2017年08月07日

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ

pp6520080000887.jpg


2008年05月02日
このブログの存在理由
今日も、とても個人的な内容になります。
そもそも、このブログを始めたキッカケは、私自身が、スピリチュアルな体験と学びから得た情報を
ひとりでも多くの方々と共有すること、
アセンションに伴う宇宙の大転換期についていまだ、ご存知ない方々に伝達することのお手伝いをさせて頂く、ということでした。
そして、このブログを更新し続けた理由としましては、天使界の住人たちや、その他、高次元のスピリチュアル・ガイドたちからの要望により、
この世界に、光を広げるお仕事のお手伝いをさせて頂くということでした。
このブログからのメッセージとして、
具体的に、どのような効果があったのかは、言葉ではお伝え出来るものではありません。
それは、これまで、このブログをお読みくださった特に、私と同じ魂のグループの同胞であります、
一人ひとりのDNAの、閉ざされた鍵を解除するお手伝いをさせて頂いた、ということのようです。
それは、言葉と言葉の隙間に、言葉には表さない言外の部分に、しばしば取り上げた選曲の中に、暗号を仕掛けてあるのです、といいます。
それらすべてのことは、私自身の範疇には及ばない人智を超えたところです。
私自身はただ、内なる声と、スピリチュアル・ガイドたちを信じて、従い続けていただけのことです。
私は長い間、深い暗闇の巣窟に閉じ込められていました。
このブログは当初、私自身の学びを伝達するために、私自身の思考から書かれていたものでした。
それがいつしか、天使界の住人や、高次元のスピリチュアル・ガイドたちとのコンタクトが突然に始まりました。
私自身の思考のみによる形態のブログ更新は、西暦2007年9月で終わっていました。
その後、天使界の住人から、彼らの光の仕事をこれからも手伝ってほしいという要望があり、
また、私自身が波乱万丈な辛い人生を歩むのではなく、豊かで幸福な人生を選択する決意をしたことにより、
天使界による、私の現状における人生からの救出作戦が始まりました。
それ以降は、私自身が書いたブログでありながら、私自身のみではない、彼らスピリチュアル・ガイドたちと
一体となったメッセージによって書かれたものでした。
彼らの救出作戦は、この3月末に、ある意味、奇跡的な方法で、私を、
魔界の巣窟から「転居」させることに成功しました。
私自身にとって、それは非常に困難を極めた事情がありました。
その詳細については、あまりに痛々しいため、ここでお伝えすることは出来ませんが、
私においては、大きな夢がひとつ叶った、というわけです。
このブログは、西暦2012年12月22日頃までの期間限定更新で、それ以降は、
このブログが更新されることは一切ありませんが、
これからも、このブログが引き続き更新されるとしたら、これまで以上の豊かさと、喜びの道を
このブログを閲覧してくださる皆様とともに共有することになるのかもしれません。
そして、ガイドたちとの共同作業とでも云うべき光のお仕事を残りわずかな時間となりましたが、微力ながらも、
お手伝いさせて頂けるとしましたら誠に光栄なことでございます。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
“私は生きています
それを 心の内側に深く 感じることが出来ますか?”
スウェーデン出身のバンド、Drain STH 『Alive』 のPVです。(※動画なし)
posted by Kagari ∞ Kazuki at 00:23

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/




2006年08月08日
はじめに
このブログのタイトルにある“シリウス文明”とは、
水瓶座の時代を迎える新しい世界の象徴として表現された言葉であり、
地球のアセンション後の新しい世界の文明の名称が、必ずしもこの名の通りになるという意味ではありません。
このブログの全内容は、
地球が宇宙から孤立した時代から、
地球人類が、宇宙連合、果ては銀河連邦の一員として
仲間入りする銀河系宇宙時代に突入するまでのおとぎ話として書かれています。
私個人の想いを綴ったというよりは、
天上界や天使界の様々な高次元存在からのメッセージを織り込んだものでありますが、
かといって、私“Kagari”というフィルターを通過していますので、
そこに、私自身のニュアンス、解釈などがあることは否定できません。
このブログ中には、様々な暗号が仕掛けられており、
文字通りの、言葉尻そのものからの理解、捉え方がすべてではないということを明記しておきます。
その様々な暗号は、誰のために仕掛けられたかといえば、
私“Kagari”と同一の、もしくは、一部において魂の遍歴を辿って来られた同じ魂の家族、
魂のグループ、魂の同胞たちへ向けられたものであります。
このブログの内容を事実として受け入れるか受け入れないか、
もしくは、信じるか信じないかは、閲覧された方の直観に委ねます。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 00:00

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/




posted by datasea at 00:32| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: