたどり着けないのが一帯一路だ」とした上で、
「インフラが整うのは素晴らしいが、その背後に潜んでいるものを見極める必要がある」と話している。

Livedoor
http://news.livedoor.com/article/detail/14678208/








18800000 1880年代のソウル南大門大通り(中心街)には藁葺屋根の粗末な民家が並ぶ
18800000 [予言]WW3:東からこの戦争は起こる。この戦争は急に起きる アイラート・ジャスパー
19000000 日韓併合前の朝鮮は飢えと貧困にあえいでいた remnant
19100000 日韓併合(1910-1945年)
19200000 ……朝鮮はとても治安がよくて,日本人を襲う泥棒や強盗の話など聞いたこともありません 吉田多江
19200000 日帝は朝鮮全国いたるところで韓民族に対する弾圧と搾取を行ない支配体制の確立に力を注いだ 韓国の学校教育
19230000 喧嘩ということだけでなくいじめとか差別とか一般生活者の間ではほとんどなかった
19230000 私が朝鮮にいたころ,日本人による朝鮮人いじめの話は,噂としてもまず聞いたことがありません 阿部元俊
19300000 日本は莫大なお金をつぎ込んで,朝鮮を近代国家に変えていった remnant
19420000 新興工業都市興南(日韓併合時代),日本の資本で巨大化
19450310 日本の主要都市空爆を指揮/実行したのは,空軍戦略指揮官Curtis LeMayであった
19450310 米空軍は1945年3月10日から8月15日にかけ,日本の主要63都市を空爆し100万人の市民を殺害した
19500000 [朝鮮戦争] 1950年〜1953年,37ヶ月にわたる朝鮮戦争の結果,北緯38度線以北にすむ北朝鮮の人口は約900万人減少した
19500000 「Fire and Fury(火と怒り)」は第二次世界大戦の終期わりからはじまった米国の軍事介入の特徴
19500000 「Fire and Fury(火と怒り)」は米国の軍事ドクトリン
19500900 [朝鮮戦争] 1950年秋,MacArthur将軍が下した爆撃命令によって北朝鮮のあらゆる通信手段,施設・工場・都市・村は破壊された
19500900 [朝鮮戦争] このような荒廃を過去に見た事がない MacArthur将軍
19500900 [朝鮮戦争] 朝鮮戦争(1950-53)
19500900 [朝鮮戦争] 吐き気をもよおすような,ぞっとするような苦しみの連鎖 MacArthur将軍
19500900 [朝鮮戦争] 当初から,米国ワシントン中枢部の意図は北朝鮮を破壊し国全体を悪化させることだった Michel
19500900 [朝鮮戦争] 南北朝鮮に対し「Fire and Fury(武器と怒り)」政策 を適用すべき Truman大統領
19500900 [朝鮮戦争] 南北朝鮮に対する「Fire and Fury(武器と怒り)」政策,米国議会で承認
19500900 [朝鮮戦争] 南北朝鮮に対する「Fire and Fury(武器と怒り)」政策を韓国で実行したのがDouglas MacArthur将軍
19500900 [朝鮮戦争] 米国は(表向き)北朝鮮と韓国の統一の道に立つ Michel
19510500 [朝鮮戦争]1951年5月,朝鮮戦争は勃発して1年
19510500 [朝鮮戦争]1951年5月,朝鮮戦争勃発1年の段階で北朝鮮の犠牲者はすでに100万人をこえていた MacArthur将軍
19530000 [朝鮮戦争] Curtis LeMay "3年ほどかけて,北朝鮮の人口の20%を殺害した"
19530000 [朝鮮戦争] Curtis LeMay率いる空爆チームは,北朝鮮の78都市と数千の村を破壊し,無数の民間人を殺害した
19530000 [朝鮮戦争] MacArthur将軍/総裁は,北朝鮮の空爆に,日本の主要都市空爆を指揮/実行したCurtis LeMayを採用
19530000 [朝鮮戦争] M理解してほしいポイントは, 北朝鮮は"朝鮮戦争"中に事実上完全に破壊された という事 Brian Willson
19530000 [朝鮮戦争] 死亡率の高さは,有史以来前例のない高さ
19530000 北朝鮮と平和条約を締結,朝鮮戦争休戦
19530103 [朝鮮戦争] 1月3日午前10時半ごろ,82機からなる米軍飛行隊が平壌上空に到着..数百トンの爆弾を一気に投下した
19530103 [朝鮮戦争] 大陸軍のバーバリアンは,平壌の市民が避難できなよう,断続的に一日中爆撃を続けた
19530103 [朝鮮戦争] 平壌の全域は火炎で封じられ,爆発は2日間つづいた
19530927 [朝鮮戦争] 1950年〜1953年,37ヵ月つづいた戦争
19530927 [朝鮮戦争] 1953年7月27日,朝鮮戦争休戦
19530927 [朝鮮戦争] 韓国民に対する米国の犯罪の問題は国際社会では全く扱われなかった ランセットレポート
19530927 [朝鮮戦争] 人口2400万人(米国の1/20)の人口で,ペンシルバニア州の規模の国土の国が悪政に苦しみ,韓国を困らせている Brian Willson
19530927 [朝鮮戦争] 戦争における一国の国民のの死亡率はほぼ人口の3分の1(8–900万人)と,過去に先例のない率 Richard Rhodel
19530927 [朝鮮戦争] 戦争賠償金も支払われなかった ランセットレポート
19530927 [朝鮮戦争] 朝鮮戦争で,北朝鮮のほぼ全ての家族が最愛の人を失った計算 Richard Rhodes
19530927 [朝鮮戦争] 朝鮮戦争における北朝鮮の死亡率はほぼ人口の30%。
19530927 [朝鮮戦争] 朝鮮戦争の非道は,アメリカとベトナムの戦争のお膳立てになった ランセットレポート
19530927 [朝鮮戦争] 米国は,北朝鮮の30パーセントの国民を殺したことを決して謝罪しなかった,逆に咎めた
19530927 [朝鮮戦争] 歴史上,過去にない犠牲者数,災害であったと思う MacArthur将軍
19540000 戦争再発を防止するために国連軍駐留を日本が受け入れる「国連軍地位協定」締結
19550000 [予言]WW3:「3回目の殺戮の後、戦争は一夜にして開始される
19550000 [予言]WW3:「巨大な何か」が落ちてくる,血まみれの短剣がその側に落ちている Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:「巨大な軍隊が東からベオグラードに入ってくる,そしてイタリアに向かって進軍する Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:「黒い箱」が爆発すると黄色や緑色の塵や煙が発生し、接触したものはすべて死ぬ Irlmaier
19550000 [予言]WW3:ロシアの人々は改めて信仰に目覚めて、神の存在を信じるようになる Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:ロシア政党指導者が自殺,赤い広場が黄色い顔で満たされる光景, Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:黄色いドラゴンがアラスカに侵攻し,またカナダにも同時に侵攻する
19550000 [予言]WW3:建物を壊さずに人や動物や植物だけをたくさん殺す
19550000 [予言]WW3:航空機は黒海と北海の間に黄色い粉を落とす Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:私は3本の槍が迫ってくるのを見た,ロシア軍だ,彼らはどこにも止まらず進軍する Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:私は赤い広場が黄色い顔で満たされる光景を見た
19550000 [予言]WW3:実際に火花が散るのはバルカン半島だ
19550000 [予言]WW3:新しい中東での戦争が急速に拡大し、巨大な海軍が地中海で敵と向かい合うことになる Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:真っ暗闇,大地震の時,多くの人が72時間のできごとの間に死ぬ Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:真っ暗闇,大地震の時に外に出ない,ろうそく以外の電灯をつけない,窓を開けてもいけない Irlmaier
19550000 [予言]WW3:真っ暗闇,大地震の時の 72時間の間に外に行ってはいけない。
19550000 [予言]WW3:真っ暗闇の後雷と共に雹が降る,そして大地震が地球を振動させる Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:戦争とは関係ないが、地震がある。イングランドの東部の大地は海の中に消える Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:戦争中に大きな真っ暗闇がやって来る。それは戦争の最後の 72時間だ。昼なのに暗くなる Irlmaier
19550000 [予言]WW3:良い時代がやって来る,法王が戻ってくる,それから長い長い幸運な時代がやって来る Alois Irlmaier
19550000 [予言]WW3:神聖な画の前で復活祭の歌を歌い、キャンドルに火をつける,キリストへの祈りによって、地獄から来た怪物は死ぬ Irlmaier
19550000 1950年代にドイツ人キリスト教徒のAlois Irlmaierは作家コンラッド・アドルメイヤのインタビューを受け第三次時世界に関し語る
19550000 米国の軍事行動による犠牲者は語られず,北朝鮮は戦争をおこそうとする「ならず者国家」のように描かれる
19550000 北朝鮮は「悪の枢軸」としての役を与えられた。
19700000 [朝鮮戦争] ワシントンは半世紀間以上,北朝鮮の政治的・経済的隔離に貢献した ランセットレポート
19700000 米国の平壌に対する経済制裁で経済は不安定になった
19940600 1994年6月,北朝鮮は国際原子力機関(IAEA)からの脱退を宣言
19940000 金日成時代
19941000 [枠組み合意] アメリカは北に軽水炉を提供する
19941000 [枠組み合意] アメリカは北に毎年食料と50万トンの重油を供与する
19941000 [枠組み合意] 北朝鮮は,NPTに復帰する
19941000 [枠組み合意] 北朝鮮は,米朝合意後も着々と核開発をつづけた
19941000 [枠組み合意] 北朝鮮は核開発を凍結する
19941000 1994年10月,アメリカと北は「枠組み合意」を締結
20000000 [枠組み合意] 北朝鮮は,米朝合意後も着々と核開発をつづけた
20011126 G.W.ブッシュ,イラクと北朝鮮に対して大量破壊兵器の査察受け入れ要求
20030100 2003年1月,北は再度NPTからの脱退を宣言,米朝合意は,破棄された
20030800 2003年8月,六か国協議開始
20050200 2005年2月,北「核兵器保有」を宣言
20050600 2005年6月,金正日,「非核化の意思」を示す
20050600 北朝鮮には核兵器を持つ理由がない 金正日
20050900 2005年9月,北朝鮮が「核放棄」を約束する「六か国共同宣言」が採択
20060000 [枠組み合意] 核放棄を約束する「六か国共同宣言」採択>>採択後も着々と核開発
20060700 北朝鮮が長距離ミサイルの試験発射
20100000 [枠組み合意] 北朝鮮は,米朝合意後も着々と核開発をつづけた
20120921 韓国軍,北朝鮮漁船に警告射撃 南北境界越え侵入
20121009 韓国の弾道ミサイルが北朝鮮全域を射程に,米国と合意
20121201 北朝鮮がミサイル発射を予告 イザ!
20121202 ミサイル一発800億円,危険な賭けに出た北 イザ!
20121202 ミサイル予告で細野氏「公務最優先の対応を」 イザ!
20121202 橋下氏「『国防軍』では憲法改正 イザ!
20121202 発射なら制裁強化,自民・安倍総裁 イザ!
20121202 北ミサイル 7日にも破壊措置命令,PAC3 イザ!
20121202 北ミサイル発射予告 オバマ政権は強硬姿勢へ イザ!
20121202 北ミサイル発射予告 首相,迅速対応 イザ!
20121202 北ミサイル発射予告 首相「政治空白作らず」 イザ!
20121202 北ミサイル発射予告 日朝協議は延期 イザ!
20121202 北ミサイル予告 自民,北朝鮮対策会議を設置 イザ!
20141000 2014年から突然始まった日韓関係改善に向けての米からの圧力は2016年1月の水爆実験を予期した動きか yasu
20141000 米シンクタンクCSISレポート「安倍の危険な愛国主義」
20141021 安倍政権は早速韓国に特使を派遣,関係改善の糸口
20150110 アベノミクス第2章スタート GDPを上げるには政府支出を増やすべきだ 参議院議員西田昌司氏
20150110 靖国への在日による放火テロや栃木県利根神社放火,高山神社放火テロは日本への憎悪テロと侵略の予兆 takehariy
20150130 最近暴力団組織が話題,警察自衛隊も国内治安構築に邁進する流れが顕著 takehariy
20150402 今治市の秋山直人企画課課長,波頭健課長補佐が獣医学部設置協議のため内閣府訪問
20151100 日韓関係の改善はアメリカからの強い圧力によって実現した可能性が極めて高い yasu
20151100 日中韓首脳会談が実現
20151228 日韓両政府による「従軍慰安婦問題」の不可逆的な解決に向けての合意
20160106 キム・ジョンウン,初の水爆実験を挙行 通常の核実験は4年ぶり3回目
20160106 北朝鮮:過去3回の核実験にあった明確なメッセージが今回はない yasu
20160106 北朝鮮:原爆の数100倍から1000倍の威力の水爆は今回が初めての実験
20160106 北朝鮮核実験実施数週間から数日前に予告し欲しいものを要求する傾向があったが今回はない yasu
20160106 北朝鮮水爆実験は,他の国々には予告なく突然と実施された実験
20160106 北朝鮮水爆実験は,友好国とされる中国に対してさえ実験30分前に通知しただけ
20160110 核規約を順守させ北朝鮮を核保有国として認め平和条約を締結してもよいのではないか ウィリアム・ペリー論文
20160110 元米国防長官ウィリアム・ペリー論文発表「どのように北朝鮮を封じ込めるか」
20160110 今回の北朝鮮水爆実験の目的は,北朝鮮を核保有国としてアメリカに認めさせることにあったと見てよい yasu
20160110 米:北朝鮮核兵器廃棄>>核保有容認へ政策転換する予兆なのではないか yasu
20160110 北朝鮮を核保有国として認めるのであれば,アメリカと和解し平和条約を締結する用意がある 北朝鮮労働党労働新聞
20160110 北朝鮮問題の落しどころは,北を核保有国として認めた前提で成立する北東アジアの新しい秩序だ yasu
20160200 アメリカは北朝鮮を崩壊させる選択をした可能性がある yasu
20160200 日韓関係改善のため「従軍慰安婦問題」に決着をつけるよう,アメリカが安倍政権に強く圧力をかけた状況 yasu
20160200 北が脅威である以上米軍は日本と韓国に駐留しなければならず,これは米軍産複合体の利益 yasu
20160200 北朝鮮が崩壊し韓国に吸収されれば,膨大な数の難民が日中韓に押し寄せる可能性 yasu
20160207 人工衛星打ち上げ用ロケットの発射実験を実施
20160301 テリー博士の北朝鮮崩壊推進論と,2003年のネオコンのイラク強制民主化論が不気味に響き合います yasu
20160301 最近スー・ミー・テリー博士という人物が書いた北朝鮮崩壊推進論が注目
20170208 アメリカは,国連の安全保障理事会に北朝鮮決議案を提出
20170208 北朝鮮制裁の厳格化には反対していた中国も,制裁案に賛同
20170400 [北朝鮮]「火星12」,作動不良で発射場から約38km離れた同国内の町に落下,建物などに被害
20170400 戦艦が北朝鮮沿岸に移動し巡航ミサイルがシリアに焦点を当てている wake-up-japan
20170400 中国と北朝鮮の国境に人民解放軍15万の兵力が集結の報道,中国政府は否定
20170400 日本の駆逐艦が北朝鮮へ向かう米軍攻撃チームに合流/世界の反応
20170400 米軍によるシリアのミサイル攻撃は「北朝鮮を念頭に置いてのもの」 〜愚かな行動をとらないように…〜
20170406 春の満月と同時に始まるユダヤ教祭典「過越」に国力衰退の象徴「無敵艦隊」がアメリカから朝鮮半島に向けて出発
20170410 金正恩のコメントに対し,トランプは北朝鮮が「問題を起こそうとしている('looking for trouble')」とツイート
20170410 金正恩はトランプ大統領の動きを「見境がない」と非難 wake-up-japan
20170420 北朝鮮に関しては来週から五月中旬ごろまでが山場でしょう zaakai
20170428 [北朝鮮]新型中距離弾道ミサイル「火星12」発射
20170428 [北朝鮮]平安南道(ピョンアンナムド)の順川(スンチョン)市北倉(プクチャン)飛行場から火星12を発射
20170800 [北朝鮮]新型中距離弾道ミサイル「火星12」発射,日本上空を越えて太平洋に着水,
20170828 北朝鮮ミサイル発射,航空各社は影響なし(Aviation Wire)
20170829 9月9日 北朝鮮が挑発の可能性
20170829 安保理 30日朝に緊急会合へ
20170829 正恩氏夫人 2月に第3子出産か
20170829 北発射 中距離弾道ミサイルか
20170829 北発射 道民「逃げようない」
20170830 安保理 30日朝に緊急会合へ
20170830 安保理 北朝鮮非難声明を採択
20170830 韓国 爆弾投下訓練で北に対抗
20170830 正恩氏 発射訓練は「前奏曲」
20170830 朝鮮人虐殺 韓国で遺族会発足
20170830 米大統領「北は隣国を侮辱」
20170830 北ミサイル 攻撃能力を誇示か
20170830 北発射 露「米韓演習が誘発」
20170900 [北朝鮮]新型中距離弾道ミサイル「火星12」発射,日本上空を越えて太平洋に着水,
20170902 上空通過の町 サイレン鳴らず
20170902 北発射 道民「逃げようない」
20170903 9月3日,北朝鮮は6回目の過去最大規模の核実験を実施,150〜250キロトン規模の爆弾を使用した
20170903 米韓FTA破棄検討 交渉迫る?
20170903 北 陸上イージスで日本非難
20170905 北朝鮮の核実験に応え,国連安全保障理事会で中国とロシアは北朝鮮への新たな制裁を支持
20170914 韓国,北朝鮮に人道支援検討=国際機関通じ9億円
20170914 韓国ロッテグループは傘下のゴルフ場を米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備地として提供
20170914 韓国ロッテマート 中国内の112店舗のうち87店が営業を停止。残る店舗も事実上休業状態
20170914 韓国ロッテマート,中国店舗を売却へ 報復で損失止まらず
20170914 韓国迎撃システム配備に反発する中国から“狙い撃ち”といえる措置,韓国ロッテマート業績が大幅に悪化
20170914 韓国大手スーパーのロッテマートが中国国内にある店舗の売却作業に着手 聯合ニュース
20171000 中国の中央銀行は,中国国内の他の銀行に北朝鮮への送金停止を止めるように命じた。(ArmsControl.org,2017.10)
20171001 アメリカ:(孤立主義)東アジアへのコミットメントを大幅に減らす可能性 yasu
20171001 アメリカ:トランプ政権も,北朝鮮・韓国・日本の核武装というオプションしを選択せざるを得ない可能性 yasu
20171001 アメリカ:早期に先制攻撃して一気に決着をつけるべきだとする軍産やネオコン yasu
20171001 アメリカ:中国の拡大を牽制するために東アジアで緊張を高める道具として北朝鮮を利用すべきだとする意見 yasu
20171001 アメリカ:北朝鮮・韓国・日本を核武装させた後,アメリカは東アジアから撤退すべきだとする孤立主義の意見 yasu
20171001 アメリカ:北朝鮮の対応を巡って大きく意見が分かれつつあります yasu
20171016 《ビジョン》安倍首相を部下にするために,トランプと習主席が覆いかぶさってきている sora
20171016 《ビジョン》黒く短い縦の曲線の横に,同じような黒い曲線が長く伸びてきて短い曲線の上に覆い被る sora
20171020 いつも,いつも,(北朝鮮は)中国の代理戦争?をしているということです ファー>sora
20171020 ロシアは(中心は西側なので)はるか東のことはあまり興味がありませんファー>sora
20171020 中国が何倍もの気になることを(北朝鮮に?)やらせているのです ファー> sora
20171020 中国の代理で,アメリカと戦わせるということ,それにトランプは乗せられているのです。
20171023 PAC3で迎撃できてもその破片が落下してくると,核弾頭がついているとそれが落下すると...
20171023 TVではPAC3についても言及され日本中に何機も配置されているようです
20171023 今朝の選挙結果を見て,何ら変わらないことに台風21号が怒っていた暴風雨の意味は本当だったのだ sora.ishikami
20171200 2017年の国連総会での演説で,Trump大統領は過去の大統領と異なる独自性を語った
20171200 Trump大統領の外交政策の誤算で,考えられない危険性が生まれている Michel Chossudovsky
20171200 キム・ジョンウンは特攻任務を負うロケットマンだ Donald Trump
20171200 我々は北朝鮮を破壊するほかない Donald Trump
20171200 今の状況は,55年前のキューバ危機(1962年10月)の状況を思い出させる Michel Chossudovsky
20180000 北朝鮮は脅威として伝えられる。米国は"侵略者"ではなく"被害者"である Michel
20180101 金委員長,「新年の辞」で韓国との対話に柔軟な姿勢を示唆
20180101 金委員長,「新年の辞」で平昌冬季五輪に選手団を派遣する可能性も示した
20180101 金委員長,「新年の辞」発表
20180102 新年の辞を受け韓国は高官級南北当局者会談を9日に板門店で実施することを北朝鮮側に提案
20180103 韓国側はホットラインが再開したことを確認
20180103 北朝鮮、韓国とのホットライン再開
20180103 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は6:30GMTに板門店で南北間を結ぶホットライン(直通電話回線)を再開するよう指示
20180105 ムン大統領は新年記者会見で、韓国政府としての立場を表明するってさ。
20180105 めんどくさいから北を空爆する時に一緒に韓国も空爆しちゃえよ 名無し
20180105 実績作りのために少しでもいいとこ見せようとして、北との友好を打ち出している 名無し
20180105 日本やアメリカから冷遇され、頼みの中国にも隷属要求を突き付けられている韓国政権 名無し
20180105 米韓電話協議:合同軍事演習延期で合意 平昌五輪の期間中
20180105 北はまだネを上げてないと思う,単に韓国からお金を引き出しているんだと思う。
20180400 核兵器実験を繰り返し世界を恐怖させていた金正恩が今年になって一転「対話/平和路線」
20180400 金正恩の戦略:「非核化」を条件に「経済支援を受け取る」 ロシア政経ジャーナル
20180400 金正恩の戦略:「非核化」を条件に「制裁を解除させる」 ロシア政経ジャーナル
20180400 金正恩の戦略:核実験,ICBM実験によって脅威を高める ロシア政経ジャーナル
20180400 金正恩の戦略は,金日成・金正日と変わらない ロシア政経ジャーナル
20180400 日本の理屈は論理的でないので,日本は孤立し蚊帳の外に置かれた ロシア政経ジャーナル
20180400 北朝鮮が「非核化宣言」する理由は「経済支援を受けるため」 ロシア政経ジャーナル
20180400 北朝鮮には「本当に非核化する意志」などない ロシア政経ジャーナル
20180400 北朝鮮の「非核化宣言」には,何の意味もない ロシア政経ジャーナル
20180422 日本を無視する米国、韓国 Name 名無し 18/04/22(日)
20180427 >北がミサイルを撃ってきて支持率が上がったときはよろこんだくせに, 安倍,お前バカだろ 名無し
20180427 4月27日,板門店で南北首脳会談
19360000 ハルノートが出た経緯には列強の思惑と中国の重慶虐殺捏造のトリガーがある 名無し
20180427 ブサヨクも朝鮮人の指令で蚊帳の外論を煽っていたのだろう 名無し
20180427 安倍政権は外交とかマクロ経済は良いのだけどな。労働政策は本当に屑だからな。 名無し
20180427 会談もしてもらえない電話もしてもらえない批判もされない,本当の蚊帳の外とはそういうもんです 名無し
20180427 金正恩さんにとって核放棄は日本にとってのハルノートだとは思わないかい? 名無し
20180427 今日の日テレウェークアップ ウヨクが発狂しそうな内容だった 名無し
20180427 当の朝鮮人が金正恩は安倍さんに会いたいと言っていると言い出したのだぜ 名無し
20180427 南北首脳会談:「冷麺を持ってきた」
20180427 南北首脳会談:南北境界線を両首脳が手をつないで往復した
20180427 日本が蚊帳の外ならばなぜ韓国はわざわざ安倍総理に電話かけてきたのでしょうか 名無し
20180427 日本が蚊帳の外ならばなぜ韓国は金正恩が日本と会談するかどうかなどという話をしたのでしょうか 名無し
20180427 日本のブサヨクマスゴミは朝鮮人に使い捨てにされたわけだww 名無し
20180427 別に蚊帳の外でも構わない、日本にとっての国益は 名無し
20180427 北の完全な核放棄(笑)・・・あっあと拉致問題??二兎を追うものは一兎をも得ず・・ 名無し
20180427 北朝鮮に複数のカードがあるように見えるけど実は違う 名無し
20180427 北朝鮮は偽遺骨を出してしまったのでもう人質返還カードを使えない 名無し
20180430 G7は北朝鮮への圧力続行 名無し
20180430 もう憲法改正無理だね 名無し
20180430 安倍「北の脅威がー」「国難がー」と国民に不安を煽ってきたのにトランプにも裏切られ蚊帳の外外交 名無し
20180430 実の兄を暗殺する金正恩はどう考えてもクレイジーです 名無し
20180430 招かれなかった週末のパーティーの詳細(北朝鮮情勢)を韓国特使から聞き出してるよう 名無し
20180430 姜尚中「安倍政権は政治的資源として拉致を利用してきた!」 名無し
20180430 姜尚中「金正恩は酷い残酷な独裁者だが馬鹿ではない!ましてやクレイジーでもない!」
20180500 金正恩の戦略は,祖父,父と同じ ロシア政経ジャーナル
20180502 トランプは,歴史的「米朝会談」で「核放棄を実現する」決意を示しています ロシア政経ジャーナル
20180502 韓国は,「金正恩と仲よくすることで戦争回避」を第一に考えている ロシア政経ジャーナル
20180502 韓国は戦争回避を第一に考えているから金正恩のいいなりになる可能性 ロシア政経ジャーナル
20180502 金正恩は「核兵器を破棄すればフセインやカダフィのように殺される」と確信している ロシア政経ジャーナル
20180502 金正恩は「段階的非核化」などを主張し,見返りに制裁緩和,経済支援を求めてくるだろう ロシア政経ジャーナル
20180502 金正恩はなぜ,これほどわかりやすく手のひらを返したのか? ロシア政経ジャーナル
20180502 具体的には中ロは「北が歩みよってきたのだから制裁を緩めよう」という運動を開始するだろう ロシア政経ジャーナル
20180502 世界中のメディアを見ていると,どこでも今回の「南北会談」「大歓迎!」 ロシア政経ジャーナル
20180502 中,露も一応北朝鮮の核に反対していますが,「攻撃される可能性がある」日米韓とは切実度が違います
20180502 中ロは,「北朝鮮を守る」ために行動すると予想されます ロシア政経ジャーナル
20180502 中ロは,戦争になって「緩衝国家」北朝鮮が消滅することを恐れている ロシア政経ジャーナル
20180502 中ロは,両国を「合法的核保有国」と認めているNPT体制が崩壊することを恐れている ロシア政経ジャーナル
20180502 日,米,韓,中,露,北の6か国すべてが「朝鮮半島の非核化をのぞむ」としている 
20180502 日,米,韓は,「北朝鮮に核攻撃されるかもしれないから」反対 ロシア政経ジャーナル
20180502 日本の役割は「非核化が実現するまで制裁解除/支援をしてはいけない」とアメリカを説得すること
20180502 日本は「トランプさん,また北にだまされて,ピエロになりますか?」というべき ロシア政経ジャーナル
20180502 日本はトランプに「過去の例もありますから気をつけてください」というべき ロシア政経ジャーナル
20180502 北朝鮮が核保有OKとなれば,日本や韓国が核保有国になるのを止めるのが難しくなります ロシア政経ジャーナル
20180502 北朝鮮問題に関わっているのは,日,米,韓,中,露,北 ロシア政経ジャーナル

cxczcxz pc
posted by datasea at 22:09| Comment(0) | // 政治アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: