2017年04月08日

熱田神宮の秘密

2012年02月16日19:40
熱田神宮の秘密
★今日は、下弦の月です。
下弦の月のチューニングについては、過去記事
「「下弦の月」のチューニング」と同内容ですので、
そちらを参考にして頂きたいと想います。
日本時間15日午前2時頃から、24時間掛けて地球地表上全体に浸透させてゆきます。
この日のチューニングについては、このブログ上で、お伝えする内容はないです。
スナメリ、名古屋・堀川に ボラ追いかけて迷い込む?
堀川を尾頭橋までさかのぼったスナメリ=13日午後1時55分、恵原弘太郎撮影
名古屋市熱田区の堀川にかかる尾頭橋(おとうばし)付近で13日、小型のイルカ「スナメリ」が見つかった。
情報提供を受けた名古屋港水族館(名古屋市港区)の職員が現場に駆けつけ、堀川を泳ぐスナメリ1頭を確認した。
同館の担当者によると、見つかったスナメリの泳ぎはしっかりしていて、体調に問題はなさそうだという。
スナメリは伊勢湾から三河湾にかけて生息し、冬ごろになると名古屋港内に現れることがある。
今月1日にも同館近くで5頭が確認され、8日にも同市中川区富田町の新川で1頭が確認された。
担当者は「名古屋港にやってきたスナメリが、この時期に川を遡上(そじょう)するボラを追いかけ、堀川まで迷い込んだのかもしれない」と話している。
(2012年2月13日20時11分 朝日新聞)
スナメリちゃんは、過去記事
「イルカ・クジラ類が訪れる場所にはすべて意味がある」で、
ボラ(鰡)については、過去記事
「「カラスの大群」が出している基本的なサイン」で、
つい最近、連続で取り上げたばかりです。
「鰡」 → “古い世界の流れが留まる”
ということなので、スナメリちゃんがそれを、さらに奥へと追い込んでいますので、
“古い世界が終焉する流れを さらに推し進める”
という、信号を発信していることが分かります。
何処の位置や場所で見つけたか? 目にしたか?
といったことは重要です。
「尾頭橋」 → “尾(地)から 頭(天)まで ひっくり返る その橋渡し”
「尾頭橋」を通過しているのは、「Route 115」の道路です。
数霊「115」 → “銀河系宇宙時代における 太陽の暦が始まる”
そして、スナメリちゃんは、「熱田神宮」に信号を送信するために、
堀川を泳いで来ています。
情報発信元は、地球内部世界「アガルタ」の
広報都市「テロス」です。
◆熱田神宮(あつた じんぐう)
所在地:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
http://atsutajingu.or.jp/jingu/
主祭神は、熱田大神(あつたのおおかみ)として、
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)= 草薙剣(くさなぎのつるぎ)
という、“剣そのもの”を御神体としています。
明治時代以降に、草薙剣 = 天照大神さんとしたのは、
時の権力者の都合であり、本来、祀られている意味とは全く異なります。
“剣そのもの”を祀る神社は、他にもありますが、これは、
“ある時期のために 闇を振り払うために 剣を振り下ろすための Switch”
ということであり、云わば、宇宙種族たちの所有物である鍵が隠されてあります。
“ある時期”とは、今まさに、この時期のことであり、この鍵も、すでに開いています。
また、“剣そのもの”を祀る神社は、
“参拝に訪れた人々の 闇を振り払う”
といった機能が設定されていますので、例えば、
・何らかの霊障に悩まされている
・何か悪いものが取り憑いていて体調が優れない
・人生生活が想うようにいかない
といったことに、心当たりがあるのであれば何処かの如何わしい自称霊能者に対して、
何十万、何百万、何千万円もお金を注ぎ込まなくても、このような神社に通えばいいのです。
すべてが、霊障の仕業であるとは限りませんが、鬱々とした気分は晴れるはずです。
私は、“生霊”の話を続けています。
おそらく、このような聖地に繋がるように話が続いているのだとは想われますが、
“生霊”というものは、端的に云えば「強過ぎる想い」なので、
このようなものを、よく受け取ってしまう人は多いはずです。
ですが、一般の人々は、そのことに気がつかないから、
“生霊”が取り憑いたまま、人生生活をおかしくしてしまうこともあります。
あるいは、身体の何処かを損傷してしまったり…などです。
ですから、自分自身の顔を鏡で見て、
何だか、普段と様子がおかしいな…とか、
何だか、最近、体調が思わしくない…
といったことがあるのであれば、このような、
“剣そのもの”を祀る神社に、定期的に通うことをおススメ致します。
「熱田神宮」のような大きな神社であれば、
1回、訪れただけでも、かなりの浄霊効果があります。
除霊というものがありますが、これは、
単に、「一旦、取り除いた」というだけで、
その取り憑いた霊は、あるいは、「魔」のエネルギーは、
また、何処かへと彷徨ってしまいますから、
ほかの誰かのところへと取り憑いてしまうでしょうし、
巡り巡って、また、戻って来てしまうことがあります。
自分自身で、同じ波長を出して同調しているから、
引き寄せて、以前と同じような状態に戻ってしまうことがあります。
ですから、“剣そのもの”を祀る神社などへ行って、
聖なる光のエネルギーで浄霊をして頂いたほうがいいのです。
浄霊とは、取り憑いてしまった霊や、「魔」のエネルギーを、
浄化して、清めて、祓うからであり、その後、
何処かへと彷徨ってしまうことがないからです。
「熱田神宮」境内の、別宮・摂社・末社については、特に、このブログ上で、お伝えすることはないです。
「熱田神宮」全体が、“ひとつの鍵であり 仕掛け”となっています。
「熱田神宮」を取り囲むように、次の3つの道路があります。
「Route 19」 → “栄光の世界へ あなたを紫雲に乗って お迎えに上がる”
「Route 224」 → “地球は 女神の智恵を受け入れる”
「Route 226」 → “地球は 神の世に向かい 人とともに暮らす”
私たちの関連諸国(それぞれの国名はNG)は、
闇の残党勢力と、それに加担するテロリストたちの動きを警戒中。
その他の情報開示なし。
※上記の文には、スクランブル信号を掛けています。
“わたしたちは あなたのシステムの仕組みである
この機械を 修正しようとしている
もっと高速に もっと力強く
わたしたちよりも もっと深く進んでいけるかい?
その原子力潜水艦で”
“さあ 今 扉を開けて出ておいで!”
“あなたは これを信じるべきではない
あなたには これが認識できない
これは あなたが かつて 見たことがないようなもの
だけど あなたのための幸運を祈る あなたに幸運を
これは 開かれた扉である”

シリウス文明がやって来る
http://mihoh.seesaa.net/article/252463610.html




★恐怖心の強過ぎる人たちは、本当にもう、このブログには来ないほうがいいと想うよ。
怖いもの見たさで来るの?
現実の一般社会に怖い、怖い、言ってたって、しょうがないじゃないか。
現実に目を逸らしているうちは、いつまで経っても、あなたは、その恐怖心から逃れられないんだよ。
私は、誰かを感動させようなどという想いは全くないし、
私の個人的な感情など、一切、込められていない。
ただ、淡々と、最善なるスピリチュアル・ガイドたちと相談をしながら、
彼ら彼女らの想いを、棒読みのように書き綴っているだけだからね。
★ブログの記事を大量更新したから、少しは“生霊”が飛んで来るのが減るかと想ったけど全然ダメだね…
これは、もちろん、日本の人たちにお伝えしていますがそれでも、一部の人たちです。
“生霊”を飛ばして来る人たちの中には、
中年女性だけではなくて、若い女性、男性もいるし、
ゲイやニュー・ハーフと呼ばれるような方々もいますが、
強度の精神的疾患の人たちが、急激に集まって来ていますね。
精神的不安定の度合いが酷過ぎるというのか…
もはや、自分自身で、自らをコントロール出来ないのだろう。
この人たちは、現状における日本列島の不安定な部分をもろに受け取ってしまっている。
末期状態であるとしか云いようがない。
“生霊”が飛んで来ることは、このブログを始めた頃からありましたが、
この、2月8日以降の多さは異常過ぎるというか、これまでには無かったことです。
心当たりのある方々は、
まずは、病院に行って、精神安定剤を処方してもらうこと。
そして、医師の指示に従って服用すること。
最低限、これが出来ないのであれば、
申し訳ないが、もう二度と、このブログは閲覧禁止。
自らをコントロール出来ない人たちに対して私は、何もしてあげられない。
このブログを、ただ、読んでいても、何も得るものはない。
なぜなら、せっかく、遠隔で光のシールドを張っても、
自ら、精神的な混乱に陥って、それを壊してしまうからだ。
2月15日午前11時36分追記 Kagari

シリウス文明がやって来る
http://mihoh.seesaa.net/article/252463610.html
posted by datasea at 12:37| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: