2013年05月25日

天体情報:惑星ニビル

By drturi
Story Views
Total: 1,262
Planet X And Today’s Children
Wednesday, May 22, 2013 10:13
(Before It's News)

Before It's News
http://beforeitsnews.com/watercooler-topics/2012/12/planet-x-two-suns-nibiru-upside-down-rainbow-same-time-in-the-sky-phoenix-az-2431198.html






(要約)
天体情報:惑星ニビル
金星の「ウサギ跳び運動」
drturi
(Before It's News)
2013年5月22日水曜日10:13
昨年2012年6月6日にはビーナストランジットがおき、「魂の自尊心(the self-esteem of a soul)」を意味する太陽(自身、SELF)と第2惑星金星の直列により、世界は美しさと愛に包まれた。そしてその1年後の今、惑星ニビルと騙し/詐欺の星「海王星」(“Neptune” / DECEPTION / TRICKY )とのトランジットが近付いている。あたかもデマであるかのように伝えられている惑星ニビル、海王星と直列したら何かがおきるのだろうか?
ウサギ跳びみたいに進んでは止まり、進んでは止まり、繰り返し、繰り返し。今、金星はピョンピョン、ウサギみたいな動きをしている。いわば「ウサギ跳び運動」(the ‘bunny hop’ motion)を続ける金星。何を意味しているのかって、つまり、世界は予想外の方向に進む可能性があるって事。人類はスピリチュアルDNA(spiritual DNA)を適用する技術をまだ持ってない。だからスピリチュアルDNAを強化できるのは本人をおいてほかにいない。
それに加えて世界各地の隕石落下のニュース。
Paracelsus
「知識ゆたかな国に住む者は星より優れた存在であり、、自ら意志して地上と天上のマスターとなる。マグスと魔法は最高の知恵である。」。
新しい知識を教える事が必ずしもいい事だとは思わない。結局、どう進んだって行き着くところは同じひとつのゴールだと思うから。それよりも細かい事(木)にこだわるあまり大局(森)がみえなくなる事がこわい。
つまり、何が言いたいのかというと、金星の「ウサギ跳び運動」(the ‘bunny hop’ motion)の原因は惑星ニビルの重力なんだって事。軌道を前に進みたい金星をが後ろから引き付けるから、ピョンピョン、ウサギみたいな動きをしている。
私たちは宇宙意識の映しである「マテリアルドラゴン(the “Material Dragon,”)」だって、アタシはよく言うんだけど、羊の皮をかぶってウサギ(金星)の気をひこうとするオオカミ(惑星ニビル)がいて、その後ろでオオカミの羊の皮をはがそうとする者がいる。それが今の世界だってアタシは思うけど。
Turi博士
「今や『イルミナティ*I』 (電流療法が効果的)の二元的世界に加わりたいと思う者は少ないだろうが、世界をかき回す事にいまだに魅せられている者がいる事は確かだ。制御できなくなりまったエゴ、それがこの世の地獄、そしてこの星/地球だ。 『イルミナティ*E』(ie、無限のイルミナティの思想体系)とは差別化により支配体制を強めていく思想体系。黄金律。そういった世界の中で、市民が覚醒するためには、確かな知識/SUN(SON)により自らを啓蒙する事。『X』。惑星ニビル。とらえ方次第で精神を高める力になるし低める力にもなる。だから『X』を悪くとらえないで。」。

local pc










ppx2120130520252.jpg
山梨県。5月20日。西の空。

local pc









posted by datasea at 00:30| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: