2014年11月03日

予知情報:松原氏

2013-08-01
迫り来る富士山噴火の時期は?
今朝またハピズムで、私が書いた記事が掲載された。
「女性自身」7/9号で松原照子さんが予言している富士山噴火をネタにしたものだ。
科学的前兆現象や科学者の予測などもふまえて、いつ頃噴火しそうかを、自分なりにまとめてみた。
まず、こちらの記事を読んでください。
* 2014年に噴火!? 富士山の登山客増加が、噴火を誘発する可能性を予言者・松原照子が示唆
http://happism.cyzowoman.com/2013/08/post_2782.html
この記事のまとめとして書いているように、松原照子氏、木村政昭名誉教授、(アヤシイ)百瀬のダウジング結果などを総合すると…
「2014年〜2016年頃に富士山が噴火する可能性が大きい」
ということになりそうだ。
また、下記のハピズム記事で書いたように、南海トラフ地震の予測としては…
* 松原照子氏(予言の解読):2016年または2017年
* 2016年12月頃:週刊現代6/29号の記事で占い師など9名が予測(2番めに多い)
* 2016年後半〜2017年:百瀬のダウジング予測
といったところが重なっていて、不気味だ。
* 今年の11月に南海トラフ地震がくる!?  研究者など20人以上が出した予想とは?
http://happism.cyzowoman.com/2013/07/post_2666.html
富士山噴火→南海トラフ?
以上を更にまとめると…
「2014年〜2016年頃に富士山が噴火し、その後または同時期の2016年〜2017年に南海トラフ地震が起きる(かもしれない)」
となる。
我ながら「ほんとかな?」という気がするが。

ちなみに、体感予知で有名なリシルさんは「霊さん」からの情報で、2015年夏に南海トラフ地震(東海地震)が起きると言われたという。

ハピズム記事で紹介した産業技術総合研究所の研究では、南海トラフ地震のような巨大地震が富士山噴火を誘発する可能性があるという。
上記のパターンでは、その逆になりそうだ。
更に、首都直下型地震も富士山と南海トラフと連動しそうな気がしてならないと、松原さんは女性自身の取材で語っている。
今年秋頃に大災害の説も
その一方では、今年後半に大きな自然災害が起きるという予言や予測のたぐいが目立つ。
それらをまとめると…
* アレクセイ・リュブシン:2013年後半〜2014年春に南海トラフ地震(?)
* ロン・バード:2〜3ヶ月後に大きな災害
* 週刊現代6/29号の記事で占い師など12名が2013年11月と予測(最も多い)
* 比嘉良丸さん:2013年10月に南海トラフ、富士山噴火、関東地震など
* ある年暦で、11月7日または11月25日が大災害の危険がある(7/22探求三昧記事参照)
ちなみに、今年は九星で五黄土星だが、この年に大きな地震などがよく起きているという。
自然災害に要注意な年だというのだ。
たしかに、さまざまな前兆現象が起きている。
伊豆・小笠原諸島近海で巨大地震という声もある。
今年起きなければ、2015年〜2017年?
または、今年は富士山や南海トラフ以外の別の災害があるのか。
いろんな予言や予測をまとめると、とにかくこの数年間は、地震や火山噴火の災害に注意しなければならないということになるだろうか。
予言はあくまでも予言で、通常は当たる確率の方が低いが、用心するに越したことはない。
日本では歴史を通じて度重なる津波の被害があったのに、多くの死者が出たところでも、しばらくすると忘れ去られてしまう。
予言のたぐいは、災害の危険性を常に心にとめておくためにも、存在価値はあると思うのだ。

探求三昧 by 百瀬直也
http://tankyu.hatenablog.com/entry/20130801/fujisan

posted by datasea at 16:23| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: