2014年05月19日

予知情報

STAP細胞作製は事実だった それは存在している
2014.3.25 ;更新: 4.1, 4.3
宇宙情報によれば、小保方晴子(日本の細胞生物学者。早大工学博士2011年、独立行政法人理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・リーダー)によるSTAP細胞(体細胞を初期化することにより、全ての生体組織と胎盤組織に分化できる多能性を持った細胞)の作製での成功は事実であった。STAP細胞は、マウスの体細胞を弱酸性の溶液に浸すなどストレスを与えるだけで、細胞が受精卵のような未分化の状態に初期化され、体のどんな器官にも分化・発達できる万能細胞になるという画期的な大発見とされている。それは、iPS細胞より容易に短時間で得られるので、世界的に注目された。その作成までの過程と雑誌Natureに発表した論文での幾つかのミスは枝葉末節で、STAP細胞造りの事実を否定するものではない。他人が再現実験に成功しないのは、実験の方法と諸条件に欠陥があるからである。小保方の指導の下に再現実験すれば、再現できると。小保方の共同研究者で米国のハーバード大医学部のチャールズ・バカンティ教授、常田聡(早大教授)、武岡真司(早大教授)、大和雅之(東京女子医大教授)は、iPS細胞を開発して2012年にノーベル医学生理学賞を受けた京大iPS細胞研究所教授の山中伸弥と同様に、小保方のSTAP細胞作製事実を否定していない。
STAP細胞作製の疑惑・否認キャンペーンにバカンティ教授が反論した:
http://www.youtube.com/watch?v=uB66ovxmPXc
STAP細胞の作製成功は、日本の世界的貢献になった。 製薬大資本連合と経団連の利益の金権手先で、地球人口の犯罪的削減を目指すイルミナティの手先である日本のマスゴミによるSTAP細胞疑惑・否認の総攻撃キャンペーンは覆された。
筆者は以前に宇宙情報から小保方を詐欺師と呼んだが、それはその後の精査の結果、宇宙情報によって撤回されて、小保方晴子によるSTAP細胞の作製成功が事実だったと認定された。但し、以前に書いたように、遺伝子工学の戦略的課題がある。太古に邪悪なETらによって12条DNAを切断されて、残された地球人の2条DNAとその間近に残されている所謂Junk(屑) DNAこと10条のDNAを繋ぎ直す遠大な課題の展望から見ると、STAP細胞の作製は小さな成果に過ぎない。 それは、山中伸弥と同様に小保方晴子も、太古以来の地球侵略・植民地支配者トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイド(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド)のShapeshifters=変身者で、同類のイルミナティの方針に従って、地球人の12条DNA・遺伝子の切断と邪悪な遺伝子設定の現状を変えるつもりがないからである。
   

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/102.html




[追加情報]
小保方の反論は正当である
2014.4.1
理研はマスゴミに同調して3.31に、小保方晴子のSTAP細胞作製に枝葉末節の汚い揚げ足取りの感情的非難攻撃をした。小保方は「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。研究不正と認定された2点については『悪意のない間違い』であるにもかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことはとても承服できません。…このままではあたかもSTAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、到底容認できません」と反論した。さらに理研に対しては近日中に不服申し立てをすると言明した。
理研理事長の野依良治(ノーベル化学賞受賞者)は自分の顔に下劣で不名誉な泥を塗った。山中伸弥もマスゴミの情報犯罪に短絡思考で同調して、自分の名誉を汚した。

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/102.html








[新情報]
STAP細胞の存在が香港中文大の再現実験で実証された
2014.4.3
英国ガーディアン紙によれば、香港の中文大学教授のケネス・リー(再生医学)が、小保方晴子の共同研究者ハーバード大のバカンティ教授が示した手順でSTAP細胞の再現実験に成功した。
http://gendai.net/articles/view/geino/149205

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/102.html






posted by datasea at 00:43| Comment(0) | ※ たつまき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: