2013年09月18日

ヒルデガルド

1098年、ドイツのバーメルハイムの大土地所有者の末娘として生まれたヒルデガルドは修道女になったが、幼いころから幻視の才能を持ち、彼女の幻視は時の教皇エウゲニウス3世によって「真実の天啓」と認められる程。その彼女が42歳の時に神から召命され、未来のヴィジョンを見通して記したのが『スキヴィアス(主の道を知れ)』『リベル・ディビノルム・オペルム(神業の書)』ですが、そこにはこう記されています。
「はかり知れぬ力を持つ大彗星が海から多くの水を押しだし、多くの国々に洪水を起こし、多くの飢饉と疫病を生む。海岸沿いの都市はみな震えあがり、多くが津波によって破壊される。生物のほとんどは死に絶え、免れた者さえ恐るべき病によって死ぬだろう」
これが今後起きる内容。オイラが「パーティ(本番・特盛デー)はこれからだぜ!」と書くのは、ヒルデガルドの預言や日月神示を視野に入れた上での発言なのです。
2013-02-18

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2504.html





しかも、このシナリオを補足する預言がある。
それがヒルデガルドの預言。賢い女預言者のヒルデガルドはアメリカの大半を海没させてしまう大彗星が来る前には「偽教皇」と「反キリスト」が登場すると預言している。
「彼(偽教皇)はイスラム教からの改宗者で枢機卿に昇りつめる。そして、選出されたばかりの新法王を暗殺し、自分を法王に選出させるだろう。彼は、キリスト教徒の3分の2を味方に引き入れる」
とあり、選出されたばかりの教皇とは最後の教皇「ローマ人ペトロ」のことになるだろう。この暗殺が起きるのはファティマ預言から、急峻な山の十字架の前となる。但し、その時には既にローマは廃墟化している。
もいう一人の「反キリスト」が問題で、結構いろいろなことをしでかすのです。
「彼(反キリスト)は、地を動かし、山を崩し、河を干上がらせ、雷と雹を起こし、森から緑を奪い、再び緑を森に戻す。健康な者を病にし、病める者を健康にし、悪霊を祓い、ときに死者を起こす。自分を剣で刺し殺し、復活の日まできれいな布にくるんでおくよう信者に命じ、殺されたと思わせて復活を演出する」
「彼(反キリスト)は、各国首脳、軍部、大財閥を配下に入れ、彼を信じぬ者を滅ぼし、全世界を従える。彼の刻印は地獄の洗礼。人はそれによって、反キリストと悪魔の使徒の判を押され、サタンの力に自分を譲り渡す。この刻印を持たぬ者はだれであれ、売ることも買うこともできず首をはねられる。そのころエルサレムには、キリスト者の血が川のように流れるだろう」
「完全な支配をはたし、地上最高の権力を握った時点で、反キリストは自分を「神」と宣言する。最後の奇跡を試みる。」
「昇天の計画は、精巧な装置を巧みに操縦することによって準備された。その出来事が起こる瞬間、耐えがたい悪臭を放つ雲が発生する。昇天の瞬間に落雷が彼を襲い、打ち殺す。この事件を通して多くの人が正気に戻ることだろう」
あともう少しというところで、反キリストの昇天計画は挫折するが、この昇天計画とは宙を浮いて移動出来るようなものではないだろうか? 多分、ハチソン効果のようにプラズマに包まれて宙を移動するような仕組だと睨んでいるが、、、
2013-02-21

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2506.html





他にも同じような内容をヒルデガルドは記している。
「大彗星が来る前に、善良な人々を除き、多くの国々の民が欠乏と飢えで清められる。相異なる家系と種族の民が共存する大洋の中の大国は、地震、嵐、津波によって滅びる。この国は二分され、その多くが海没する。この国は、海辺で多くの悲劇に遭い、虎と獅子によって東洋の植民地を失うだろう」
この海没する国は米国だと言われているが、イエローストーンの噴火があるのかもしれませんね。この時が東洋(東アジア)が米国支配の手から離れる時でもある。
ここでいう虎と獅子とは、上海協力機構(通称:上海ファイブ)でないかと云われる。これは中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタンの6か国による多国間協力組織、もしくは国家連合であり軍事同盟。ここには日本、韓国、台湾、フィリピン、タイ、カンボジア、インドネシアは含まれていない。また、この米国の被災は「また再び米国から逃げ出すことになるだろう」というアルメニアの少年の予言とも関連している。
2013-02-18

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2504.html


一見、平和のような状態が続くが、これにより世界権力層は地上のいかなる力にも滅ぶことはない体制を構築し得るのです。しかし、その僥倖も束の間、、、、
「諸元素は突如、予期せぬ動きによって解き放たれ、全被造物が激しい動きに投げだされる。火は燃えつき、風は分解し、水は涸れ、地は揺さぶられる。閃光が炸裂し、落雷が起こり、山脈は砕け、森は倒れ……生き物はすべて死滅する。火は大気を燃えつくし、水は全地を呑みつくす。こうして……この世の汚れたものはみな消滅する」
このようにして物質世界は瓦解していく。
これが人間を原始の状態に還元する人類補完計画。
日月神示がいうビックリ箱、岩戸開きだと思われる。
その原因は、やはり大彗星(二ビル)だろう。
2013-02-21

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2506.html










聖マラキ
マラキは1094-1148のアイルランド人。若くから秀でた人物として教会に注目され、いくつかの教会の司教などを経たあとアーマー大司教に任命された。当時のローマ教会では有名人で教会改革などの功績により死後聖人となった。
マラキは他にアイルランドの未来について予言されたともいわれている(イギリスの支配下になること、その後長く苦しみの時代を経て独立できることなど的中していたらしい)。
 この予言はマラキはトランス状態で述べたものを、別の人間が書き取るかたちでおこなわれたらしい。
しかし彼が残したこの予言の書は300年くらいどこでどう保管されていたかは良くわかっていないらしい。発見?は1590年で修道士アルノルドという人が自分の友人の枢機卿を教皇に推すために枢機卿会議へ提出したそうだ("都の古さ"という表現からまさに友人こそふさわしいと主張したらしい。結局法王は別の人物になったが)。このあたりの理由からマラキの書はこの時でっち上げられたものだという人もいる。で、どれだけの率であたっているかというと、ものの本では割とあたっているらしいです。もちろん発見?されたという年以降の法王についても・・・(発見前が当たっていても当たり前だっていわれてしまいますからね・・・)
 ちなみにヨハネ・パウロ2世の前任、ヨハネ・パウロ1世は"月の半分"と予言されていた。そして在位は33日。・・・予言の言葉との関係はよくわからないが1世は就任してひと月で突然亡くなった(暗殺説あり)。
そして急きょヨハネ・パウロ2世が法王となり前任者の名を引き継いだというわけらしい。
「終末/終わりの時の予言」カテゴリの最新記事

Ascension
http://blog.livedoor.jp/ascension/archives/19316953.html





【関連する記事】
posted by datasea at 23:47| Comment(0) | % ヒルデガルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: