2013年10月26日

予知情報

知恵がないのは当たり前。弱いのは当たり前。正社員率はどんどん下がり、切り捨て御免の都合のよい激安労働力。時給800円の最下層の労働力として使い回す。使えない者は自殺者として社会から葬り去る。
幾多の虐げられた魂の上に、ユニクロ柳井や、ワタミ渡辺みたいな人間が偉そうに人生論を一説ぶつのです。お前達も我々のようになりたければ一生懸命働け!
作用反作用の法則。ワタスはこんな社会は長く続かないと思っていますが。今日、その昔、ネットで流行った予言を見ていますた。まぁ、予言なんてバカバカしいのですが、今の状況に妙にぴったり来ていて驚きますた。
ばあちゃんの予言がヤバすぎてワロエナイ
http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/archives/3640403.htmlから抜粋
俺の隣家のバアちゃんが昔人気を博した占い師だったらしい。んで昨日、面白い話を聞いた。超人に関することかも知れないので要約して書いてみる。
今年はこれまでの行いが全て結集、結合して表に現れた年。
個人、団体、国を問わず、清算の年になったはず。
今年悪いことがあった人は来年以降更なる覚悟が必要になる。
今年良いことがあった人は来年以降もっと大きな喜びがある。
来年以降はその結果を反映して多くのものが逆転し始める。
少数だったものは少数であればあるほど前に出て
多数だったものは多数であればあるほど後ろに下がる。
そうした中で、社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。
それは、お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。
そして彼らは真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。
また、長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。
彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年頃に、現代が終わって未来が始まる。
来年、貨幣経済の代わりになるものが生まれ始める。
徐々にそれの有効性が広まっていくが、それは5年後より先の話。
要約すると短いけど、実際は色んな横道(笑)があって長い話だった。
「新たな人々」とやらが超人ぽいなと思う。
新しくない(笑)人々はどうなるの?
変化についていけない人は、今まで虐げてきた人と同じ目に合い続ける。因果だね。
身近に信頼できる人(家族や友達)がいない人は本当の孤独に陥ることになる。
幸せな家庭や家族を築いている人たちは、そのままでいられると思うよ。
私ら今までの大人は、社会の舞台から消える運命にある。
暴動?起きないよ。考えること止めてカラダも動かなくなった大人が
体も動いて色々なことを考え続けて悩み続けた若い人らに勝てるわけがない。勝負にならない。
来年の予言
流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。(←デフォルトの影響?)
中東で正義を掲げた紛争が起こるが、その直後に何かの情報が漏れて攻めた側が大批判される。(←これはシリアについてではないでしょうか。)
それが世界戦争へ繋がることはないが、世界のパワーバランスが崩れる契機になる。
金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。(←これはもしかしてハンガリー?)
野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。
サッカー南米選手権?よくわからないけど、日本は活躍すると思うよ。
その後今までやり取りしたことが以下
東北は復興するどころか、未来においても世界から賞賛される先端地域になる。
原発がどうなるかはわからないけど、日本は大丈夫。本当に大丈夫。
新しい人達はじっと我慢してる。ひとり静かに怒りを溜め続けてる。
わたしらがやることは、死んだ人達が命を懸けて遺してくれた社会を、辱めないこと。貶めないこと。
しきりに「大丈夫だから、大丈夫」と言ってた。
それと「今のうちに東北に土地買っておけばいいかもね(笑)」と言ってた。
まあこれは冗談だろうが、東北は素晴らしい復興を遂げるらしい。
まぁ、東北の部分は?ですが。。当たってる気がしないでもない。
ワタスには同じような予感があります。何故だか、今年に入って疎開村に東京からも共感してやって来てくれる若者が集まっている。お互いに仲間を認識し始めた。それは当たりだと思ってます。
疎開村にも今、3名程の元引きこもりの若者が来ています。その中の一人。これは、ハブロ君のブログです。彼のブログにも書いてありますた。
サムシング*グレート
絶対に死なないでください
苦しみを耐え抜けばかならず天は味方をします。
例外はありません。
どうか。どうか。ここを読んでいる若者達。こんな世の中が長く続くと思わないで下さい。ワタスにははっきりした予感がある。だからこそ疎開村活動なんてやってるのです。グレンとひっくり返る。
もうすぐなのです。絶対に死なないで欲しい。新しい人達が生まれて来ている。若者達は、静かに怒りを貯めている状態です。安心して良い。そういう流れなのです。
光は暗闇の中から生まれる。辛い思いをした者のみが光の素晴らしさを知っている。辛く厳しく悩み苦しんで絶望を知ってる人だけが本当の光を放つ。そういう者が放つ光は、透き通っていて美しい。今の世の中はもうすぐ崩れる。だから心配するんじゃない。
絶対に大丈夫です。もうすぐ目覚める。静かで優しい人達。そして絶望を潜り抜けた人々。本当の強さを持った人々。後ちょっとです。ワタスはそんな予感を感じています。

黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1264.html




【関連する記事】
posted by datasea at 22:30| Comment(0) | % 隣家のバアちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: