2013年07月26日

天体情報:太陽

1307251130_exfig_1.gif

太陽風は低速で安定し、磁気圏も静穏です。SOHO衛星のカメラに「かに座」が写っています。
2013/ 7/25 11:30 更新
太陽風は低速で安定し、磁気圏も静穏です。SOHO衛星のカメラに「かに座」が写っています。
担当 篠原
CMEの観測に活躍しているSOHO衛星のLASCO C3カメラに、かに座が姿を現しています。
説明付きの動画を掲載します。
今日の写真では、太陽の左側に、かに座の甲羅のあたりの四角形が写っています。その中心には、プレセペ星団という星の集まりも見えています。
かに座は、冬から春にかけて夜空に見える星座です。夏を迎えて、夜とちょうど反対の太陽の方向にやって来たのです。これからしばらく、LASCO C3の写真を右に進んで行く様子を楽しめます。現在の太陽は、1800黒点群でC1.0、C1.8と小規模のフレアが発生した程度で、活動は穏やかです。
太陽風の速度は、350km/秒から340km/秒へ、小幅ですが一段と低下しています。磁場強度も3-4nTとやや弱まった状態が続いています。
SDO衛星AIA193では、昨日紹介したコロナホールはさらに西に進んでいます。
ここからの影響が明日くらいに始まるでしょうか。
磁気圏も静穏です。AE指数は目立った変化は発生していません。
LASCO C3カメラに写ったかに座の紹介は以前にも行いましたが、いつだったか調べてみると、ちょうど2年前の同じ日、2011年7月25日でした。考えることって毎年同じなんですね。

宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/



20130700 伊勢神社、第62回神宮式年遷宮。
20130701 地球は太陽系の射手座の12/31。191/365日。
20130710 地球は太陽系の射手座の21/31。192/365日。
20130711 地球は太陽系の射手座の22/31。193/365日。
20130719 地球は太陽系の射手座の30/31。201/365日。
20130720 地球は太陽系の射手座の31/31。202/365日。
20130721 地球は太陽系の山羊座の1/32。203/365日。
20130722 地球は太陽系の山羊座の2/32。204/365日。
20130722 6惑星が六芒星型配列
20130722 天王星/赤経9.7°、火星/赤経80.4°、木星/赤経91 .3°
20130722 金星/赤経194.2°、土星/赤経220.9°、地球/赤経299.3°
20130722 水星/赤経328.1°、海王星/赤経333.7°
20130723 地球は太陽系の山羊座の3/32。205/365日。
20130724 地球は太陽系の山羊座の4/32。206/365日。
20130725 地球は太陽系の山羊座の5/32。207/365日。
20120725 太陽。SOHO衛星のカメラに「かに座」が写っています。宇宙天気ニュース20130726 地球は太陽系の山羊座の6/32。208/365日。
20130727 地球は太陽系の山羊座の7/32。209/365日。
20130728 地球は太陽系の山羊座の8/32。210/365日。
20130729 地球は太陽系の山羊座の9/32。211/365日。
20130729 29日、6惑星が六角形の占星術パターン形成。rev132

20130729 「新しい天国と新しい地球」の意か?
20130730 地球は太陽系の山羊座の10/32。212/365日。
20130731 地球は太陽系の山羊座の11/32。213/365日。


local pc







かに座
更新日時:Wed Aug 16 14:00:19 2006
------------------------------------------------------------------------
学名 Cancer
略号 Cnc
20時の南中月日 3月下旬
星座設定者 プトレマイオス
------------------------------------------------------------------------
ギリシア神話
●化けガニ
英雄ヘラクレスが罪の償いとして課せられた12の仕事の中に、 9つの頭を持つ怪竜ヒュドラー(海蛇座)退治がありました。ヘラクレスがレルネーの沼でヒュドラーと戦っているときに、 友ヒュドラーを助けようと沼から這い出してきてヘラクレスの足を挟んだのが このかに座の蟹でした。ヘラクレスは、「えい!じゃまだ」とこの蟹を棍棒で一撃で叩き潰してしまいました。 これを見ていた女神ヘーラーは、憎たらしいヘラクレスをよくぞパチンと挟んでくれたと、 この蟹を天にあげて星座にしたといいます。
●ヘラが派遣した。
ヒュドラーがヘラクレスにやられそうになったので、ヘラクレスを憎む女神ヘラが 「かに」を派遣したというお話も聞いたことはあるのですが出典が不明です。
------------------------------------------------------------------------
●恒星名
α星はアクペンスといい「つめ」で、蟹のはさみという意味があります。 β星はアルタルフといい「足の先」という意味があります。
かに座は5000年も前のバビロニア時代から「かに座」として知られてきました。
●散開星団
γ星・δ星・η星・θ星で作る四角形の中心にある散開星団、M44は「プレセペ」と呼ばれます。 プレセペの意味は「かいば桶」という意味で、γ星をアセルス・ボレアリス、つまり「北のロバ」 ・δ星をアセルス・アウスタラリス、つまりは「南のロバ」という名前が付けられております。
ギリシアの哲学者達はペレセペを囲む四角形を天国の出口、 やぎ座の三角形を天国の入り口と考えました。
インドでは釈迦が生まれたときにこの星座の上に月が出ていたことから、 プレセペの形を「卍」に見立てて、吉兆であるとされているようです。 これは別項目かな(^^;

天文民俗学
http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/88sprcnc.htm




2013年07月19日13:15
太陽の異変
先日、太陽の近くに巨大な箱型飛行物体が出現したことをお伝えしました。そしてその後です。太陽に巨大なコロナホールができたのは。。。これは箱型飛行物体が太陽からエネルギーを搾取したために起こったことなのでしょうか。それとも太陽自体に何等かの変化が起きているのでしょうか。今年の1月にも太陽の表面に三角形の黒い穴が出現しました→(http://www.youtube.com/watch?v=0PrOp-8ZMGg
今年は太陽に異変が起きています。しかも巨大UFOが太陽にちょっかいを出しているような気がしてなりません。
2番目の記事は、今回はラスベガス上空に2つの太陽が出現しました。惑星Xが太陽の軌道近くまで接近したのでしょうか。本当に異様な現象が次から次へと起こっています。地球への影響はどうなるのでしょうか。
http://beforeitsnews.com/space/2013/07/sun-is-freaking-massive-coronal-hole-july-18-2463144.html
(概要)
7月18日付け:太陽に巨大なコロナホールが!
http://www.spaceweather.com/images2013/18jul13/coronalhole_strip.jpg
太陽の北半球に巨大なコロナ・ホールが出現しました。7月18日のNASAの映像により、太陽の表面に暗い紫外線の穴ができているのが確認されました。
現在、磁場が開く太陽の北半球にコロナ・ホールができています。巨大なコロナ・ホールから太陽風が噴き出しています。コロナ・ホールから噴き出す大量の太陽風が地球に到達するのは7月19日-20日にかけてです。
さらに、NOAA国立海洋大気庁は、7月18日の夜に噴出したコロナガスは地球の磁場に到達するだろうと予測しています。太陽風とコロナガスの影響により、今後数日間は、嵐のような宇宙の天気に見舞われる可能性があります。NOAA国立海洋大気庁は、7月18日-20日にかけて、50%-65%の割合で、極磁気風が発生する可能性があると言っています。
http://beforeitsnews.com/watercooler-topics/2013/07/second-sun-anomaly-appears-in-las-vegas-nv-photo-2433556.html
(概要)
7月18日付け:ラスベガスに2つの太陽が。。。
2013年7月9日、ラスベガスの一般市民が撮った写真とビデオです。ラスベガス周辺で山火事が起きた時に撮った写真に2つの太陽が映っていました。太陽の軌道近くに惑星Xが出現しました。2つの太陽は世界中で目撃され写真やビデオで紹介されています。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/?p=4









posted by datasea at 02:37| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: