2017年08月12日

予知情報:Beinsa Dounoの予言

70 Year Old Prophecy: The Earth Will Soon Be Swept by Extraordinary Rapid Waves of Cosmic Electricity
Thursday, August 10, 2017 12:02
Share on Facebook Share on Twitter Share on Google+ Share on Stumbleupon Share on Reddit
(Before It's News)

Before It's News
http://beforeitsnews.com/alternative/2017/08/70-y-o-prophecy-the-earth-will-soon-be-swept-by-extraordinary-rapid-waves-of-cosmic-electricity-3542191.html







予知情報:Beinsa Dounoの予言
2017年8月10日木曜日12時02分
JayWill7497
(Before It's News)
70年前の予言:強い宇宙波にのまれる地球
Beinsa Douno(Peter Konstantinov Deunov,1886年〜1944年)は、トランス状態で得た予言を残した。
予言には「1944年12月」の記載があり、彼の死の数日前に書かれたもののようだ。
予言は人類意識のシフト、地球の変化、人類の黄金時代についてのもの。
予言
「現代は、ヒンズー教に伝えられる「カリユガ」時代の終局の時にある。
歴史の非常に長い期間、人類の意識は無自覚な状態のままであった。
カリユガと新しい時代、2つの時代の境にある今、
すでに人類の思考・行動のゆるやかな変化は始まっている。
新しい時代は、宇宙空間からやってくる「巨大な波」により始まる。
「巨大な波」により、古い時代・カリユガの観念は破壊・浄化され、新しい時代の「アセンション」がはじまる。
この「巨大な波」が来るのはこれから数十年後。新しいモラルが形成され世界を変える。
これに反対する試みは無為であり、そういう者は他の場所に転送されるだけだ。
現在、地球は次元上昇の相にあり、地球に住む人類もまた、この上昇の相に応ずるべきだ。
この次元上昇の相・上昇波は数千万年周期でやってくるもので、つまり次は数千万年先となる。この機会を逃してはならない。
過少評価する者はまだまだ多いが、愛の力はあらゆる力の中で最も強い力だ。
お金と権力が敬慕され続ける現代。あたかも人生のコースがそれに依存するかのようだが、
未来の時代では、愛の力がお金と権力の力に打ち勝つ。
聖書に書かれたダニエルの予言はこの時代の予言だ。
古い時代のすべてを押し流す洪水・ハリケーン・巨大な火事・地震・流血の惨事・ 革命は地球の各地でおきる。
あなたがすべきなのは、新しい時代への心構えをする事、歓迎する事、新しい時代をいきる事だ。
6番目の時代は個々の観念ではなく集団の観念によって築かれる。各々は愛の法に生きる。
この新しい時代のために、太平洋に新しい大陸が出現する。
そして新しい大陸に「人間性の兄弟(Brothers of Humanity)」、「愛の子(Children of Love)」と呼ばれる新しい文明がおこる。
新しい文明は善悪といった不安定な観念はなく、新しいタイプの観念が支配する。
より大きな組織体としての「ファミリー」を形成し、各人はこの組織体の器官として生きる。
現代における「愛」とは単に漠然とした観念・感情に過ぎないが、新しい時代ではより明記された形で存在するようになる。
苦闘を良しとする風潮はなくなり、闇の力は退却し地球は闇から解放される。
新しい文化は3つの大きな特徴がある:女性パワー・柔和さ、控えめさ・人権保護。
宗教はライト光のマスターの教えをルーツにしているが、教義の歪曲によって真実が見えなくなっている。宗教は浄化されるべきだ。
地上のあらゆる土地は人間と動物の血で穢れている。
土地の浄化のため、ある大陸は海に沈む。その替わりに別の大陸が浮上する。
人は無益な目的をつくり喜びを捜し続ける。迫る危険に気づかない。
地球の気候は適度な温帯になり、酷暑・酷寒の気候はなくなる。
空気・水は浄化され、寄生虫は消える。
数千年間、地上に蓄積された罪は回復されるべきだ。
宇宙の強い波により、民族の業を清算すべき時がきている。
解放はもう延期できない。
利己心を越えるためのトライアルへの心構えをせよ。
地下では、おおきな何かが準備している。
壮大な革命がおきる。新しい時代がはじまる。」

fgdhgdfhds pc
posted by datasea at 12:53| Comment(0) | ◉ ヒンズー教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: