2017年05月02日

予知情報

戦争に対する恐怖心が毎年4〜5月に最高のピークになっている:大衆の意識を操作する方法
2017-04-26 01:37:02
テーマ: 思想
前回の記事「『第三次世界大戦(WW3)』がGoogle検索で件数の記録更新」と一部、情報が重複していますが、
何よりも「冷戦」の検索トレンドだけはご確認ください。
その規則性にはぞっとさせられるのと同時に、
今私たちが感じている「戦争に対する恐怖心」がメディアやネットの情報によってどのようにして「作り出されて」いるのか、
とてもわかりやすくまとまった動画です(動画の内容の一部は省略しています)。
現代の「現実」の作り出され方
(動画の内容を一部翻訳したもの)
毎日、とんでもないニュースで溢れています。
それが本当に起きたことがはわかりませんが、
一部の情報は、そうやって人々を「混乱させることが目的なのかもしれません。
あらゆる事件がめぐるましく起きていますが、何が本当で何が偽物のニュースなのかすらわかりません。
そこで、パターンや統計を見ることにしました。
時代が進むにつれ、人の平均集中可能時間は短くなってきています。
(動画の図より:2000年の人の平均的な集中可能時間12秒→2013年8秒/金魚の集中可能時間 9秒)
現代に生きる私たちは、酷い事件から矢継ぎ早に起きる他の同様に無残な事件へ関心を変え続けています。
少しでいいから、静かな時間が欲しくなるほどです。
ここ数日、アメリカでは大規模な停電やネットの遮断などが続いています。
EMP攻撃の軍事演習だとも言われています。
国民は意図的にパニック状態にされている可能性もあります。
そして北朝鮮の問題です。
「北朝鮮が攻めてくる!」とテレビでは大騒ぎですが、あの坊ちゃんみたいな金正恩の話ですよね,
そもそも過去の朝鮮戦争からして、
周辺地域(訳注:日本と韓国でしょう)でのアメリカの介入と米軍の駐在を正当化させるためのものでもあったのです。
ともかく現在、様々なニュースがあり、世界中の人たちが第三次世界大戦勃発の可能性に恐怖を感じています。
大手メディアもその可能性を示唆し続けている中、
Google検索のトレンドとして、「WW3(第三次世界大戦)」という検索ワードのヒット数が急上昇し、過去最大の関心を集めています。
https://trends.google.co.jp/trends/explore?q=WW3
【関連記事】
★「第三次世界大戦(WW3)」がGoogle検索で件数の記録更新
しかし今から私が話すことには耳を塞ぎたくなる方もいるかもしれません。
現在、多くの人がインターネットを使って情報収集をしていますし、
ネットがなければ今私がお話ししていることも発信はできていないでしょう。
しかしどうやら、頭のおかしい少数のサイコパスが集合意識体に戦争の恐怖を挿入するためにインターネットを用いているようなのです。
つまり戦争が起こるという予言そのものを用いて予言の内容を実現させようとしているということです。
Googleトレンドというサービスをご存知でしょうか。
これは世界のGoogleの利用者がどのような検索を行っているのか、大まかな動向を知るために便利なツールです。
そこで特定の用語を入力すると、その用語の検索の傾向をグラフで見ることができます。
たとえば「911」で検索した場合、次のようなグラフが表示されます。
pp6520170428200.png
これは5年間における「911」のGoogle検索のトレンドですが、まるで誰かの心電図のように規則的なパターンができています。
これは毎年、9月11日前後に911事件に関する検索が急上昇するためで、ごく自然の傾向のように思われま
ではここで「World War(世界大戦)」の検索のトレンドについて見てみましょう。
一時期、検索が急上昇している部分がありますが、911のグラフの様に規則的なパターンがあるわけではありません。
次にこのグラフを見てください。
pp6520170428211.png
これは過去5年における「Cold War(冷戦)」の検索のトレンドです。
冷戦は終わったものと一時は認識されていましたが、現在では新しい冷戦が起きているとも一部で考えられます。
このグラフで何かお気づきでしょうか?このグラフもかなり規則的で、心電図のように見えます。
検索ワードは普通は、こういった心電図のように見えるべきではないのですが。
「Cold War(冷戦)」の過去5年間の検索トレンド
さらに「冷戦」という検索ワードのトレンドは、毎年4月中旬から5月の中旬〜下旬にかけての約6週間の間に最高のピークになっていることがこのグラフからおわかりになるでしょう。
つまり世界の大衆は、毎年この時期には集合体として冷戦の恐怖がピークになっているということです。(グラフの黄色の部分)
つまり毎年、この時期に冷戦の恐怖心が大衆に植え付けられているのです。
冷戦は終わったはずですが、彼らはあなた方に「冷戦はまだ存在しているから気をつけろ」と思いこませようとしているのです。さらに毎年共通しているパターンがあります。11月と12月の二度、春の急なピークの前に小さなピークがあり、翌年の1月にはそれが最低レベルにまで下がっています。(上のスクリーンショットの茶色の丸で囲まれた部分)
そして今、私たちは2017年の「冷戦への恐怖」のピークに向かい始めたところです。
ここ数年を振り返ると、毎年この時期には偽旗作戦が実行されていました。
★思考が現実を作り出す
思考が現実を作り出すということは多くの人が言っていることで、私自身も身をもって経験したことがあります。
次にこちらの図を見てください。思考が現実になるまでのプロセスが素晴らしくまとめられたものです。
pp6520170428791.jpg
「現実(リアリティ)がどのようにして作られているのか」
知識と、知識の欠如(無知)について考えましょう。
無知は確実に恐怖心を増長します。
Googleの親企業、Alphabet 社の代表エリック・シュミット氏は毎年、ビルダーバーグ会議に参加しています。
つまり現代、人類によって作られた中でも最も強力な情報ツールを彼ら(エリート層)が支配しているということです。
かつて、石油や食料を支配する者が民衆を支配すると言われていましたが、現在では情報を支配する者が民衆を支配する世の中になっています。
Google の検索結果によって人々は買い物や思想などの行動を変えることがあり、
Googleが情報をコントロール、検閲することで人々がネット上で見る情報や見ない情報を操作していると言え、これは大問題です。
World Wide Web(WWW)はDARPAによって作り出されました。彼らはネットをデジタルな思想の巣として利用しています。
つまりマトリックスの世界です。
あらゆる人々がこの中に組み込まれ、人々を傷つけています。
彼らはネットを用いて私たちに同意させるだけでなく、
嘘による精神の操作によって悲惨な現実や私たちの恐怖を実現させるために私たちを利用しているのです。
私たちが毎日を、嘘から生じた恐怖の中で生きた場合、
本当だったらあなたが生きることのできた最善の人生を実現できないかもしれません。
個人としてのあなたが、あなたご自身のリアリティ(現実)の中で持つことのできる能力が恐怖心によって損なわれていませんか?
(翻訳終了)
*-*-*-*-*-*-*-*-
【コメント】
「Google社だから、『冷戦』というキーワード検索の統計にも何か操作していて、それでそんなパターンになっているんじゃないか」
といった疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はそういった場合には、それが真実だったとして当事者(ここではGoogle社)や関係の人間にどのような利益があるのか、と考えて判断します
(この冷戦の検索トレンドを規則的に見せることで、得をする人間がどこにいるのか、私にはさっぱり思いつきません)。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
本文中のこちらのチャートの内容を、便宜上、下部から上部へと翻訳しました。
「私たちの現実がどのように作り出されているか」
・入手可能な情報:(情報、あるいは情報の欠如した状態)
個人が収集、プロセス、理解、行動する可能性のある知識から構成されている。

・決断のプロセス:(理解、あるいは理解の欠如)
決断のプロセスは人間の意識の中で行われ、入手可能な情報に基づいて各個人が選択すること。

・人間の行動:(知恵、あるいは知恵の欠如)
各個人の行動は、それぞれの決断のプロセスの質に基づいたものであり、遡って言えば、入手可能な情報の質に基づいたもの

・実現した現実(リアリティ):(作り出された結果/秩序か混乱か?)
あらゆる社会で実現される状況の質は、その社会内部の人間の行動の質を統合したものに基づく。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
現在の社会の動向を見ていると、どうも小説「1984」の「憎悪週間(Hate week)」や「二分間の憎悪(2 minutes of hate)」がそのまま実現されているように見えます。
恐怖と憎悪にかられた人間は理性的な判断がしにくくなるため、扱いやすいのでしょうね。

世界の裏側ニュース
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12233074524.html







posted by datasea at 02:24| Comment(0) | & 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: