2014年04月19日

天体情報

2014年4月後半概況(全体)
カーディナル・グランドクロスの完成が4月22日、23日なのです。
別に世界が終わるわけではありませんので御心配なく。
あちらこちらで、変化に継ぐ変化とそれらが破壊的に見えても、実はより良き方向に向いているということなのです。

青山五行
http://aoyama-gogyo.com/monthlyhoroscope.html




2008年。冥王星が山羊座に入ってカーディナル・クライマックスの基礎が作られました。ここまでも多くの事がありました。世界的にも、国内的にも、大きな社会体制の変化が続いています。
冥王星とは「破壊と再生」を示す星。山羊座とは社会体制を暗示します。この山羊座は冬至を表すポイントで、つまり季節の変化を表すカーディナル星座のひとつなのです。
それぞれの季節の変わり目を示すカーディナル宮の13度に4つの星が配置されます。これこそが2008年より言われてきたカーディナル・クライマックスのその頂点。カーディナル・グランドクロスの完成が4月22日、23日なのです。
別に世界が終わるわけではありませんので御心配なく。あちらこちらで、変化に継ぐ変化とそれらが破壊的に見えても、実はより良き方向に向いているということなのです。
人間個人の生活も、大宇宙も、常に変化しながら調和を保って存在しています。
カーディナルクロスだから変化しているというより、いつだって変化は当たり前に起きています。ここではその振幅がより大きくなる、ということです。
この4月後半の変化はまず15日の蝕を含んだ満月から始まります。つまり、月蝕です。昔からの言い伝えで、日蝕は為政者に災いし、月蝕は被支配層に災いをなすと。もちろん迷信ですが、この月蝕は牡羊座と天秤座には大きな変化を促すこともあります。
そして始まる、カーディナル・グランドクロス。
牡羊座13度の天王星=わがままで気まぐれなウラヌス。
蟹座13度の木星=力を得た やりたい放題のゼウス。
天秤座13度の火星=力を発揮できないアレス。
山羊座13度の冥王星=体制を再生するハデス。
これらが一歩も引かずに主張しあいます。4月の後半は全ての時がこの影響下に入ると思います。カーディナル星座の方は、どうか心して良き方向を選択していってください!!

青山五行
http://aoyama-gogyo.com/monthlyhoroscope.html






☆2014年4月9日火星-地球-太陽が直列、そして2014年4月14日火星最接近
URL http://enlt.way-nifty.com/blog/2014/04/414-9e83.html
引用:
4月の天体現象は、
 4月09日 火星-地球-太陽が直列
 4月14日 火星接近
 4月15日 皆既月食
 4月23日 グランドクロス
 4月29日 金環日食
となり、5つの天体現象が続けざまに発生します。
火星は、エレメントとしては「火」であり、積極性などを意味するため、4月に起きる他の天体現象にエネルギーを与えることになります。
:引用終了

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/656.html





投稿者 赤かぶ
日時 2014 年 4 月 14 日 23:39:17
火星が地球に2年ぶり最接近!15日からは皆既日食&満月も!バヌアツの法則など大地震が発生しやすい環境が整う!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2271.html
2014/04/14 Mon. 22:40:19 
真実を探すブログ
4月14日の今夜は満月と火星の共演を見ることが出来ます。4月14日に火星が地球方面に再接近しており、普段よりも大きくなっているのです。そのため、今夜は肉眼でも火星を見ることが出来るような状態となっています。月も満月で綺麗になっているので、時間の有る方は少し見てみると良いでしょう。
今月は天体に関するイベントがこれ以外にも盛り沢山です。4月15日からは皆既日食が発生することで、「赤い月(ブラッドムーン)」と呼ばれている非常に珍しい現象が発生します。更に4月29日には、「金環日食」という現象も発生するのです!
いずれも数年に一度しか見れないイベントで、これが数日間の間に連続発生するのはかなり稀だと言えます。しかも、他にも火星、木星、天王星、冥王星が十字に並ぶ「グランドクロス」という現象も4月23日に発生するわけで、今月は色々と凄いです。
ただし、これらの現象は地球の磁場や大気の流れ等に影響を与え、地球環境を大きく乱すと傾向があるため、手放しで喜ぶことは出来ません。実際、今月に入ってから異常な数の大地震が発生しています。4月1日夜8時46分に南米のチリ沖でマグニチュード8.2の巨大地震が発生し、パプアニューギニアでもマグニチュード7クラスが発生、先日もソロモン諸島近海でマグニチュード7クラスの大地震が2連続で発生しました。
マグニチュード7を超える大地震になると、地球の裏側にも微弱な揺れを加えるほどの力があります。チリ沖で巨大地震が発生してから他の地震が連鎖しているのもその影響と推測され、これを満月などの自然現象が加速させる可能性が高いです。防災科学技術研究所も認めていますが、満月時は月の引力が変化し、地球の地殻を刺激します。
そのため、大地震の連鎖&満月による相乗効果で、地震が発生し易い環境になってしまうのです。これは日本も他人事ではなく、東日本大震災が発生した時も「スーパームーン」という月の引力が急変していた時期でした。なので、当面は日本を含めて、世界中で地震や噴火などの地殻変動には注意が必要です。
*書き忘れましたが、今は「バヌアツの法則」にも対応しています。バヌアツの法則とは、日本とソロモン諸島やバヌアツの地震が連動している法則の事で、今回はソロモン諸島近海の大地震がトリガーです。大体、4〜5日後に日本でも同規模クラスの地震が発生しています。単純に当てはめると、4月18日前後に日本でM7クラスとなります。
☆火星:地球に2年ぶり最接近 満月と紅白の競演
URL http://mainichi.jp/select/news/20140415k0000m040054000c.html
引用:
2年ぶりに地球に近づいている火星が14日、最接近し、赤く輝く星が春の夜空を彩った。満月に近い円い月が近くに並ぶ紅白の競演もあり、天文ファンを楽しませた。
14日は地球から9239万キロまで近づき、最も明るく見える恒星シリウスと同程度のマイナス1.5等級で輝いた。午後5時半ごろに東の空に昇り、夜には東南の方角に月と並んで見えた。
:引用終了

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/656.html







火星が地球に最接近
2014/4/16(水) 午後 0:39
衝から5日後の4月14日、火星が地球に最接近しました。
今回は大接近に比較して2/3程度の大きさですが、撮影しないわけには行きません。
最近のシーイング状況を考慮して反射よりも屈折望遠鏡の方が結果が良いのではと判断しました。
口径は小さいけれど、風があったので屈折で正解だったような気がします。
速報で拝見する皆さんの写真と比べると見劣りしますが、10センチクラスとしてはまぁまぁかなと思います。
火星の地形を同定できるような本格的な拡大撮影は今回が初めてなので自分では満足の1枚です。

信州の里山より
http://blogs.yahoo.co.jp/figaro1791/11221911.html
posted by datasea at 09:12| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: