2014年02月10日

予知情報:夢記録

20140209
書家のお宅にお邪魔する。墨で描かれた幽玄な世界、霞がかった遠景はやや青味がかっており、近景は立体のジオラマになっている。
ペンで返事の葉書をしたためる書家。
ジオラマをこすって表面を崩してしまう弟、書家は気にもかけずに笑っている、「この方は私の絵画を評価してくださっているんですよ。」。
パジャマ姿でやってきた父、「こと座の位置よりも地上の地形を頼りにここまで来た。」。
「何しろ沢山の流星がこと座のエリアからは降ってくるんですよ。標高のたかいここいらではその様子がよくわかるんでね。」。
パジャマ姿でやってきた父、「こと座の位置よりも地上の地形を頼りにここまで来た。」。
「まあ、遠くからよくおこし下さいました。」。

local pc





posted by datasea at 10:24| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: