2014年02月02日

経済情報:警告

インサイダーによると。。。警告・世界的金融崩壊間近です!
2014/1/28(火) 午前 5:35
日本や世界や宇宙の動向さんのHPより
世の中。。。あまりにも多くの事が起き過ぎています。アメリカ、韓国、中国では鳥インフルエンザ(種類は違いますが)が拡大し、死者も出ています。マダガスカルでは腺ペストが大流行しています。アメリカ上空からは多くの火の玉(隕石)が落下しています。環境汚染、地震、寒波、熱波(南半球)、噴火、動物の大量死、食糧や水不足。。。様々な問題が同時に発生中。
そんな中、最後のとどめがこれでしょうか。。。金融と通貨崩壊です。JPモルガンの幹部からの秘密情報を漏らした方がいます。今月末にはやはり中国は金融崩壊は免れないようです。すでにバブルは崩壊しているとのこと。。今後3週間以内に金融市場や通貨は大混乱となるとのことです。わざとそうなるようにさせている連中がいるのかもしれませんが。。。それにしても、これまでの経済システムや金融システムでは立ち行かなくなってしまうようです。中国元や米ドルをコツコツ貯金してきた方がいらっしゃいましたら、早く別のものに換えた方が良いかと思います。
http://beforeitsnews.com/gold-and-precious-metals/2014/01/insider-spills-the-beans-on-impending-financial-market-collapse-2574300.html
(概要)
1月26日付け:
金融インサイダーからのメール:
私は、ロサンゼルスのパイパージェフレイ社でストック・ブローカーとして働いています。昨日、とても信じられないことが起きました。私は、多くの超裕福な顧客の有価証券を扱っていますが、昨日、突然、上司から、彼らの有価証券の全てを直ちに現金に換えるように指示されました。その時ふと思ったのが金融崩壊が間近なのではないかということです。 不思議にも、上司はそれらを現金に換えるように強く私に命令したのです。
上司は何等かの情報を入手しているようでしたので、なぜ現金に換えるのかを訊いてみるました。すると、上司は私に非常に重要な情報を話してくれました。
その情報とは。。。もうじき、通貨危機が起きるということです。
今後3週間以内に大手銀行はデフォルトするそうです。世界中の株式市場で株価が乱高下を繰り返します。世界の通貨も激しく変動します。どの国の通貨が生き残るかなど全く分からないほど混乱した状況となるでしょう。そして、アメリカの債権市場にも影響がおよびます。その時、FRBがどのように対応するか、興味深いところです。
しかし、上司は、FRBが何をしようとも何の解決にもならないと警告しました。
上司はこの情報をJPモルガンの幹部から入手したそうです。
何が金融崩壊の引き金になるのかと、上司に訊いたところ。。。中国のトラスト・デフォルトにより世界の金融市場や通貨がドミノ式に影響を受けることになるそうです。
さらに、1月27日〜31日には、市場での取引が爆破寸前の状態となり、3週間以内に金融崩壊と通貨崩壊が起きるそうです。
私は今、自分が保有する株や債権を投げ売りしています。しかし問題は、それらを投げ売りして得た米ドルを持っていてもどうしょうもないということです。従って、米ドルを使って貴金属や不動産を買ったり、スイスのフラン、ベトナムのドン、ナイジェリアのナイラ、ロシアのルーブル、メキシコのペソに換えています。
なぜ、中国元に換えないかですって?なぜなら、中国元は全く安全ではないからです。中国経済は外国の消費(輸出)に頼り過ぎているからです。
なぜ、第三国(途上国)の通貨に換えるかと言うと。。。これらの国は金融崩壊で影響を受ける産業があまりないからです。これらの国々は農業やエネルギーを基盤にした経済でなり立っています。ご質問は何でも承ります。皆さんの資産をどうしたらよいかのアドバイスも致します。
ブラザージョンFより。
ーーーーーーーーーーーー*(x_x)*ーーーーーーーーーーーーーーーーー
JPモルガン・スタンレー銀行は高層ビルの本社を中国に売り渡しました。
 バークレイ銀行 香港上海銀行世界一と二の銀行がアウトの模様・・・・・
栄枯盛衰 諸行無常の響きあり・・・などと平家物語を詠う時ではありません。
足下に危機が迫って時に、冷静な判断が重要 特に経営者は試されますよ・・・・・
小人は危機を逃げ、中人は危機を処理し、大人は危機の前に対応済で釣り糸垂らす。

フォトン層、黄金の水瓶座と大天使レイナ・エル
http://blogs.yahoo.co.jp/shingogh425/67051182.html



posted by datasea at 16:25| Comment(0) | $ 経済アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: