2014年06月12日

ET情報










カリフォルニア沖に大規模なUFO出入り口発見  
2014年5月22日
http://2012thebigpicture.wordpress.com/2014/05/22/massive-submerged-entrance-found-off-california-coast-may-22nd/
May 22, 2014
Massive Submerged Entrance Found off California Coast May 12th
カリフォルニアのマリブのポイント・ドゥーム海面下に過去40年に亘り探索をしていたUFO研究者にとってまるで聖杯のように見えるものが発見された。
これは、沖合6.66マイルの所に、幅1.35マイル ×長さ 2.45マイルの高原状の構造で、柱の間の間隔が幅2745フィート高さ630フィートの入り口を備えている。天井は厚さ500フィートで核爆弾にも耐えられるものになっている。
これはダークマター無線ネットワークの Dale Romero と Jimmy Churchによって2014年5月12日に発見され、フェースブックと、翌日のツイッターと教会のラジオプログラムで発表された。
この水面下の基地は写真撮影もされた、数百のUFOの目撃があったために、長年の間ミステリーだった。UFOの出入り口は今まで発見されていなかった。この出入り口は核搭載級の潜水艦
を載荷出来るほどのもので大規模なUFO活動も可能であり、モハーベ砂漠のチャインレーク海軍基地やラスベガスとレノの間のホースロウンの海軍水面下戦争指揮センターのような米国内の軍事施設に通じることも可能である。
位置は、34° 1’23.31″N 118°59’45.64″W

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2014/06/ufo_dd3c.html




posted by datasea at 00:22| Comment(0) | % ET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: